文化功労章と文化勲章の違いは何?そもそも文化功労章の年金は必要なものでしょうか?

A 回答 (1件)

文化勲章の受章者は、文化功労者の中から選ばれます。

年金は、功労に対して支給される。文化勲章は、名誉だけであり、特権はありません。勲章受章者に何らかの特権を与えることは法で禁止されています。

文化勲章はいらない、ネットオークションにでも出しますか。しかし、年金はほしいですね。国民的意見としての是非は別でしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。「文化勲章の受章者は、文化功労者の中から選ばれます。」がわかりました。
ノーベル賞受賞者は別格として、三宅さん、安藤さん、有馬さん、蜷川さん、脇田さんはこの順で過去の文化功労者なのを確認しました。

お礼日時:2010/10/29 19:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮崎県都城市で観光地はありませんか?8月に総合文化祭で行くのですが、自

宮崎県都城市で観光地はありませんか?8月に総合文化祭で行くのですが、自由行動があります。

Aベストアンサー

こんにちは。

高文祭ですね。
おそらく文化会館だと思うのですが
その近辺から公共交通機関での観光は難しいのではないかと思います。

どうにかして行くことができれば
「関之尾の滝」は一見の価値があります。
奇石と日本有数の幅のある滝なので見ごたえがあります。

あとは高千穂牧場や霧島ファクトリーガーデン(焼酎工場です)
ですが、クルマがないと難しいですね。

島津家の旧家屋を市が買い取って展示するようですが
申し訳ありませんが詳しい場所がわかりません。
いろいろ調べてみてくださいね。

参考URL:http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/mkj/kanko/index2.htm

Q著作権って文化の進歩を阻害するものではないでしょうか

スラッシュドットによると「文化庁は、文化審議会著作権分科会基本問題小委員会を開催する、今回発表された委員の構成からは、これまで著作権延長に反対もしくは慎重な意見を提示していた委員が軒並み外れており、その人選に対し深刻な疑問が投げかけられている。」とあります。そもそも著作権というのは一部の人の権利を擁護するもので全体の進歩を阻害する働きのほうが強いのではないでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問者の質問内容に関してだけ言えば、これは利権や権利者の都合の会になるでしょう。著作者、利用者、管理者 これらのパワーバランスが偏らない形が、理想であると思います。

しかし管理者がいない状態というのは、中国や韓国を見ればわかる通り、品質の劣化を生む場合もあり、また著作物への著作権が適当に扱われます。これでは製作者の心を砕くものではないでしょうか。

著作権が守られれば、新たな製作物が生まれますし、管理者が無駄に強ければ、著作者にも利用者にも悪い影響がでます。

例えば「ミッキーマウス保護法」「ミッキーマウス延命法」で有名な"著作権延長法"は、確かに権利者たちを守る法ではありますが、低品質なミッキーマウスが提供されないだけ、日本国内のそれより支持できます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E5%BB%B6%E9%95%B7%E6%B3%95

著作権もケースバイケースではないでしょうか。

Q文化遺産というものはいまや観光資源

世界遺産に登録されているような文化価値がある地域や建造物などは、現在当時の機能をまったく失い、ただものめずらしさの観光のためにだけ生き残っているような状況が多いように思いました。
こういうものは、それで価値があると言えばいえるのでしょうけども、なにか先人の心血を注いで築いたものに対して尊厳の念がないような事態に陥ってはいないでしょうか。
例を挙げればいくらでもあります。思いつくだけでも
古代の拳闘場、城郭、宮殿、教会さらには原爆記念館etc.
これらの価値は、本当に闘士が舞台に上がり、兵士が銃口狭間に取り付き、王侯がそのなかで栄華を極めというような活動をしていて始めて生きてくるのではないか。

現代とは、あるいはその時代の産物である観光とはどういうものと考えたらいいのでしょうか

Aベストアンサー

世界遺産の登録を目指そうと各自治体は目の色を変えていますね。
所詮、村おこしや町おこしの材料として「世界遺産」を利用しようと
しているだけです。ユネスコの理念を自己の利益のために使う自治体役人ならではの考えです。
観光客は確かに増えますが、縄文杉の根本が踏み固められたり、キズを付けられたり、知床に至っては、ヒグマの生息域までズカズカ人が入って、一触即発の状態です。
そういう事態が分かっていながら、世界遺産を目指そうとするあさましい考え。富士山は逆に河口湖町などは規制で釣り客が来なくなる等で反対しています。
世界遺産より「明日の生活」なのですね。

