SANとNASの構成

現在、社内システムの刷新に向け、インフラ知識を整理しています。

ストレージを購入するにあたり、SANとNASの違いについて調査をしています。

SANは「1台のストレージ」を複数のサーバで共有する、例えばサーバが3台あるとしたら

LUN1 サーバAに割り当て
LUN2 サーバBに割り当て
LUN3 サーバCに割り当て

のようにストレージ筐体内で、領域の区分け(ゾーニング)が可能であると思っています。
(HAクラスタのように、2台のサーバで1LUNを使用するには専用のファイルシステムが必要)

一方でNASですが、領域の構成のしくみが良く理解できてません。

SANのようにLUNをサーバ毎に作成し、

LUN1 Windows用領域 (NTFSでZ:\として公開)
LUN2 Linux用領域 (ext3で/backupとして公開) 
LUN3 HP-UX用領域 (JFSで/freeとして公開) 

のような構成イメージで合っていますでしょうか?。

認識が違う点などありましたら、ご指摘頂けると助かります。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>これをNASを使えば、1つのLUN内にUNIXとWindows、それぞれのクライアントが


>ファイルを格納できるイメージでしょうか?。
>(NFSとSMB、などファイル共有プロトコルがそれを可能にする)

ファイル名に2バイト文字を使用しないなどの注意事項はありますが、その通りです。
    • good
    • 1

SANとNASではサービス提供のレイヤーが異なります.


SANはiSCSIの例ですとTCP/IP上でSCSIコマンドを使い,「セクター単位」でストレージを利用します.
要はPCとSCSI-HDDをつなぐケーブルがEthernetに置き換わったと考えてください.

NASのサービスはアプリケーションレベルで提供され,「ファイル単位」でストレージを利用します.
要はファイルサーバと同じです.

NASではCIFSやNFSなどのファイル共有のためのプロトコルが使われているため,
ホスト側はNASで使われているファイルシステムがext3であってもNTFSであっても関係なく,ホストがCIFSやNFSなどに対応さえしていればNAS上のファイルにアクセス可能です.

また,NASではLUNの概念はありません.
SANでいうところのLUNに相当するものをNASでは共有フォルダと言います.
NASではファイル単位でのサービス提供となるため,
共有フォルダ毎にファイルシステムをホスト側で変えることはできません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。

すみません、1点教えてください。

従来は、Unix用のファイルサーバであれば「NFSサーバ」、Windowsクライアント用の
ファイルサーバであれば「CIFSサーバ」、とシステム内にプラットフォーム毎に
ファイルサーバが乱立した状況があったと書籍などで読みました。

それは、ファイルサーバのファイルシステムが、ext3やNTFSなど異なることが原因に
あったと思っていました。

NASにより、ext3であってもNTFSであっても関係なくなった、という解釈で
宜しかったでしょうか?。

お礼日時:2010/10/30 20:23

SANの方はあっています。


クラスターで使う場合はファイルシステムと言うよりも排他制御を行うシステムが必要になります。

NASの場合は各LUNをどのように見せるかはNASの機能次第になります。
同じLUNをUNIXとWindows(NFSとSMB)に見せることも可能です。
一般的な「共有」と同じ考え方です。

SANとNASは用途によって使い分けることが大事です。
例)
その領域を使うのは1台だがサーバー数が多い:SAN
ファイル共有サーバを一本化したい:NAS
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。

すみません、1点教えてください。

従来は、Unix用のファイルサーバであれば「NFSサーバ」、Windowsクライアント用の
ファイルサーバであれば「CIFSサーバ」、とシステム内にプラットフォーム毎に
ファイルサーバが乱立した状況があったと書籍などで読みました。

これをNASを使えば、1つのLUN内にUNIXとWindows、それぞれのクライアントが
ファイルを格納できるイメージでしょうか?。
(NFSとSMB、などファイル共有プロトコルがそれを可能にする)

お礼日時:2010/10/30 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング