最新閲覧日:

胸に手術痕があるのですが、年々大きく広がり、痒くなったり痛くなったりします。病院で「真性ケロイド」っと言われ、治療をしているのですが、飲み薬には副作用がでてストップし、注射もしたのですが、ケロイドに刺激が強過ぎてストップ・・・現在、塗り薬を続けてます。
見た目は気にしないのですが、痒みや痛みが止れば良いっと思ってます。
この先、そうゆう症状は止るんでしょうか?また、このケロイドが肌色になって落ちつく状態になる事は可能なんでしょうか?
誰か、ご存知の方や詳しい方ががいましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

皆さんが教えてくださるように、いろいろ参考になるところがありますから見てください。


ただ胸はケロイドを作りやすい場所ですから、ご質問のことは日本中の形成外科医が悩んでいることだと考えてください。つまり簡単に治す方法がないということです。
最近は、色素レーザーやシリコンゲルシート、テープによるHOT療法なる方法も考えられています。いずれも単独ではほとんど効果がありませんが、sisobe先生が書いているような方法を組み合わせるとより高い効果が得られるようです。これらは形成外科を標榜している医者であれば、機器がなくて自分ではできなくとも知識としては知っていると思います。専門家に相談してみたほうがいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もっと詳しく専門家の先生に相談してみます。

お礼日時:2001/04/13 00:08

下記を参考にしてみてください。



真性ケロイドか/6つの治療法から選択を
http://www.okinawa.med.or.jp/ippan/kenkou/970606 …

あまり治らないようでしたら、別の形成外科か皮膚科に転院されてみたらいかがでしょうか。

お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。治療の難しいケロイドだと分かりました。
あきらめきれないので、もう少し治療に専念してみます。

お礼日時:2001/04/13 00:16

 ケロイドの治療は非常に難しく、いまだにこれといった治療法はありません。

内服薬は唯一抗アレルギー剤のリザベンというのが適応をとっていますがこの薬で100%大丈夫というわけではありません。副作用は主なものは眠気です。次にされたのが局所へのステロイドの注入療法(局所注射)だと思います。これは結構痛いです。現在使用しているのはステロイドの軟膏(またはクリーム)だと思います。これらの治療は普通外科、整形外科、皮膚科で一般的にやっている治療です。あとは圧迫療法(固めのスポンジのようなもので局所を圧迫する)、ステリストリップテープ(ガラス繊維の入った、傷口を塞ぐテープ)による固定などがあります。こうした治療の工夫は大学の形成外科教室で研究されていますが、いまだこれなら、という治療法がありません。ただ、治療法が確立しないのは治癒率が20~30%というのはあまり普及しないからです。でも逆の発想をすれば5人に一人、あるいは3人に一人は治るわけですから試してみる価値はあるかと思います。お近くに形成外科がありましたらそちらを受診されてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。私にとってまだまだ治療方法は残されているみたいなので
もう少しあきらめず、頑張ってみます。

お礼日時:2001/04/13 00:19

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ケロイド」
このページで特に「原因と危険因子」・「治療」・「予後と転帰」等と関連リンク先を参考にして下さい。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。勉強になりました。
このケロイドとは長い付き合いになりそうですが、頑張ります。

お礼日時:2001/04/13 00:22

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