2級管工事施工管理の経験記述試験についての質問です。
11月におこなわれる2級管工事施工管理試験を受けるののですが、経験記述試験で自分が経験した工事の内容には規模に制限とかあるのでしょうか?
普通の一般住宅程度の規模例えば、延べ床面積120~140m2・VUVP50~100φ50m・洗面器2・洋風便器2程度の給排水給湯設備工事について記述してもいいのでしょうか?
記述試験の記入例を見てみるとどれもビル工事や工場の改築など延べ面積2000m2以上、配管延べ200mくらいの工事しか書かれていないので規模に制限があるのか?と思ってしまいます。
管工事受験経験者のかたご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

他の技術検定試験でも言えると思いますが、



1.施工計画
2.安全管理
3.施工管理

の3つの論点が柱となると思います。
「安全」に「品質のよい」工事をする「計画を立てられる」かが問われていると思われます。

品質においては、小規模工事なりの品質確保の要請がありますから構わないと思いますが、
安全管理を考慮する場面が少なくなるので、「書きにくい」ということになると思います。

例えば、「工期が短く、他業者との輻輳した作業になり、……の点で問題が発生する恐れがあったが、……の点を工夫し工期短縮(コストを下げた)した」ということであれば、(どの程度かは断言できませんが)評価もしうるかも知れません。

ですから、みなさんは公共工事のような、公衆災害の恐れのある例をだして、「管理した事柄」を多く書ける事案を取り入れるのだと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

経験記述では回答しやすい事例のほうがいいから公共工事などをみなさん書いてるわけですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/04 08:22

 私も含めて、まわりの有資格者で住宅設備を経験記述した人はいませんね。

いるんですかね? いるなら(合格してれば)話しを聞いてみたいです。
 一般に規模の制限というより、「2級管工事施工管理」にふさわしい仕事内容である必要があると思います。一般住宅に2級管工事施工管理は必ずしも(余程大規模・特殊な家でもないと)必要ではありませんね。給水・下水の資格で十分です。
 経験とする以上は「管工事施工管理にふさわしい」こんな仕事をしましたってアピールする必要があると思いますよ。ちなみに私は公共工事の現場でしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私が疑問に思ってたのはまさにそこで、「2級管工事施工管理にふさわしい」っていったいどういう工事なの?ってとこなんです。
表現があまりに抽象的すぎて工事の規模のことをいっているのか工事の内容をさしているのか、その具体的な基準がほしかったのでこういう質問になってしまったわけです。
公共工事であれば問題ないようですので、そちらのほうで経験記述のほうは考えてみたいと思います。

お礼日時:2010/10/29 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2級管工事管理技士の難易度

御世話になります。会社から2級管工事管理技士を取得しろと命令があり、現在勉強中です。自習勉強中ですので結構不安があります。今まで会社に入って取った資格は危険物乙4、第2種電気工事士です。この2つと比較して管工事は難易度的にはどうなのでしょうか??ちなみに私の業務は工場内の生産設備の開発です。大学では電子を勉強しておりました。できるなら実体験で分かる方が良いのですが(電気工事士と管工事を両方取得している等)ちなみに管工事には受験資格が必要なので合格率との比較はあまり参考にはならないと考えています。

Aベストアンサー

難易度は同じだと思います、問題集を2~3冊2~3
回繰り返し記憶になると思います

実地試験は実際の実地ではなく体験談を書くことになります、実際に体験してないと書きづらいですが実地試験用の問題集の模範回答をみて学科で勉強したことと矛盾なく想像して回答することになります。

心配するより問題集をできるかぎりするのがベスト

Q2級管工事施工管理技師

勉強するのに、いいサイト・ブログ 知ってる方いらっしゃったら、教えてください

Aベストアンサー

建築設備フオーラムというサイトですが、管工事だけではなく、
設備業ぜんたいに関わるQ&Aがでています。
http://www.setsubi-forum.jp/
ただし、管工事の受験用のサイトではありません。しかし施工経験者や
その道の専門家が、疑問に、親切に教えてくれるとおもいます。
これから取得を目指す方でしょうか?
一番の早道は、受験対策用の講習会がありますので、
(ネットで探せます)その受講が効率的だと思います。
公的資格の試験はほとんどが過去問題から出題されますので、
問題集やテキストを、そこで入手できます。
数万円の出費が掛かりますが、短期間の勉強で取得するならば、
効率はよいのではないかとおもいます。
私の1級の学科の受験経験では、過去問題集の10年分を5回やりました。
出来なかった問題のみ、テキストを理解できるまで読むようにしました。ですからテキストは、講習会で受講時に見ただけで、あとは問題集の出来なかった所だけ読み返すことにしました。
過去問から出る範囲が広いので、本番で過去問に無かった問題が出れば、捨ててもよいと腹を決めて、60%以上できればよいので、
満点を目指すような勉強はしませんでした。
がんばってください。

建築設備フオーラムというサイトですが、管工事だけではなく、
設備業ぜんたいに関わるQ&Aがでています。
http://www.setsubi-forum.jp/
ただし、管工事の受験用のサイトではありません。しかし施工経験者や
その道の専門家が、疑問に、親切に教えてくれるとおもいます。
これから取得を目指す方でしょうか?
一番の早道は、受験対策用の講習会がありますので、
(ネットで探せます)その受講が効率的だと思います。
公的資格の試験はほとんどが過去問題から出題されますので、
問題集やテキストを、そこ...続きを読む

Q2級管工事施工管理の経験記述試験についての質問です。

2級管工事施工管理の経験記述試験についての質問です。
11月におこなわれる2級管工事施工管理試験を受けるののですが、経験記述試験で自分が経験した工事の内容には規模に制限とかあるのでしょうか?
普通の一般住宅程度の規模例えば、延べ床面積120~140m2・VUVP50~100φ50m・洗面器2・洋風便器2程度の給排水給湯設備工事について記述してもいいのでしょうか?
記述試験の記入例を見てみるとどれもビル工事や工場の改築など延べ面積2000m2以上、配管延べ200mくらいの工事しか書かれていないので規模に制限があるのか?と思ってしまいます。
管工事受験経験者のかたご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

他の技術検定試験でも言えると思いますが、

1.施工計画
2.安全管理
3.施工管理

の3つの論点が柱となると思います。
「安全」に「品質のよい」工事をする「計画を立てられる」かが問われていると思われます。

品質においては、小規模工事なりの品質確保の要請がありますから構わないと思いますが、
安全管理を考慮する場面が少なくなるので、「書きにくい」ということになると思います。

例えば、「工期が短く、他業者との輻輳した作業になり、……の点で問題が発生する恐れがあったが、……の点を工夫し工期短縮(コストを下げた)した」ということであれば、(どの程度かは断言できませんが)評価もしうるかも知れません。

ですから、みなさんは公共工事のような、公衆災害の恐れのある例をだして、「管理した事柄」を多く書ける事案を取り入れるのだと思います。

Q2級電気工事施工管理技術検定試験の受験資格

2級電気工事施工管理技術検定試験の受験資格について

【受検資格】
最終学歴                (実務経験年数)
大学(指定学科以外卒業)     卒業後1年6ヶ月以上

卒業後1年6ヶ月以上というのは電気工事の実務経験の年数のことを言っているのでしょうか?
それとも大学卒業後の経過年数のことでしょうか?
実務経験1年6ヶ月以上とは書いていないのでよくわかりませんでした。
指定学科以外卒業の大卒なのですが実務経験は一切なく、大学を卒業して8年以上は経過しています。受験資格はありますか?

Aベストアンサー

> 実務経験1年6ヶ月以上とは書いていないのでよくわかりませんでした。

上に(実務経験年数)とはっきりきっぱり明記してあるのでは?

