女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

現在高校三年生で、海外留学を考えています。


1.コミュニティーカレッジへ2年通い、その後、海外の四年制大学へ編入、卒業
2.日本の大学に1年通い、2年次に交換留学で海外へ、3年次に帰国後、卒業


今までは2を考えて、一般受験に向け勉強してきました。
しかし最近、日本の大学で勉強することの価値を見出せなくなってきてしまいました。
受験が嫌だというより、少しでも長く海外にいたいという思いが強くなってきたのです。

自分は中学校三年間を海外で過ごしました。
それは、今までの私の18年間の人生のなかで最も素晴らしく、
一生忘れることの無い、本当にかけがいのないものでした。

そこで、1の選択肢を今頃になって考えるようになってしまいました。
今まで予備校へ通わせてくれた親には大変申し訳ないとは思うのですが、
一度きりの人生、後悔して過ごしたくないという気持ちがあります。
それに元々、将来は海外で就職することを希望していたので、
海外で大学を出た方がその希望に沿いやすく、良いのではないかと思いました。
ウェブアート、デザイナーなどの美術関係あるいは、商業関係の職に就きたいです。

海外留学をしたからといって、必ずしも素晴らしい日々が待ち受けているという
ことではないと思います。しかし、辛く、泣いて、帰りたくなる時が来たとしても
最終的に海外留学をしたことに後悔する日は決して来ないだろうと思っています。
むしろ、海外留学をせずに死んでしまったら、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

ですが、2の選択肢を破棄することで回りにかける多大な迷惑を考えると、
自分勝手すぎてしまわないだろうか、1年行ければいいじゃないかとも揺れたりします。
特に、前に「(大学進学ではなく)専門学校でもいいなぁ」とつぶやいたところ、
母に「予備校に行っておいて、何を言ってんのアンタ?」というようなことを言われ、
却下されています。1は父からも反対され、かなり怒られることは目に見えています。
「金ばっかり使って(予備校代&高校の学費)、ホント親不孝者」などと言われそうです。
しかし、それでも行きたいです。留学経験者の方にお聞きしたいのですが、
ご両親に留学したい意を伝えた時、どのような状況下での、どんな反応でしたか?

TOEICなどは受けていないので、英検2級A資格で出願できるCCに行き、
CC在学中にTOEIC等を受け、四年制大学進学への一つの手段にしようと思っています。
(金銭面や学力面のことを考え、CCにまず二年間留学しようと思っています)
高校の内申は5段階評価で4.7、英語は一番最近の模試で学年9位(偏差値60後半)でした。
留学先はアメリカのシアトルかシカゴあたりを考えていますが、
留学者へお勧めの地域・学校や現地の評判などありましたら、ぜひお聞かせ下さい。
イギリスも考えましたが、就職がアメリカより厳しいのではないかという印象を持ちました。

長文をお読み下さり、ありがとうございました。
もしよろしければ、回答のほどよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高校の成績が4.7、偏差値が60以上もあるのに、誰でも入学できるコミカレ入学というのは最悪の選択だと思います。


本当なら、そのくらいの優等生であれば、TOEFLとSATを受けてアイビーリーグへファイナンシャルエイドつきのフレッシュマン入学を狙うことをお勧めしたいのですが、今からだと遅いんですよね。
アメリカの有名大学の入学選考は既に始まっていますから。
ハーバードやスタンフォードのような大学は6.5万ドル以下の家庭の子供は学費が無料になりますし(それ以上の収入でも減額あり)、優等生には外国人でも奨学金を出す大学もあるので、もう少し早ければお勧めしたんですけど。
あ、ちなみに英検で受けられるのは一部のコミカレのみですよ。

私はとにかく日本の有名大学へ入学することをお勧めします。
日本の大学は入学時に偏差値が分かるので、たとえ中退したとしても「入学できた」という実績が残るからです。
このままコミカレへ行けば、「あー、日本の大学へ入れない劣等生だからアメリカへ行ったのか」と日本で評価される可能性が高いです。
もし、将来的に、留学後に帰国して就職することになったとき、海外の仕事で「学閥に弱い」日本人たちと働くことになったとき、誰でも知っているような有名大学だと損にはならないんです(笑)。

そして、大学入学後に準備して交換留学へ行くか、2年か3年で編入すればいいのではないでしょうか。
編入だと日本で取得した単位を認めて貰えるので、その分の学費が節約できますよ。
どうしても海外で卒業したければ、交換留学に行った後(事前に準備をしておいて)編入してしまうという方法も可能です(少し遅れますが、それくらい何ということもないでしょう)。
http://www.fulbright.jp/study/index.html

もしくは、大学は日本で卒業し、アメリカの大学院へ行くことです。
アメリカで就職したいのであれば「専門職」と認められやすい院卒の方が絶対に有利です。
外国人は雇用先のビザサポートが必要なので、新卒で就職できるのは10%以下だと思います。
院留学の方が日本の奨学金も大学院から貰える奨学金もチャンスが多いので。
http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships.html

大学留学は親御さんの全面協力が必要です。
とりあえず日本の大学に合格して親御さんを喜ばせ、その後に自分で準備して外堀を埋め、「どうしても行きたい」ときっちりしたプランを出せば説得しやすいんじゃないでしょうか。
今の準備不足・情報不足の状態では、一蹴されるのがオチでしょう。
残念にも志望大学に落ちてしまったら、それからコミカレ進学を考えても遅くありません。

道は1つではありません。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

ここ最近でたくさんのことを考えましたが、やはり日本の大学に進学しようと思います。色々考えてみた結果、やはり金銭的な問題が山積しすぎていると思いました。古文単語や日本史を覚え、国語や英語等を予備校の授業で取ってきたもかかわらず、ここで投げ出してしまうのは、やはり親に申し訳無いです。それに私立高に入学してしまったこともあり、確かに日本の大学に合格することが今できる唯一の親孝行だと考えます。日本の大学に入学してから、ゆっくり留学の事は考えようと思います。

いずれまた質問するときがくると思いますが、ご縁がありましたらその時はよろしくお願いします。

お礼日時:2010/10/31 04:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング