ヨーロッパで口蹄疫が問題となっていますが、
狂牛病もイギリスで発生していたはず。
何か因果関係があるのでしょうか。

考えすぎかもしれませんが、牛どん店の価格引き下げ競争に関係はあるのでしょうか。

A 回答 (2件)

狂牛病は1986年に確認された病気で、口蹄疫はずーっと前からありますから、関係はないんじゃないかな…


正確な情報は、下記の農林水産省のサイトで、それぞれ専門のページがあるので、ごらんください。
ところで、なんで「洋画」のカテゴリなんですか(・_・)?

参考URL:http://www.maff.go.jp/
    • good
    • 0

口蹄疫や狂牛病についてはわかりませんが


牛どん店の価格引き下げ競争ついて。

ことの発端はマクドナルドの「平日半額セール」です。
これでマクドナルドの売り上げ・利益が共に増加したのです。

もちろん不況のせいもありますが
そのしわ寄せとして他のファーストフード店の売り上げが落ちたため、
他のファーストフード店も対抗策として値下げするようになり
値下げ競争が始まったのです。
当然牛どん店各店もこれに加わりました。
(その最中の狂牛病ですから
これを打ち消そうとしたことも一因ではあると思います)

余談ですが、
これを見て「吉野屋」は値下げ競争に加わらないと
初めは言っていましたが、さすがにそうもいかないと
いうことで期間限定で「牛丼並盛250円」という
キャンペーンを行ったところ、これがバカ受けして
食材や容器が足らず一時店を閉めたりしたと
最近ニュースで報道されています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報