専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

アルミ材の腐食?について

家の壁の外側に、アルミの角材で骨組みを作り上に塩ビ波板を貼って物置き場にしています。
アルミの角材の表面が、白い粉を吹いたような状態になっています。
手で触ると、チョークの粉のようなものがボロボロ落ちます。

ボイラー(以前は灯油ボイラー、今は都市ガスのボイラー)に近い箇所ほど粉吹きの程度が悪いのですが、これは亜硫酸ガスによる腐食でしょうか?
このまま放っておくと、さらに腐食が進んで角材が折れたりするのでしょうか?
磨いてペンキなどを塗るのが良いでしょうか?

対処方法を教えていただけると幸いです。

「アルミ材の腐食?について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おっしゃる通りボイラーの排ガスに含まれるガスで腐食を進めます。



3年もすればさびが出始め その頃は表面が白く変色した程度。
それでも内側の錆びは未だ表面に出ていません。

油拭きで多少は腐食を防げますが、腐食した個所の手当の方法は有りません。

解決策
ボイラーの排ガスがアルミに吹き付けない様に工夫して下さい。

こんなことになっていませんか?
http://home.osakagas.co.jp/guide/anshin/secchi/0 …

ボイラーの排ガスが小屋の中に充満するような小屋作りでしたら、
逆に吸気側の酸素不足で不完全燃焼を起こしかねます。

こちらの方がもっと危険です。

この場合には煙突の設置が義務付けられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>油拭きで多少は腐食を防げますが、腐食した個所の手当の方法は有りません。
ありがとうございます。良く分かりました。

>酸素不足で不完全燃焼を起こしかねます。
ご心配ありがとうございます。
波板は正面のみで左右は吹き通しですので大丈夫です。

腐食は深部までは達していないようなので、しばらくは様子を見ようと思っています。

お礼日時:2010/11/02 10:30

これはひどい。


磨いてみないとわからないけど、私も交換だと思います。

前と同じ材を使うと同じになると思います。2000系のいわゆるジュラルミンだとわりと腐食しやすいです。
耐食アルミを使われましたか?
http://www.yoshizaki-mekki.co.jp/eigyou/al/seibu …

塗装する場合、アルミは塗料が剥がれやすいのでアルミ用のプライマー塗料を下塗りに使った方が良いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
使用している材料は、おそらく耐食性のあるものではないと思います。
次回交換する時は、材質を良く検討したいと思います。
塗装屋さんに聞いたところ、アルミはペンキがはがれるので塗れないとのことでした。

お礼日時:2010/11/02 10:18

アルミはさびにくいですが


温室などでよくそんな感じになってますね
表面だけで強度はそこまで落ちてませんよね?
たぶん電蝕かなーと思いますネットで調べてみては?
荷重をかけたりして壊れないなら大丈夫だと思いますよ(農業温室でよくみるので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
電蝕について検索してみます。
しばらくは現状のまま様子を見ようと思っています。

お礼日時:2010/11/02 10:12

交換です。

手当てするのは遅すぎます。そのうち全体がボロボロになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
経過観察して、強度に問題があるようになったら交換したいと思います。

お礼日時:2010/11/02 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミニウムの腐食

アルミニウムが腐食する原因は何でしょうか?

また、どのくらい置いていたら腐食するんでしょうか?

Aベストアンサー

純粋なアルミは非常に反応性の高い金属です。
アルミサッシなど腐食されない材料として使用される理由は
傷ができたとき、瞬時に酸化皮膜(酸化アルミ)ができ、
それ以上反応が進まなくなるからです。
酸化アルミは透明な物質なので見かけ上はわかりません。
酸化アルミは非常に安定している物質なので腐食が起こりにくいのです。
ちょうど鉄棒の表面に黒さびをあらかじめつけておくのと同じ原理です。

アルミが腐食する理由としては、油や汚れなどが付着して
酸化皮膜ができる前に他の反応が起こった場合です。
つまり反応性の高いものが近くになく、いつもきれいにして空気に触れていれば
ほとんど腐食しないはずです。

Qアルミは錆びるの?

アルミはさびにくいと思います。アルマイト加工がされたり、
またはさびというか1円玉のように表面が白くなることはあると思いますが、
鉄のようにさびで茶色になることはありませんか?
もしそのようにできるなら、どのようにしたら茶色いさびができるのを
はやめることができますか?

Aベストアンサー

アルミが錆びて茶色い鉄錆色になることはないですね。無理です。

ですが鉄とアルミ合金を密着させて錆びさせると鉄の錆がアルミに融着して鉄錆色もつきます。
できるとすればそれぐらいですかね。しっかり密着させるのと鉄が早く錆びるように水を切らさないとか、酸性にするとか、塩分を入れるとかしてみたらどうでしょう。

あとは既出の通り、鉄錆色の塗料やクリアー塗料を塗って乾かないうちに鉄錆の粉をまぶしたりして汚し塗装をしてそれっぽく見せかけるかです。(模型だとか、映画のセットだとかはそういう方法を使うのが常套手段です)
錆びていない鉄粉も売っていますが、反応で熱が出たり、可燃性が高いなど扱いに注意が必要です。日頃見慣れている砂鉄とは全く様相の異なる物ですので気をつけて。たぶんこれを密着させて錆びさせるとくっつくのではないかと想像します。

なお錆びにくいのはアルミでも純アルミ(アルミ材料店で1000系などと言っているもの)です。
2000系などのアルミ合金=いわゆるジュラルミンは錆(腐食)が出やすく、中へ食い込み見かけも汚くなってしまいやすい。
そのためジュラルミンの表面に純アルミをメッキしたものもあります。→アルクラッド
http://www.jal.com/ja/jiten/dict/p105.html

アルマイトで茶色いのもありますが、鉄錆とは全く違う色と質感ですね。

アルミが錆びて茶色い鉄錆色になることはないですね。無理です。

ですが鉄とアルミ合金を密着させて錆びさせると鉄の錆がアルミに融着して鉄錆色もつきます。
できるとすればそれぐらいですかね。しっかり密着させるのと鉄が早く錆びるように水を切らさないとか、酸性にするとか、塩分を入れるとかしてみたらどうでしょう。

あとは既出の通り、鉄錆色の塗料やクリアー塗料を塗って乾かないうちに鉄錆の粉をまぶしたりして汚し塗装をしてそれっぽく見せかけるかです。(模型だとか、映画のセットだとかはそういう...続きを読む

Qアルミとステンの電食によるサビは塗装で回避可能?

アルミとステンレスをネジなどで結合させた場合、雨がよく当たる場所だと電食でサビやすいと思いますが、例えばステンレスの方を塗装で全面薄く塗った場合これは回避可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

電蝕の条件は、
金属A─(電解液)──┐
└(電気的接触)──金属B
です。
>アルミとステンレスをネジなどで結合させた場合
 の場合は、3種類の金属 ステンレス(オーステナイト系SUS304 18-8など),ステンレス(フェライト系SUS430 18Crなど)、アルミニウム(構造用 6063(Al+Mg Si)等)の三種類について考えます。
 それぞれの金属の表面には酸化クロムや酸化アルミニウムの不働態皮膜が形成されていますから、酸や塩基、あるいは機械的な破壊がない限り大きな腐蝕は起きないと思われます。またアルミニウムが犠牲になりステンレスの腐蝕は防止できます。できればビス止めはナットを利用して同種ステンレスで行い。ポリエチレン製の絶縁ワッシャ/スペーサーを使うのがベストでしょう。
 ステンレスは塗装ができませんのでアルミを塗装することになります。アルミの成型材を購入する時に「地」ではなくアルマイト処理を依頼します。アルマイトにはラッカーで保護されます。重ねてラッカー塗装をしてもよいですね。


 


人気Q&Aランキング