私は現在、会社が借りている借家に住んでいます。お金の上では私が借りて会社が住宅手当をくれている格好になっていますが、私自身が大家さんと契約はしていません。昨今の会社合併で事情が変わったためか近くの公営住宅が募集をかけているからそれに申し込めと会社から言われました。それも締め切りが近いから早く申し込めといわれています。自分としては現在のところにいたいのですが住みつづけることはできないのでしょうか?もし申し込まなかった場合、私は現在の住居を退去させられるのでしょうか。また、守ってくれる法律などはないのでしょうか?よろしくお願いします。かなりあせっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

公営住宅」に関するQ&A: 公営住宅のメリット

A 回答 (3件)

公営住宅の家賃と、現在の借家の家賃との差額を、貴方が負担することで、現在のところに住めないか相談するのが一番良いと思います。


また、公営住宅に申し込んで、当選しなかった時のことも
確認しておくべきです。

そこで、一つご忠告です。
上の方がいろいろとしてくださっている時に、いきなり、「就業規則の不利益変更不可の原則」という、法律用語は出さないほうがよろしいです。
相手の気分を損ねる心配もあります。
法律用語で争うのは、話がこじれて、どうしようもない時まで延ばしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにおっしゃる通りですね。知識をひけらかすようで(実際僕の知識ではないのですが)気分を悪くさせそうなのでおっとり話そうと思います。
僕の今回のケースでは実は公営住宅に申し込むとおそらく当選することが分かっているのです。いろいろ考えて何を言われても申し込まないでおこうと決めました。
紙に書いたわけではないのですが今のすみかに住んでいい約束は口でしているのでその辺でやんわり押そうとおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/12 23:11

会社との話し合いの時に「引越し費用」の事も議題に出すべきです。


会社の都合(経費削減ですよね、ようするに)での引越しですから
当然費用は会社持ちですよね?って。
場合によってはhkurataniさんのお休みは有給扱いですよね?って。

引越し費用の負担までOKされれば逆に引越しは避けられないでしょう。
また、当選しなかったらどうなるのか?もきちんと話をしておくべきでしょうし
多少自分で負担しても今の住居が良いのなら、交渉するべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。引っ越したくないんで引越し費用の話は出しません。また、引越しすることに仮になったとしても500mくらいしか離れていないんでちょっとくるしいです。
でも絶対越したくないんでなんとかお願いしてみるつもりです。

お礼日時:2001/04/12 23:17

 会社の経済情勢が変わったので、現在の住宅手当の条件を変えるために、新しい規定に合致する住居に申し込ませたのでしょう。

現在の住居の家賃のうち、新しい会社負担分以外の部分について、あなたが払うというので、あれば会社は反対しないと思います。会社に聞いてみることです。
なお、手当の廃止にあたっては、「就業規則の不利益変更不可の原則」がありますが、全体としての個人が減収にならないように代替の措置を実施すればいいことになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。小さな職場でなんでもなあなあで済んでいたのが合併でそうも行かなくなり、上の人も手を焼いてはくれているのですが組織が大きくなり杓子定規にことが運ばれるようになったのでこのような問題が起こったのです。
、「就業規則の不利益変更不可の原則」という言葉を用いて一度会社に相談してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/12 05:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在私の住んでいる隣の家が空き家になったので

現在私の住んでいる隣の家が空き家になったので
山手にある私の畑を売却してその資金で隣の家90坪を
購入しました。そして、古家を解体して畑にしました
現在、70パーセント野菜を植えております固定資産税
を安くするために宅地を畑に地目変更できないでしょうか
又、私の生存中は売却したくないため、宅地を畑に地目変更
したいのです。地目の変更はできるでしょうか?

Aベストアンサー

登記地目を変えても固定資産税とは直接関係はありません。
固定資産税は自治体が毎年用途現況を把握して、決定します。

田畑は耕作の用に供される土地で、業としての農地が前提です
から、家庭菜園規模では農地評価は難しいと思います。

Q現在会社名義の土地に、私名義の住居を建てました。

現在会社名義の土地に、私名義の住居を建てました。
会社には相応の借地料を毎月支払っています。
会社の土地を抵当に住宅ローンを組みました。
住宅ローンを組んだ銀行は会社が取引している銀行とは違う銀行です。
もし、会社が倒産した場合その土地はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

このようなことは計画的に行動すべきだったと思います。

会社が倒産したら、土地は会社の債権者などの所有物となるでしょう。その場合には、新しい所有者と契約を交わすこととなるでしょう。今の所有者である会社との契約の内容次第では、その契約は引き継がれるかもしれませんね。ただ、その後の契約については、新しい所有者次第でしょうね。

逆にあなたが住宅ローンの返済が出来なくなれば、会社の資産である土地が住宅ローンを組んだ金融機関のものとなるでしょう。それが抵当ですからね。

住宅ローンの契約上、抵当権の設定などをした不動産などの所有権などについては、住宅ローンの金融機関の承諾が必要だったりするでしょう。ですので、会社対あなただけの問題で所有権の変更などが出来ない場合もあるでしょう。

Q私は現在就職活動中にあり、先日、ある会社で2時間程度の試験を受けさせら

私は現在就職活動中にあり、先日、ある会社で2時間程度の試験を受けさせられました。時刻は19:30位から始まりましたが、事もあろうか、私が試験に挑んでいる最中に、試験官がすぐ隣の席で、携帯電話で話し始めるではありませんか。その声が非常にうるさくて、とても集中出来ませんでした。途中で、静かにしてくれるよう頼みましたが、時間はとっくに三分の一位経過しています。また、採用される側が採用する側に意見するのですから、私もかなり動揺しており、その後の試験も全くふるいませんでした。1週間後、あっさり不採用通知が来ておりましたが、私もこのような会社に行く気は毛頭ありません。ただ、受験者側に交通費2万円を負担させたにも関わらず、試験官のこのような態度に持って行きようのない憤りを感じています。つまり、交通費を返せと言いたいのですが、これは法律的に争えますでしょうか、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は一般論ではありませんが,このご時勢幾ら面接しても採用されるかどうか判らないにも拘わらず,

100件面接して不採用なら,交通費は膨大です。ですので15年前から面接に赴く場合は★必ず交通費負担なければ拒否をしています。
質問者さんの場合は2万円なら最初から私の様に負担しなければ拒否の方法はどうでしょうか?

これは大変な出費です。
私は今現在も書類送れの場合も切手負担しろの方針ででやっています。
書類送るにしても,毎日膨大です。

Q有限会社の代表取締役の職を知人に譲り、今現在私は、同社の取締役なのです

有限会社の代表取締役の職を知人に譲り、今現在私は、同社の取締役なのですが定款では、出資者は私のままです。

この不況のおり会社を第三者へ譲る可能性もあり、もしこのまま出資者が私のままだとどうまりますか?

教えて下さい

Aベストアンサー

どうもなりません。有限会社の出資者の責任は有限責任であり出資額が限度です。合名会社のような無限責任ではありませんから、出資額を超えて責任を負うことはありません。
ただし、保証人になっている場合には保証人としての責任を負いますが、それは経営者としての立場であって出資者の立場とは無関係です。
なお、会社の所有者は出資者であり、会社を譲渡することができるのは出資者だけです。出資者でない(所有者でない)代表者が会社を他人に譲渡することはできません。

Q私の主人は造園業をしております。昨今、不景気で仕事は夏場あるぐらいで、

私の主人は造園業をしております。昨今、不景気で仕事は夏場あるぐらいで、本当にないです。
この前、郵便物の整理をしていたら、信用保証協会からのが目にとまり、中を開けてみたら主人が保証人
になっている人が支払いが滞っているような内容でした。なので、信用保証協会が話し合いがしたいとのことでした。
まだまだ、借金は残っていました。主人は保証人はこれで3回目なのです。恥ずかしいですが。
それで、教えてください。その人が払えない場合は当然保証人が払うのですが、その保証人もその判を押したときと状況が変わっているので仕事さえないので、当然肩代わりができない。こういう場合はどうしたらいいのでしょうか

Aベストアンサー

連帯保証人は、債務者の補償ですから債務者が返済不能になった場合には、本人と同じ扱いで返済する義務が発生します。

>その人が払えない場合は当然保証人が払うのですが、その保証人もその判を押したときと状況が変わっているので仕事さえないので、当然肩代わりができない。こういう場合はどうしたらいいのでしょうか

この場合は、債務者と話し合いして「返済方法」の変更しかありません。
どうしても「応じない」場合には、弁護士をいれて「個人再生手続き・自己破産」しか道はないかとおもいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報