東太郎はヒガシですか、アズマですか?
水村美苗さんの『本格小説」を読まれた方、小説にに登場する東太郎のヨミを教えて下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

東 太郎=アズマ タロウ



です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。視覚障害の方に伝えるのに必要でした。晴眼だとスルーしてしまうことが必要になることがありますね。助かりました。

お礼日時:2010/11/08 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『本格小説』(水村美苗/2002/新潮社)で東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に対する受け答えが本当ならば、シンディなどの恋人を持たなかったということを意味することをだけでなく、富美子(後述)とも恋仲になっていなかった事を意味します。

ところが、冬絵は冬絵で、
(下)p380

「あなたね、フミ子さんが太郎ちゃんと関係をもっていたというのはお聞きになってらっしゃらないでしょう」
」(以下、具体的説明に入る)
と傍観者である加藤祐介に吹き込んでいます。
(下)p381

冬絵の口から出てきた言葉には驚かされたが、一度それを耳にしてしまえば、冬絵のその言葉が真実であるのを疑うことはできなかった。

などと少なくとも加藤祐介に疑念を抱かせることに成功しています。


そこで質問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?
私は両方嘘つきで、東太郎は行き当たりばったり、冬絵は毒を吹き込むのが好きで加藤祐介にウソを吹き込んだのだと思っていますが、誤読でしょうか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人のような立場を貫きますよね。
太郎も、フミ子には、姉のような、母のような愛情を示しています。
そして最後には、自分の不動産までフミ子に贈与していますね。
そこには、恋愛感情ではない、もっと深い、他人には分からない
何かお互いの根底に流れる信頼感のようなものを感じます。
ただ、フミ子の中には、大人になった逞しい太郎に惹かれる
女としての側面もあったのでは、とは思います。
祐介が泊まった時に、唐突に流した涙は、
恋愛に発展させてはならない自分の心情があふれてしまったのかなぁ、とも思いました。

冬絵が、第三者で部外者の祐介に、フミ子との関係を話したのは、
幸せな家庭に生まれながら、純粋な恋愛には縁が薄かった自分の、
フミ子に対するある種、羨ましい心情を、つい吐露したのだと思いたいですね。
これが、フミ子のたくらみのようには感じたくないのが本当のところです。

昭和の香りがぷんぷん匂う本格小説でしたね。

参考までに書いてみました。

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人の...続きを読む

Q『ショーシャンクの空に』・・・・小説版はオモシロいですか?

映画は楽しめました。小説はどうでしょうか?
教えて下さい。御願いします。

Aベストアンサー

はい、読んで十分楽しめるでしょう。
著者は有名なスティーブン・キングですね。

私も映画を観てから小説を読みました。
映画のイメージそのままだと思います。

エンターテインメントとしての映画とは違う
小説としての「終わり方」も、また素晴らしいと思いました。

Q仙人が登場する物語を教えてください

昔、人形劇でやってた「とししゅんと仙人」みたいに、
仙人の出てくる物語はありますか?
仙人に興味があって、彼らの出てくる本を読みたいのですが、見当がつきません。
「マーシャンと魔法のふで」にも、仙人って出てきましたよね。
童話でも、大人向けでも、何でも構いませんので、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

「封神演義」
殷周革命を舞台に仙人大戦争。

「列仙伝」「神仙伝」
中国の古典で、仙人のエピソードを集めたものです。
一人一人についての記述はごく短いです。
「抱朴子」「山海経」と一緒にまとめられたものが出版されています。
(抱朴子は仙人になるための方法が書かれたもの、
 山海経は…昔の中国の地理書らしいのですが、
 なにぶん昔なので「こっちの山にはこんなバケモノが」
 ってことになってて、面白いです)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582760198/249-9821417-5161108

それと、高藤聡一郎氏の著作。
http://www.iruka.jp/cgis/goodslist.cgi?this_num_genre=&genre_id=00000002
入手困難なものも多いですが、
仙人になるための方法(仙道、と言います)についての解説書です。

あとはこんな
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/ix=books-jp&rank=%2Bsalesrank&fqp=subject%01%E6%95%99%E7%BE%A9.%E7%A5%9E%E4%BB%99%E6%80%9D%E6%83%B3&sz=10&pg=1/249-9821417-5161108

「封神演義」
殷周革命を舞台に仙人大戦争。

「列仙伝」「神仙伝」
中国の古典で、仙人のエピソードを集めたものです。
一人一人についての記述はごく短いです。
「抱朴子」「山海経」と一緒にまとめられたものが出版されています。
(抱朴子は仙人になるための方法が書かれたもの、
 山海経は…昔の中国の地理書らしいのですが、
 なにぶん昔なので「こっちの山にはこんなバケモノが」
 ってことになってて、面白いです)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582760198/249-9821417-516110...続きを読む

Q伊坂幸太郎さん好きがハマる作家さんは?

伊坂幸太郎さんが大好きでハマってます。

他に伊坂幸太郎さん好きが、ハマっている作家さんを教えてください!

Aベストアンサー

ベタですが、東野圭吾、あと奥田英朗は面白いし、伊坂幸太郎さん好きだったらなおさら合うんじゃないかと思いますよ~♪

◆東野圭吾

白夜行
http://www.dokusho-log.com/b/4087474399/

容疑者Xの献身
http://www.dokusho-log.com/b/4167110121/

◆奥田英朗オススメ

インザプール
http://www.dokusho-log.com/b/416771101X/

サウスバウンド
http://www.dokusho-log.com/b/4048736116/

Q道尾秀介さんや乙一さんが好きな方に質問です

全体的に暗い世界観で、救われないような作品を探しています。
道尾秀介さんの「鬼のあしおと」乙一さんの「ZOO」などが好きです。

他にこのような作品を書いている作家さんをご存知でしたら教えてください。短編集でなくても構いません。

Aベストアンサー

「PSYCHE」(唐辺葉介・スクウェア・エニックス)飛行機事故で奇跡の生還を果たしたぼく。しかし、それは家族が全員亡くなったということだった。一人残された家で絵を描く。狂気と日常の狭間でゆらめくぼくの生きている世界。幻想的なのではなくて、それこそ乙一さんのような救いのないけれど綺麗な世界の話でした。
「草祭」(恒川光太郎・新潮社)「美奥」という土地で起こる不思議な出来事。でもそれは、わたしたちの住む街のひとつ向こうの通りでおきていることなのかもしれない。そんなすぐ側で今にも起こりそうな怖さと魅惑するものを備えた作品集。他の作品も似たような雰囲気です。「夜市」もおすすめ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報