LHUT32の自動解凍書庫の作成をしました。ファイルの自動解凍書庫作成はうまくできるのですが、フォルダのほうがうまくできないで困っています。

exeのアイコンは作成できるのですが、それをダブルクリックして解凍しようとしても、肝心のフォルダが出てきません。マニュアルやQ&Aを読んだのですが、どうにも解決策が見出せず・・・

ご存知の方いらっしゃいましたら、どうしたら良いか、教えていただけますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

駄目ですか


LHUT32を立ち上げて「設定」の「オプション設定」を開き、「シェルエクステンション」タグの「解凍時時にディレクトリ名付きを有効にする」にチェックが要るのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認したらチェック入っていました(T_T)
すみません・・・力不足で・・・。また、何か分かったことがあったら教えていただけますか?

お礼日時:2001/04/13 11:40

ところで「書庫を作成」を選んだ時に”ディレクトリ付き”て所にチェックを付けてますか?


あと”設定”というボタンがあるので設定はお好みに設定の後OKを押せば作成できるはずですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます(^。^)

早速試したのですが、どうにもうまくいかず・・・
ディレクトリ付きを聞かれるところは全部、チェックを入れたのですがダメでした。設定では、lh7の自動解凍書庫用を選んだり、lh5のままやってみたりと・・・。他にやり忘れていることありますかね?

お礼日時:2001/04/13 08:59

ツールバーの「圧縮ウィザード」ボタンを押す


 「次へ」ボタン
 書庫の選択(LZH等を選択) → 「次へ」ボタン
 「フォルダの選択」ボタン → フォルダ選択して → 「次へ」ボタン
 「ファイル参照」ボタン → ファイル名指定 → 自己解凍書庫チェック
 書庫の種類はWin95/NTでよいでしょう。 →「次へ」ボタン
 「完了」ボタン
 WinSF32はとりあえずデフォルトのままでもいいでしょう。

これでできませんか?

この回答への補足

シェル拡張機能(右クリックのメニューから「書庫を作成」)からうまくいかないのですが、それはどうなんでしょうか・・・?

補足日時:2001/04/12 13:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

できました§^。^§

ありがとうございました。大苦戦しておりました・・。

お礼日時:2001/04/12 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体部品、半導体製造装置とは

半導体製造装置とは、半導体部品(トランジスタなど)又は半導体装置の製造装置のことですよね。

だとしたら、なぜ、「半導体部品(又は半導体装置)製造装置」といわないで、
「半導体製造装置」と言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

シリコンウェーハなどの材料基板上に半導体素子(デバイス)を形成する機械が「半導体製造装置」であり、切り出してパッケージングして「部品」にする機械とは違うと思いますよ。
パッケージングまで一気にしてしまう設備もあるかと思いますが、それは各装置の集合体であって、工程によって呼び名は変わるものかと思います。

Q圧縮,解凍の LHUT32について

こんにちは
LHUT32でエクセルファイルを圧縮して
送りたいのですがどうもやり方がわかりません
圧縮ウイザードでファイル名を入力し
作成する書庫名と聞いてきますがそこがわかりません
よろしくお願いいたします
その他簡単な圧縮解凍ソフトがあれば教えてください
なお カテ違いならご指摘ください

Aベストアンサー

こんにちは
”書庫”とは圧縮後のファイルを指すので、
ココでは”書庫名=圧縮後のファイル名”です。

デスクトップにアイコンがあれば、
圧縮したいファイルを選択し、そのアイコンにドラッグ&ドロップすればOK ですよ。

Q半導体製造装置の部品の「再生」とは

半導体製造装置の文献を勉強しているのですが、半導体製造装置の部品を洗浄して「再生」(regeneration)するとか、半導体製造工程の材料(シリコンのインゴットなどのこと?)を「再生」(regeneration)するという言葉が出てきます。

この場合の「再生」(regeneration)とは、どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

前後を読まないとなんとも言えませんが


> 半導体製造装置の部品を洗浄して「再生」

製造に使用したことで不純物等で汚染され、製造に悪影響を与えるようになった装置を綺麗にして、再び製造に利用できるようにする
あるいは、↓に使う「再生成装置」を「洗浄する」という文であるとか。

> 材料(シリコンのインゴットなどのこと?)を「再生」(regeneration)

化学変化させたり、粉砕したりしたり、熱や薬品で溶かしたりしたもののから「再生成(regeneration)」する


ではないでしょうか。

Q[圧縮解凍ソフト] 解凍時のフォルダ構造別の設定について

私は普段からWindowsXPのVisualStyleをいじったり
アイコンセットを探してきてデスクトップカスタマイズに興じています。
ですが、アイコンやファイルが詰まったzipやlzhを解凍するときに、以下の様な構造のファイルがあります。

・例1:Icon1.zip
    ┗Icon
     ┠icon01.ico
     ┠icon02.ico
     :
     ┗icon20.ico

・例2:Icon2.zip
    ┠blue01.ico
    ┠blue02.ico
    :
    ┗blue20.ico

この様な、一つのフォルダの下にすべてのファイルが収納されているのと、直下にすべてのファイルが収納されている2タイプの圧縮ファイルが混在しているのですが、たとえばWinRAR(試用版)を用いてすべて右クリック→「書庫ごとにサブフォルダに解凍」を選択すると、例1の場合余分に一つフォルダが出来てしまって困っています。(\icon1\Icon\ico01.ico…)
また「ここに解凍」してしまうと、今度は例2のタイプの圧縮ファイルがすべて同一フォルダにまぜこぜに解凍されてしまいます。

このような、書庫のフォルダ構造を判別して解凍方法を自動判別できるような設定ができる解凍ソフトはないのでしょうか?

メジャーなLhasaとWinrarというものを試用しましたが、どうにも上手くいきませんでした。
わかりにくい質問かもしれないのですが、どうぞよろしくお願いいたします

私は普段からWindowsXPのVisualStyleをいじったり
アイコンセットを探してきてデスクトップカスタマイズに興じています。
ですが、アイコンやファイルが詰まったzipやlzhを解凍するときに、以下の様な構造のファイルがあります。

・例1:Icon1.zip
    ┗Icon
     ┠icon01.ico
     ┠icon02.ico
     :
     ┗icon20.ico

・例2:Icon2.zip
    ┠blue01.ico
    ┠blue02.ico
    :
    ┗blue20.ico

この様な、一つのフォルダの下にすべてのファイ...続きを読む

Aベストアンサー

>書庫のフォルダ構造を判別して解凍方法を自動判別

は正直難しいと思いますが、例えばlhaplusと言うソフトで
「フォルダを自動作成する」」->これはチェックする
「ディレクトリ解凍時にサブディレクトリを解凍する」->これはチェック外す

をすれば、上記の例で言うと
<icon1フォルダ>
icon01.ico
icon02.ico
icon20.ico
<icon2フォルダ>
icon01.ico
icon02.ico
icon20.ico

という形式で解凍できます(ちょっとお望みの形式とは違うかもわかりませんが)。このあたりをカスタマイズしていけば近い形になるかもしれません。他の書庫フォルダを自動作成する解凍ソフトであれば同様のことができると思います。

Q半導体製造装置業界の見通しについて教えてください。

 半導体製造装置業界関係者の方から、半導体製造装置市場は構造的に成長性がもう期待できないとの話をよく聞きます。足元は景気の悪化などもあり供給先の半導体市場はマイナス成長ですが、薄型テレビや白物家電、自動車など半導体の用途拡大や新興国での需要拡大もあり、半導体市場はまだ伸びると思います。半導体製造装置への投資を減らすため半導体メーカーが装置の効率性向上に取り組んでいることなどもあるとは思いますが、生産能力の増強投資を中心になぜ半導体製造装置市場が構造的に伸びないと言っているのか、プラス要因とマイナス要因があるなかでマイナスになるのかよく理解ができません。もしよろしければその理由を教えてください。
 また特に半導体テスタについても、テスト工程簡略化や低価格化の進展などについては理解できましたが、なぜ市場の縮小まで見込まれてしまうのか、上記と同様にプラス要因とマイナス要因があるなかで、縮小に行き着くのか理解ができません。その理由を教えて頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純に言えば、プロセスが進む(微細化が進む)にしたがって、
莫大な金がかかるようになるので、半導体を作るメーカーがどんどん寡占化されて減ってしまうので、それにつれて、製造装置やテスタの市場も小さくなってしまうということでは。

数年前の130nmの世代では、世界で15社~20社が自前のプロセス(工場)を持っていましたが、現世代の45~65nmでは10社以下になっていますし、おそらく、次世代(2010年~2012年くらい)の22nmくらいのプロセスでは、Intel、TSMC、IBM・東芝連合、Samsung(IBM連合に合流かも)
の3社あるいは4社くらいしか、自前のプロセスを持たないのではないかと思われます。
あとは、世界3位になる予定の、ルネサス+NECがどうするかですが、ここは世界の微細化についていく気があるのかどうか不明。ついていかなければ取り残されますし、大借金して無理してついていけばちょっとの不況で一気につぶれる可能性もある。

Q自己解凍書庫が開かない

つい昨夜のことです。PC不調のためデータを自己解凍書庫にしてCD-Rに落としていったのですが、一つだけ解凍できないままのexeファイルが残ってしまいました。
仕事にも使うことのあるデータなので、早めに解凍したいのですが、このファイルを作ったLhaPlusではうんともすんとも・・・。

何か他の方法があれば教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ツールを変えてみましょう
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/explzh.html
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se166893.html

Q半導体製造工程で500℃近い熱がかかる工程とは?

半導体製造工程で500℃近い熱がかかる工程とは?

半導体素子を作る際、500℃近い熱がかかる工程があると聞いたのですが、
どの工程でしょうか?
私の知っている限り、半導体製造工程は、
レジスト塗布→露光→エッチング→イオン注入→平坦化→電極形成
です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔、半導体デバイスの研究をしていました。といっても化合物半導体ですが。
『500℃近い』とは、室温よりも非常に高い温度という意味で使っていると思いますが、確かに化合物半導体にとっては高温ですが、Siデバイスにとってはむしろ低温のプロセスです。
なにしろ、先ず最初の表面酸化膜形成は確か1200℃くらいの筈ですから。
ちなみに化合物半導体にCVDで成膜する場合は350℃くらいです。

レジスト塗布後のベーキングはせいぜい200℃程度ですが、ドライエッチングでは300℃くらいに上がることもあります。
イオン注入はドーズ量が高いと基板温度が数百度になることもありますが、意図的に500℃以上に保って活性化率を高めることもあります。
その後の活性化アニールでは、シリコンでは800~1000℃くらい、化合物でも300~500℃くらいに昇温します。
近年ではランプアニールが主流ですが、この場合は化合物でも800℃くらいに上げることもあるようです。
電極も蒸着しただけでは接触抵抗が高いので、きちんと低抵抗のオーミック電極を取りたいときは、数百度でアニールします。

Q拡張子が7zという書庫ファイルの解凍方法

ダウンロードしたファイルに.7zという拡張子が付いていました。これは書庫ファイルだと思うんですが、どういうプログラムで解凍できますか?

Aベストアンサー

Explzhで解凍できますよ。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/explzh.html
インストールしたら
ヘルプ - アーカイバDLLの自動アップデート
を実行してから解凍して下さい。

Q半導体製造装置の実験業務とは?

半導体製造装置の研究開発部門での実験業務について教えて下さい。
東京エレクトロンなどの半導体製造装置を開発している研究開発部門では、日々実験などされていますが、クリーンルーム内での実験業務は、どんなことをしているのか、知っている方は教えて下さい。     より細かい内容を教えて頂ければ助かります。
どんな実験機を使い、どんな実験をして、どんな成果を出すかなど
教えて下さいっ。

Aベストアンサー

たとえば、条件(時間、パワー、温度etc)を変えて、半導体の処理(成膜、エッチング、アニールetc)をしてみるわけです。その条件で得られた結果をプロットしてみて、ここが最適だ、と結論つけるようなことを日々やっていると思ってください。もちろん、それらの日々の中にはトラブル対応もあり、新しい実験機の導入、雑用、客先対応もありと同じ1日はないのです。

Q自己解凍形式と圧縮書庫による配布の違いについて疑問があります。

自己解凍形式と圧縮書庫による配布の違いについて疑問があります。

よくフリーソフトなどを配布しているWebページなどにお世話になるのですが、
ダウンロードする際に、そのファイルの形式がexeなどの自己解凍形式のものと、zipやlzhなどの圧縮書庫になっているものを、
それぞれどちらか一方を選択してダウンロードすることが出来るように鳴っている場合があるので、
なぜこのようにわざわざ分けて配布するのか疑問に思いました。

どなたか理由をご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

自動解凍は解凍ソフトを持っていない人用です。

あと、セキュリティの設定でexeファイルがダウンロードできない場合があります。

ユーザー側に色々な事情がありますので、それに合わせて親切に色々用意してるんです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報