私はカリキュラムのあり方について関心を持っている数学の教師です。学力低下や学校の事業時間および学習内容の削減が大きな社会の話題となっている今日この頃です。
 さて,戦後の我が国の教育政策は,昭和22年の試案,26年の第1回学習指導要領改訂,33年の第1回学習指導要領改訂以降,およそ10年ごとに改訂を繰り返してきました。しかし,施行された学習指導要領の評価については明らかにされないまま,改訂結果が告示されています。平成14年度から施行される新学習指導要領についても同様です。有識者と呼ばれる方の以降が大きく反映されているのかどうなのかはわかりませんが,新学習指導要領では,「2次方程式なんか,生活していて使ったことがないから不要」という有名な方のご意見が,反映されたと見ることができます。
 ところで,かつて企業(大企業のうち数社)の人事担当者や社内教育担当者から,中等段階における数学教育では何が求められますかという調査をしたことがありますが,会社ごとにバラバラであってことと,大手企業では大学・大学院の卒業者がほとんどで,大学できちんと学んできてくれればよいというのが大勢でした。ですから,中等数学教育では何を学んできて欲しいかという問いについての積極的な回答は得られなかったといえると思います。
 しかし,国民教育としての要望としては,それこそ国民全員が抱いているはずです。学校を卒業して社会の一員として社会を担っていくときに,職業によって異なるかもしれませんが,これは学校で学び修得しておくべきだということがあるはずです。
 そこで,中等学校における数学教育に対して,どのような職業あるいは立場の人はどのような要望をお持ちであるのかご意見を伺いたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 そもそも数学は否定の論理(証明)が起源となっています。

従って修士の方も書かれていましたが、論理的な考えを養う教科でしょう。しかし、大学の工学部に進学する生徒にとってはこのような悠長なことは言っていられません。履修する70%は
数学が必要なのです。
 文系の生徒にとっては、単に論理的感覚を養い社会人になったときに、相手に対し自分の考えを理解させるために必要な学問ではないでしょうか。
 理系(特に工学部)の学生にとっては、文系の領域は当たり前でそれ以上の能力を
要求されます。一般の高校で文系・理系と分かれて行きますが、理系を選んだ生徒の1/2は本当の理系ではありません。(程度の問題もあるでしょうが)

 今の数学教育に欠けているものはなんでしょうか。
答案用紙に答えだけを記入させるテストをする。これは先生を楽にさせ、生徒を本来の数学の目的からはずしている要因です。大学の二次試験様式にすべきです。
そして、途中までの部分点を与えるべきです。私が学習塾をしていたときに、生徒たちは答えが合っていた場合、ほとんどの生徒が「当たった」と言うのです。これは大変だ! と思い、生徒を疑ってはいけないのでしょうが、その生徒を個別に呼んで解き方をその場で説明させます。論理が成り立たなければ×です。また、別紙(白紙)を配布して、表裏を使い計算の途中をきちんと書かせました。このような方法を
とった成果は、今まで中間テストが6/100だった生徒が一ヶ月で受験模擬テストで32/60になりました。他の生徒も同様に成績は向上しています。
 時代によって問題の難易度が変化することはどうしようもないことです。いかに
生徒が数学に興味を持つような授業をするべきでしょう。PTAの授業参観の時、私は自分の子どもの授業は5分間、他の教室の授業を見て行きます。予習をしている先生は2/10でしょうか。先生に望むことは、切れ味のある授業をし、生徒各人の努力を
認めてやることでしょう。これは中等教育には不可欠なものでしょう。

 私とある高校生との会話を紹介します。
生徒:先生ここの塾に来ない日に分からないことがあったらどうしたら良いでしょう   か。
私 :学校では質問タイムが設定されているでしょう。学校の先生に質問しなさい。
   その一週間後
生徒:この前、質問したんですが、「これは、この公式に代入すればすぐに出るでし   ょう。」と言われパタパタと職員室に帰ったそうです。

 このような授業をしていると日本の数学の将来はないでしょう。私の地域だけであることを祈る次第です。
 私は、昭和24年1月生まれです。
    • good
    • 0

私は修士は数学関係を出ましたが、その後数学とは関係なく中年になったビジネスマンです。



いまの中学でどの程度までの数学を教えているか知りませんが、子供の高校の数学教科書を見て、私の頃よりは2年進んでいることを知り、「ここまでやらなくてはいけないのか?」と素朴な疑問を持ちました。そこでお尋ねのことにつき、私の考え方を述べます。

1)まず数学は、社会へ出たとき使う「道具」の面と、ものごとの「(論理的な)思考力」の2面から考えるべきと思います。

2)中学は義務教育ですから、社会人になったとき、中卒でもこのくらいの「道具」と「思考力」が必要だと考えるべきかも知れませんが、いまはほとんどが高校へ行くので、高卒でも社会人になって必要な、道具と思考力を、まず考えるべきだと思います。

3)しかる後、その道具と思考力に到達するステップ、階段をカリキュラムとして考えるというように、まず目的を決め、次にそれに到達する道程を考える方法論を採るべきだと思います。

4)このときは、中学、高校を(小学校も?)一緒にして考え、ロジカルなステップと同時に、人間としての発育度を加味します。

5)こうしておおまかに中学の数学学習道程が分かったら、さらに細部のカリキュラムや教え方を考える。

6)ただし、できる子できない子、あるいは受験というような差が出てきますから、5)をあくまで幹とし、あとは例外として+-を考える。例えば、数学上級クラスを作って選択制にする、教科書の中にも「上級」のページを作るというようにです。(ーの方も然りです)

7)こういう方法だと、大学のレベルや日本人のレベルまで関係してきますね。ですから総合的な検討が必要になってきます。

8)また広中平祐のような、天才を生む仕掛けも用意しておく必要もあるでしょう。

これらは、ビジネス社会における考え方の方法論を基にしていますが、私は正しいと思います。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。orimotoさんがどの時代に中等教育を学ばれたかわかりませんが,高等学校入学が,
 1.昭和29年以前
 2.昭和29年から昭和37年
 3.昭和38年から昭和49年
 4.昭和50年以降
によって内容がかなり異なります(それ以降も変遷していますが,orimotoさんが高校生のお子さんをお持ちというので,私とそう変わらないと考え以上の区分だけ紹介させていただきます。因みに私は3に位置します。)。時代によって単元の入れ替えがかなりあります。たとえば,区分3までは,中学校で三角比を学習しましたが4以降現在に至るまで,高等学校で学習します(現在はそれも選択科目です)。また,4の時代からしばらくは,高等学校で行列とベクトルの一次変換を学習しています(現行の学習指導要領ではまた削除されています)。また,現行では複素平面を学習しますが,内容は3の時代と比較するとかなり削減された内容となっています。例を挙げればまだあるのですが,orimotoさんが,「子供の高校の数学教科書を見て、私の頃よりは2年進んでいることを知り」とお書きになっているのは,
「部分的には」という話だと思います。中等数学教育(ご承知のように中学校および高等学校の意味です,念のため。)の総体としては,昭和58年頃から現在に至るまで,削減の連続ですので,学習の総体としては,進んでいるというのは当てはまらないと思います。
 ただ,orimotoさんがお書きになっている「ビジネス社会における考え方の方法論」は,これまでも一部主張されてきましたが,結局取り上げられなかった考え方だと思います。「個性を伸ばす」というスローガンのもと,今後いろいろなところで述べられると考えられます。それが現実をどの様に打開する方策を打ち出せるのか,興味のあるところです。ただ,すでに教育されしかるべき成果を修めて社会に貢献されている方と,同じ教育を受けても自分はそうでないと考えている方とが現実にいます(たぶんorimotoさんは前者ではないでしょうか)。公教育(義務教育を中心に指す言葉ですが,ここでは97%を越える高校進学を考えたとき,中等教育そのものを指す言葉として使いたいと思います)が,国民教育として,あるいは国民教養の保証を行うものだという視点で考えたとき,教育水準あるいは内容のスタンダードレベルをどの点におく必要があるのかということがもっと語られなくてはならないと考えています。そのときに,「ビジネス社会における考え方の方法論」がどの様な処方箋を書いてくれるのかに大変興味があります。
 最後に,私がこの覧には質問させていただいたのも,どのような立場の人がどの様にお考えなのかということを知りたいからです。
 ご回答ありがとうございました。もしよろしければ,総論とは別に,中等教育における具体的な数学の単元を通して,上記のテーマでご回答いただけると更にありがたいと思います。「○○を△△のように学習した結果,◇◇をする上で◎◎のように役に立った。」あるいは,「○○を△△のように学習したが,◇◇をする上で剰り役に立たなかった。△△を◎◎のように学習させるならば,◇◇をする上で役に立てられると思う。」というようなことをたくさん知りたいと考えています。私は大学,大学院で数学や数学教育を学び(orimotoさんも数学の修士をお出になられているのでしたよね),高校,中学校で数学教師として生徒の指導に当たっています。ですから,自分の体験して実社会で数学がどの様に生かされているのかについて,伝聞でしか知りません。是非,お教え願えればと考えています。

