ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

中性脂肪が高く、コレステロール値が低い

中性脂肪が高ければ、コレステロールも高い事が多いと思っていたのですが、違うのでしょうか?

40歳男性(夫)なのですが、
総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、全ての数値が低く、
(HDLコレステロールは最低基準値40に足りていません)
中性脂肪が異様に高い(300前後)です。

どのような事に気をつけたらいいのでしょうか?

本人の体系はやせ型ですが、軽度脂肪肝と診断されています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

健康診断などでその数値が出て来たのでしょうか?


再検査や、受診指導はされていませんか?
また、脂肪肝の診断を受けた後、
担当のお医者さんから何か指示されていませんか?

コレステロールは脂肪を使って肝臓で合成される物質です。
なので、肝機能が悪い場合に
コレステロールが合成されない場合もあるようです。
また、脂肪肝は中性脂肪が肝臓の限界以上に
肝臓に溜め込まれてしまっている状態です。
お酒などが原因の事もあり、
もしも旦那さんがお酒を飲まれるなら禁酒するのも一手だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
健康診断での結果の数値です。
血液脂質(中性脂肪、コレステロール値)は3ヶ月後再検査となっています。
どうやら肝臓が影響しているようですね。
肝機能(r-GTPなど)の数値は安定しているのですが・・・若い頃に相当お酒で無理をした事があるようで数値がおかしくなってきたようです。
今はあまり飲んでいませんが、お酒は気をつけたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/26 22:02

こんばんは



低すぎてもダメなんですよね
これが難しいところなんですけど
一番がバランスだと思います
これは先生とも相談ですね


野菜も肉も魚もバランスよく食べて
私の場合卵と牛乳は控えていますけどね
あとは適度な運動ですね

これで様子を見てみると良いですけど
まずはかかりつけ医で相談したほうがいいと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよね。コレステロール値が低すぎてもよくないんですよね。
私はコレステロール値が高い方なので、同じ物を食べていてもこうも違うのだと考えさせられます。
きちんと病院で診てもらうようにしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/26 22:04

中性脂肪は、夜食べたものが影響することが良く有ります。



夜に果物を大量に食べたり、タラコ・イクラなどの魚の卵は
すぐに影響するようです。

夕食を和食中心の質素なものに変え、果物や他の物は
昼食時間までに食べるようにするだけでも違いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
健康診断の前日~2週間は食生活を特に気をつけていたのですが、よくない結果でした。
つい食べ過ぎてしまう事はあるので少し気をつけたいと思います。

お礼日時:2010/10/26 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脂肪肝<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    脂肪肝とはどんな病気か  肝臓はたくさんの肝細胞の集合体ですが、脂肪滴(しぼうてき)がたまった肝細胞が全体の1割を超えたら脂肪肝と呼ぶのが一般的です。慢性の脂肪肝は肥満や糖尿病、高脂血症などで起こりやすいのですが、従来これ自体は多くの場合無害と考えられてきました。  しかし、このような変化が一部の人では肝硬変(かんこうへん)への一里塚となっていることが最近明らかになってきました。このため、今日では、...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコレステロール値は正常で、中性脂肪だけ1000。

コレステロール値は正常で、中性脂肪だけ1000。
何が原因でこんなになるのでしょうか。
コレステロール値、さらには体全体に、悪影響を与えずに、中性脂肪を減らすことは出来るでしょうか。

Aベストアンサー

1000を越える高VLDL血症(高中性脂肪血症)では、急性膵炎や心筋梗塞を引き起こす可能性も示唆されており、早めの対処が必要かと思います。
専門医の下で、リポ蛋白リパーゼ欠損 及び 膵炎のチェック、をお勧めします。
あと、薬物(ピル、アルコール、βブロッカー、サイアザイド【降圧剤】)などでもVLDLは増加しますので、医師からのドラックチェックも受けてください。
その他には、甲状腺機能低下、動脈硬化、肥満などの影響を受けます。

食事の注意点は、糖質摂取は少な目のようなので、脂質 特に魚油は多めに摂って下さい。イワシやサンマを毎日5~6匹程度の大量摂取です。
10年ほど前、中性脂肪が1100mg/dlに近い方に、魚油、ナイアシン(ビタミンB3)を摂って頂き、3ヶ月で180まで下げられた経験があります。サンマやイワシをたくさん食べられないでしょうから、栄養素としてのEPA、DHA、ナイアシンアミドを補給するのも宜しいのではないでしょうか。

また、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、共に健康的な数値まで上がっていないようなので、タンパク質の不足も感じられます。

分子整合医学と云う新しい医学を学んだ医師たちは、サプリメント療法にて高VLDL血症を治療しています。
どうぞ、お体大切に。案じております。

1000を越える高VLDL血症(高中性脂肪血症)では、急性膵炎や心筋梗塞を引き起こす可能性も示唆されており、早めの対処が必要かと思います。
専門医の下で、リポ蛋白リパーゼ欠損 及び 膵炎のチェック、をお勧めします。
あと、薬物(ピル、アルコール、βブロッカー、サイアザイド【降圧剤】)などでもVLDLは増加しますので、医師からのドラックチェックも受けてください。
その他には、甲状腺機能低下、動脈硬化、肥満などの影響を受けます。

食事の注意点は、糖質摂取は少な目のようなので、脂質 特に魚油は多...続きを読む

Q中性脂肪が低く、HDLコレステロールが高い。

健康診断の結果が毎年、中性脂肪が基準値より低く、
HDLコレステロールが基準値より高いのですが、
日常生活で何か気をつけた方がよいのでしょうか?
これ以外のものはすべて基準値内に入っています。
 主人が中性脂肪と総コレステロールが高めなので
食事は一応気をつけているつもりですが、同じ食事でも
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは.

私も1番の方同様に,治療を要するものではないと考えます.
実はHDL(善玉)や,LDL(悪玉)濃度は見方を変えると,それぞれ総コレステロール濃度に含まれる割合を表していると考えることが出来ます.つまり,o-palさんの場合,HDLが基準値よりも高値を示したということは「普通の人よりも善玉コレステロールの占める割合が多い」と考えることも出来ます.
うらやましいと思う人が多いと思いますよ.

一方のTG(中性脂肪)は,採血の前に食事をとる,とらないでかなり差がでます.10台後半から20台前半の女性で,TGが基準値よりかなり低くなる人がたまにいます.これは,極端なダイエットの影響が出た場合等に認められ,ある意味栄養失調状態です.
o-palさんの場合は,おそらく少しだけ基準値を下回った程度でしょうから,治療などの心配は全くないと思います.

ですから,血中脂質は良好と考えられます.

Q総コレステロールが低いとどうなるの?

本日健康診断の結果が出ました。
今まで健康そのものでしたが、今回は異常値を記録し、ショックを受けました。
その内容は以下でした。

総コレステロール:126
中性脂肪:37
HDLコレステロール:56
指導事項:総コレステロール値が低めです。食事に注意してください。

コレステロールが高いと問題有りとは聞きますが、
低い場合は実際どのような影響が考えられるのでしょうか?
また、どのように食事に注意すればよいのでしょうか?
まさか高コレステロールの食事をしなさいということははいですよねぇ・・・
もしもご存じの方がみえましたら教えていただけないでしょうか。

ちなみに、当方30歳、170.6cmの63.8kgで中肉中背です。
(昨年よりも2kg太ってこれまたショック。( ^ ^ ;)
運動は週一くらいでやってます。
その他何か必要事項があれば細くします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も以前総コレステロールが低いと言われたことがありました。
高い場合ばかり色々言われますが、低い場合も注意が必要だそうです。
総コレステロールが低い場合は、血管が弱くなったりすると言われました。
肉類・玉子などを積極的に摂るようにして、
総コレステロールを上げるようにするといいそうです。
私も少し注意して食材を考えて食べていたら、
次の検査の時には正常値に入っていました。
あまり心配なさらずに、お食事内容に少し注意してみてください。

Qコレステロールは高いのに、中性脂肪は低い

20代後半の女性です。先日健康診断で表題のような結果が出ました。
総コレステロールは最高値220のところ、224くらいで
悪玉コレステロールの量が最高値140のところ、144だったことが原因のようです。
ただ、中性脂肪の数値は最低値が50?のところ33しかありませんでした。
不勉強のためコレステロールが高いことと中性脂肪が低いことが矛盾しているような気がしています。
食生活はそれほど肉中心ではなく、ただ卵をよく食べます(1日に2個は食べているかも)
今まではまったく運動不足の生活だったため、今はジムに通い始めて週に2回は有酸素運動を40分ほどやっています。
体脂肪率は25%前後で、BMIは21,1です。
質問1:コレステロールを下げるためには、上記のように運動をしつつ食生活を素食にすればいいのか?
質問2:中性脂肪が低いこととコレステロールが高いことの関係は?
あいまいな数字でわかりにくいかもしれませんが補足いたします。
お時間のある方、教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は50代の男性ですが、最近の健康診断で総コレステロール値が過去最高値となってしまいました。
現在は、食事療法中ですが、特に肉と卵は避けた食事をしています。
さて、コレステロールと中性脂肪は別ものです。
私の場合は、総コレはかなり高く、要治療ですが、逆に中性脂肪は標準値内です。
詳しいことは素人ですので分かりませんが、中性脂肪もコレステロールも食事療法と規則正しい生活を継続することで解決可能とされています。
卵、牛肉、油料理などをさけ、温野菜を中心とした食事を続ければいいのではありませんか。
運動をするのはいいと思いますが、過度な運動は心臓への負担を増加させるだけで、毎日一定量のカロリー消化をさせられるように、できれば、1日1km以上は歩くこと。それもやや早足であるくことを徹底していくと、知らず知らずの内に正常値に戻ります。

尚、コレステロールについては、総コレ235~250程度であれば、現在は大きな問題ではないとされつつあり、逆に癌になりにくい体質であるとも言われています。
低コレステロールでは、癌発生の可能性が高まってくるとの情報も入っています(欧州の学会で発表されたと聞きます)
いずれにしても、規則ただしい食事と適度な運動の継続することが大事だと、医者には言われていますよ

私は50代の男性ですが、最近の健康診断で総コレステロール値が過去最高値となってしまいました。
現在は、食事療法中ですが、特に肉と卵は避けた食事をしています。
さて、コレステロールと中性脂肪は別ものです。
私の場合は、総コレはかなり高く、要治療ですが、逆に中性脂肪は標準値内です。
詳しいことは素人ですので分かりませんが、中性脂肪もコレステロールも食事療法と規則正しい生活を継続することで解決可能とされています。
卵、牛肉、油料理などをさけ、温野菜を中心とした食事を続ければいい...続きを読む

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q総コレステロール(93)とLDL(36)が異常に「低い」のは何か心配がありますか?

40代男性です。今年の定期健康診断で
総コレステロール93/HDL 49/LDL36/中性脂肪77
との結果が出て、「精密検査を要する」との指示が出ました。健康上どのような心配があり、どんな対策をすればいいのでしょうか。

もともとコレステロールの低い体質らしく、ここ10年間、108~136を推移しており、標準とされる150~219の間に一度も入ったことがありません。特に最近の3年間はずっと減少しており、今年の93は最低でした。
また、HDLは今年の49が最低で、ここ数年は50~65となっており、標準とされる40~80にかろうじて入っている状態です。LDLは今年の検査で初めて表示されたのですが、36と、標準とされる70~139の下限の半分でした。
血糖、血圧、肝機能等、その他諸項目は正常値です。

健康状態は特に悪くなく、これといった持病や、大病で入院をしたこともありません(20代のとき、水痘で一度入院)。体型は170cm、72kgで、やや太め(BMI 25前後)で十分メタボ状態です。見た目はむしろ、コロステロール過多と思われています。数年前、腹部エコーで「脂肪肝」気味と言われたこともあります。

数値上は善玉(HDL)は正常、悪玉(LDL)は半分なので、素人判断では、「血液サラサラで、血管プラークなど無縁。心筋梗塞や脳卒中などの心配はない。」などと、思ってしまいがちですが・・・。ただ、人間ドックの際、医師が「あまりにも低値すぎるので、検査が間違ったのではないか」と再検したほど(結果は同じ)で、程度が過ぎるのもまた心配です。・・・実際のところはどうなのでしょうか。

過去の質問・回答もチェックしましたが、楽観的なものは「特に心配ない」、「むしろ好ましい」等、という回答。悲観的なものは、「甲状腺の異常」、「肝臓の異常」、「血管が弱くなる」等の指摘がありました。諸意見あり、いいことなのか悪いことなのか、まったく良くわかりません。

御教示のほどよろしくお願いいたします。

40代男性です。今年の定期健康診断で
総コレステロール93/HDL 49/LDL36/中性脂肪77
との結果が出て、「精密検査を要する」との指示が出ました。健康上どのような心配があり、どんな対策をすればいいのでしょうか。

もともとコレステロールの低い体質らしく、ここ10年間、108~136を推移しており、標準とされる150~219の間に一度も入ったことがありません。特に最近の3年間はずっと減少しており、今年の93は最低でした。
また、HDLは今年の49が最低で、ここ数年は50~65となっており、標準とされる40~...続きを読む

Aベストアンサー

下記サイトの「MCニュース」2006.12「血液検査からわかる様々な疾患 III」をご覧になってみてください。
コレステロールの役割と、低値の場合について触れられています。
http://www.mariyaclinic.jp/

>数年前、腹部エコーで「脂肪肝」気味と言われたこともあります。

アルコール・甘いもの・炭水化物のいずれかを好んで多く食べるとか、運動不足がありませんか。
ブドウ糖が余り過ぎると中性脂肪に変化して、脂肪肝になります。

>どんな対策をすればいいのでしょうか。

充分な睡眠時間をとること。
ラーメンやコンビニ食のような「空腹は満たされるが栄養の含有の少ない食べ物」を避け、
穀類・野菜・肉・魚・豆類・海藻類など、できるだけ多くの種類をバランスよく毎食食べること。
お菓子・タバコ・カフェイン・アルコールは極力避けること(ビタミンやミネラルを消耗します。)
現代社会ではけっこう難しいことかもしれませんが、本当に大事なことばかりです。

適度な運動も大事ですが、最初から飛ばさないようにしてください。
最近、メタボリック対策で無理しすぎて亡くなった方があるようです。
コツコツと長く続けるようにしてくださいね。

下記サイトの「MCニュース」2006.12「血液検査からわかる様々な疾患 III」をご覧になってみてください。
コレステロールの役割と、低値の場合について触れられています。
http://www.mariyaclinic.jp/

>数年前、腹部エコーで「脂肪肝」気味と言われたこともあります。

アルコール・甘いもの・炭水化物のいずれかを好んで多く食べるとか、運動不足がありませんか。
ブドウ糖が余り過ぎると中性脂肪に変化して、脂肪肝になります。

>どんな対策をすればいいのでしょうか。

充分な睡眠時間をとるこ...続きを読む

Qコレステロール値が高く、中性脂肪が低いのは何故?

10代の頃からコレステロールの数値が高く、わずかに基準をオーバーしていました。
現在40代に突入しましたが、健康診断では、前回と同様に脂質代謝検査の項目で
「日常生活に注意を要し経過の観察を要します}というC判定でした。

結果は以下の通りです。
.HDL105
.LDL167
.中性脂肪30

母もLDLが高かった為、最近は食事療法と薬で正常な数値に落ち着きましたが遺伝なのでしょうか?
また、コレステロール値が高いにも関わらず、中性脂肪が低いのがとても気になります。前回は40でした。
何か原因があるとすれば、何が考えられるでしょうか?

ちなみに、偏食はせず、お肉よりも魚、野菜、豆類などバランスよく食事をしています。
運動も水泳を週1回(30分程度)、散歩など軽い物からヨガやティラピスなどを無理ない範囲でしています。
 

Aベストアンサー

こんばんは

運動がはげしいか仕事が体を動かす仕事ですか?
ストレスがたまりやすいと言うことはないですか?

ちょっと前に本で読んだんですが
女性の場合LDLが高くなりやすいようです
(私もです)
ただその場合でも中性脂肪が高くなければ心配要らないということも書いてありました
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/HP0016.html
たしかこの本だったと思います

それとご家族と症状が似てしまうのは
遺伝もありますが同じ食生活をしていると
どうしても似てしまう部分があるそうです

まだ病院に見せたことがなければ
一度相談してみても良いですよ

ご参考までに

Q総コレステロールだけが低くて要精密検査になってしまいました。

先月市の検診を受けた所、血液検査で総コレステロール値だけが低く要精密検査になってしまいました。(30歳女性・156cm・47kgです)
総コレステロールは121です。HDLコレステロールは64、中性脂肪は32でした。
今は授乳中(子供は10ヶ月で完全母乳です)なのでそれも関係あるのかなと思ったりもしますが…。
食生活で気を付けて取った方が良い食材などありますか?
この先病院を受けるとしたら何科に行けば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

他の数値に異常もないようなので、ただ単に栄養不足と思われます。(総コレステロールの低下、中性脂肪下限は低栄養状態を示します)
しかし、T-choが121mg/dlなのにHDL-choが64mg/dlと云うのは素晴らしいことです。121を200程度まで上昇させると、HDLは80ほどに上がるでしょう。長寿症候群ともいえます。

本題です。
妊娠、出産、授乳、育児ストレス・・等々で、栄養の需要が増えていたにも関わらず、増やさなくてはいけない栄養が足りなくなっているのでしょう。
その為に、エネルギー不足にもなっていると感じられます。その証拠に、100前後が望ましい中性脂肪値が32に低下しています。それは、糖不足を補う為に、血中中性脂肪を使い果たしてエネルギーに換えているからです。

食事ですが、GI値の低い糖質食(ネット検索してください)を増やしましょう。

脂質は、動物性脂肪、魚油、植物性脂肪をしっかり摂ると良いでしょう。(植物油も体内では動物性脂肪に変わります・・アラキドン酸カスケードと云いますがその過程で、体に良い物質を作りますが、植物性脂肪の摂り過ぎは禁物です←かつて、リノール酸が体に良いと誇大広告され、摂り過ぎた結果、糖尿病や癌を増やしたことはコンセンサスを得ています)

妊娠・出産までに促進したであろう鉄欠乏を改善する為にも、動物性鉄(ヘム鉄)を積極的に摂りましょう。豚レバー100g/日程度。(マグロ・カツオの血合いなども良し)

タンパク質と野菜類を積極的に摂りましょう。肉・魚・鶏卵・豆類・緑黄色野菜・淡色野菜

カルシウムやマグネシウム、カリウムなど充分なミネラル摂取も大切です。
毎日、毎食食べる必要があります。

しかし、そんなにたくさん食べられないと思われるでしょう。その場合、積極的にサプリメントも摂り入れる必要があるかもしれません。

サプリメントの目的は、食事で得られない高容量栄養素を供給してくれるからです。

否定する方も多いのですが、乳幼児に母乳を与えられない場合、ミルクを代用しますね。それは赤ちゃんに対する食事となっていますが、実際のところ”サプリメント”です。

低コレステロールと鉄欠乏は、血管壁を弱くして、微量内出血(アザ)や脳出血のリスクファクターです。
相談者様の受診先ですが、内科が良いと思います。その折に、血液学検査(貧血項目)も細かく診て頂くと良いでしょう。

他の数値に異常もないようなので、ただ単に栄養不足と思われます。(総コレステロールの低下、中性脂肪下限は低栄養状態を示します)
しかし、T-choが121mg/dlなのにHDL-choが64mg/dlと云うのは素晴らしいことです。121を200程度まで上昇させると、HDLは80ほどに上がるでしょう。長寿症候群ともいえます。

本題です。
妊娠、出産、授乳、育児ストレス・・等々で、栄養の需要が増えていたにも関わらず、増やさなくてはいけない栄養が足りなくなっているのでしょう。
その為に、エネルギー不足にもなっていると...続きを読む

QLDL(悪玉)コレステロールが低すぎても駄目?

先日血液検査をしたのですが、HDL(善玉)コレステロールが92でやや高く、LDLコレステロールが58と低かったです。

素人ながら、「善玉が多くて悪玉が低いのだから健康なんじゃ?」と思ったのですが、医師からは「コレステロールの高い卵や肉を多く摂取してくださいと言われました。

悪玉が低すぎても駄目なんですか?

また、食事は何を気をつければいいですか?

オリーブオイルを大さじ一杯摂取するといいとTVで見たのですが、これは善玉を増やすから無意味?

血液検査結果で他に悪かったのは、 カリウムが3.5で低すぎ。 血糖値(空腹時)が60で低すぎ でした…

31歳男性 身長178 体重60 体脂肪10%前後 です。 趣味は週2回の10キロのジョギングです。

現在飲んでるサプリは、ファンケルの満点野菜・マルチビタミンミネラル・ビタミンC・ビタミンB群。
夏はミネラルウォーターを2リットル飲むようにしています。

体臭が気になるので肉類は減らしたいのですが…


以上、今後どうすればもっと健康になれますでしょうか?
「太りたい」という悩みもあります。

Aベストアンサー

>>LDL(悪玉)

LDLが悪玉って言う言い方が良くないのだと思いますよ。

LDLが運ぶコレステロールから、男性ホルモン、女性ホルモンなどの性ホルモン
ビタミンDなどの脂溶性ビタミン(ビタミンDはある程度生合成もされます)
プロスタグランジン、ロイコトリエンなどのエイコサノイドなどを合成するのに
必要です。
ですので、LDLが低い、コレステロールが少ない状態であると
男性ホルモンなどのホルモンやビタミンDなどの脂溶性ビタミン
免疫に関係するサイトカインなどの合成ができないことになります。

LDLは近年は取り過ぎるとが多く、取り過ぎるとアテローム動脈硬化症などになるため
悪玉と呼ばれることも多いですが、不足するのもまた問題です。

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報