色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

スピリチュアルっていっぱいあるの?

スピリチュアルとかスピリチュアリズムっていっぱいあって、みんな好き勝手なことを言っているみたいですが、スピリチュアリズムって思想ですよね?イズムだから。最初そのイズムが立ち上がってから人気が出るに従って便乗犯が横行したんですよね?名前だけ借りとけみたいな。ということは最初に立ち上がったイズムが本当のスピリチュアリズムなわけですよね?

gooドクター

A 回答 (28件中1~10件)

ベネディクト16世は教皇選出時78歳であったが、これは1730年のクレメンス12世以来の最高齢での選出である


現在83歳

もうそれほど長くない

問題のペテロ就任は近い
    • good
    • 0

>人間が大量に減るのですか?振るい落としという事は落第生だけが人間を繰り返すのでしょうね



キリスト教に輪廻転生と言う考え方はありません

従って、死んだら終わりです。

霊魂は残りますが、人として二度と戻ってきません

唯一例外はキリストで復活できます
    • good
    • 0

>>スピリチュアルっていっぱいあるの?



意味は多少違いますが、日本の神道は八百万の神で、神様ごとにスピリチャリズムがあるような気がしますよね?

伊勢神宮などの古社の天照大神は、実は男神として扱われてます。
神社の神職たちはその扱いです

女帝 持統天皇が日本書紀において男神から女神に書き換えさせたと言われてます
意図は、天皇家の出自を隠す為
そして桓武天皇は日本書紀第31巻の焚書を指示
第31巻は天皇家の系図と朝鮮半島の関係と他の文書に書かれてます
その為、日本書紀は全30巻となり、天皇家の出自、日本の成り立ちが分からなくなったと言われてます

天照大神の正式名称は、天照国照彦天火明櫛甕玉饒速日命 (あまてるくにてるひこほあかりくしたまにぎはやひのみこと)

天照国照彦 ・・・・ 天照大神
天火明 ・・・・・・ 火明命
櫛甕玉 ・・・・・・ 大物主命
饒速日命 ・・・・・ ニギハヤヒ命

つまり全部、天照大神であり、各神は分神

伊勢神宮は元々分社で天皇家専用のプライベート神社。内宮は祭神;天照大神
本宮は三輪神社。祭神は大物主命

ここでも両者は、同じ神である事が証明されます
天皇は大嘗祭によって天照大神の神霊を引き継ぎます
つまり同体ですから、天照大神=ニギハヤヒ・ニニギ=神武天皇=崇神天皇=応神天皇となります

神がつく天皇は、天照大神を強く宿した特別な天皇
3天皇が同一人であることはほぼ定説です

歴史的な神(思想・宗教)の伝播から、キリスト≒アポロン≒ミトラ・ミスラ≒弥勒菩薩がほぼ確認されてます
ミトラ≒天照大神、ミトラ≒バール神=スサノオミコト=牛頭天王
部分的には天照大神=スサノオミコトになります

元伊勢(現在の伊勢神宮の前に伊勢神宮とされていた神社の総称)の籠神社には、もともと神は1つであったと伝承が残ってます

八百万の神に変えたのは持統天皇と言われてます
つまり、日本書紀によって

この戦略を立てたのは重臣藤原不比等と.....中臣鎌足の息子で天皇家と姻戚関係にある

神は時間や場所を超越する存在ですから、同時に同じ場所に現れて別の存在になっても矛盾しません
よって、一面が神格化されても不思議がなく、日本のみならず世界中で見られる思想です
化身と言う考え方も同様です。
よって元々1つの存在の神が八百万の神になっても矛盾はない訳で、習合が起こります
ヤーべ(エホバ)が、人として地に降りた時はキリストになり、人の形を取らない場合は精霊となるという三位一体の考え方も同じです

天照大神が人として地に降りると天皇になります。
その為、天皇になるには大嘗祭を経て神霊を下ろす必要があるわけです
    • good
    • 0

>>江原氏の言う自然霊の神様は、アニミズムの一般論?が言う「自然法」を持つ神様なのですか?