在学中の実務経験は数えちゃだめよ、って意味でしょ。

もちろん、実務経験ゼロなら受験資格はありません。

Q1級管工事士の資格は廃止されたのでしょうか

お恥ずかしい話ですがしばらく機械設備の業界から遠ざかっていたので判らなくなりました。以前は配管工事を行うために必要な資格として1級管工事士と2級管工事士の資格があったと思います。最近国家試験のリストなどで見てもこの資格を見出すことが出来ません。この資格は廃止になったのでしょうか、もしそうだとすると、空調用の配管工事を行うためには個人には現在はどういう資格が必要なのでしょうか、教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

管理ではなく、配管工事の施工には、配管技能士があり
空調機器の据付等には、冷凍空気調和機器技能士があります。

参考URL:http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/syoukou/shokuno/ginoukentei/tokuten.htm

Q2級電気工事施工管理の実地試験について

今年2級電気工事施工管理の試験を受験するために日々勉強をしています。
やっと学科の勉強を一通りやって、次に実地の勉強を始めたのですが
例えば安全管理の用語について具体的な内容を書きなさいとか電気工事の材料を選んで技術的な内容を具体的に記述しなさいってありますが
さすがにもう頭に入らなくなってきました。
実地試験の回答する場合の言葉はどこまで詳しく書かなければいけないのでしょうか?
せっかく学科の勉強をがんばったから絶対合格したいのでどうかみなさん力を貸してください!
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

用語の特徴を示す、「キーワード」となる言葉があるはずです。それらを、2~3項目挙げれば良いのではないかと思われますが・・。

例えば「Hf蛍光灯器具」などの場合は、「高周波の専用安定器・ランプを使用する」とか「100Lm/w以上の高効率で、ランプ径が従来型器具よりも細い」とか・・。

それらを簡素に列挙することで、特定できる内容にすれば点数は出るかと思われますが、キーワードが「数字」になっているモノで、記載ミスはNGになるのではないでしょうか?

Q管工事業

管工事業の建築許可番号を申請したのですがどこでどのようにしたらいいのですか? 場所は静岡です。

Aベストアンサー

 人に頼むとお金がかかりますし、大まかなところは知っておかれた方が後々よいかと思います。個人経営のかたが一般工事業の許可証をとるのに必要なものは次の4つです。

1.実務経験あるいは資格。実務経験だと10年以上管理監督的な立場で管工事業に携わってきたこと。配管工ではだめです。証明は同じく建設業の許可を持つ業者からもらうことになります。昔は実務経験証明書に押す印鑑は、その業者がもつ建設業の許可証の表紙に押してあるものと同じでなくてはならないといわれていましたが、今は県や担当者によってはそこまではうるさくないと聞きます。二級管工事施工管理技術士があれば必要な実務経験と見なされます。

2.経営経験。5年以上が必要です。自己証明でもかまわないですが、実際に経営経験があるかどうか、確定申告書や受注書などで確認されるようです。

3.信頼性、誠実性。執行猶予を含む何らかの刑法上の刑罰を受けて一定の期間が経過しないものや、指定暴力団の構成員は許可を受けられません。

4.財産的基礎。実際のところは500万円以上の銀行の残高証明書があればいいことになっているようです。

 許可が必要な工事の規模と許可の種類は以下のサイトで確認できます。例は栃木県ですが建設業法は全国どこでもおなじです。
http://www.pref.tochigi.jp/kanrika/keikaku/kyokaseido.htm

 詳しくは、県庁の建設指導課か土木事務所、建設業協同組合などでお聞きになると教えてくれるはずです。オレンジ色の詳しいテキストも2000円ほどで県庁の売店か建設業協同組合で購入できます。自分で申請書を作る場合でも相談相手を捜してからの方がよいかと思います。

 最初の申請の時に実地調査があります。これは抜き打ちでくることもありますが、実際に管工事業を営んでいらっしゃるなら心配は要りません。ただし、確定申告書や受注書などの書類はすぐに取り出せるようにしておいた方がよいでしょう。証紙代が15万円ほど、書類一式が2千円ほどだったと記憶しています。自分でやるなら1度で通るとは思わない方がよいでしょう。

 あと県や市町村の入札に参加されるなら毎年はじめの変更届や経営審査がありますが、一度許可証を自分で作っておくと楽勝です。建設業の看板は建設業組合で作ってくれます。

 以下のサイトも参考になるかと思います。
http://www.pref.gifu.jp/s26009/doboku20.htm

 人に頼むとお金がかかりますし、大まかなところは知っておかれた方が後々よいかと思います。個人経営のかたが一般工事業の許可証をとるのに必要なものは次の4つです。

1.実務経験あるいは資格。実務経験だと10年以上管理監督的な立場で管工事業に携わってきたこと。配管工ではだめです。証明は同じく建設業の許可を持つ業者からもらうことになります。昔は実務経験証明書に押す印鑑は、その業者がもつ建設業の許可証の表紙に押してあるものと同じでなくてはならないといわれていましたが、今は県や担当者...続きを読む

Q一級管工事施工管理技士 実地試験について

H.15 12/7に一級管工事施工管理技士の実地試験を受けてきました。経験記述は準備していて問題なく書けたと思っていますが、1問目の必修問題と選択問題(私は3問目、5問目を解答しました)は微妙な感じです。だいたい60%位取れれば合格できると聞いて臨みましたが、点数配分ってどうなっているんでしょうか?経験記述がどの程度の割合を占めているのか、ご存じの方いらっしゃいませんでしょうか??去年は勉強不足で学科から落ちましたので、今回は数ヶ月は勉強して学科は何とかクリアできたので、ギリギリでもなんでもいいから受かりたいのですが・・・。たぶん経験記述はそこそこできていると思いますが、あとの3問は半分位しか正解していない気がします。

Aベストアンサー

1級管工事施工管理技士 14年度に取得しました
思ったほど難しくは無かったんですけどねえ、

で、専門職が強い資格なので
ここの掲示板ではあまりレスが付かないかと
思いますので 参考URLへジャンプしてみてくださいな

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?id=shikaku

Q管工事施工管理技士と土木施工管理技士について

管工事施工管理技士と土木施工管理技士はどのような仕事をする時に必要なのですか?

Aベストアンサー

施工管理の文字通り、工事を管理するための資格です。
これらの他にも、電気工事施工管理技士や建設施工管理技士など多数あります。
それらの全てに1級と2級があります。

これらは建設業法で、軽微な工事(請負金額500万円以下)以外の高額な工事を請け負うときに必要となります。
つまりそれなりの規模の工事は、きちんと管理を行いながら工事を進めなさいという考えの下にできている資格です。
そのため、高額な工事を請け負うときには必ず選任する必要がありますし、金額に応じて1級(請負金額3000万円以上)、2級(1級と軽微な工事以外)の指定もあります。

これは施行資格ではないので、工事を直接行う事を許可した資格ではありません。

Q2級電気施工管理技師の試験で

明日、2級電気施工管理技師の試験を
受けるんですが、
少しわからないところがありまして、質問させてください。
それで、動力キュービクル(30kw)1面 200V動力・及び制御敗戦←(通常の工事で配線の径・種類・長さ)がどんなもんかわからないので、
わかる方いたら、教えてください。
ちょっと聞いたところによると、CVT37mmとか・・・。
よくわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

 私は、二級電気工事施工管理を持っていて電気工事の施工管理をしている者ですが、わかる範囲で答えます。
 CVT37mmとは600V CVT 38SQのことではないでしょうか。
 質問の意味がよく汲み取れないのですが、動力配線の電線の太さの選定は、簡単に言うと、その設備の負荷容量と電線の長さによって求められます。
 負荷容量と電圧によって電流値が求められ、電線の長さによって電圧降下(通常3%)を考慮し電線の許容電流により選定します。

 この場合(3O×1000)(W)/200(V)=150(A)より150Aの電流が流すことができる電線を選定することが必要。
電線の許容電流は、概算で22SQ=110A,38SQ=160Aぐらいなので38SQ以上の電線を使用しなければならない。
実際は、電圧降下や布設条件(低減率)により電線はもっと太くなる方向ですが・・・・
 わかりましたでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報