お礼日時:2001/04/12 21:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新学習指導要領(中学数学、理科の削減内容)について

 新学習指導要領で中学数学、理科ではどの単元が削減されたのか具体的に教えてください。ちなみに数学の「円に内接する四角形」や「接弦定理」も削減されてますよね。また、理科では「発熱量の計算」、「イオン」も削減されてますよね。
具体的な回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

前に他の方の回答で知ったページなのですが、
参考になると思いますので、ご覧になってみてください。

http://www.bunri.co.jp/juku/special/spc_07.htm

参考URL:http://www.bunri.co.jp/juku/special/spc_07.htm

Q新学習指導要領について

お世話になります。いよいよ、4月から中学生の新学習指導要領が導入されます。私の学生時代や上のこの時とどう違うのかを確認をしたいのですが、良いHPなどないでしょうか。文部科学省のHPを確認しましたが、よくわかりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問者の方の中学時代との比較は、私の方ではわかりません。

しかし、上のお子様との比較とでしたら、下のURLでわかります。
「移行措置」の表です。
右側の「新課程」が4月から完全実施されます。
おもに数学と理科で大幅な変更が行われます。

その他に、体育では「武道」が導入されたり、英語は週4時間授業になったりと、
主要5教科を中心に、全体に授業時間が増えることは、文科省のHPで確認できます。

中学校のこうした全体の教科に渡る詳しい内容や改訂の趣旨は、文科省のHPの他に、
大きな書店で新しい学習指導要領(書籍)を購入しても確認できます。

また、上のお子様の教科書を保管してあれば、4月からの新しい指導要領に基づいてつくられた教科書と比較できます。
全体に、新しい教科書はページ数が増えているはずです。

今の中学生たちは、教科書はそのままに、補助教材などを使って移行措置に従い学習中です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2011/03/30/1304407_004.pdf

ご質問者の方の中学時代との比較は、私の方ではわかりません。

しかし、上のお子様との比較とでしたら、下のURLでわかります。
「移行措置」の表です。
右側の「新課程」が4月から完全実施されます。
おもに数学と理科で大幅な変更が行われます。

その他に、体育では「武道」が導入されたり、英語は週4時間授業になったりと、
主要5教科を中心に、全体に授業時間が増えることは、文科省のHPで確認できます。

中学校のこうした全体の教科に渡る詳しい内容や改訂の趣旨は、文科省のHPの他に、
大きな書店で新しい...続きを読む

Q新しい学習指導要領の総則を読んでの感想を教えてくだ

新しい学習指導要領の総則を読んでの感想を教えてください。

Aベストアンサー

 小中高どれでも、しかも毎年ですけど。毎回、以下の三つみたいなことですね。

「能書きはいいから具体論に入れ」
「分かりやすく書け」
「総則はもちろん、全部読んだところで、文科省から現場まで、それを運用する人間が実情を作るということが分かってるんだろうか?」

Q東京大学教育学部付属中等教育学校について

東大付属中等教育学校について、質問させていただきます。

子供は小6。来春、公立中高一貫校受検を考えております。
塾で出してます、学校案内を見る機会がありまして、
東大付属の存在を知りました。

試験は適性検査となっていますが・・・
公立中高一貫校と同じような形式での出題となるのでしょうか?
それとも私立中受験対策をしていなければ問題を解くことは困難ですか?

ご存知の方、ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

東大附属については、これらの過去質問があるので参考にしてください。(私も答えていますね)
http://okwave.jp/qa1236569.html
http://okwave.jp/qa422233.html
http://okwave.jp/qa376089.html
http://okwave.jp/qa2373202.html

特徴が強い学校なので、評価(向き・不向き)は大きく分かれると思います。

私自身はこの学校の教育方針は非常に高く買っていますが、進学塾タイプの授業を期待する親子には全く向きません。

定員については双子枠が一定ありますが、大多数は一般なのでご心配なく。

入学試験については、私立中受験対策(のようなもの)は、全く必要ありません。ただ逆に、どういう対策をとれば受かるか?というのは難しいです。

学校の教育方針としては、都立中高一貫校と共通する点が多いでしょうが、試験(問題)となるとどうでしょう?
過去質問でも現役生徒・卒業生の方が答えているのを、ご覧ください。

