今朝の新聞で”NTTが光ファイバーの会社を新たに設立する”という
記事を読みました。100~1000倍速の高速通信は、今までの
常識を吹き飛ばしそうな気がします。CD-ROMもDVD-ROMさえもいらなく
なってしまうのでしょうか?OSからアプリまでダウンロードの時代が
くるのでしょうか?質のいい音楽や映画もダウンロードなーんて。
現実的にどうなるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>情報を得ることは出来ても活かすことが出来ない、とならない


>ように多数の方々に教えを受けたいと思います。
今後は「情報そのもの」より「情報の引き出し方、活用法」を知っていることが
重要になってくるかもしれません。
「インフォメーション」ではなく「インテリジェンス」の時代ですね。

>ところで、映画をみるとしたら回線をつなぎっぱなしで見るんでしょうか?
>それともすべてをダウンロードをしてから再生するんでしょうか?
これは課金方法とかによって変わってくるでしょうね。
繋ぎっぱなしで見るのは「ストリーミング」と呼ばれる方法で、
手もとの再生装置に大容量記憶装置が必要ないメリットがありますが、
回線状態が安定していないとブツ切れ、コマ落ちなどが出る弱点があります。
こういった最先端技術を体験したければアダルト系に行くのが一番です。
課金、動画再生などの最新技術がすぐに取り入れられますから。
いつの時代も最新技術の牽引、実用化は「アダルト」が採用するからです。

>CD-ROMもDVD-ROMさえもいらなくなってしまうのでしょうか?
アプリや各種データ類がオンラインで供給されると「在庫切れ」が無くなり、
作る側はギリギリまで作業が可能というメリットも(^_^;
ま、これは「どうせ後でオンラインヴァージョンアップできるし」と
作りが荒くなってしまう問題もありえますが、これは制作側のモラルですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

K-1さん、いろいろありがとうございました。おかげで、どうなのかなー?
って思っていたことがわかってきました。最新技術がアダルトからと
いうのがちょっと不甲斐ない気がしますが、DVDの売れ筋がアダルトの
ようですし、CSのPPVもアダルトが、ということで善かれ悪しかれ現実ですね。
ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2001/04/16 14:46

いままでのメディア、特に放送は「放送されている」番組を見るわけです。


しかし、超高速通信が常時接続となると「都合のいいときに番組を見に行く」となるのではないでしょうか。
ドラマを見逃したとき、ビデオを持っている人を探したり
再放送を待つしかないのですが、放送局に蓄積されているのを簡単に入手できるわけですな。
月曜9時に「放送」ではなく月曜9時に「リリース」という感覚ですね。
現在でも似たようなコンテンツはありますが、画質、ダウンロード時間などがネックであまり普及していません。
これが一気にブレイクする可能性もでてきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

魅力あるコンテンツがたくさん出来るといいですね。映画や音楽の
他にも投資や競馬もいいですね。知りたいことがすぐに調べられ
ほしい情報がすぐ手に入る。情報を引き出すのに多くの労力を使い
過ぎてしまい、創造力や洞察力が薄れてしまう。
コンピュータが身近になればなるほど、人本来の力とはなんだろうと
考えます。情報を得ることは出来ても活かすことが出来ない、とならない
ように多数の方々に教えを受けたいと思います。
ところで、映画をみるとしたら回線をつなぎっぱなしで見るんでしょうか?
それともすべてをダウンロードをしてから再生するんでしょうか?
初歩的過ぎてすみません。

お礼日時:2001/04/14 09:17

いろいろあるのですが、


身近なものとしては、「放送」ですね。
今は電波を使って、映像や音楽を楽しんでいますが、
FTTH(Fiber To The Home:加入者宅まで光ファイバ)で
ほとんどのコンテンツをネットで提供することになると思います。

ネットはインタラクティブ(双方向性)なメディアですから、
番組に参加したり、番組から情報を取り出したりすることが
容易になるので、これからの放送は、だんだんと
移行していくと思います。
もちろん、今まで通り電波のメディアも続くでしょうが…。

次に、ASPって知ってますか?
アプリケーション サービス プロバイダ
つまり、アプリを外部に委託するんです。
自分のパソコン上で実行するのではなく、
ASPのコンピュータ上で実行・管理することで、
家庭のパソコンの負担は少なくなり、
プロに管理を任せることで、丈夫なものにもなります。

