知人から、5月に十二国記シリーズの最新刊が出版されると聞いたのですがこれは本当でしょうか?詳しい情報があるHPを知っていましたら、教えていただけないでしょうか、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

明日4月13日発売です!!!


上下巻で講談社文庫からです。
挿し絵有りのホワイトハート版は5月の半ばに出る予定です。
講談社のHPアドレス書いておきます。
たのしみですね~♪

参考URL:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明日に出るのですね。前の作品が出た時は私が学生だった時のような気がします、明日が楽しみ。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/12 18:19

私もすごい楽しみにしていました。


で、講談社文庫版はn_kanameさんが書かれているように4月13日発売予定で、
昨日すでに発売していた書店があるそうなので(参考URL参照。Yahoo!掲示板
の小野さんのトピックです)、予定どおり発売される思います。
ホワイトハート版は、5月15日発売予定だそうです(ホワイトハートの今月の新
刊に書かれていました)。
ちなみに、講談社文庫版は1冊で、ホワイトハート版が上下二分冊になるみた
いです。多分両方買ってしまうだろうなぁ……。

参考URL:http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

既に発売しているお店もあるんですか。やはり人気ある本なんですね。いよいよ読めるかと思うとすごく嬉しいです。ご回答の程、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/12 18:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小野不由美さんの本が読みたいのですが

先日、小野不由美さんの『魔性の子』を読みまして、久しぶりにこのジャンルのおもしろい小説を楽しみました。

これが初めての小野不由美さんの作品だったのですが、ネットで調べてみると「十二国記」というシリーズモノと関係があるようで、それならばぜひそちらも読んでみたいと思っているのですが、このシリーズの本を本屋で手にとって見てみると特に(1)だの(2)だのと書いていないので順番がよくわからないのですが、ウィキペディアにある出版順の通り『月の影 影の海』から読み始めればいいのでしょうか?

また、これから小野不由美さんの作品を読んでいくにあたって、何かアドバイス(?)のようなものがあれば併せてお願いいたします。

Aベストアンサー

外伝的な作品(といっても、本編に関わってきます)も多いですし、一番最初の「月の影 影の海」から読み始めるのがわかりやすいと思います。
月の影~は、一人の女子高生がいきなり向こうの世界に連れて行かれるところから始まって、あちらの世界の仕組み(?)なども、説明されながら話が進むので。

一応本編の流れとしては、「月の影 影の海」⇒「風の万里 黎明の空 」⇒「黄昏の岸 暁の天」となります。
個人的な感想ですが、出版順に読んでいくと、外伝でほかの国の状況や王様の人となりをつかみつつ、本編を読み進めるという形になるので、出版順に読むのがいいと思います。

アドバイスは#1さんと同じです(笑)
私も「東亰異聞」おススメです。小野不由美さんの著作の中では一番好きです。

Qジル・チャーチルの主婦探偵ジェーンシリーズの最新刊はどうなっているのでしょう?

一番新しいので「地上より賭場に」いや「エンドウと平和」だったかな?が出てからずいぶん経ちますよね。それから新刊ってでましたか?最新刊の出版状況ってどうなってるんでしょう。ご存知の方がみえましたら教えてください。

Aベストアンサー

最新刊はおっしゃるとおり『エンドウと平和』です。
ファンはみんな待ってますよね。私もそうです。
チャーチルの新刊が出る!と聞けば走って行き、ジェーンシリーズじゃないことにがっかり……
でも訳者の浅羽莢子さんのブログ「浅羽莢子のFine,Peace!」を見ると、ジェーンシリーズの最新刊の翻訳は現在進行中のようです。
もうちょっとの辛抱です。待ちましょう。

Q小野不由美さんの「屍鬼」という本

小野不由美さんの「屍鬼」という本に興味を持ちました。
でも1000ページくらいあるようなので、読むのは大変そうです。
できるだけ詳細なストーリーとどの辺が面白いのか
読んだことのある方がいたら教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

文庫版で全5巻を持っています。

これは内容を書くと面白くないので、1章は我慢して読んで、人の名前と関係をしっかり覚えてください、としか言えません(笑)
たしかに、和製ゾンビですねえ。

場所は閉鎖されたムラ社会が生き残っている山の中の村です。
そこに転居者が来て……が限界です。

どの辺がおもしろいか、ですが、とにかくどんでん返しの繰り返しです。
ただ、謎は文庫の3巻でわかります。(手元にないので、何章かわからないです。ゴメンナサイ……)
ですが、そこからの展開が面白いので、そこまでがんばってください。
逆に言うとそこまでがちょっと辛いですねえ。
登場人物が多すぎるんですよね。それがそのまま全部伏線です。
謎が解けてから、誰がどう動くのかが見物ですよ。

Q十二国記

テレビアニメを見て、あと前々から友達に「面白いから絶対読んで!!!」と勧められて、十二国記を読もうと思いました。
講談社の表紙が普通の文字の方と表紙が絵で白っぽい装丁のものの2種類があるようなのですが、中身は何か違いがあるのでしょうか??
あと、どういう順番で読むのがいいのですか?やはり出版された順がいいのでしょうか?  是非教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