Q公立中高一貫校(併設型・中等教育学校)の意義について

 こんばんは。私は高校2年のnora12という者です。
 ここ数年公立中高一貫校の開校が進んでおり、私の地元でも開校されました。しかしこうした公立中高一貫校の設立の意義について疑問に思う点があります。
 中等教育学校などでは既存の高校を閉校あるいは後期課程の募集を大幅に縮小して完全中高一貫型にしている学校が見受けられます。私の地元で開校した学校も高校の時は定員割れしていた訳でもなく、むしろ倍率の高い人気校でした。
それをわざわざ閉校にして中等教育学校にする必要があるのでしょうか?たとえ一校の廃校であっても公立中学卒業者の進学先を狭めているような気がしてなりません。
 また、学費の高い私立はは難しいから公立一貫校という考えをお持ちになっている生徒さんやご両親は数多いと思います。難関私立中学並みに倍率が上がる学校もあると聞きます。
そうした学校の乱立は本人の意志よりも親の意思が左右するような受験戦争を加速させるだけではないでしょうか?一貫校を設立するよりも、ゆとり教育で荒廃した公立中学の授業内容を見直すべきではないでしょうか?
目先の進路実績にこだわって中高一貫校の教育ばかりに目がいって、公立中学校の教育がないがしろにされている気がします。
 回答者様はどのように思われますか?ぜひ御回答下さい。
 

 こんばんは。私は高校2年のnora12という者です。
 ここ数年公立中高一貫校の開校が進んでおり、私の地元でも開校されました。しかしこうした公立中高一貫校の設立の意義について疑問に思う点があります。
 中等教育学校などでは既存の高校を閉校あるいは後期課程の募集を大幅に縮小して完全中高一貫型にしている学校が見受けられます。私の地元で開校した学校も高校の時は定員割れしていた訳でもなく、むしろ倍率の高い人気校でした。
それをわざわざ閉校にして中等教育学校にする必要があるのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

公立一貫校対策講座を受け持つ塾講師です。
>ゆとり教育で荒廃した公立中学の授業内容を見直すべき
ゆとり教育の失敗について、様々な学者が考察していますが…。私はひとえに日本人には「主体性がない」ことが挙げられると思います。本当に将来を見据えていれば、ゆとり教育は自分の時間が取れるわけですから、非常に有意義な時間が増えると思いませんか。

非常に厳しいことを言いますが、主体性がなければ仮に公立中学の授業内容が改善されようが意味がありません。自発的に学ぶ姿勢こそが大切であって同条件下でも頑張っている人はいくらでもいます。いうなれば、おっしゃられる通り最後には「自分の意志」が大切なのです。

教育政策は確かに憂慮すべき問題かもしれませんが、しかし諸外国と比較すれば遥かに恵まれています。昨今では経済格差が学歴格差となり格差を再生産することが問題となっていますが、それでも日本では学生に対する補助金、融資制度も充実していますし、参考書も様々出版されています。その気になればより高いレベルの教育を受けることが可能です。公立中高一貫校もそう言った意味では一石を投じる良い事業だと我々はとらえています。試験によって、自発的に取り組むことができるやる気のある子を選抜したいのはヤマヤマですが僅少すぎる。ならば親が教育熱心である家庭の子を集めるのは自然なことです。酷いと思うかもしれませんが、我々とて10教えて1しかやってこない子よりは10やる子を優先して教えたいと思います。(やって出来ないなら仕方ないですし、こちらも教えたいと思いますが)

まぁ、結局日本の教育政策如何に関わらずやったもの勝ちですよ。なんでも。

公立一貫校対策講座を受け持つ塾講師です。
>ゆとり教育で荒廃した公立中学の授業内容を見直すべき
ゆとり教育の失敗について、様々な学者が考察していますが…。私はひとえに日本人には「主体性がない」ことが挙げられると思います。本当に将来を見据えていれば、ゆとり教育は自分の時間が取れるわけですから、非常に有意義な時間が増えると思いませんか。

非常に厳しいことを言いますが、主体性がなければ仮に公立中学の授業内容が改善されようが意味がありません。自発的に学ぶ姿勢こそが大切であって同条...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報