他にもいくつかあるとは思いますが、
そういう時代(FTTH)、確実にきます。
ADSLの普及で、いま伸びようとしているところですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画が観れるといいですね!好きな時間に見たい映画をみれたら
余暇をもっと楽しめそうです。ASPというのは、数年前オラクルのラリーエリソン
さんが提唱していたような気がします。実際のところ、アプリを貸し出し
してくれるところがあるんでしょうか?また、貸し出しということでは
ないんでしょうか?それにパソコンは安くなってきましたが周辺機器はまだまだ高くソフトもバージョンアップの連荘で、マイカーの維持費並に近づいてます。
光通信にはコスト面で期待はもてないのでしょうか

お礼日時:2001/04/14 07:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVD-RAM 二倍速? 三倍速? 四倍速?  どれを買えばいいですか?

パソコンデータのバックアップ用に使用する

DVD-RAMの購入を考えているものです。

DVD-RAMなんですが 二倍速 三倍速 四倍速 など種類がありますが

何が違うのでしょうか?

聞いた話では

速い速度でデータや動画を保存するとキレイに保存されなくてバグル事が
よくあるそうです。

値段は 倍速が上がるほど高くなるそうです。

バックアップ用DVD-RAMを買いたいのですが

倍速はどれを選べばいいでしょうか?

Aベストアンサー

倍速は書き込みの機器が対応している速度がお奨めです。
機器側にもメディア側にも倍速の限界があります。
機器側が×4でメディア側が×2の場合に、4倍速書き込みしようとすると、メディア側がついてこれず、エラーや故障の原因にもなります。

一般にこれらの書き込みは一筆書きに例えられ、急いで書き上げようとすると、ミスのおきる可能性も多くなるわけです。するとそこでデータがとぎれ、ヘタすると動画の場合などその時点以降が再生不能の事態も考えられます。
PC書き込みの場合、ライティングソフトで書き込み速度を指定できますから、最初の内は控えめにして、エラーが無く大丈夫なら次の速度へステップアップというのが大抵のライティングソフトの使用方法にコメントであります。
ゆっくり書けばその分失敗が少ないのが事実です。
現在の主流は×4だと思います。
理論上、×1で60分が×4だと15分で上がるわけです。
タイムイズマネーです。

それ以外にも、メモリーの容量などや書き込み時に他の負荷の多い作業をするのも書き込みに大きく影響を与える場合がありますので注意が必要です。それだけデリケートな作業と言うことですね。

倍速は書き込みの機器が対応している速度がお奨めです。
機器側にもメディア側にも倍速の限界があります。
機器側が×4でメディア側が×2の場合に、4倍速書き込みしようとすると、メディア側がついてこれず、エラーや故障の原因にもなります。

一般にこれらの書き込みは一筆書きに例えられ、急いで書き上げようとすると、ミスのおきる可能性も多くなるわけです。するとそこでデータがとぎれ、ヘタすると動画の場合などその時点以降が再生不能の事態も考えられます。
PC書き込みの場合、ライティングソフ...続きを読む

Q英語のCDを2倍速、3倍速のmp3ファイルにしたい

TOEICのリスニングの勉強のため、音声CDを2倍速などに変換し、mp3プレイヤーで聴いて学習したいです。何というソフトを買えばできますか。又、何倍速まで変換できますか。できれば安価でオススメのものでしたら嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無料ソフトのSoundPlayer Lilithで変換可能です。(設定によっては無意味ともいえる40倍まで加速できます。)
MP3への変換は若干コツがいるので、設定、導入方法を紹介します。

SoundPlayer Lilithは作者さんのサイトかvectorからダウンロードしてください。
http://www.project9k.jp/

まずして欲しいのがオンラインアップデートです。
オンラインアップデートを行う事で、DSPの設定で特殊アルゴリズムというものが使用できるようになります。
オンラインアップデートの方法。設定→その他→オンラインアップデート、デバック用コンポーネントにチェック。

WAVなどのファイルを、Lilithのプレイリストに読み込ませます。
変換したいファイルを右クリックして、ファイル変換リストへ送るを選んでください。
ファイルの変換で、設定ボタンをクリックしてエンコーダーを選びます。よく分からない場合はRIFF PCM Waveでいいでしょう。WMA対応なら、WMA変換すれば携帯プレーヤーで聞けます。
WAVからMP3に変換するソフトは、基本的にどれでもいいでしょう。
LilithでもExternal ProcessでLAMEを使えばMP3に変換できますが、午後のこ~だが簡単でしょう。

同じ画面でDSP設定を選び、特殊アルゴリズムを選択します。
速度変更を有効にし、Baseの部分を×1~2を選んでください。
2倍の場合はBaseが×1で、スライダーを右に目一杯持っていけば200%となります。
3倍の場合は、Baseを×2.0にし、スライダを右に動かして300%になるところまで動かします。
この状態で右に目一杯持っていけば400%になります。
速度変更だけでBaseが×10.0まであるので、2000%まで選べるということです。
後は、ファイル変換の画面で開始をクリックするだけです。
先に、出力先などの設定もしておいてください。

午後のこ~だ
http://www.marinecat.net/free/windows/mct_free.htm
学習目的なら標準の128kbpsで問題ないと思います。

CDから音源を取り込むソフトは多分別の質問であると思います。
WAVをおすすめしますが、MP3で取り込んで高速化してもいいでしょう。

無料ソフトのSoundPlayer Lilithで変換可能です。(設定によっては無意味ともいえる40倍まで加速できます。)
MP3への変換は若干コツがいるので、設定、導入方法を紹介します。

SoundPlayer Lilithは作者さんのサイトかvectorからダウンロードしてください。
http://www.project9k.jp/

まずして欲しいのがオンラインアップデートです。
オンラインアップデートを行う事で、DSPの設定で特殊アルゴリズムというものが使用できるようになります。
オンラインアップデートの方法。設定→その他→オンラインア...続きを読む

Q倍速再生ソフトの倍速ファイルの作成時間は瞬時にできますか?

倍速再生ソフトの倍速ファイルの作成時間は瞬時にできますか?

200件(@5秒程度) 毎日 倍速ファイルを作成しようと思っています。

作成時間がそれなりにかかるようなら(もしくは 面倒)

最初か 3倍速まで 対応しているICレコーダを購入しようと 思っています。

知識のある方 ご経験のある方がいらっしゃれば 是非 御指導 お願い致します。

Aベストアンサー

PCのソフトで「加工」にかけるって話なら そんなでもないよ。5秒が200個くらいなら。
ただ、倍速にするソフトが纏めて変換する機能(通常バッチと言われる)があるかどうかって話になるけど。。。

ただ、実時間かかる事はないけど、一瞬って事もない。
なにせ200個だから最低でもそれをどこかに複製する程度の時間ともう少し(データを変化させる処理)が掛かるね。

Q4倍速対応のCD-RWメディアを、32倍速で書き込めないものか。

ドライブ性能は、最大書き込み32倍速と表示されているのですが、
CD-RWメディアが4倍速対応ということで、4倍速で書き込まれてしまいます。
どうにかして、速度を上げることは、できないものでしょうか?

Aベストアンサー

物理的に32倍速で書き込めます。
ただしデータを読み込むことができないCD-Rになってしまいます。ですからやっても残念ながら意味がありません。

CD-RWに使われている素材が化学変化についていけないためです。

Q筆まめのソフト CD-ROM DVD-ROM

筆まめを購入しようと思っているのですが、同じ値段でCD-ROM と DVD-ROMがありますよね。それは、大きな違いは何ですか?私はPCなど詳しくないので、困っています。PCはWINDOWS xpですが、説明を読む限りではどちらもいけそうな気がします。初心者ならCD-ROMの方が使いやすいとかありますか。今まで何かのソフトをインストールする事は何度かありましたが、DVD-Rは経験ないので・・・。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 DVD版の方が収録コンテンツ(画像や写真)が多いです。
 またCD版はCDの枚数が多い(機能を分割して収納されている)ので管理が面倒くさいです。インストールの際も何度かCDの入れ替えがある。また実際に使う場合もDATAを読み込む度にCDの入れ替えを指示される場合もある。
 お使いのパソコンがDVDを読み取れるなら迷わずDVD版がお奨めです。DVDが読めないなら、CD版しか買ってはいけません。

 ちなみにDVD版はDVD-ROMです。DVD-Rでは有りません。

http://fudemame.net/products/hagaki/fude15/shiyou.jsp

参考URL:http://fudemame.net/products/hagaki/fude15/shiyou.jsp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報