江原氏が、スエーデンボルグ系スピリチュアリズムを理解して言っているのであれば同じでしょう

ただどうでしょうかね?
江原氏は根っから神道の世界の人で、赤坂の日枝神社の神職だった人ですよ
日ごろから神道の修養に明け暮れていたらしく、高尾山(修験道の山)に登ったりしていたようです
彼の著書によれば、その時までは霊体などを見ることができる能力
夢の中で幽体離脱し、大宮氷川神社の末社宗蔵神社付近で女神からスサノオミコトのお力を借りるよう言われたそうです。
空を見上げると龍がいてそれがスサノオミコトの化身
その時から、霊を払うことができるようになったと言います

女神は多分、宗蔵神社の女神で本宮は九州です。
大宮氷川神社は、全国の氷川神社数百社の総本宮で祭神がスサノオミコト。
旧官幣大社で直祀社(天皇が直接、或いは使いを送って拝礼する)です
鳥居は明治神宮から移設したもので、非常に格式が高い神社です

神官を務めていたTBS近くの日枝神社は、比叡山麓の日吉大社の東京分社
名前は比叡山の「ひえい・だ」から来てます。
天台宗の総本山比叡山と日吉神社は対の関係で、雌雄の関係にあるからです

彼が西洋スピリチュアリズムを理解していたかどうかは分かりませんが、多分同じことを言っていると思われます
ただ彼の表現は、彼の独自世界観に基づくものだと思います
神界手前の幽界にある存在が付いていると言う説もありますが
    • good
    • 0

現ローマ法王は、ドイツ人で元ヒトラーユーゲント


話題や反発を生んだが就任後も度々失言問題が出ている

現法王は、ラッツィンガー枢機卿時代に、トルコのEU加盟に反対していた。
法王は、トルコのEU加盟問題に言及し、人口のほとんどをムスリムが占めるトルコがEUに加盟することで、ヨーロッパのキリスト教世界としての一体性が損なわれることを懸念していた。

どうやらイスラムなど異教徒に対する反発が本来ある人物のようで、法王就任後も不用意にイスラムのジハード批判(預言者ムハンマドが、暴力によって信仰を広めたという表現)をして反発を招いている。
すぐに釈明が行われ、そのような意図で述べたものではないとしているが、イスラム教徒とキリスト教徒の溝を深めているのは事実
この先、何を言い出すか分からない

「ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマ人ペテロが教皇に就く」

この一文から見て、今の法王の在任中に批判が高まり、バチカンが厳しい立場に立たされるようだ


>スピリチュアリズムがおおむねキリスト教と同じ思想で、
>神は形ではなく性質です。
>西欧キリスト教的文化である必要はないということだと思います。

スピリチュアルを基盤とした神や宗教の論理は元が共通する
根本は、最初の文明シュメールの神から始まり、BC15Cミタンニ王国で成立したミトラ多神教で固まる
ミトラ多神教の神は、ギリシア神話、ヒッタイト神話、インド神話に引き継がれ、キリスト教にも取り込まれる。
ミトラ多神教からゾロアスター教が生まれ、インド仏教を通じて日本にも伝播する
ローマ帝国時代、キリスト教やインド諸宗教から、悪魔扱いもされ、キリスト教がローマ帝国の国教となったことで、ミトラ多神教は廃れていくが、その思想は他宗教に受け継がれる

ミトラは、ペルシャ帝国の守り神アスラ、ギリシア神話のアポロン、キリスト教のメシア(キリスト)になる。又ミトラは大日如来にもなり、ユダヤのバール神化する。バール神は牛頭天王となり、八幡神=スサノオミコトに、ミトラは独立して天照大神となり、ニニギとなってやがて神武・崇神・応神になる
メシアは弥勒菩薩となり、ミトラと同じアフラー神群のアフラマズダがゾロアスターの主神に、アフラ(アスラ)は阿修羅になる
ミトラの兄弟神インドラは、インドのインドラ神になり帝釈天となって、阿修羅を天界から突き落とす

神は繋がるのである。
従って、ミトラ=バール=牛頭大王=スサノオミコト 神紋は16弁菊花紋、
ソロモン王がバール神に祈った言葉が「アーメン」である

ヒッタイトの7頭悪龍ヤヌ=ヒュドラ(ギリシア神話9頭の蛇)
            =サーガ(インド神話の多頭の蛇神群)=九頭竜=八大竜王
            =ヤマタノオロチ=八幡神=スサノオミコト
            =ルシファー

性質、論理、教えが変質することもあるが、引き継がれる事も多い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

神の話を聞いた人間の想像が変遷していったのでしょうね。

お礼日時:2010/11/21 19:34

聖マラキ予言



112. ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマ人ペテロが教皇に就く。
彼は多くの苦難の渦中で、子羊を司牧する。
この苦難が終わると、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下されるのである。
終わり。

In persecuetione extrema S.R.E. sedebit Petrus
Rom. qui pascet oves in multis tribulationibus ;
quibus transactis,civitas septicollis diruetur,et
Judex tremendus judicabit populum suum.

FINIS
----------------------------------------------------------

聖マラキは1094年にアイルランドに生まれたカトリック教の実在の大司教です。
予知能力や神秘的な力を持っており、数々の奇跡を起こしたと伝えられています。
その聖マラキ神父が、165代教皇ケレスティヌス2世以降の歴代の教皇について予言したものが「教皇の予言」といわれるものです。
実際に112人の教皇が記されていますが、なかには権力争いで対立し、後に教皇として認められなかった者も含まれると言います。
但し、歴代の教皇は本名ではなく象徴で記されており、教皇ひとりひとりの特徴や就任した時代背景を表しています。

そればかりでは、特に感嘆だけで終わるのでしょうが、問題なのは現教皇ベネディクト16世が111人目にあたり、
後1人のみの名があるだけで、予言が終わっている点にあります。

そして、ローマ聖庁そのものが存在しなくなる重大な事態が発生すると予言されているのです


■結論■

次期ローマ法王在任中に、この世の終わり「最後の審判」となる
聖書でも、「振るい落とし」は予言されている
最後の戦いハルマゲドンもこの時期かな?
欧州水没の予言が多いのが目立つ。象徴的な意味かも
次の法王が最後の法王で、キリスト教世界、少なくともカソリックは終わる

日本は1/3が生き残り、世界では1/5~1/3程度らしい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人間が大量に減るのですか?振るい落としという事は落第生だけが人間を繰り返すのでしょうね。

お礼日時:2010/11/21 18:08

スウェデンボルグは、次のように言い残している。



「私は、今後の教会の状態について天使たちと色々語り合った。
私たちは、依然キリスト教会の人たちには希望はわずかしか持っていない。
が、キリスト教世界から遠く離れ、そのため霊界の悩ます者から遠ざかっている或る国民には多くの希望を持っている。
その国民は、霊的な光を受けて、天的な、霊的な人間になされることのできる国民である。
また彼らは言った。
現在内的な神的真理がその国民の中に啓示され、また霊的な信仰をもって、すなわち、生命と心の中に受け入れられ、彼らは主を崇拝している、と」

つまり今後、キリスト教会には僅かな希望しかなく、キリスト教圏である西欧から遠く離れた或る国民が、新しい教会を建設するというのだ。

「名前は性質を意味しているので、その名前はその人間の中にあるものをことごとく一つの統合体の中に包含しているのである。
なぜなら天界ではいかような人間の名にも注意は払われはしないのであり、誰かの名前が呼ばれると、または名前の言葉が語られると、その人物の性質が考えられ、すなわち、その人物のものであり、その人物に関連しており、その人物の中にあるすべてのものが考えられるからであり、ここから聖言では〝名〟は性質を意味しているのである」

「新しい教会」は、「主イエス」の名のつく教会である必要はなく、イエスの性質を知っている教会であれば本質的に同じだと述べているのだ。

「教会が教会でなくなるとき、すなわち仁慈が死滅して、新しい教会が主により再び建てられつつあるとき、それはその古い教会がそのもとに存在している者たちのもとには、たとえ行われるにしても、稀にしか行われないのであり、それは前に教会が存在しなかった者たちのもとに、すなわち異邦人のもとに行われる」

聖マラキの預言などでは、次の教皇の代でローマ教皇庁が瓦解するとされているが、「教会が教会でなくなる」とは、カトリック教会を指しているようだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。スピリチュアリズムの内容はこれと矛盾しないと思います。シルバーバーチや他の本とも矛盾しないと思う。「ひとつとして同じものがない」など外枠から類推した勝手な想像に過ぎない。中身をよく読めば、みな共通したことを述べているということが分かるはずです。スピリチュアリズムがおおむねキリスト教と同じ思想で、人間の形をした神様をあがめているという意見も、スピリチュアリズムを知っている意見とは思えません。神は形ではなく性質です。そしてそれはキリスト教が述べる神ではなく善とはなにかということそのものだと思います。だから神的真理の浸透は西欧のキリスト教的文化である必要はないということだと思います。それがスピリチュアリズムです。

お礼日時:2010/11/21 15:19

因みに宮崎の東国原知事は、立候補前に地元の高千穂の神社などを訪れた際に、神からのお告げを聞き、立候補に踏み切ったという逸話は良く知られています。


神というよりは精霊だったかも知れませんが

神社で神や守護霊的存在(ハイヤーセルフ)のこ声を聞いたというケースは結構ありますよ

同時に神社は様々な霊体が彷徨っている場所ですから気を引き締めていかないと危ないこともある
それが理由で夕方以降の神社には行くなという能力者もいます
神社は神を祭っているとは限らない場所
要注意です

実際、その存在を感じる神社が多数あります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東国原氏のお話は有名ですよね。あの人が嘘を言っていると言う方が捻じ曲がった解釈をしているとしか思えませんねw

ところで江原氏の言う自然霊の神様は、アニミズムの一般論?が言う「自然法」を持つ神様なのですか?
それとして話を進めてもいい類の意味なのですか?
言いだしっぺが答えてくれないのですが。

当方スピリチュアリズムと書いてある本をいくらか読んだだけですけど、神様は一応意識体ということで共通していたと思うし、おおむね似通った世界観だと思うのですが。何か外枠から類推したような突拍子もない説教をくらって混乱しているのですが。

お礼日時:2010/11/18 22:52

>>温熱治療にしては効果が奇跡的なばあいがありますね



言うまでもありませんが、大半はブラシーボ効果で説明がつくと思いますけど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう場合もあるでしょうね。

お礼日時:2010/11/12 07:00

>オーラは霊と同じ性質のものということを聞いたことがありますが・・・



それは初耳です
水と親和性が高いという話は良く聞きます
実際、海や河川は多いですね。霊現象
私も10代の頃、海での経験があります。
最近では知人が、パワースポットで有名な清正井の写真に人の顔が見えるといって来た
確かに見えるんですよね。
そのパワーをチェックすると一瞬ぞっとするような冷たいものが走り、ただ事ではないと感じました
別の知人の能力者に見せるとそこだけではなく、写真に4・5体写っていると言う
「水のあるところには....ですよね」「そっとしておきましょう」という助言で、知人は写真データーを消去しました

真鍋かおりさんとか芸能人がかなり有難がっていて、真鍋さんは何度も井戸に行ったとか
ブログでその件を書かれて大きな話題になってましたし、井戸はピーク時に5時間待ちというものすごい状態でした
しかし当の真鍋さんは、今や裁判で泥沼。醜聞が次から次に飛び出しもうイメージはぼろぼろで、仮に復活しても多分キワモノ系タレントしか出来ないのではないか?と言う状態で、終にブログも閉鎖されたようです
井戸で、その手のものを拾ってきたのかな?と思いますが


>>光が可視化したのか、特殊能力が可視領域を広げたのか、複合か。

見えない周波数の電磁波としての代表例は紫外線と赤外線です
指先から赤外線が出ているならば、ヒーラーの治癒能力も納得がいくような...
温熱治療ですよね(笑)

実際赤外線ではないのかと思えるほど熱い、ハンドパワーを出す方を幾人か知ってます
著名なヒーラーにわりと多いような....                                          
    • good
    • 0
この回答へのお礼

温熱治療にしては効果が奇跡的なばあいがありますね。

お礼日時:2010/11/11 11:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング