僕は22歳でナイナイ大好きです。なぜPTA等はお笑いがいじめになると言うのでしょう?僕から見れば毎週やっている殺人事件の方が深刻ではないかと思います。
テレビやマンガでゲ-ムのように推理をしている。そして本や映画では警察の捜査のやり方をばらしている。犯人が捕まりにくくなっている原因の一因では?またすぐに殺人が起きてしまうのはこういう擬似的な殺人に慣れてしまったからではないですか?
お笑いが無い社会を考えてみてください。なぜ生きているのか考えませんか?
はっきり言って僕はお笑いを非難している親は、自分の楽しみにしているドラマを無くされたくない(もしくは自分は影響を受けないと思っている。しかしなぜ殺人ドラマだけは影響を与えないといえるのか?)から非難しないのだと思います。
人の楽しみは社会正義を理由に奪っておいて、自分の楽しみに問題提起しない人たちが何で子供を教育できるのでしょうか?
こんな状態になぜ非難が行かないのですか?こんな矛盾にみんな気が付かないのですか?幅広い年齢の方のご意見を聞きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

日本 いじめ」に関するQ&A: 日本だと、学校でいじめを受けている高校生は何人に1人ですか?

A 回答 (19件中11~19件)

私も同じような疑問を抱えていました。


規制といっても、単に権力に弱いところにだけ矛先が向いているように思います。
お笑いが悪影響なら、何人もの人々が一人の人間を追い詰め、
責め立てる"ワイドショー"は、集団いじめの助長につながらないのでしょうか。
家にも子供がいますが、お笑いは大好きですヨ。
確かに、言葉遣いを真似たりしますが、たくさんの事を見聞きして、物事の良し悪しを分かって行ってほしいと思います。
テレビ番組が・・・と言う前に、本当の意味で子供達の手本となれる大人が、
何人いるのか疑問です。
自分自身、偉そうな事を言えるような人間ではありませんが、
すっごく疑問に思うのは、「最近の若い者は・・・」と言う大人は大勢いるのに
「最近の大人は・・・」と言う子供は、いませんよね。
大人でも、子供でも悪いものは悪いのに・・・。(何か話がズレていってるような)
偏った番組規制は、反対です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
作り手にはちゃんとした倫理を持ってもらいたいですね。
あと手本になるではなく、そこに意識があればいいと思います。
完全な人間なんてないっすからね。

お礼日時:2001/04/14 00:06

 笑いには「差別」も「いじめ」の要素もあります。

よく差別やいじめを日本の構造的な原因によるものと云う様な主張がありますが、これは人間の根源的な欲望です。韓国映画で「いじめ」をテーマにした秀作を観た事がありますし、ユダヤ人に対する「差別」はアメリカン・ジョークの定番です。

 この「差別」や「いじめ」の文化を楽しむには、知性も体力も必要です。それがなければ、低次元の幼児話に終わります。「差別」や「いじめ」の話を笑いとして受け入れる事によって、そのことのくだらなさを導き、批判すると云う作用があります。

 99の笑いがどうかは別にして、子供達が無批判に物まねするのは、問題があるでしょう。そこの所は、規制をすると云うより親のあり方の問題でしょうし、作る側の問題でしょう。

 表現の自由の侵害だと騒ぐくせに、スポンサーに腰砕けのマスコミもどうかと思います。「バトルロイヤル」の話が出てましたが、日本のサム・ペキンパーと言われた監督の作品としては、かなり情けない作品でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね-。やっぱ作る側と親のしつけが重要ですね。
ちなみにバトルロワイヤルは見てないのでなんとも....。

お礼日時:2001/04/13 23:36

再びですみません。

ちと気になりまして参上しました。

>なぜPTA等はお笑いがいじめになると言うのでしょう?僕から見れば毎週やって
>いる殺人事件の方が深刻ではないかと思います。
>テレビやマンガでゲ-ムのように推理をしている。そして本や映画では警察の捜査
>のやり方をばらしている。犯人が捕まりにくくなっている原因の一因では?またす
>ぐに殺人が起きてしまうのはこういう擬似的な殺人に慣れてしまったからではない
>ですか?

>はっきり言って僕はお笑いを非難している親は、自分の楽しみにしているドラマを
>無くされたくない(もしくは自分は影響を受けないと思っている。しかしなぜ殺人
>ドラマだけは影響を与えないといえるのか?)から非難しないのだと思います。

上の文章を読んで、私はYasuoさんが「お笑いよりも、殺人をテーマにしたドラマや
アニメの方がよっぽど危険である。」とお考えと解釈していました。私はむしろ規
制に反対の意見なのですが、上記のように読み取ると後者の危険性を批難している
ように考えられますよね?私は、Yasuoさんがそういった危険性を認識されている。
という判断の下で、(殺人事件の報道やドラマ、殺人事件推理モノのアニメや暴
力・殺人の表現が使用されるゲーム等にも規制が入ってもおかしくないという点で
yasuoさんの考えは合っていると思います。)と書きました。つまり、お笑いが規制
された事実があるのだから、↑のような番組も規制する理由がある。と問題提起さ
れたものと思ったのです。私自信は少なくともその考え方に納得していました。
(結局考え方は違っていて、自分だけの考え方でしたが・・・)

しかしレスを見たところ、絶対的に規制はしてはいけない。とお考えであること
がわかり、以下に私のちょっとした質問を述べさせていただきます。

Q1殺人・暴力などを表現したテレビ番組の悪影響はあると思いますか?
もし、悪影響を認められていても、規制してはいけない。という理由で出来れば
「メディアの規制による、一部権力者の権力濫用などへの懸念」以外にあればお聞
かせ下さい。(無ければ結構です。)

Q2もし、今回の話の内容が逆で、殺人・暴力などのテレビ番組の方が規制された
場合はどのように思われますか?

大変ぶしつけで勝手なことを言ってますが、よろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こう熱い投稿が来るとうれしいです!
A1:もちろん悪影響はありと思います。
僕はプロを目指すミュ-ジシャンです。ですから「作り手」という面も持っています。素人(学校の新聞部とか)なら考えにくい面です。
僕はプロは作ったものに責任を負わないといけない思っています。
人にもよりますが、売れるように作ったり、自分を知ってもらうために作ったり色々あります。
それで何が流行っているとか、何がうけるかを人に聞くのは良くあります。
要するにネタ集めですが、それでも作り手ががんばって作ったもので芸術品です。
芸術家の端くれとして自分の子供たちを何も知らない人に勝手に規制はされたくないという事です。(説明が下手で申し訳無い。あと好き嫌いはありますよ)
だからこそ「作り手」に圧力をかけるのではなく、意見(手紙を送るとかで)を伝えて「作り手」の責任に任せてもらいたいです。
自己規制ができない人は一時的に売れていてもすぐ消えると思います。

A2:もちろん規制反対!です。
理由は繰り返しになりますが、「作り手」として権力に規制されないといけない理由が無いからです。

こんな感じでどおですか?

お礼日時:2001/04/13 01:20

お笑いの話に限らせてもらうと・・・



結局のところテレビを見て、それと同じ事するような子供がいた場合、それは番組が悪いのではなく、一番の原因はマネするような子供に育てた親の責任だと思います。何かあると「学校が悪い」「社会が悪い」「マスコミが悪い」なんて言う親に限って、自分の責任は棚の上に上げていませんか?と聞きたい気持ちになります。
後やっぱり親が子供のする事にビクビクしすぎてる所ってあると思います。幼い頃は子供って平気で虫を殺したりするじゃないですか?でも、そういう事をしながら親に怒られて、どうしてやっちゃダメなのかを理解しながら命の大切さを学んだり・・・でも今の親は、もう初めから虫を殺さないような子供に育てようとしてるんじゃないかな?と思えます。だから、そこから到達するかもしれない命の大切さも学ばない・・・と言ったら極論かも知れないけど、例えとしての話で、言いたい意味が分かってもらえたら幸いです(^^;)だからナイナイ見て、もし人を叩くような事を子供がするのであれば、それを親がキチンと叱れば良いだけの話だと思います。それをいちいち「抗議」なんてする親は、もし自分の子供がそうなると、自分で子供を叱ったり「それはいけない事なのよ」って教える(教育する)事ができないから?と思ってしまいます。だから逆に言えば、そういう番組は「子供に良くない」のではなく「親の都合に悪い」のでは??(笑)

子供は純粋です。無知からくる無邪気さで時には残酷になったりする時もあります。でもそれをキチンと子供に理解できるように教えることが「教育」や「躾」だと思います。上に書いたように「社会が悪い」と言っている方々は、私から見てるとどうも、その義務を本当に遂行した上で言ってるのかどうかが分からない、どちらかと言うと、とんでもない親(レストランで子供が走り回っていても注意しない等の)を最近よく見かけるので、こんな内容になってしまいました。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。僕なんか先日マックで並んでいたら、ちびっ子の大群が列を無視して休止レジに行って店員を呼び注文してました。ガキにむかつくは注意しない店員にむかつくはでイライラしてました。結局僕はガキの横に行って注意しました。「皆並んでいるんだから後ろの並べよ」って。ゆうことを聞きませんでした(涙)。親の責任です!ちゃんとしてくれ!小学生の親!

お礼日時:2001/04/13 00:42

こんにちわ。

24歳の主婦です。みなさんの意見を読むと、自分の文章が恥かしいのですが、敢えて発言させていただきます。
私はみなさんが「お笑い」と呼んでいる物自体に疑問があります。人を叩いたり、バカにしたり、だましていたり、そんなものが「お笑い」なのでしょうか?
他のことで笑いを取ることは出来ないのですか?
PTA等が批判しているものは、例えば誰かが痛い思いをしているのを見て笑っているような映像が流れていること、だと思います。
誰かが痛いといっているのにそれを見て笑っているなんて、おかしいと思いませんか?あなたは誰かが痛いと言っているのに無視できますか?
もちろんいろいろ経験してきた大人はTV流れているものは、わざとであったり、そう言うことで笑わせようという意図が含まれていることがわかっているのですから、なんの問題もないと思います。
そういうのが嫌な人は見なければいいのです。
けど、子供、特に幼児や低学年の子供達はそこまで理解できるでしょうか?
もちろんその中の何人かの子供達は理解できる子もいるでしょう。
でも、そうじゃない子供達もたくさんいます。そして、クラスではやっているTV番組は見ないと話題に入れないこともあります。みんながいじめまがいのことをしている番組を見て、それを真似する子が必ずいます。それがやがて「いじめ」に発展すると考える人が出てくるのは当然です。
(実際に、TVの真似をしていただけと言って、いじめという認識がない子だっているんです)
だから批判の対象になっているのだと思います。
確かにドラマやワイドショーでやっていることも問題です。でも、それを好んで見ている子供達は少ない(時間帯が遅かったり、学校等に言っている時間帯だから)
から、批判の槍玉に挙げられないだけでは?

>はっきり言って僕はお笑いを非難している親は、自分の楽しみにしているドラマ>を無くされたくない(もしくは自分は影響を受けないと思っている。しかしなぜ>殺人ドラマだけは影響を与えないといえるのか?)から非難しないのだと思いま>す。

私にも2歳になる娘がいます。悪影響がありそうな番組(ドラマなど)は見ないようにしています。夫にも協力してもらっています。(夫はお笑い番組が大好きですが。)どうしても見たい番組はビデオに撮り、娘が寝てから見るようにしています。

>自分の楽しみに問題提起しない人たちが何で子供を教育できるのでしょうか?
>こんな状態になぜ非難が行かないのですか?こんな矛盾にみんな気が付かないの>ですか?

世間ではこのような批判もありますよ。ワイドショーは何の為にあるのかって。
被害者や加害者をもてあそんでいるって。
矛盾に気づいている人が少ないか、あなたの周りにいないか、どちらかが原因で、そういう批判があることに気づかなかっただけでは?

ひとりひとりが自由に選択できる世の中ですから、いろいろな番組があるのは仕方ないことですし、自由に発言が出来る世の中ですから、いろいろな批判があって当然でしょう。
お笑いというものを嫌っている人の意見や批判を、お笑いの好きな人にも、もっともっと聞いてもらいたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もう少し踏み込んで考えていただきたいのですが、あなたは子供と話すと言う事はしないのでしょうか?また子供の生まれ持っての個性(好き嫌い)は認めないのでしょうか?
育った環境の影響もありますがやはり個性はあると思います。
ならばあなたが悪いと思った事も反転して「なぜ悪いのか?」のという事を話をし、教えてあげれば良いだけです。実際学校で集団行動とかやるでしょ?あれとおんなじ感覚です。1つ下の方が言っているとおり規制(隠す)すればいじめが無くなるのか?いじめる方のイライラの解消といじめられる方の自分のアピールのしかたを考えるべきであって、目に付いたら規制するではお話になりません。
再度の投稿をお待ちしています。

お礼日時:2001/04/12 19:24

「バトルロワイヤル」の一件でもそうですが、政治家やPTAや有識者は、目に付いてかつ攻撃しやすいところのみ責める傾向にあります。


(最近の子どもたちはその辺も分かって行動していることに、政治家その他の人々は気づいていませんね。)

一番何を分かっていないかと言うと、例えいろんなものを規制しようがイジメがなくならないところが問題だということです。
「ネプ投げ」や「しりとり侍」を真似てやっているじゃないか、と言う人もいますが、たまたまそういうイジメの手法を子どもたちが取っただけで、それを無くしても別の方法でいじめるだけです。
イジメをなくす根本的な対応を、ぐずぐずしないで当の批判している大人たちがキッチリすれば、どんな番組流そうとギャグをギャグとして遊べる感性くらい、子どもたちにはあるんですから。

世の大人たち(私も含めてですが)がていたらくな姿をメディアで、実社会で見せているから、子どもも不安でせめていじられっ子にならないように、いじめる側に回るのであって、テレビやコミックやゲームがイジメを増長しているのではなくて、まともに子どもと相対することのできない大人たちに責任がある、と認めたがらないところに問題があると私は思うんですが・・・。

こういう議論は、確か青少年の「性非行」の問題でも、偉いさんがぎゃあぎゃあ言っててむかついた覚えがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かなり僕の考えと似てます(笑)。質問してみて良かったです。
殺人事件云々はPTAの不公平な態度を非難するための例で挙げました。
やはり規制はすべきではないと思います(テレビ局に個人的に苦情をするのはあり!)。やはり親の問題だと思います。偽善と建前では教育はできんと思います!

お礼日時:2001/04/12 19:29

総合してyasutoさんのご質問は


『不謹慎な内容を扱ったお笑いは「いじめや暴力を助長する」とPTA等はよく批判するが、殺人事件を興味本位で扱っているワイドショーやニュースショー、又殺人・暴力シーンの出てくるドラマ等はPTA等はどうして非難しないのか。こちらは「助長」に繋がらないのか?』

と理解してよろしいでしょうか?
思うところあり、少しお時間を頂きます。(できれば質問し直された方が良いと思ったのですが、その間に他の方の回答が入ってしまいましたね)
ちなみに
>お笑いが無い社会を考えてみてください。なぜ生きているのか考えませんか?
ですが、そうなれば我々関西人は日本国から独立せざる得ないでしょうね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕の言いたい事はそう言うことですね。当分締め切るつもりは無いので皆さんの投稿をお待ちしています。

お礼日時:2001/04/12 18:14

おっしゃる事は私も正しいと思います。

ですが言えることが一つだけ。

小説、映画、ドラマ等では視聴する年齢層が高いです。
逆に漫画、お笑い、アニメ等は視聴する年齢層が低いです。

つまり、同じ殺人を扱ったテーマでも年齢層の違いにより、影響の受け方が違うと
思うんです。ある程度物事の分別のつく年齢なら問題はありませんが、やはり無邪
気とか多感とか言われる時期の年齢であると、どうしても悪影響が無いと言い切れ
る事は不可能であると思われます。多分、yasutoさんが言ってるのは某番組の人気
コーナーが問題になったことだと思います。(違ったらゴメンナサイ)
あの人気コーナーは私が見てもやはり面白いと思いますが、実際にあのような痛い
真似は友達同士でもやった事がありません。それは当然なんですが・・・
実際、子供達になると私たちとは違うようで、真似をするらしいんです。その時に
遊び心なのか悪意があるかはよくわかりませんが、集中的に狙われる子もいるらし
いんですよ。(イジメなのかは私もわかりません。)

良い意味でも、悪い意味でもテレビは影響力が強いです。放送について、色々な権
利や自由があるのも素晴らしいことです。だからといって全てを認めなければなら
ないという理由もない思います。影響が悪い方へ出ているなら改善もまた必要であ
るのではないでしょうか。そういった意味でも、殺人事件の報道やドラマ、殺人事
件推理モノのアニメや暴力・殺人の表現が使用されるゲーム等にも規制が入っても
おかしくないという点ではyasuoさんの考えは合っていると思います。

重要であると私が考えるのは、そういう類の番組を見る子供たちに、親がどのよう
に介入するかということです。
教育なのか、それとも規制なのか?
人は殺しちゃいけないと教えるのか、殺すシーンを見てはいけないと言うのか?
真似しちゃダメと教えるのか、真似すると悪いからダメなのか?
私はそこら辺の考え方が現代の家庭教育(しつけ)における問題だと思います。

お笑いはもちろん好きだし、殺人をテーマにした映画やゲームなんかも好きだか
ら、規制は寂しい。というのが私の結論です。

長々とすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
1つ違っている事があるので訂正させていただきます。
僕はどんな事があろうと政治や一部の団体によってメディアを規制する事はダメだと思っています。これは少しでも許すと権力者の非難ができない文章に解釈を変えられる事もあるからです。太平洋戦争の時有名無実の統帥権をたてに独走した例もあります。また個人情報保護法が権力者の良いように書き換えられようとしているのは事実です!
で、話を戻しますがやはり親に努力をしてもらうしかないですね。
PTAとかを頼って欲しくない。それで10歳位になれば子供も分別はつくし、それから話し合いの教育をしてもらいたい。
考え方が違っていても押し付けはダメダと思います。
最後に子供だってお受験で疲れてるんだ!
そりゃースカッとしたいよ!

お礼日時:2001/04/12 19:47

30代男性です。


私はPTA等のカタを持つ気は毛頭ございませんが、yasutoさん、少し勘違いされていますよ。私の知る限り、「お笑い」がいじめに繋がる云々と言っている人は聞いたことがないです。又、見たこともないです。
よく見かける報道では、PTA等は「不謹慎な、いじめに繋がる様な内容を扱って」お笑いにするのは、いじめの助長に繋がると言っているのです。
ですので「矛盾」していません。
何が「助長」に繋がるのかが、問題となるところだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
そうですね、僕も漠然と「お笑い」と使いましたが少しニュアンスが違いますね。
では言い方を変えまして、「殺人事件をゲ-ムのように扱っているのは助長にならないのか?」でお願いします。

お礼日時:2001/04/12 16:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物はなぜ多様化したのか

生物はなぜ多様化したのでしょうか。また、なぜ多様化しなければならなかったのか、それぞれの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

「多様化しなければならなかった」わけではないと思います。ただ、結果として多様化しただけのこと。
多様化したのは、有性生殖のシステムの中に多様化する構造が含まれていたからであって、無性生殖ではほとんど多様化しないようです。生物に有性生殖システムができたのは偶然だと思いますが、多様化は有性生殖における必然であるようです。
そもそも特定の生物として成長すること自体が、細胞内の遺伝子の持つ複雑性の成果であり、遺伝子のほんのわずかな違いが生体の外形を大きく変えることになります。
しかし、我々から見たら多様化しているように思える生物も、宇宙人や神様から見れば、所詮は「単なる同じような細胞構造の集まり」であって、大した違いは感じないような気がします。

Q僕は中学1年生です。僕は運動音痴で、とあるAとBがちゃんとやってとしつこく言ってきます。僕はちゃんと

僕は中学1年生です。僕は運動音痴で、とあるAとBがちゃんとやってとしつこく言ってきます。僕はちゃんとやってるのに。
もうこの二人を殺したくなってきました。
この二人を対処する方法を教えてください。ちなみに二人は僕よりテストの点が低いです。

Aベストアンサー

殺したくなる気持ちは解りますが、ご自身の得にはなりませんので、ご注意を。スルーがいちばんですし、気に入らなければ叩きのめせば良いのでは?口でも、手でも。

Q世の中の価値観の多様化について

今の日本社会ではしきりに価値観の多様化が言われ
現実にそうなっていますがどうもしっくり来ない部分があります。
最近マスコミ等で特定の現象やイベントをやたら持ち上げる事があります。
それはそれでいいとしても
「これをしない人はおかしい」的論調が匂います。
また、以前と比べて他人の価値観を認めない人
他人の価値観を馬鹿にする人が増えた気がします。
いくら価値観が多様化しても周りがそれを
受け入れなければ意味がないと思います。

なぜ価値観は多様化しているはずなのに
それを受け入れる事が出来ない人が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

おっしゃる現象はよくわかります。
しかし価値観は多様化も進行しています。
価値観が多様化、個人化すると同時に、行動規範が多様化でなくなっていると思います。
隣の人を見ながら同調し、自分がグループから浮かないように気を配るという行動が若い層に特に多いように感じます。

日本の社会に影響力が大きい団塊の世代と、団塊二世たちが、そうした価値観の多様化と、行動規範の非多様化を推進しているように感じます。

Q僕は今13歳です。 僕の歳からセンター試験が廃止されると聞いたのですが、 僕の歳からはどうなるのです

僕は今13歳です。
僕の歳からセンター試験が廃止されると聞いたのですが、
僕の歳からはどうなるのですか?僕でもわかるように詳しく教えてくださいよろしくおねがいします

Aベストアンサー

http://www.mutant.jp/center.html
ある予備校のサイトです。

Q現代はニーズの多様化でブームが起こりにくい?

以前
http://okwave.jp/qa4816520.html?ans_count_asc=20
で質問させていただきました。
現代はニーズの多様化により、80年代のメタルブームみたいな大流行は、これから再来する可能性は低い、というような回答が多かったのですが、
インターネット等によるニーズの多様化によって、大流行が起こりにくい、
本当にそうなのでしょうか。
これからそのような大流行を再来させるにはどうすれば良いのでしょう。

Aベストアンサー

ブームって何よ?
と、言えば同一のモノが販売されること。
で、同一のモノを買う人がいると言うことです。

前の質問で、21世紀になって復古調・・・と指摘されていましたが、それは日本で言えば団塊の世代、アメリカで言えばベビーブーマー達が子育てが終わり、自分の好きなモノを買い出したからです。

要は購買層年代がでかいかでかくないかの話。

80年代のメタルブームは、ベビーブーマーの子供がティーンになって音楽を聴きだしたからです。1973年を挟んだ、5年くらいの層となります。彼が音楽を聞かなくなる、つまり20代後半になると、音楽市場が縮小しますので、ブームが起きなくなる。起きても購買層が少ないので大きなブームにならない。
聞く側からもうちょっと年を取って演奏する年代になって起こったのがイカテンブームです。

参考までにカラオケ市場の推移
http://www.japan-karaoke.com/05hakusyo/p1.html
団塊ジュニアが大学を出て、会社に入り、カラオケボックスに行く時間が無くなったので1996年から市場が縮小です。

大流行の再来のためには
『産めよ増やせよ地に満ちよ』
しかありません。

あるいは、シルバーメタルかな?
60代のメタル世代。

ブームって何よ?
と、言えば同一のモノが販売されること。
で、同一のモノを買う人がいると言うことです。

前の質問で、21世紀になって復古調・・・と指摘されていましたが、それは日本で言えば団塊の世代、アメリカで言えばベビーブーマー達が子育てが終わり、自分の好きなモノを買い出したからです。

要は購買層年代がでかいかでかくないかの話。

80年代のメタルブームは、ベビーブーマーの子供がティーンになって音楽を聴きだしたからです。1973年を挟んだ、5年くらいの層となります。彼が音楽を聞...続きを読む

Q親の影響について、一流大の人間は親のおかげでは?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこともないです。
どう生きるかとか、何を成し遂げたいかとか、ぜんぜん子供に積極的に考えさせようとしないんです。
そういうことを子供のころから言っててくれたら、私ももっと大学受験も頑張っただろうし、今みたいに就職活動に苦労することもないはずです。

一流大の人間は、3歳とか4歳とかのころから、クラシック音楽が家で流れてたり、両親の政治とか哲学とかに関連した話を聞いたり、新聞読んだりする環境が家にあったんでしょうね。

うちなんか幼稚園受験も小学校受験も中学受験もしてないです。
クラシック音楽なんかうちではかかってないし、そもそも音楽が流れるような文化的に豊かな家庭ではないです。

一流大に入るような子は、やはり両親が高学歴だから、いい教育をしていたのでしょう。いろいろな話をし、いろいろな経験をさせていたのでしょう。よって人間的にも知的にも高水準の人間が出来上がるのでしょう。

悔しいです。
うちの親なんか子供を一流大にいかせようとするくらいの教育熱はありません。
なんか子育てに力が入ってないな。と思います。
親自身、たいして自分を成長させたいとか、偉くなりたいとか、一度きりの人生だから大きなことをしたい、などとは思わない性格のようです。そんな向上心のない消極的な親から学ぶことはないです。親の背中から学ぶことって私の場合本当にないんです。

高い知的水準、すばらしい人間性、豊かな経験、しっかりした人生哲学を持つ親がうちに居れば、私も日々学ぶことだらけで、さぞかし成長できるのではないかと思い悔しいです。

教育熱心な親に育てられた一流大の人間がうらやましくて仕方ないです。

皆さんの親はどうですか?
教育熱心ですか?
野心はありますか?
親から学ぶことってありますか?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこと...続きを読む

Aベストアンサー

一流大学に行くのは やはり自分のやる気次第ではないのでしょうか? 経済面もあると思いますが…

私の親も全然教育熱心ではありませんよ
逆にその環境を生かして自分のやりたい事を見つける事も出来ると思います

親から学ぶことは
無いと言ったら無いかも知れませんが
自分はこうならないようにしようとか色々考えさせられてます。

質問者様も前向きに頑張って下さい

Q多様化した日本社会におけるコミュニケーションとは?

「多様化」した日本社会における,コミュニケーションの「あり方」

1990年代より,日本社会は急速な多様化の時代に突入しました。

労働力の確保として来日した外国出身者,日本人配偶者として来日した外国出身者,さらには,彼ら彼女らの子供たちである,外国につながる子供たち,また,難民として受けいれた人々など,日本社会にはさまざまな「バックグラウンド」をもつ人々がいます。

さらには,それまでに日本社会のなかにおいて可視化されなかった「多様性」についても,しだいに理解がされるようになりました。たとえば,同和地区出身者,同和地区につながりをもつ人々,アイヌ,沖縄出身者,沖縄につながりをもつ人々,障碍者,ホームレス,ハンセン病患者,エイズ患者,おたく,ニートなど,「内なる多様性」が再評価されるようになりました。

日本社会は「単一民族の社会」ではなく,「同質性の社会」でもなく,そして,「均質性の社会」ではありません。ひとりひとりが,「違っている」こと,さらには,「違っている」ひとりひとりが,「“WA”になって踊ること」のできる<社会>こそ,これからの日本社会において必要とされている,目指すべき社会像であると,わたしは考えます。

「多様化」した日本社会においては,そのコミュニケーションの「あり方」が,たびたび問われています。ひとりひとりの「多様性」が「尊重」されることの重要さが強調される一方で,日本社会における<多様性>とは,「上っ面だけの<多様性>であり,社会の構成員にたいしては,“同化が強制”される」ことも指摘されています。(たとえば,テッサ・モリス‐スズキらによる日本批判。)

皆さんにとって,「多様化」した日本社会における,コミュニケーションの「あり方」とは,どのようなものでしょうか? わたし自身は,ひとりの「外国につながる日本人」という立場から,「ホンネ」と「タテマエ」に頼らない<コミュニケーション>の「可能性」を問うことが,いまの日本社会にとって必要であると考えます。

「多様化」した日本社会における,コミュニケーションの「あり方」

1990年代より,日本社会は急速な多様化の時代に突入しました。

労働力の確保として来日した外国出身者,日本人配偶者として来日した外国出身者,さらには,彼ら彼女らの子供たちである,外国につながる子供たち,また,難民として受けいれた人々など,日本社会にはさまざまな「バックグラウンド」をもつ人々がいます。

