あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

渡来人は、いつから「日本人」と呼ぶことができますか。
古代、四世紀から七世紀にかけて大陸(中国・朝鮮)から多くの人びとが日本に渡来し、定住しました。
これらの人びとは、やがて「日本国民」になると思うのですが、戸籍に記載された時点で「日本国民」とすればよいのでしょうか。
なお、戸籍制度がない時代のことは、この質問の対象外とします。

また、戸籍上「日本国民」であっても「日本人」と言えるのでしょうか。
具体例として、奈良の大仏鋳造の大仏師を務めた国中連君麻呂(くになかのむらじきみまろ)は、戸籍に記載されているのかどうか知りませんが、かりに戸籍に記載されているとして、彼は日本人である、と理解してよいのでしょうか。

国中連君麻呂について、あるサイトから引用します。
大仏鋳造事業の総監督は国中連君麻呂(くになかのむらじきみまろ)という人で、この人は百済から渡来した人を祖父にもつ技術者でした。君麻呂の祖父は国骨富という名前の百済の官人で、百済が滅亡した時日本にやってきた仏像づくりの技術者グループのリーダーだったと考えられています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

7世紀までは現在と同じ意味の「日本」という概念自体なかったわけですから


当時の人たちが帰化の有無にかかわらず自身のことを「日本人」と考えなかったことは確かだと思われます。
渡来人たちには帰化した時点で「ヤマトの朝廷に身を置くもの」としての自覚、他覚はあったでしょう。しかしそれは今でいう日本人の自覚や他者からの認知とは違ったものではなかったかと思います。

むしろ渡来人たちはそこらにいる「ヤマトの庶民ども」とは一線を画すものとして自身を考えたことでしょう。
帰化した時点で渡来人たちは「ヤマトの朝廷に属する」身分をもつので、その孫の世代は当然ヤマトの朝廷に世襲的に属するわけですが、それを「日本国籍」と考える(貴方が考えたい)ならば爺さんが帰化した時点から「日本国民」です。ただし当時は国民国家としての「日本」という概念がないわけですからそれ自体ナンセンスなお話ですが。

変な歴史の話を持ち出すので混乱しますが、結局、爺さんが国籍を取っているばあい孫は日本人か?という単純な話と考えてみますとこれは孫は当然日本人であるということになります(法律的には)。

また話がそうでなく、たとえば日本語ペラペラで国籍も取得したフランス出身の人がいつまで「ガイジン」扱いされるかというお話であれば全くケースバイケースでなかなか日本人扱いされにくいというケースはあるでしょう。
これがフランス出身でなく違う国や地域であった場合はもっと日本人扱いされにくかったり逆のケースもあるでしょう。

それはさておき、国中連君麻呂であろうと渡来系でない氏族であろうと現在と同じ意味で安易に「日本人」だと理解するのはすこし正確を欠く理解の仕方ではないかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よく考えてみますと、なんかヘンな質問をしたようです。
結局、私の質問は「何回混血を繰り返すと日本人と言えますか」ということになり、質問自体がナンセンスですね。
「人種論」のようになってしまいます。
国名を「日本」と決めたときから、朝廷の支配圏に居住する人びとは、意識するしないに拘わらず「日本国民」となる、と思いました。
では、渡来してきた人びとで、「帰化」しなかった場合はどうなるのだろうとか、渡来人仲間で結婚すればどうなるのだろうとか、考えるうちになんだか分からなくなってしまい、質問しました。
まだ回答してくださる方がいらっしゃるかも知れませんので、もう少し待ちたいと思います。

お礼日時:2010/11/04 13:57

おっそろしく極端な説が2つあります。




●7世紀説 = 白村江敗戦後の危機感から倭国内部の改革が急がれ、律令制に基づく古代国家の建設とともに「日本」という国号が定められて日本人意識が確立したとされています。国号が定められたと同時に「日本人」という使い方が定着した説。


●明治時代説 =西欧列強諸国が東南アジアを中心に植民地を広げている社会情勢から、列強諸国に対抗できる近代国家にするため、分権的な幕藩体制の解体と新たな中央集権国家の建設が急がれ、廃藩置県・徴兵令・学制・地租改正などの諸改革を経て国民の意識の統一がはかられ、日本人という定義が成されたという説。



◎戸籍制度 = 大化の改新によって朝廷の支配体制が強化され、各地の豪族が作った戸籍に代わって全国的な「庚午年籍(こうごねんじゃく)」という戸籍が作られ、6年ごとに更新されました。戸籍の原点です。

もう1つの説は1825年に長州藩で戸籍法が施行されました。近代戸籍法の原点とも言われています。




この様に極端な2つの説がありますが、自然に考えれば、日本人という呼称=7世紀始まり説が通常なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私の質問自体があいまいでした。
要点は、
渡来人の孫(今ふうに言えば在日3世)である大仏師・国中連君麻呂は「日本人」と言えますか、という疑問です。
「言えない」とすれば、何代継続すれば「日本人」と呼べるのでしょうか。

お礼日時:2010/11/03 10:01

一般人が「日本人」としての概念を持つようになったのは明治以降のことです。


それ以前は旧国名である各地方の国の民でしかありません。
渡来人が日本(当時は倭)に渡ってきたころはまだこの国全体が「日本」と言う概念すらありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一般人ではなく戸籍制度成立後の朝廷およびその周辺にいた渡来人についてはどうでしょうか。
大陸からの渡来人は、「国家(隋・唐)」を意識していたと思いますが…。

お礼日時:2010/11/03 09:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇家は渡来人だったという説の根拠を教えてください。

天皇家は渡来人だったという話を聞いたことがあるのですが
その説の根拠とはどういったものでしょうか。

ご存知の方、教えて下さい。

また、その説について意見があれば
それも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

DNA鑑定でも日本人に朝鮮半島系の人が多いというのは立証されています。
渡来人はほとんどが朝鮮半島から渡ってきた人たちのようです。
中国から渡来したと自称している人もほとんどが朝鮮半島からの渡来人だったというのが歴史学者の見解です。
ちなみに15~20%という数字の根拠はわかりませんが、これも歴史学者の言葉です。
渡来人が日本創世のときに果たした役割はとても大きかったそうですよ。

日本書紀などにのるスサノオ伝説が天皇=渡来人であることを暗示しています。
スサノオは高天原を追放されて出雲に来ます。
高天原=朝鮮半島だと言われています。
「神武東征」は九州から奈良、近畿地方への遠征だと言われています。
天皇とその側近の貴族達は九州からきたと思われるのでそうであれば、ほぼまちがいなく渡来人の血はひいているでしょう。

Qいつから日本と呼ぶようになったの?

歴史の授業中、生徒に『いつから日本と呼ぶようになったの?』と質問れたのですが、お恥ずかしいことに答えることが出来ませんでした。
720年には『日本書紀』が書かれているわけだから、聖徳太子が『日出づる処の天子・・』と隋の煬帝に書を送った辺りからなのかなぁとは思うのですが何方かご存知の方教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「日本」という国号を対外的に表明したのは、702年の遣唐使です。
『旧唐書』などでは、それまで「倭」からきたといっていた使者が、国号が良くないので改めたという説、日本は倭の一種であるという説などが出ています。
この遣唐使は、701年の大宝律令制定を受けて、送られた使者と考えられています。大宝律令の公式令(公文書の書式・扱いなどに関する規定)では、「日本天皇」という表現があったようです。「日本」という国号は、「天皇」という称号と同時期に生まれたものといわれています。
「天皇」という称号は、奈良県の飛鳥池で見つかった木簡の表記などから、天武・持統天皇の頃に成立したと考えられています。ゆえに「日本」号もこの時期に成立したと考えられるのです。

なお遣隋使の国書でも「日本」と言う語を使っていますが、これを含めてでてくる「日本」号は、後世の文飾であろうといわれていますので、聖徳太子の頃に「日本」号はなかったと考えるのが、古代史の研究の世界では支持される見解です。

参考文献としては、吉田孝『日本の誕生』(岩波新書)が、最適だと思います。

Q天皇家・藤原氏・蘇我氏の出自について

私はよくインターネット等で天智天皇は百済の王子の翹岐王だったとか
蘇我氏は名前が渡来系っぽいから百済人や藤原鎌足は豊璋だとか言っている人を見ます
そこで疑問があります。

まず、いくら王子だからとはいえ日本の属国であった百済の人間が
まして国外追放されて亡命してきた翹岐王や人質としてやって来た豊璋のような人間たちが
頑張ったとしても、朝献をする国の外国人が日本のトップである天皇や
その側近に成れるものなんでしょうか?
名前を隠して入れ替わろうにも周りも馬鹿じゃないんだからバレて入れ替われないでしょうし
普通は周りの人間が大反対してそんな地位にはなれないんじゃないでしょうか?

倭が391年以来、海を越えて襲来し、百済や新羅を破って服属させてしまった。 (広開土王碑)
新羅百済は倭を大国と崇めた (隋書81巻東夷倭国)
新羅の4代目国王の昔脱解は日本人 (三国史記 新羅本記)
百済の王が王子を人質として倭国に送る (三国史記 百済本紀)
新羅は倭国に奈勿王の子未斯欣王子を人質に送る。 (三国史記 新羅本紀)

Aベストアンサー

『日本後紀』延暦二十三年四月二十七日条の和朝臣家麻呂薨伝に、「蕃人入相府、自此始焉」(渡来系の人として公卿になったのは、家麻呂が最初である)とあります。
桓武天皇の母方のコネで、渡来系氏族からようやく中納言や大納言に昇ることができたわけです。

ましてや律令制以前の世襲的に職掌の継承が行われる時代であれば、渡来人は差別を受けて、高官に昇ることはほぼ無理です。マエツキミ(のちの参議にあたる議政官)クラスでも、秦河勝ら数例しかありません。彼らは、基本的には技術官僚として貴族層に搾取される側の人間でした。
外国人が天皇に成り代わるなんてのは不可能です。

インターネットでそういったトンデモ説をご覧になり、疑問を持たれたとのことですが、みんなが皆、疑いを持つとはかぎりません。高校の日本史ですらまともに勉強してこなかった人や、おもしろければなんでもいい人、思想的に偏っている人など、さまざまな人たちがいます。

そういった、インターネットで見かけただけで、あっさり洗脳されてしまいそうな人もいるのですから、教えて!gooのようにネット検索の上位にヒットする場でこのような質問をされるのは控えていただけないでしょうか。
知らずに一生を終えるであろう人にまで興味を持たれて、トンデモ説が広まってしまいます。
無視が一番です。

『日本後紀』延暦二十三年四月二十七日条の和朝臣家麻呂薨伝に、「蕃人入相府、自此始焉」(渡来系の人として公卿になったのは、家麻呂が最初である)とあります。
桓武天皇の母方のコネで、渡来系氏族からようやく中納言や大納言に昇ることができたわけです。

ましてや律令制以前の世襲的に職掌の継承が行われる時代であれば、渡来人は差別を受けて、高官に昇ることはほぼ無理です。マエツキミ(のちの参議にあたる議政官)クラスでも、秦河勝ら数例しかありません。彼らは、基本的には技術官僚として貴族層に搾...続きを読む


人気Q&Aランキング