Q【アメリカの奴隷制度でジャズ文化が生まれ、日本の労働奴隷制度では自殺文化しか生まれなかった】 日本の

【アメリカの奴隷制度でジャズ文化が生まれ、日本の労働奴隷制度では自殺文化しか生まれなかった】


日本の非正規労働は負の文化しか生まなかったのになぜ未だに続けているのでしょう?

企業奴隷に良い文化が生まれた事例はあるのですか?

Aベストアンサー

> なぜ未だに続けているのでしょう?

奴隷からは解放されても、失業者になりますが?

> 企業奴隷に良い文化が生まれた事例はあるのですか?

非正規雇用の問題は、身分が不安定であることと、正規雇用と比べ、生涯賃金が低いこと。

逆に言えば、短期労働の前提であれば、非正規雇用の方が有利な面も多々あり。
上手く賢く、派遣労働などを利用している人も多いです。

非正規雇用とは、労使双方にとっての「選択肢」に過ぎません。
その選択肢を奪い、減らすことは、必ずしもバラ色の結果は生じず・・。
恐らく、悪い結果の方が多いかと。

Q文化人類学を自分で学ぶ場合に参考になる本

現在、大学で文化人類学を専攻しています。 ですが、文化人類学が専門の教授が少ないこともあり、開設科目が少なく、現段階では社会学専攻の人と一緒にゼミもやっています。  
 もちろん近接する学問で、手法など共通する部分が多いことも分かっていますが、文化人類学を専攻できるコースがあると聞いて今の大学に入ったこともあり、不満があります。
 
そのため自分で勉強しようと考え、『文化人類学20の理論』 綾部恒雄 、『よくわかる文化人類学』 ミネルヴァ書房、『文化人類学を学ぶ人のために』 米山俊直 など入門書の範疇に含まれるであろう本はある程度読み、学説史的な流れ、各理論の特徴はあくまで大雑把で初心者レベルですが、なんとなくは理解した気になっています。 そのため、そろそろ『西太平洋の遠洋航海者』や『ヌアー族』、『悲しき熱帯』、『野生の思考』を読んでみようか? と思っているところです。

以上のような現状ですが、文化人類学を学ぶにあたってこれを読むといいというおすすめの本または勉強法などありましたら教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』、クロード・レヴィ=ストロースの『親族の基本構造』『悲しき熱帯』『構造人類学』は古典的な著作ですので 、一番最初に読むべき書物であって是非一読をお勧めします。
 そして文化人類学と一口にいっても間口はいささか広く、古くは柳田国男と折口信夫の成果(それぞれに著作集がある)もあれば宮田登や山口昌男の仕事もあります(山口には著作集があります)。
 柳田・折口・宮田の仕事はそれぞれ民俗学的な視点からの考察が中心ですが、それでも他の領域からの評価にも高いモノがあります。他にもマードックの家族論やらヴェーバーの『経済と社会』大塚久雄の『共同体の基礎理論』『有賀喜左衛門著作集』などは基本文献ともいえます。
 また近年では歴史学の世界でも社会学や文化人類学との接点を求めての行き来も盛んで、網野善彦氏と赤坂憲雄そしてアラン・コルバンの三者の仕事に基づいた『民俗学と歴史学 網野善彦、アラン・コルバンとの対話』もあります。他には中沢新一氏などの多領域との接点を積極的に求める研究者もいます
 「文化人類学」と一つの世界に限定して考えるのではなく、それが「どの様な領域と接しているのか」などを視野に入れませんと、単なるオタクや頑固な年寄りになってしまうかの危惧もあります(丸山眞男が表現するタコツボ型文化)。
 文化人類学や民俗学は戦後歴史学にも多大な影響を及ぼし、従来では宗教史の一部で扱われていた「アジールとしての閉鎖空間の意味」などを日本の中世社会が持つ史的特性の分析視角にまで止揚させているとの経緯もあります。
 民俗学系の学問領域を仕事とお考えであるならば、学問としてノ成立が他の領域に比べてまだ年浅いこともあり理論よりもむしろフィールドワークがしめるウェイトの方が大きいでしょう。でしたら東京近郊なら佐倉にある歴博と大阪にある民博をはじめ全国各地にある博物館や資料館を訪ね歩くことも必要です。その場合には先に示した方々とアポイントメントをお取りになってから出掛けた方が収穫も大きいでしょうね。

 ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』、クロード・レヴィ=ストロースの『親族の基本構造』『悲しき熱帯』『構造人類学』は古典的な著作ですので 、一番最初に読むべき書物であって是非一読をお勧めします。
 そして文化人類学と一口にいっても間口はいささか広く、古くは柳田国男と折口信夫の成果(それぞれに著作集がある)もあれば宮田登や山口昌男の仕事もあります(山口には著作集があります)。
 柳田・折口・宮田の仕事はそれぞれ民俗学的な視点からの考察が中心ですが、それでも他の領域からの評価にも高い...続きを読む

Qフランスと日本の貿易はどんなものが運ばれたんですか?その中に日本の文化である和のおもちゃも含まれます

フランスと日本の貿易はどんなものが運ばれたんですか?その中に日本の文化である和のおもちゃも含まれますか?例えばけん玉、お手玉など

回答お願いします。

Aベストアンサー

自動車や乳製品や衣類や鞄類です。

けん玉やお手玉はニーズそのものがないと思われます。
輸出の目玉は任天堂やソニーのゲーム関連です。

Q日本の文化です

歴史の文化について教えてください><
以下のものです・・・;

1 室町時代前期の豪華な文化

2 室町時代後期の質素で素朴な文化

3 安土桃山時代の西洋文化を取り入れた文化

4 江戸時代前期の町人文化

5 江戸時代後期の町人文化

の文化を教えてください(´・ω・`)

Aベストアンサー

1 三代将軍足利義満の時代。京都金閣寺に代表される絢爛豪華な北山文化。
2 八代将軍足利義政の時代。京都銀閣寺に代表される東山文化。
3 南蛮貿易などがもたらした南蛮文化と日本の文化が融合した桃山文化。
4 五代将軍徳川綱吉の時代の元禄文化。
5 文化文政時代の化政文化。

 ってことだけでいいのかな?
それぞれの文化の特色は自分で調べてください。

Qユネスコ無形文化遺産に登録されると何が得?

登録されると具体的に何がどうなんですか?
箔がついて輸出に有利とか恩恵はそれだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

保全が義務化されます。そして申請した要件を満たせなくなったら認可が取り消されます。
たぶん、和食とキムチの話だと思いますが、この2つの場合、無形文化財に指定されたのは、食事や食品自体ではありません。和食を中心とする日本の文化、キムチを漬ける年中行事(マツリ)としての文化を申請し、認可されました。
なので、モノそのものの輸出がどう、ではなく、海外で現地の人が正しく和食のお店を開いてくれるとか、昔から海外の展示会では、中華、洋食、和食が食事として提供されてきましたが、もっときちんとした和食を提供するとかを日本として努力する、ということになるんじゃないなか。個人的な経験ですが、機内食で羊羹のようなこんにゃくの筑前煮は、あまり食べたくないですし。。。

コレ、日本の場合、和食以前に、アニメ文化をきちんとまとめて文書にして申請したら一発で通る気がするんですよね。あと、源氏物語や竹取物語。

これまで日本の無形文化遺産はたくさん登録されてきましたが、業界色の強いものばかりでした。そろそろホントの日本の文化と誇れるものを登録しておいてもよい気がします。

Q僕は将来、文化服装学院に行って、ファッションデザイナーになりたいのです

僕は将来、文化服装学院に行って、ファッションデザイナーになりたいのですが、デザイナーになる場合、服装科と、アパレルデザイン科のどちらが良いでしょうか??回答宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

文化服装学院を卒業した者です。
ファッションデザイナーになりたいのなら、アパレルデザイン科(以降 アパデ)が良いと思います。
有名なデザイナーの方々もアパデを出ています。
私は、服装科には行っていませんが、服装科は最短で2年なので、全体的な事を学ぶのではないのかな?
と思います。(デザイナーになれない事はないと思います。自分次第なので…)
でもデザイナーを目指すなら、基礎科→アパデで進むのが良いと思います。
また、基礎科で進んでおくと、2年に上がる時に、選択肢が増えます。
アパレルデザイン科(デザイン)、アパレル技術科(パターン)、アパレルニット科(ニット)、
マーチャンダイジング科(マーチャンダイジング)、アパレル総合科(その全体を少しずつ勉強)
っと色々あります。もしかしたら、学生生活を続ける中で、デザイナーでは無くパターンをしたい場合は、選べるので、便利かと…。
でも、自分自身がデザイナーになりたいなら何処にいても勉強できるはずです。
頑張ってください!将来、貴方の服が世の中に出回るのを楽しみにしています。
どんな事があっても乗り越えよう!!!!!!!!

ちなみに私は、総合科で、アシスタントデザイナーを少しやりました。

文化服装学院を卒業した者です。
ファッションデザイナーになりたいのなら、アパレルデザイン科(以降 アパデ)が良いと思います。
有名なデザイナーの方々もアパデを出ています。
私は、服装科には行っていませんが、服装科は最短で2年なので、全体的な事を学ぶのではないのかな?
と思います。(デザイナーになれない事はないと思います。自分次第なので…)
でもデザイナーを目指すなら、基礎科→アパデで進むのが良いと思います。
また、基礎科で進んでおくと、2年に上がる時に、選択肢が増えます。
アパレルデ...続きを読む

Q格差社会日本 消費税を上げるために必要なもの

ボンボンだろうと経済孤児だろうと関係なく課せられる税金、その名も高き消費税。消費税アップの流れは止まらないでしょう。しかして消費税だけ上げて、生活が苦しくならないのは、ごく一部の裕福層のみであると思われます。格差をこれ以上広げないのみならず、むしろ格差を縮めるのに役立つ事柄を教えてください。

Aベストアンサー

お金持ちの税率が高くなる累進課税の所得税の方が公平な感じもしますが、所得の捕捉が難しいうえに、本物のお金持ちは腕っこきのセンセイ方を動員して上手に節税しているでしょうから、ホントに公平かどうかは微妙です。

その点、消費税は、使ったら必ずかかる税金なので、ある意味公平です。問題はangel25gtさまもおっしゃるように逆進性(貧しい人に重くなる)があることです。

わりと簡単な解決策は、全員に同一額の「消費税還付金」を作ることです。

たとえば消費税の税率を20%にするとしましょう。
このとき、仮に還付金を30万円に設定しますと、一年の消費が300万円の人の場合には、税率は実質10%になります。(300万円×20%=60万円 これが支払で、還付が30万円なので、負担は30万円。300万円の消費に対する税金の率は10%です。)
同様に、600万円消費する人の税率は15%になりますし、1000万円消費する人なら17%になります。

150万円しか消費しない人にとっては、消費税の負担は実質ゼロですし、それ以下の消費しかしない(できない)人にとっては、国から生活のための補助が出るようなものです。

税率と還付の額を上手に設定すれば、生活保護とか年金とか諸々の社会保障の仕組みの大部分を、この制度で代替することもできるかもしれません。いま話題のベーシックインカムに近い性質になるかもしれず、社会の安心度は大きく向上するでしょう。そのことゆえにこれを嫌う人もいるとは思いますが。

お金持ちの税率が高くなる累進課税の所得税の方が公平な感じもしますが、所得の捕捉が難しいうえに、本物のお金持ちは腕っこきのセンセイ方を動員して上手に節税しているでしょうから、ホントに公平かどうかは微妙です。

その点、消費税は、使ったら必ずかかる税金なので、ある意味公平です。問題はangel25gtさまもおっしゃるように逆進性(貧しい人に重くなる)があることです。

わりと簡単な解決策は、全員に同一額の「消費税還付金」を作ることです。

たとえば消費税の税率を20%にするとしましょう。
このと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報