さらには,それまでに日本社会のなかにおいて可視化されなかった「多様性」についても,しだいに理解がされるようにな...続きを読む

Aベストアンサー

>皆さんにとって,「多様化」した日本社会における,コミュニケーションの「あり方」とは,
>どのようなものでしょうか? わたし自身は,ひとりの「外国につながる日本人」という
>立場から,「ホンネ」と「タテマエ」に頼らない<コミュニケーション>の「可能性」を問う
>ことが,いまの日本社会にとって必要であると考えます。

コミュニケーションが「パブリックな場でのコミュニケーション」と言う意味であれば、おっしゃる通り、西洋のように「タテマエ」だけで完結するコミュニケーションが必要となるのでしょうね。民族同士の軋轢の長い歴史を持つ西洋の場合、プライベートは「同質の者が集まる場」で、パブリックは「異質の者が集まる場」と言う位置づけにそもそもなってます。ホンネを全く介在させず、タテマエ(=ロジック)のみで社会を動かし、結婚や宗教まで「契約」の概念でくくって来る彼らの価値観はそれなりに大したもので、「プライベート」が「パブリック」にダダ漏れしてしまう普通の日本人にはなかなかついていけない面があります。

とは言え、本当に、タテマエだけで社会を動かす西洋的手法が、これからの多様性維持のための主流となっていくのか、私個人は疑問を感じています。最近のEUの移民問題の状況等を見ていると、理念と現実のギャップがもはや抜き差しならぬ所まで迫ってきており、日本がこれからの社会のあるべき姿として、本当に目標とするべきなのか、やや危なさも見えてきているように思えます。

理想論かもしれませんが、私は、これからの日本社会には、プライベートとパブリックを峻別する西洋流の手法ではなく、「ホンネベースでの共有化」と言う、ある意味正面突破の正攻法で、多様性を達成してほしいなあと思っています。単一神の西欧キリスト教社会に真っ向から対立する概念として、八百万の神を数千年間信仰してきた日本ならではのアプローチがある筈です。神様の多様性ならこちらの方が上手です。

世界同時多発テロが起こった時、日本も当初当然親米国としてテロの対象になっていたのですが、実際には日本国内でテロは発生しませんでした。その理由として、逮捕されたテロリストの一人がこう語っていたのを覚えています。
「日本国内のイスラム教徒の中に、テロに協力してくれる者が現れなかった。」

多くの日本人は、さもありなんと実感すると共に、そのような日本社会を誇らしいと感じるでしょう。日本人は確かに排他的で村社会で勝手に自分達を単一民族だと思っている傾向はあり、少数派をいじめたりからかったりする悪い面も見られますが、一方で、自らの価値観を決して絶対視せず、異なる宗教や異なる文化を、論理ではなく感覚ベースで受け入れる柔軟性・寛容性も併せ持っています。少なくとも宗教の違いを理由として殺し合いをするような感覚は持ち合わせていません。この点は、日本人の(おそらく自分たちが想像している以上に遥かに大きな)美徳だと思います。

と言うことで、「あなたと私とはだいぶ違っていますけど、そのことを一向に私は気にしませんよ。」と皆が思うような社会は、実は西洋よりも日本の方に潜在的な可能性があると私は思っています。ご質問の「コミュニケーションのあり方」から、少し話が広がってしまいましたが、倫理や理念で多様性を受け入れるのではなく、感覚で受け入れることがこれからの日本社会には必要だし、またそれができるポテンシャルも持っているのではないでしょうか。

>皆さんにとって,「多様化」した日本社会における,コミュニケーションの「あり方」とは,
>どのようなものでしょうか? わたし自身は,ひとりの「外国につながる日本人」という
>立場から,「ホンネ」と「タテマエ」に頼らない<コミュニケーション>の「可能性」を問う
>ことが,いまの日本社会にとって必要であると考えます。

コミュニケーションが「パブリックな場でのコミュニケーション」と言う意味であれば、おっしゃる通り、西洋のように「タテマエ」だけで完結するコミュニケーションが必要となるので...続きを読む

Q親の影響について、一流大の人間は親のおかげでは?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこともないです。
どう生きるかとか、何を成し遂げたいかとか、ぜんぜん子供に積極的に考えさせようとしないんです。
そういうことを子供のころから言っててくれたら、私ももっと大学受験も頑張っただろうし、今みたいに就職活動に苦労することもないはずです。

一流大の人間は、3歳とか4歳とかのころから、クラシック音楽が家で流れてたり、両親の政治とか哲学とかに関連した話を聞いたり、新聞読んだりする環境が家にあったんでしょうね。

うちなんか幼稚園受験も小学校受験も中学受験もしてないです。
クラシック音楽なんかうちではかかってないし、そもそも音楽が流れるような文化的に豊かな家庭ではないです。

一流大に入るような子は、やはり両親が高学歴だから、いい教育をしていたのでしょう。いろいろな話をし、いろいろな経験をさせていたのでしょう。よって人間的にも知的にも高水準の人間が出来上がるのでしょう。

悔しいです。
うちの親なんか子供を一流大にいかせようとするくらいの教育熱はありません。
なんか子育てに力が入ってないな。と思います。
親自身、たいして自分を成長させたいとか、偉くなりたいとか、一度きりの人生だから大きなことをしたい、などとは思わない性格のようです。そんな向上心のない消極的な親から学ぶことはないです。親の背中から学ぶことって私の場合本当にないんです。

高い知的水準、すばらしい人間性、豊かな経験、しっかりした人生哲学を持つ親がうちに居れば、私も日々学ぶことだらけで、さぞかし成長できるのではないかと思い悔しいです。

教育熱心な親に育てられた一流大の人間がうらやましくて仕方ないです。

皆さんの親はどうですか?
教育熱心ですか?
野心はありますか?
親から学ぶことってありますか?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこと...続きを読む

Aベストアンサー

人は他人の物が良く見えてしまうものです。
貧乏な子が金持ちの子をうらやましくおもうのと一緒ですね。

うちは完全放任主義です。
私は野心のある教育熱心な親だったらグレてたでしょうね。
完全放任主義で、好きな高校、好きな大学を行かせてもらい、それでもちゃんと正社員として企業に勤めています。
結局は、行った先での個人の努力になると思うので、親にぶつかるのはお門違いかと。
よっぽどひどい親なら別ですが。

Q公立高校の入試の多様化は、良いことか悪いことか

ここしばらく、全国的に、公立高校の入試の多様化が進められています。どこの自治体も、競って入試を多様化しています。
ここでいう多様化とは、
(1)学校によって、学力検査(入試)の科目を変える。
(2)学校によって、学力検査の科目ごとの配点を変える。
(3)学校によって、調査書(内申)の評定の計算方法を変える。
(4)学校によって、学力検査と調査書の点の割合を変える。
(5)面接、実技検査、小論文、自己推薦書、各種実績(部活動、生徒会、資格取得等)の重視

行政上の意図としては、学校の序列づけ(いわゆるランク、偏差値)をやわらげるとか、学校の特色作り(こういう生徒がほしい、といった意図をもって入試を実施する)といったことがあるように思います。

一方、受験生から見れば、自分の得意なところを生かせる学校を選べるという利点がありますが、反面、制度が複雑で理解しにくく、またどこの学校に合格しそうか判断しにくいという問題があると思います。

中学校や塾などの側からは、制度が複雑になって、データ・情報の収集や進路指導が大変だと思います。しかし、逆に制度をうまく使うテクニックがあるかもしれません。

ということで、みなさんにとって、あるいは社会にとって、あるいは教育の未来にとって、高校入試の多様化は良いことでしょうか、悪いことでしょうか。児童・生徒、保護者、教員、塾講師・家庭教師、教育委員会職員、一般の方、どの立場からでもよいのでご意見をください。

ここしばらく、全国的に、公立高校の入試の多様化が進められています。どこの自治体も、競って入試を多様化しています。
ここでいう多様化とは、
(1)学校によって、学力検査(入試)の科目を変える。
(2)学校によって、学力検査の科目ごとの配点を変える。
(3)学校によって、調査書(内申)の評定の計算方法を変える。
(4)学校によって、学力検査と調査書の点の割合を変える。
(5)面接、実技検査、小論文、自己推薦書、各種実績(部活動、生徒会、資格取得等)の重視

行政上の意図としては、学校の序列づ...続きを読む

Aベストアンサー

現在中3の娘がおります。この夏休みはがんばって塾と宿題に精を出しています。(中2までは「高校はどっちでも・・」のスタンスでしたが)

確かにココ数年公立高校受験のシステムが変わってきています。(奈良県です)
2学年違いの上の娘の頃から変更(学校の統合など)があったのですが昨年度よりさらに複雑になってきているように思います。ヘタに2年前の情報などがあるものですから余計混乱している保護者の一人です。

中学の進路担当の先生も、イマイチ混乱しているようです。意外と塾の進路対策のほうが確実か?などと思ったりしております。
県立高校は同じ試験問題だったのが、各校別になるなど内申の割合なども各校により違うとか・・もう混乱です。

この何年かが過ぎると落ち着くようですが、この時期に受験をする子供達がなんか可愛そうです。

一昨年より先が見えない受験に身も細る(気持ちだけ)母でございました。

Q数1A、2B、3の中ではどれが難しいですか?僕は数Aが一番難しいです。

数1A、2B、3の中ではどれが難しいですか?僕は数Aが一番難しいです。

Aベストアンサー

確かにAは突如現われるので抵抗が大きいと思います。でも以前は大学で激突し単位を落す学生が多過ぎるので高校へ移ってきたのです、高校は通常一単位で留年にはせず、再試験、再々試験になるからです。
大学では時に一単位で再試験を失敗すると何年も留年、最悪退学になるので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報