私は挿画入りの方が、初めて読む人にはあの中国風世界がよく分かっていいのではないのかなと思います。
イラストレーターの山田さんの絵も雰囲気あってなかなかですよ。

ところで、読む順番をあげてみます。
(URLは、講談社X文庫ホワイトハートの方です)

1、「月の影 影の海」(現在アニメ放映)
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18693295

2、「風の海 迷宮の岸」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18802772

3、「東の海神 西の滄海」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19319032

4、「風の万里 黎明の空」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19353274

5、「図南の翼」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19691333

6、「魔性の子」(新潮文庫)
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18492127

7、「黄昏の岸暁の天(そら)」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30820487

8、「華胥の幽夢(ゆめ)」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30870848

1、2、は、「十二国記」の世界の構造や成立ちを理解する上で、はじめに読んだ方がいいでしょう。
3、5、8、は読みきりタイプなので、順番を気にしなくてもいいですが、登場人物達への理解を深くする上では、順番どおりの方がいいかもしれません。
4、は、現在アニメ放映中の1、のその後です。
6、は、2、のその後、7、の直前の話として、とても深くかかわってますので、順番を違くすると、理解するのに時間がかかるかもしれません。

なんにしても、とても壮大で深いお話です。
じっくり読んで楽しんで下さい。
(私が好きなお話は4、です。陽子が好きなので^^)

私は挿画入りの方が、初めて読む人にはあの中国風世界がよく分かっていいのではないのかなと思います。
イラストレーターの山田さんの絵も雰囲気あってなかなかですよ。

ところで、読む順番をあげてみます。
(URLは、講談社X文庫ホワイトハートの方です)

1、「月の影 影の海」(現在アニメ放映)
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18693295

2、「風の海 迷宮の岸」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18802772

3、「東の海神 西の滄海」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=j...続きを読む

Q小野不由美「十二国記」みたいな本でお勧めはありますか?

こんにちわ。
とても好みが限定されていて
わかりにくいかとは思いますが、紹介していただけたらと
思っています。

好みの傾向として
・現実とは違う世界観
・HAPPY END系

好きな本の傾向としては
・ハリーポッター
・小野不由美 十二国記
・茅田砂胡「デルフィニア戦記」
・ロードス島戦記

漫画で言えば
・BASARA
・7SEEDS

みたいなので何かお勧めな本はありますか?
変な質問で申し訳ないのですが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世界観を持つ世界を舞台に、魅力的なキャラクター達が活躍します。

 紗々亜璃須さんの「水仙の清姫」から始まる一連のシリーズも、とても面白かったです。登場人物は様々ですが、どの作品の主人公も生き生きと活躍しています。

 井上祐美子さんの「五王戦国志」は、少し暗めですが、架空戦記としてとても良くできています。イラストもとても綺麗ですし、ぜひ読んで欲しいと思う作品です。この方の作品も、当たりはずれがあまりないので、お薦めです。

 中華風以外ですと・・・

 津守時生さんの作品も一押しです。「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」が、特にお薦めです。
 「喪神の碑」は、故郷を失った王子が、新たなふるさとを再建していくお話ですが、主人公(王子ではないです)の新米乗組員の成長物語としても、とても面白いです。
 「カラワンギ・サーガラ」は、少女が、未開の熱帯雨林惑星で、バカンスを過ごすところから話がスタートします。この惑星には、様々な秘密が隠されていて・・・

 荻原規子さんの「勾玉」シリーズも、良いと思います。子供向けのシリーズとして出ていますが、大人が読んでもとても面白かったです。シリーズの順序は、「白鳥異伝」「空色勾玉」「薄紅天女」です。神から授けられた、勾玉を巡る壮大なシリーズです。日本神話がベースです。

 金蓮花さんの作品も好みにあうかもしれません。最近の作品ですと、「砂漠の花」「銀朱の花」がお薦めですし、少し古めの作品でもよければ「水の都の物語」が一押しです。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世...続きを読む

Q十二国記のホワイトハート版と講談社文庫の違い

私は十二国記のホワイトハート版を持っているのですが、講談社文庫の方でも十二国記が出ていると聞きました。そして、講談社文庫の方では若干の修正があるとも聞いたのですが、どのくらいの部分がどのように修正されたのでしょうか?知っている方かこの違いについて書いてあるサイトを知っている方がいたら教えてください!

Aベストアンサー

対象とする年齢の違いから漢字などの表記を変えてある
と聞いていたのですが・・・

「月の影 影の海」を題材にされたとある卒論研究では
内容変更はないとなってますね。

講談社文庫版が出た時も、特に目立った変更があったとは聞いていません。

先の卒論のサイトは「月の影 影の海 説明 卒業論文」というキーワードで検索してみてHITすると思います。

序章---第三節「研究対象の性格」---第二項の表2に
WH版と講談社文庫版の違いを点数を上げて比較されている部分があります。
主に漢字変換ですが語彙変換がは11とあります。

私は「黄昏の岸 暁の天」から両版を買うようになり、先に出る講談社版を読んでからその後WH版で読み直すというようにしています。

ですから「黄昏」以前の講談社版は買わず、「月の影 影の海」の講談社文庫版は手元になく、語彙の変更11というのを探す事は出来ないのですが
語彙の変更といってもそう表現は変わらないのではないかと・・・

この点に関しては他の方の回答を私も待ちたいと思います。(笑

Q小野不由美さんの十二国記

小野不由美さんの十二国記の続編が待ち遠しく、小野不由美さんの他作品を読んだりしています。

けれどやっぱり十二国記についての話が読みたくなり、小野不由美さん自らが十二国記について語っていらっしゃるようなものはないでしょうか??(インタビュー記事や対談のようなもの)

2001年夏号の活字倶楽部をウェブ上で検索して発見したのですが、小野先生自身のインタビューが載っているかどうか分からなくて;もしご存知の方がおられましたら、小野先生のインタビューが載っているかどうかなども教えて戴けると嬉しいです。

探しているものは、小野先生のインタビューが載っている本・雑誌でお願いします。もしなければ大々的に十二国記の特集が組まれている(読者からのお便りも◎)ものでも構いません。分かりにくい質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。
・「悪霊狩り~ゴーストハント」CDシネマ1「ヲリキリ様の鬼火」(VICL-60139~40)のインタビュー……小野不由美さんの口調が「読め」ます。
・「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」(ソフトバンク)……ゲームについてのエッセイ集ですが、小野不由美さんの考え方が十二国記ファンには納得できるものになっていると思います。

十二国記を読み終わったら、「悪霊シリーズ」など、他の作品を読むこともおすすめします。
図書館に行けば、その図書館になくても読めたりすることがままにありますし。
では、楽しい時間がすごされれば幸いです。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~katohide/lists.html

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。...続きを読む

Qハリーポッターの最新刊

ハリーポッターの最新刊が発売されましたよね~残念ながら英語がダメなので読むことが出来ません。誰かが死ぬとのことで、とっても気になるのですが、少~しだけ中身を教えてもらえませんか??

Aベストアンサー

すごい詳しく回答されてますねぇ・・・。ネタバレありです・・・日本語版を読んだことがないので用語がちがうかもしれませんが解説します。600ページもありますが、この機会に英語で読んでみては!?

最新刊:混血のプリンスの大筋は、ハリーがダンブルドアと一緒にパンシブ(記憶を体験できる魔法の道具。過去の話にも登場)でヴォルデモートの生い立ちを探ることです。
スリザリンの子孫であるヴォルデモートの母親がどうやって父親(マグル)に恋をし、ヴォルデモートを産んで死んでしまったのか。子供時代はどんな子で、どんないきさつで魔法学校に入学したのか・・・。どうしてヴォルデモートはなかなか倒れないのか、など秘密が明かされていきます。
その間、マルフォイが学校でなにか深刻な使命をもって動いていたり、スネイプが相変わらずあやしい行動をとっていたり、いつも通りの疑惑がハリーをイライラさせます。
最後の数十ページでかなり物事が進展します(悪いほうに・・・)が、それまでは比較的穏やかにヴォルデモートの過去を徐々に知るという内容になっています。

個人的にはスネイプもマルフォイも完全な悪じゃないんじゃ?と思いますが・・・・。

すごい詳しく回答されてますねぇ・・・。ネタバレありです・・・日本語版を読んだことがないので用語がちがうかもしれませんが解説します。600ページもありますが、この機会に英語で読んでみては!?

最新刊:混血のプリンスの大筋は、ハリーがダンブルドアと一緒にパンシブ(記憶を体験できる魔法の道具。過去の話にも登場)でヴォルデモートの生い立ちを探ることです。
スリザリンの子孫であるヴォルデモートの母親がどうやって父親(マグル)に恋をし、ヴォルデモートを産んで死んでしまったのか。子供時代...続きを読む

Q小野不由美さんの作品は怖い物を除くと【十二国記】のみでしょうか?おすす

小野不由美さんの作品は怖い物を除くと【十二国記】のみでしょうか?おすすめを教えてください。

お世話になっております。集中力がなくて困っているのですが
どうやら私にも「読書の秋」が来たようです(^^)

今、よしもとばななさん・乙一さん・小野不由美さんが気になっています。
他の方のでも良いので、あなたのオススメの作品を教えてください!!

以前、小野不由美さんの「緑の我が家」を読んだら怖くて眠れなくなってしまいました><
怖くないものが良いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>小野不由美さんの作品は怖い物を除くと【十二国記】のみでしょうか?
 ミステリに限ると、「屍鬼」「黒祠の島」「東亰異聞」ですが、「十二国記」とかなりカラーが違うので、arara60さんにとって面白いかは保証できません。「屍鬼」は序盤が長いので、それ以外を読んで確認してみたほうがいいかもしれません。
 乙一であれば、「暗いところで待ち合わせ」「失はれる物語」あたりがおすすめです。ちょっと切ない系。

Q十二国記について

十二国記の次の新刊はいつ頃出るのでしょう。

また、アニメ以外にもなにか情報があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

次回作品に関しては情報はありません。
その他…ということで!

参考URL:http://www.jvcmusic.co.jp/m-serve/tv/junikokki/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報