人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ドイツ語の「denn」を上手く使いこなすには?

ドイツ語を勉強中です。
「denn」の意味がたくさんあるのでいまいち理解できてないのですが
どういう時に使えばよいですか?

あとよく「Was denn」というのも聞くのですが
日本語だとどういった意味になるのでしょう?

「denn」「dass」「deshalb」の区別も未だにわかりません。
ドイツ語がわかる方、どのようにして身につけましたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず、文語的・口語的というわけ方をすることです。



挙げられた3語は基本的に文語的な心象を与えます。

中でも会話で一番使われるのは、質問者様のおっしゃる
「was denn」=ええええ なん やねん!

口語として覚えておくべきものはコレに準じて
「warum denn」 ええ なんでや ねん
「wie denn」 ええ (そんなこと) どうやって えええ

文語については、頻度ではなく
 勘違いしやい用法に重点を置いて覚えることです。

dennの用法 重要性から行くと

疑問文中「一体」のdenn =Whats the Hell の Hell
接続詞 「というのも」 S・V だからです。
比較文中 als の代用 besser denn je ますますもって好調 コレまでにも増してよくなった

dass は、 知覚および思索の動詞の後に来て 名詞節を作ります。英語のthat の基本用法と組み合わせ考えてください。省略されることは、ありません。
und dass... で 「しかも」と訳されます。

deshalb は thereforeと似た意味で、文頭に来るか動詞(かsich)の後に来ます。
前の文をウケで「それ故」と副詞的に使います。

一番覚えやすいのは、deshalb でしょう。 意味がひとつしかありません。

三つ単語を並べられた時点で、それぞれの品詞がまずわかるようにトレーニングしてください。

deshalb / dass は覚えやすいほうだと思います。品詞が確定しています。

強化すべき点は文法であると推測いたします。

書かれた文章を読む際、
eine Rolle spielen
sowohl A als auch B
so Attribut wie
so Attribut, dass
Um etwas zu tun,
A, so dass B
zwar A aber B
 ... nichts anders, als
などの基本慣用句を抑えるようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に説明してくださり、大変勉強になりました。
またお願いします。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/01 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の"noch"にはほとほと手を焼いています

"noch"には「まだ」「もう」などの意味があるのはわかるのですが、どちらにも当たらない用例に遭いました。

Hast du Lust nach Dresden zu kommen? Mit dem Auto dauert es nur noch eine Stunde.

nur が only の意味はわかるのですが noch がわかりません。もしかしたら、 doch を裏返した意味になるのですか?提案などの文で使われる"doch"の裏返し。Ihre Hilfe をください。

Aベストアンサー

辞書で確認を取りたいのであれば、nurか、nochのどちらかでnur nochの用例を見てみてください。そのほうが役に立つと思います。先にも書きましたが、nochはとても(いわば)「便利」な語のようで、日本語だと、現在だとさしづめ、「だってねぇー」とか、「結局さぁー」とかいう間投詞だと思います。
そのような語を辞書として取り上げるには、時間もかかるし、それに、多分、不経済なんでしょうね。
載ってないことは載ってないのですけど、そこまでは、わかりかねる、ということだと思います。

Qドイツ語、das と es の使い分け

ドイツ語、das と es の使い分けがよくわかりません。es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?das のほうが具体性を帯びているのでしょうか?

Aベストアンサー

>es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?

おおよそそう言えます。人称代名詞と指示代名詞の違いということです。

前出の名詞(中性単数)を受けるとき das を使うと強意的です。

Ich nehme es.(普通)
Ich nehme das.(強調)
また Das nehme ich. のように倒置してさらに強調することもあります。 *Es nehme ich. とは普通言いません。三人称の人称代名詞はアクセントをもたないからです。

前出の名詞を受けずに、今から指し示すときは他のヨーロッパ語と同じように性数にかかわらず das を使います。

Das ist eine Pfeife.「これ(それ)はパイプです」

遠近はあまり問題にしません。dies(es)「これ」jenes「あれ」はペアをなして対照的に言うときによく用いられます。

前出の名詞受けずに使われる es は仮主語として後出の名詞や名詞句を受けたり、非人称動詞の主語、虚辞です。

Es war einmal ein Koenig. = There once lived a king.
Es friert mich.「私は寒い」
Ich habe es eilig.「私は急いでいる」

他に es は前出の名詞を性数にかかわらず受けているときや、形容詞や補語名詞を受けるときもあります。

>es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?

おおよそそう言えます。人称代名詞と指示代名詞の違いということです。

前出の名詞(中性単数)を受けるとき das を使うと強意的です。

Ich nehme es.(普通)
Ich nehme das.(強調)
また Das nehme ich. のように倒置してさらに強調することもあります。 *Es nehme ich. とは普通言いません。三人称の人称代名詞はアクセントをもたないからです。

前出の名詞を受けずに、今から指し示すときは他のヨーロッパ語と同じように...続きを読む

Qドイツ語の会話文によくみられる表現について

ドイツ語についての質問です。
・Ich glaube schon.
などの文でのschonは、どのような意味で用いられているのでしょうか。文の訳とあわせて文法的に教えてください。

・Sag mal(oder Sagen Sie mal)・・・
の意味と用法について教えてください。

Aベストアンサー

私もニュアンスを正確に捉えている自信はなく、辞書の説明の受け売りになりますが参考までにお答えします。

1.>Ich glaube schon. などの文でのschonは、どのような意味で用いられているのでしょうか。

schon にはいろいろな意味があるので、前後関係が分からないと"Ich glaube schon."をどう訳すべきかはっきりしません。
schon の意味の一つに「陳述内容がかならず実現するであろうという、話し手の確信・自信・自負などの気持ちを表す」という用法があります。(『ドイツ語副詞辞典』)もしこの意味が当てはまる状況であれば、"ich glaube schon" は「私は確かにそう思う」というような意味になります。前述の辞書には次のような用例が挙げられています。
"Wirst du allein nach Hause finden? ― Ja, ich glaube schon."
「一人で家に帰れるかい? ああ、帰れると思うよ。」
ここでschonの品詞はもちろん副詞で、「~と思う」という意味のglauben は本来他動詞ですが、目的語が省略されていると考えるべきでしょう。

2.>相手の発言に対して、単にschonと答える場合のschonも同様の用法と捉えてよいのでしょうか。

これは別の用法と捉えたほうがよいと思います。
前述の『ドイツ語副詞辞典』によれば、schon には「話し相手の主張の正当性を留保つきながら一応認める」という用法もあり、その場合しばしば( "das schon," あるいは単に "Schon," というように)述語動詞を省略した形で用いられると説明されています。
この場合のschon は「それはそうだ」というような意味で、しばしばその後にaber ~「しかし・・・」といった表現を伴います。

3.>Sag mal (oder Sagen Sie mal)・・・の意味と用法について教えてください。

これについては、#1の方の回答の通りです。
文法的に言えば、Sag はsagen の命令法で、malは要求の口調を和らげるために加えられた副詞です。しかしこの場合、sagen は動詞としての意味をほとんど失って、相手に何か尋ねたいとき、話題を転換するための間投詞的表現として使われています。強いて日本語に訳すとすれば、「ねえ」「ところで」などと訳せるでしょう。

“Sag mal, wie spaet ist es eigentlich?”(aeはウムラウトの代わり)
「ところでいま何時?」

私もニュアンスを正確に捉えている自信はなく、辞書の説明の受け売りになりますが参考までにお答えします。

1.>Ich glaube schon. などの文でのschonは、どのような意味で用いられているのでしょうか。

schon にはいろいろな意味があるので、前後関係が分からないと"Ich glaube schon."をどう訳すべきかはっきりしません。
schon の意味の一つに「陳述内容がかならず実現するであろうという、話し手の確信・自信・自負などの気持ちを表す」という用法があります。(『ドイツ語副詞辞典』)もしこの意...続きを読む

Qドイツ語で「ごめんなさい」。

ドイツ語でごめんなさい(名詞)が
★Entschuldigung[エントシュルディグング]
★Verzeihung[フェアツァイウング]
というところまで分かったんです。
それでどちらもほぼ同じ意味と書いている辞書と「すみません」と「ごめんなさい」に分けてある辞書があったのですが,
自分が悪いことをしてごめんなさい,という意味の「ごめんなさい」はどちらの方がふさわしいでしょうか?
それから読み方は
★Ent - schul - di - gung
 エント - シュル - ディ - グング
★Ver - zei - hung
 フェア - ツァイ - ウング
で合ってますでしょうか?
特にVerzeihungのhungの部分がよくわからなくて…
良ければご回答下さい。
ありがとうございました。

Aベストアンサー

Entschuldigung
は、Schuld(罪) を ent する(取り除く)こと 
というのが語源です。
また、「言い訳」という意味もあります。

「言い訳」というのは
日本の文化の中ではあまり良い事ではなく
「言い訳せずにさっさとあやまれ!」と叱られたりします。
しかし、西欧文化では
過ちのプロセスを解明し表明することで反省をも
表現する事につながるので
言い訳することはとても大切な事だとされています。
失敗の原因を自ら述べる、という意味合いです。

Entschuldigung と謝るのはつまり、
私に言い訳をさせて!
そして私に、私の罪を除かせる行為をさせて! 
という意味なんです。
英語の excuse me にあたります。

Verzeihung
の方は verzeihen (罪を許す)という
動詞の名詞化ですから端的に
「ご容赦!」 と言っていることになります。

長々と語源を書きましたが
だからつまり、日本語的にどう違うのか・・となると
ほぼ同じですよ、というのが妥当な答えです。


言葉に忠実でありたいわたしは
言い訳が存在するような場合には
(もし聞かれたら失敗の理由を言えるような場合)
Entschuldigung  または  
Entschuldigen Sie bitte! を使い
言い訳が言えないけど、私が悪かった、許してね・・
というような場合には
Verzeihung または
Verzeihen Sie bitte! を
使うようにしています。
100% というわけでもないですが。

Entschuldigung
は、Schuld(罪) を ent する(取り除く)こと 
というのが語源です。
また、「言い訳」という意味もあります。

「言い訳」というのは
日本の文化の中ではあまり良い事ではなく
「言い訳せずにさっさとあやまれ!」と叱られたりします。
しかし、西欧文化では
過ちのプロセスを解明し表明することで反省をも
表現する事につながるので
言い訳することはとても大切な事だとされています。
失敗の原因を自ら述べる、という意味合いです。

Entschuldigung と謝るのはつまり、
...続きを読む

Qたぶんドイツ語・・「Es tut mir leid !」の意味は?

たぶんドイツ語だと思いますが、「Es tut mir leid !」の日本語の意味は何になるのでしょうか?
英訳すると、「I'm sorry!」となるようですが、sorry自体が日本語だと「ごめん」か「残念」どちらにも捉えることができるので、英訳からだと判断がつかないのです。
わかる方がいましたら、「Es tut mir leid !」の日本語の意味を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Es tut mir leid, dass ich Ihnen behilflich sein kann.
= I am sorry that I cannot help you.
あなたのお力になれなくて申し訳ありません。

Es tut mir leid, aber...
= I am sorry, but...
残念ですが...

Es tut mir leid (Mir tut es leid) は I am sorry に相当しますが和訳は状況に応じて「申し訳ない」にも「残念」にもなります。

leid や sorry には「気の毒だ」という気持ちがあり

Es tut mir leid um ihn. = Er tut mir leid.
= I am sorry for him.
彼が気の毒だ。

何かの原因が話し手を気の毒な気持ちにさせています。

ですから「残念」と言っても自分が何かに負けたとか失敗や失望で「残念だ!」と言っているのではありません。

Ich werde enttaeuscht. = I get disappointed. は「私はがっかりする」は自分が失望した気持ちを表す表現です。

Ich bin von ihm enttaeuscht.
= I am disappointed at him.
彼にはがっかりだ。/彼は残念だ。
(Ich werde enttaeuscht. は「私は失望したようになる」ということなので実際には bin = am を使う方が多いようです)

「残念」と leid/sorry の表す範囲にズレがあるので字面だけで判断はできません。Es tut mir leid! は何かに対して申し訳ない、かわいそう、気の毒と感じていることは言えます。

Es tut mir leid um das Essen.「ご飯がもったいない」

Es tut mir leid, dass ich Ihnen behilflich sein kann.
= I am sorry that I cannot help you.
あなたのお力になれなくて申し訳ありません。

Es tut mir leid, aber...
= I am sorry, but...
残念ですが...

Es tut mir leid (Mir tut es leid) は I am sorry に相当しますが和訳は状況に応じて「申し訳ない」にも「残念」にもなります。

leid や sorry には「気の毒だ」という気持ちがあり

Es tut mir leid um ihn. = Er tut mir leid.
= I am sorry for him.
彼が気の毒だ。

何かの原因が...続きを読む

Qドイツ語 jaはどう訳せばいいですか?

Vielleicht hast du ja Lust ~~~.
Vielleicht kannst du ja noch ~~~?

ドイツの人からもらったメールに書いてあった文の一部です。別々の方が書いた文です。
この文の中に出てくるjaはどういう意味なんでしょうか?

2つ目の文は?が文末についているので疑問文だと思いますが、
Vielleichtのような普通の副詞が疑問文の先頭にくるのはよくあることですか?

Aベストアンサー

>この文の中に出てくるjaはどういう意味なんでしょうか?
 
会話、特に"du"で話している人との会話の中で"ja"は良く使います。本来はなくても通じる文の中に入れて、"ja"自体は訳さず、ただ、導入、確認、命令文の強め、前言いの強め、などに使います。
ここの、"ja"はVielleichtを強めていて、遠慮しながら質問しているのだと思います。
たとえば、"ja"の代わりに、Vielleicht hast du doch Lust~~~.
Villeicht kannst du doch noch~~~?と言うと、ほぼ命令口調になります。

>Vielleichtのような普通の副詞が疑問文の先頭にくるのはよくあることですか?

普段の会話で頻繁に「Vielleicht文頭の質問」は出てきます。特に一度聞いたことを確認したいときや、"ja"の答えを期待しているときに使います。

例:
°Vielleicht kannst du mir ja dein Auto am Wochenende ausleihen?
°Vielleicht koennen Sie das ja noch besser erklaeren?
°Vielleicht kannst du das ja noch fuer mich machen?
°Vielleicht kannst du das ja noch fuer mich kaufen?
°Vielleicht kannst du mich ja heiralen?

>この文の中に出てくるjaはどういう意味なんでしょうか?
 
会話、特に"du"で話している人との会話の中で"ja"は良く使います。本来はなくても通じる文の中に入れて、"ja"自体は訳さず、ただ、導入、確認、命令文の強め、前言いの強め、などに使います。
ここの、"ja"はVielleichtを強めていて、遠慮しながら質問しているのだと思います。
たとえば、"ja"の代わりに、Vielleicht hast du doch Lust~~~.
Villeicht kannst du doch noch~~~?と言うと、ほぼ命令口調になります。

>Vielleichtのよう...続きを読む

Qドイツ語 副詞の位置について教えてください

ドイツ語初心者です。
次の文中の副詞 zufallig の位置についてお伺いします。
Am Bahnhof habe ich zufallig meinen Lehrer getroffen.
ドイツ語では意味の軽いものは前に来ると聞いていますので
次のように zufallig を前に持ってきてもよろしいでしょうか。
Am Bahnhof zufallig habe ich meinen Lehrer getroffen.
副詞の文中における位置に原則はあるのでしょうか。
どなたか教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

副詞の位置に細かい決まりはあまりありませんが、他の文要素について原則がいくつかあるので、副詞の位置も自然に落ち着くところがある、といった感じです。

例えば肯定文の場合は、だいたい、
  ・定動詞は2番目
  ・不定動詞は文末
  ・主語は定動詞の前か直後が普通
  ・そのほか重要な物からなるべく後ろに
細かく挙げればキリがありませんが、ざっくり言うならこのような感じでしょうか。
ですので、副詞の位置を特に考えるなら「主-動-副-目」か「副-動-主-目」が基本形になります。
しかし副詞に関してはあまり神経質にならなくても良いでしょう。

目的語はあまり文頭に置かれませんが、ごく短い文では割合見かけます。
  “Zeit habe ich heute.”(今日は暇だ(時間を持っている))
このように、副詞が文末に来ることもあります。

Qドイツ語でミスった

ドイツ語で「ミスった」というのはなんといえばいいでしょう?
失敗で辞書を引くとMisserfolg、Misslingen、Fehlschlag、Fiasko、Versagenなどがありますが……
適切な言い回しを教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。私は今年の春ごろまで2年ほどドイツにいたものです。

いろいろと聞いた表現のなかで、「うっかり…と言うような事をしてしまった。」という場合では、
" ....aus Versehen(うっかり、間違って)..." という表現が 耳に残っていたので、辞書で確認したところ、こんな表現を見つけました。

Es war ein Versehen von mir.(それは私の間違いでした。)

なので、私なら“Das habe ich aus Versehen gemacht" とか いっそのこと、接続法なぞ使って
"So was!... waere nicht passieren muessen." (そんな事!…起こるべきじゃなかったのに…) とか言いそうです。

(sich) irren と言う動詞も勘違い的間違いの時に使用していました。

しかし、日本人の話すドイツ語は、総じて回りくどく硬い表現になりがちな様子…

「ああ!ミスった!」というような瞬時の感情では、(実際とても汚い表現ですが、)やはり英語と同様、"Scheisse!"を頻繁に耳にし、他に"Mein Gott!!"や"Ah! Das kann nicht wahr sein!" ぐらいが多かったです。


如何でしょう…?

はじめまして。私は今年の春ごろまで2年ほどドイツにいたものです。

いろいろと聞いた表現のなかで、「うっかり…と言うような事をしてしまった。」という場合では、
" ....aus Versehen(うっかり、間違って)..." という表現が 耳に残っていたので、辞書で確認したところ、こんな表現を見つけました。

Es war ein Versehen von mir.(それは私の間違いでした。)

なので、私なら“Das habe ich aus Versehen gemacht" とか いっそのこと、接続法なぞ使って
"So was!... waere nicht passieren muessen...続きを読む

Q「そんなに」という意味で「も」をドイツ語で表すには?

日本語で「私はリンゴを2つ買った」と「私はリンゴを2つも買った」だと、2つ買うことが普通なのか多すぎなのかの言い分けが出来ますが、ドイツ語でこのような表現をするにはどうしたら良いのでしょうか?

例えば、Kann ich bei Ihnen drei Nachten uebernachten?」
だと、「私はあなたの所で3泊出来ますか?」となりますよね。
これだとかなり無表情…と言いますか、「単なる質問」に感じます。
そこで、これを「あなたの所に3泊もしていいんですか(それはそれはどうも)」という表現にするには、どこをどうしたら良いのでしょう?

例えばSie haben vier Burgen. Super!といったように「すごい!」と言葉を続ければ「そんなに」という意味だと解ってもらえますが、そういった裏技(?)なしだとどうすれば良いのか教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

「私はリンゴを2つも買った」
Ich habe sogar zwei Aepfel gekauft! と sogar を入れることで表せると思います。会話であれば zwei を強く言うだけでもOKです。

「あなたの所に3泊もしていいんですか(それはそれはどうも)」
うちにどうぞ3泊してください、という答えに対してであれば、Ich darf bei Ihnen sogar drei Naechte uebernachten? (Das ist aber sehr nett!) でいいと思います。会話であれば上記と同様 drei を強調しても通じると思います。

コンテキストによって違ってくるとは思いますが、sogar でそのニュアンスがうまく表せることが多いかと思います(Sogar ich =私でさえも etc.)失敗しても、相手にその意図は通じるでしょう。

それでは Viel Grueck!!

Q「私はドイツ語が話せません」をドイツ語で

単純かつ初歩的な質問で恐縮です

「私はドイツ語が話せません」をドイツ語でなんと言うのでしょうか?

Ich kann nicht sprechen Deutcheでしたっけ?

Ich kann nicht Deutch sprechenでしたっけ?

はるか昔、大学の第2外国語で習ったんですが忘却のかなたで、唯一覚えている、この表現さえあやふやになってしまいました

Aベストアンサー

Ich spreche kein Deutsch.
が一番自然です。
kann は英語でcan ですが、たとえば時間がないとか
で何かが出来ない場合は、canを使いますが、能力の場合、相手に Can you speak Japanese?と聞くと失礼になるというのは、よく聞く話だと思います。
それと同じように、自分が話せないのよとドイツ語で言う時もkannをつける必要はないですよ。
残念ながらというニュアンスを加えたいなら
Ich spreche leider kein Deutsch.
となります。
ただしkann を使って作る文章としてのご質問ならkann をつけても間違いではありません。
その場合は、Ich kann kein Deutsch sprechen. と
なります^^


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング