マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

徹夜でも、深夜に食事をすると太るの???


ダイエット中の学生です、徹夜で何かする、ということがしばしばあるのですが
「どうせ寝ないからいいや」と思い、夜中の3時ごろに普段は控えている甘いものに手を出してしまったりするのですが、それってやっぱり太るのでしょうか?
自分の中では勝手に「寝ている間に太る=食べても寝ないから太らない」と解釈してしまっていたのですが、不安になったので質問させていただきました。


ちなみに私は学生で、忙しいため運動などはなかなか出来ていません。
最近は甘いものを昼間や夜食べないようにして、もし食べるとしたら朝(もしくは徹夜の日の深夜)としていたのですが、やはり運動しないと体重は減らないでしょうか?
お時間ありましたら、こちらの質問にも答えていただけると嬉しいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 徹夜したとかしないとか、何時ごろ食べたとか、そんなことは一切気にする必要はありません。

逆に、朝食べても太らないとか、夜食べると太るとか、あるいは寝ている間に脂肪は身につくといった、俗説に惑わされないように。世の中には本当に眠らない人がいるんですが(正確には平均5分程度寝ている)、そんな彼でも食べ過ぎれば太るし、食べなければ痩せています(珍しい例なので、医学者が調査していて、その結果がそうです)。

 何をどう食べようが、時刻がいつだろうが、とにかく1日単位ごとに見たものを中長期の平均またはトータルして「摂取カロリー=消費カロリー」が続くなら体重維持ですし、「摂取カロリー>消費カロリー」なら体重増加、逆なら体重減少です。運動は頑張った割には消費カロリーが意外に少ないですから、やっぱりどれだけ食べたかが最重要ですね。
 もっとも、体型は体重では語れません。こっちはむしろ運動が大いに関与します。忙しくたって小休憩くらいするでしょう。そのときちょこちょこスロトレでもやってれば、次第に大きく変わってきますよ。
    • good
    • 2

> 夜中の3時ごろに普段は控えている甘いものに手を出してしまったりするのですが、それってやっぱり太るのでしょうか?



たしかに、徹夜のあとは、気分が昂ぶり、疲労感も大きなものがあります。
徹夜の勉強でどの位のカロリーが消費されるのか計算してみましょう。

女性の平均的な基礎代謝量は1200Kcalです。1時間あたりでは54Kcalです。
基礎代謝は睡眠中は約20%低下します。
したがって、平均的な女性が眠らなければ1晩で、54Kcal * 20% * 8時間 = 86.4Kcal を余分に消費することになります。
また、徹夜中に机上作業を8時間実施するとすると、その消費カロリーは、54 * 0.3 * 8時間 = 129Kcalになります。
したがって、8時間の徹夜で消費する合計カロリーは、215Kcalになります。

> 夜中の3時ごろに普段は控えている甘いものに手を出してしまったりするのですが、それってやっぱり太るのでしょうか?

あなたが、徹夜で勉強するときに消費するカロリーは215Kcalです。
このカロリーは1時間半のウォーキングに匹敵するカロリーで、かなり大きなカロリーです。
おにぎりを食べたり、コーヒーを飲んだりする程度なら問題ありません。
しかし、クッキーやチョコレートなどはたいがいが1パック500Kcal程度ありますから、1パック食べれば、消費カロリーの2倍位は食べることになります。それでは、太ると思います。

> 最近は甘いものを昼間や夜食べないようにして、もし食べるとしたら朝(もしくは徹夜の日の深夜)としていたのですが、やはり運動しないと体重は減らないでしょうか?

痩せるかどうかは、摂取カロリーが消費カロリーよりも少ないかどうかで決まります。
運動しても食べれば太りますし、運動しなくても食べなければ痩せます。
ダイエットで運動と食事は車の両輪ですが、食事の効果が7、運動の効果は3で、食事の影響の方が大きいのです。
徹夜の夜食時にオールブランフレークとコーヒー味の50%カロリーオフ調整豆乳をおすすめします。
一度、オールブランフレークのパッケージ成分表を読んでみてください。
    • good
    • 0

人間の消費カロリーは


・約70%は基礎代謝
・約20%は生活活動代謝
・約10%は食事誘導性体熱産生
で成り立っています。
徹夜中は運動していないとして生活活動代謝量を約0%と仮定させていただきますが、起きていても寝ていても基礎代謝は行われているので、実際のところ徹夜してもほとんど消費カロリーは増えません。
なので、「寝ないので太らない」ということはないと思います。

ちなみに、睡眠不足だと食欲刺激ホルモンが過剰に分泌されるので、肥満につながりやすいそうです。

少し古い記事ですが、参考URLを載せておきます。

参考URL:http://allabout.co.jp/r_health/gc/299068/
    • good
    • 1

深夜(座って勉強するだけ)と日中(立って歩き回る)の運動量が全く違います。

同じカロリーの食品を摂ると必ず太ります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夜に食べると太るといいますが、夜とは何時~何時くらいまでを言っているん

夜に食べると太るといいますが、夜とは何時~何時くらいまでを言っているんでしょうか?
最近ダイエットを始めたのですが、私は仕事柄夜勤があったり、食事の時間もまちまちにならざるを得ません。
しばらくは晩御飯に当たる食事の時間が早朝3~5時位で、食べたらすぐに寝るという状況が続きそうなんですが、この場合は晩御飯は摂らずに寝てしまった方がいいでしょうか?
ちなみに昨日は、9時に朝食、16時に昼食、22時に少し間食し、4時に晩ご飯、5時に就寝して、また9時に朝食 というものでした。
このような時間割でしばらくは生活することになりそうです。
夜食べると太ると言いますが、夜とは早朝も含まれているんでしょうか?
また、早朝に食事をして1時間ほどで就寝と言うのはやはりよくないですよね><?
色々なご意見、アドバイスいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

> 夜に食べると太るといいますが、夜とは何時~何時くらいまでを言っているんでしょうか?

食べる量が同じであれば、いつ食べてもエネルギー収支は同じなのですが、食べる量を減らしたいと考えている人は、就寝の3時間前までに夕食をすませた方が、空腹感が少ないダイエットができるのです。食べる量を減らしたいと考えていない人は、いつ食べても同じですが。

普通の生活では、朝食から夕食までの時間がだいたい12時間で、その間に余ったエネルギーが脂肪に蓄積され、夕食後から翌朝の朝食までの12時間に、脂肪が溶け出して消費されます。
つまり、普通の人は日中に蓄えられたエネルギーが、睡眠中に消費されて均衡がとれているのですが、食べてすぐ寝る生活では、食事の胃の通過時間が約3時間なので、脂肪の消費時間が3時間短くなります。

脂肪は空腹に備えて蓄えられたものなので、空腹になると溶け出して消費されますが、睡眠中は空腹を感じないので、この時間が長いほど我慢せずに痩せられるのです。
空腹感を考えなければいつ食べても同じなのですが、ダイエットは突き詰めれば空腹感とどう付き合うかの問題に行き着くので、少しでも我慢が少ないダイエットをしたいのであれば、食べる時間について工夫する方が良いのです。

> しばらくは晩御飯に当たる食事の時間が早朝3~5時位で、食べたらすぐに寝るという状況が続きそうなんですが、この場合は晩御飯は摂らずに寝てしまった方がいいでしょうか?

その場合は、スキムミルクを飲む位にして、晩ご飯は摂らずに寝てしまう方が良いと思います。

> ちなみに昨日は、9時に朝食、16時に昼食、22時に少し間食し、4時に晩ご飯、5時に就寝して、また9時に朝食 というものでした。

たいへんな勤務ですね。その場合は、16時の間食を増やし、04時は間食で済ますのが良いのではないでしょうか?

> 夜食べると太ると言いますが、夜とは早朝も含まれているんでしょうか?

朝食を起点にして前半の12時間を日中と考え、後半の12時間を夜間と考えれば良いのです。
私たちが炭水化物を食べると、炭水化物はいったん肝臓に蓄えられてから、少しずつ脳に供給されるのですが、肝臓は13.3時間分の炭水化物を蓄えることができます。
身体の仕組みがこのようになっているので、昔の日本人は朝と晩だけの2食性で、昼食を食べるようになったのは江戸時代からです。それも昼食は間食程度だったそうです。

身体の構造を理解した上で、24時間勤務の食事を考えても、このスケジュールはやっぱり難しいと思います。
22時の間食を少し増やし、04時の晩ご飯はダイエット期間中だけは、食べないで寝られるなら、そのまま寝てしまうのが良いように思います。
24時間勤務の勤務明けは、普通の生活なら夜間です。

> 夜に食べると太るといいますが、夜とは何時~何時くらいまでを言っているんでしょうか?

食べる量が同じであれば、いつ食べてもエネルギー収支は同じなのですが、食べる量を減らしたいと考えている人は、就寝の3時間前までに夕食をすませた方が、空腹感が少ないダイエットができるのです。食べる量を減らしたいと考えていない人は、いつ食べても同じですが。

普通の生活では、朝食から夕食までの時間がだいたい12時間で、その間に余ったエネルギーが脂肪に蓄積され、夕食後から翌朝の朝食までの12時間に、脂肪...続きを読む

Qなるべく詳しく回答お願いします(>_<)

夜に食べると太るってよく聞きますが…

夜、寝るまえに食べるから太るんですか?
それとも夜に食べるということ自体が脂肪の蓄積につながるのか…

また、昼寝の前でもやはり太りますか?

あと…深夜に食べてそのままずっと寝ないで朝まで起きていたとすると
これも夜に食べたから太るという原因になりますか?


夜に食べること自体が太るのか、その後寝るから太るのか知りたいです(>_<)!


高校生です。
いま中間テスト期間なので夜に猛勉強しています。

頭を使うので
かなりお腹がすきますし…甘いものとかついついほしくなります(。。;)

でも深夜だから太るかな…っておもうので
結局我慢しますf^_^;

昼は集中できなくて夜にならないと勉強が頭に入らないので
悪い習慣だとわかっていますが、夜に勉強を始めて学校行くまでずーっとしています…

夜に食べると太るのはその後寝るせいだと聞いたことがあったので
私のように夜ずっと起きているなら夜に食べても問題ないのかな?と、疑問に思いました(・ ・;)


回答よろしくお願いします(>_<)

夜に食べると太るってよく聞きますが…

夜、寝るまえに食べるから太るんですか?
それとも夜に食べるということ自体が脂肪の蓄積につながるのか…

また、昼寝の前でもやはり太りますか?

あと…深夜に食べてそのままずっと寝ないで朝まで起きていたとすると
これも夜に食べたから太るという原因になりますか?


夜に食べること自体が太るのか、その後寝るから太るのか知りたいです(>_<)!


高校生です。
いま中間テスト期間なので夜に猛勉強しています。

頭を使うので
かなりお腹がすきますし...続きを読む

Aベストアンサー

一度整理しましょう。

体重の増減を決めるのは摂取カロリーと消費カロリーです。摂取カロリーが消費カロリーを上回れば「太る」。摂取カロリーが消費カロリー以下なら「痩せる」。

摂取カロリーは食事の量と内容で決まります。時間は関係ありません。

では消費カロリーはどうかというと、これはいろんな要素が絡み合ってきます。消費カロリーのことを代謝といって、代謝には基礎代謝、食事誘導性代謝、活動代謝がある、なんて分け方をします。
基礎代謝は何にもしていなくても消費されていくカロリーのことです。寝ているだけでも基礎代謝分のカロリーは使われます。
食事誘導性代謝は、食べるとカーッと熱くなって汗ばむことがありますよね。あの熱のことです。
活動代謝は運動したり、立ったり、座ったりすることで消費されるカロリーです。

この中で食事の時間次第で、下がる可能性がある代謝があります。基礎代謝です。基礎代謝のかなりの部分は体温の維持のために用いられるエネルギーです。体温は自律神経という神経によって調節されていて、この自律神経の働きが鈍ると体温が低くなり、代謝が下がるのです。

自律神経はわれわれの遺伝子に組み込まれている生活パターンに合わせて働くようになっています。簡単にいえば朝、空が明るくなると目が覚めて、交感神経という自律神経が活発になり、夜暗くなると眠くなって副交感神経という自律神経が活発になります。このリズムを乱すと自律神経の働きが鈍って体温が下がります。自律神経の働きが鈍ると体温が下がるだけでなく、免疫機能が落ちて病気になりやすくなります。

さて、食事との関係を書きますが、食事のタイミングや就寝のタイミングは生活のリズムを形作る重要なイベントなので、これが不規則だったり、われわれの遺伝子に組み込まれている生活パターンに反していると、自律神経の働きが鈍ってきます。
真夜中に食事をとるというようなことは遺伝子に予定されていないので、生活パターンが乱れて自律神経がおかしくなる可能性があるわけです。

夜食べなくても、寝ずにずっと勉強していると、生活パターンが乱れますから自律神経がおかしくなります。ですから
>>私のように夜ずっと起きているなら夜に食べても問題ないのかな?
という問いに対しては答えは「大問題です」ということになります。

>>また、昼寝の前でもやはり太りますか?
は昼寝の前に昼ごはんを食べることだと思いますが、これは時間にもよります。どうも我々のカラダは午後に一度眠くなるようになっているんです。つまり副交感神経が一度優勢になろうとします。この時間に食事をとって身体を休めるために昼寝をするのは、自律神経のためにとってもよいことです。

ですからこのリズムに合わせて食べて寝るというのは問題ありません。ただし昼寝でもどっぷり深く眠ってしまうと、その後だるいですよね。交感神経がなかなか働かず知的生産性が落ちます。昼寝は5~10分で十分だとされていますね。

ちなみにあなたの体温を一度チェックしてみてください。人間の正常な平常時体温は37℃とされています。0.5℃下がるごとに基礎代謝は7%落ちます。仮にあなたの平常時体温が35.5℃しかないとすると20%も基礎代謝が低いことになります。

あなたの身長・体重が書いてありませんが、仮にあなたの本来の基礎代謝が1400kcalだとしてそれが低体温症のために20%下がってしまっているなら、300kcalくらい代謝が下がるということになります。つまり毎日ご飯一杯分の消費カロリーを「余らせてしまう」可能性があるのです。

もう判りましたね。ずっとそういう生活パターンをしていると確実に太りますよ。

遅く食事を摂るということだけが問題ではなく、全体の生活パターンが問題ということです。基本的には早寝早起き朝型人間の方が痩せやすいのです。

一度整理しましょう。

体重の増減を決めるのは摂取カロリーと消費カロリーです。摂取カロリーが消費カロリーを上回れば「太る」。摂取カロリーが消費カロリー以下なら「痩せる」。

摂取カロリーは食事の量と内容で決まります。時間は関係ありません。

では消費カロリーはどうかというと、これはいろんな要素が絡み合ってきます。消費カロリーのことを代謝といって、代謝には基礎代謝、食事誘導性代謝、活動代謝がある、なんて分け方をします。
基礎代謝は何にもしていなくても消費されていくカロリーのことです...続きを読む

Q1週間でどれだけ痩せたことがありますか?

こんにちは。

タイトル通りなのですが、1週間で痩せた最高記録を教えてください。

減量方法、見た目・体重などどんな感じに痩せたかも聞かせて欲しいです。

みなさまからのご回答をお待ちしております!

※1週間で痩せた体重はダイエットとは言えないということは理解しておりますので、そのようなご回答はご勘弁ください。

Aベストアンサー

虚血性大腸炎になって、点滴24時間絶食一週間で、42Kgから37Kgに痩せました。5キロダウンですね。痩せたというよりやつれたかんじ。もうフラフラで、階段の昇り降りだけで心臓バクバクしてました。下血で貧血が酷かったのもあるんでしょうけど、歩くのもしんどい。
普通食になった時には、うれしくて食べられる幸せをかみしめました。

Qダイエット中、一日何カロリーくらい摂ってますか?

ダイエット中、一日何カロリーくらい摂ってますか?


ダイエット中でも最低自分の基礎代謝量くらいはカロリーをとらないといけませんよね。
年齢性別生活強度により様々だと思いますが、皆さんはダイエット中どれくらい食べてますか。
私は18歳女性ですが、だいたい1200~1800くらいです。
ネットで調べると一日2000くらいは必要と書いてますが、やはりそれくらい摂るべきでしょうか?

Aベストアンサー

私は体脂肪計で毎朝基礎代謝をはかり、基礎代謝以上で基礎代謝の1.3倍を超えない範囲で食べています。
ウェブサイトの基礎代謝は正確でありませんが、家庭用体脂肪計の基礎代謝はかなり正確です。

基礎代謝を摂取カロリーの目安にすると、最低限度の栄養が摂れるので健康的に痩せられます。
また、基礎代謝は体重に比例して低下しますが、基礎代謝を目標カロリーにしていると、停滞が起こらず確実に痩せられます。

> ネットで調べると一日2000くらいは必要と書いてますが、やはりそれくらい摂るべきでしょうか?

ネットで表示されているカロリーは厚生労働省のエネルギー推奨量です。
厚生労働省の定義で推奨量とは国民の97~98%の人の栄養を満たす必要摂取量ですから、この量を食べると、国民の97~98%の人が実は肥満してしまいます。2000Kcalも食べると、よほど運動しないかぎり肥満すると思います。

女性の基礎代謝は1100~1200Kcalですから、ダイエットのためには、1200Kcalを目標に食べ、どんなときでも1800Kcalを超えない範囲で食べなければ痩せられません。

私は体脂肪計で毎朝基礎代謝をはかり、基礎代謝以上で基礎代謝の1.3倍を超えない範囲で食べています。
ウェブサイトの基礎代謝は正確でありませんが、家庭用体脂肪計の基礎代謝はかなり正確です。

基礎代謝を摂取カロリーの目安にすると、最低限度の栄養が摂れるので健康的に痩せられます。
また、基礎代謝は体重に比例して低下しますが、基礎代謝を目標カロリーにしていると、停滞が起こらず確実に痩せられます。

> ネットで調べると一日2000くらいは必要と書いてますが、やはりそれくらい摂るべきでしょう...続きを読む

Q夜中に食べると太るって言うけど…

一般的に、夜中に食事をすると太るとか、
太りやすいって言いますよね。
それって、ただ食べた後寝る時間までの時間が少ない事が多いから
言われているのか、体のしくみ的に理由があるのか
どなたか分かりますか??
私は最近軽いダイエットを始めているのですが、
昼夜逆転に近い生活のため、かなり気になっています。
朝まで起きているなら、
夜中の食事でも昼間の食事と変わらないよ
という回答を期待していますが…

是非回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「夜に食べると太る」
これには医学的な根拠もあるようです。以前ダイエットしていたときにいろんなことを調べたので正確な事実ではないかもしれませんが、大きな枠組では間違っていないと思います。

人間には体内時計というものがあって、人間が活動する時間帯(太陽を浴びる時間帯)は交感神経が働き、そうでない時間帯(夜の時間帯)には副交感神経が働いています。それぞれの特徴のひとつとして、交換神経には脂肪を燃やす働きが強く、副交感神経には脂肪を溜め込む働きが強いというのがあります。したがって、同じ食事でも朝食べればエネルギーになりやすいのですが、夜に食べれば脂肪になりやすいということですね。
ダイエットの理想的な状態としては、やはり朝、昼をしっかり食べて、夜は腹8分目にして、程よい運動をして、寝る前の3時間前は食べないという生活スタイルのことなんだと思います。実際私がダイエットに成功したときもこんな感じになっていました。

次のは医学的な根拠はないので、あくまで個人的な意見なのですが、食事のタイミングは活動する前に多めに摂取し、寝る前には少なめにというのが基本だと思います。
人間は活動すれば必ずその分のエネルギーは消費されます。それは昼でも夜でもあまり変わらないと思います。(夜でもランニングすれば汗をかきますよね?昼ほどかきにくいですが・・・)また寝るという行動は次の活動に向けてエネルギーを溜め込むということです。そんな時間の前に食事をしてもエネルギーを余分に溜め込みすぎてしまうということです。しかも寝てしまっては副交感神経が強くなり、そのエネルギーを脂肪に変えてしまうわけです。

長くなりましたが、軽いダイエットくらいでしたらこういうことを意識するだけで大分変わると思いますよ。あと食事は「高たんぱく低脂肪」を心がけてください。がんばってくださいね。

参考URL:http://www.jouir.jp/qa/22.html

「夜に食べると太る」
これには医学的な根拠もあるようです。以前ダイエットしていたときにいろんなことを調べたので正確な事実ではないかもしれませんが、大きな枠組では間違っていないと思います。

人間には体内時計というものがあって、人間が活動する時間帯(太陽を浴びる時間帯)は交感神経が働き、そうでない時間帯(夜の時間帯)には副交感神経が働いています。それぞれの特徴のひとつとして、交換神経には脂肪を燃やす働きが強く、副交感神経には脂肪を溜め込む働きが強いというのがあります。したが...続きを読む

Q1日800カロリー以下しか摂ってないのですが・・

こんにちは。
ご相談させてください。

20日ほど前からダイエットを始めました。主に食事制限です。ウォーキングもやるようにしてますがまばらなのでやらない日もあります。

今21歳、164CM、54.3キロです。
一日だいたい700カロリーくらい摂っています。お茶漬けやささみや豆腐やさつまいもやサラダや卵白です。
20日程で4キロ痩せました、


私は論理的には一日に700カロリーしか摂取していないことは少なすぎだと思いますし、こんなのずっとは続かないと思います。
しかし!このカロリー制限で4キロ落としてきたので、この1日のカロリーを保たないと、体が痩せ続けてくれないと思うのです。つまり1000カロリー摂る様になったら体重が戻ってしまうと思います。

これについて、700カロリーってどう思いますか?もっと増やしても、ダイエットになりますでしょうか?
無性に今日お腹が空いてしまい止みません。無性に甘いものが食べたいのです。もうちょっとカロリーを増やしても大丈夫なら何か甘いものが食べたいと思い、ご相談させて頂きました。

Aベストアンサー

まずカロリーが少なすぎます。

カロリーを極端に減らすと短期的には体重を減らせます。
ただしそれはダイエットと言う様な話では無く、体に必要な物まで削っていく行為です。

基本的に極端な食事制限は栄養のバランスを崩し、体調に変化をもたらします。(疲れやすい、頭がぼーっとする等)
そして精神的にも影響がでます。(短気、情緒不安定、強迫観念)


今の状況を見ると、チョットした強迫観念から体がSOSを発している状況と推察できます。

「甘い物が食べたい」は精神的にも肉体的にも、限界に近づいている事を示しているように感じます。
それ以上その様な状態を我慢すれば、今度は「拒食症」や「躁鬱病」になったりする危険が見え隠れしています。


ハッキリ言えば今のカロリー制限は脂肪と同時に筋肉を落としていると思います。
いつか体重が苦労の割に落ちない時が来ると思いますよ。

なので、もう少しカロリーを増やして体重を維持する食事量を探り精神的に負担を掛けないようにし、ウォーキングが出来ない時でも軽い筋トレ(腹筋、背筋、腕立て、スクワット等)程度をする様に心がけて、筋肉量を維持又は増やす様にした方が、リバウンドも少なく健康的かつ部分痩せも出来るので、長期のダイエットにはお勧めです。


ダイエットする方は「体重」ばかりに目を向けるのですが、その体重の落ちた原因を「脂肪が減った」と短絡的に考える人が多くて結局失敗する人を多く見かけます。

体重が減るのは「脂肪」「筋肉」「水分」のどれも減るのです。
そして急激な食事制限は「筋肉」の減りが激しいです。(筋肉が維持出来ないので)

結局「基礎代謝能力」が落ちてダイエットに行き詰まると、「効果が無くなった」と思い普通の食事に戻すのですが、基礎代謝が落ちているから「リバウンド」する訳です。

私から見ればキツイ思いして「痩せにくい体」を作っている様にしか見えないのです。

私がいつもダイエットのアドバイスをする時は「体重にこだわらず体型にこだわれ!」と言うのですが、失敗を繰り返す人は「体重」にこだわり、1kgの増減で一喜一憂しているんですよね。(目に見えるんで仕方ないですけどね)

不健康な48kgを目指すのか、健康で引き締まった52kgを目指すのか、どちらの方が自分の考える理想に近いのか、もう少しダイエットする目標を意識した方が良いと思いますよ。

まずカロリーが少なすぎます。

カロリーを極端に減らすと短期的には体重を減らせます。
ただしそれはダイエットと言う様な話では無く、体に必要な物まで削っていく行為です。

基本的に極端な食事制限は栄養のバランスを崩し、体調に変化をもたらします。(疲れやすい、頭がぼーっとする等)
そして精神的にも影響がでます。(短気、情緒不安定、強迫観念)


今の状況を見ると、チョットした強迫観念から体がSOSを発している状況と推察できます。

「甘い物が食べたい」は精神的にも肉体的にも、...続きを読む

Q2日連続で食べ過ぎたあとの処置について

2日連続で飲み会が続き、両方ともお腹がいたくなるくらいまで食べてしまいました。
1日食べ過ぎたあとの処置はどのサイトにも書いてあるんですが、2日連続で食べ過ぎたあとの処置は書かれていませんでした。ぜひ知っているかた教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 1日も2日も変わらないですよ。そのトータルの超過カロリーを、以降の食事で減らすだけです。1日でやると無理が来ますから、超過分が無理のない減色で済むような配分にするのがいいですね。
 もちろん、運動を補助として追加してもいいです。運動メインで超過カロリーを帳消しにするには、かなり頑張らないといけません。

 しかし、1日かけるような歩き主体のハイキングで楽しいと思えるなら、それは結構カロリー消費が大きいです。
 起伏がある山歩きが趣味の人などですと、結構食べても太ってこないこともあります(とは、登山家で有名な三浦雄一郎さんの現役のころの経験)。

 そういう、ストレス解消を兼ねた楽しいレジャーで、ついでにカロリー消費をするのなら、それもまたいいんじゃないかとは思います。

Q何も食べたくない時は食べなくてよい?

167cm56kgの女性です。
体脂肪率が30%ほどあり、特にお腹のぶよぶよがすごいので、現在ダイエット中です。

運動はウォーキング1時間(通勤時、数駅分を歩く)と、ビリーズブートキャンプの腹筋プログラム(30分)で、食事は、大好きな炭水化物を極力控え、腹八分を心がける程度の制限です。

最初は常にお腹がグーグー鳴っていて空腹との戦いだったのですが、ダイエットを始めて2週間ぐらい経った今、胃が小さくなったのか、制限した量のご飯も入らなくなり、それどころか、お腹がまったく空かないことも増えてきました。

お腹が空かないので1日、固形物をほぼ何も食べないこともあります。

リバウンドが怖いので出来れば「食べないダイエット」はしたくないのですが、とにかく今は何も食べる気がしなくて・・・

そういう時は、何も食べなくてもよいのでしょうか?それとも、無理やりにでも何か口にしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、実は太っている人だけなんじゃないか、と感じ始めます。

逆に一日二食で過ごすと身体の調子がよくなることもあります。最近では「朝食を抜きなさい」のような健康法とか「一日一食健康法」のようなものがあり、関連書籍まで出ていますが、何も特別なことはない。要は一日三食というのは肉体労働者や職業アスリートではない普通の大人にとって食べ過ぎなんです。

ということで、お腹が空かなきゃ食べなくて全く問題ないですし、お腹が空かないのに無理に食べるのはむしろ健康によくないことです。

ちなみにですが、炭水化物を控えるとお腹は空きづらくなります。お腹が空く=空腹信号が発せられる、ということですが、これは血糖値の変動に密接に関係しているからです。食物を通じて炭水化物(糖質)を摂ると、直後に血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管がぼろぼろになるので、それを避けるためにあなたの身体は血糖値をすぐに下げようとしてインスリンというホルモンを大量に分泌します。その結果、今度は血糖値が急下降するのです。

血糖値の急下降を代謝中枢が検出すると、エネルギー不足に陥ったと勘違いして空腹信号が発生られ、「お腹が空いた~」という感じます。炭水化物を食べないと、この血糖値の急上昇・急下降が抑えられますから、空腹をあまり感じなくなるということです。こういうところも、炭水化物を食べないダイエット法は理にかなった(楽に痩せられる)ダイエット法である一つの理由です。

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、...続きを読む

Qこんなに食べたのになぜ一晩で1.2kgも減ったのか

一応常にダイエットを気にしている者です。
157cm47kgでしたが今朝46kgになってました。
こんなこと初めてなので質問させてください。

昨晩自己嫌悪になるくらい
超お腹いっぱい夕飯を食べてしまいました。
以下食べたものです。

・夕食前の間食にアーモンド40g
・五穀ブレンド米茶碗1杯
・さば1切
・茶色のいんげん豆の甘煮(袋に100gくらい入ってる甘~いもの)
サラダ1
・玉葱小さめを1/2スライス
・人参彩り程度にスライス
・ほうれん草1束
・鰹節小袋半分
・めんつゆ
・塩こしょう
・キムチ30gくらい
サラダ2(満足感が足りなくて追加)
・レタス大きめ4枚
・塩こしょう
・パルメザンチーズいっぱい
・オリーブオイルいっぱい
デザート(満足感が足りなくて追加)
・クリームパン40g位(我慢して半分は冷凍)
・パルム(アイス)171kcal

あーあ、と思ってましたが、寝る前は胃とか
そんなに嫌な気持ち悪さもなく、寝ました。

朝体重を測ったら1.2kgも減ってて、体重計が壊れたのかと思いました。
しかし何度測っても同じ。

便も出ましたが1kgも出たとは思えないし、そこまで出た!!って感じでもなく普通。
色は野菜が多めのヘルシーな便ではなく、肉とか食べた時のような、黒っぽくて臭いもある便。小便は夜と明け方2回行きました。

日々ダイエットを気にして炭水化物(ご飯)や肉類も二口とか、少なめにしてるのですが
昨日は久々にご飯1膳も食べて、魚も1切。

ちなみに、ご飯を食べない生活(1日茶碗半分くらい)1年続けたら
コレステロールが基準値をオーバーしてしまいました。
(ご飯食べなきゃ!って思う気持ちと、太る…っていう気持ちがあり、
食べたり食べなかったりしてます。)
けどご飯食べると便通が良い気がする…

話戻りますが、こんなに一気に減った事は人生で1度もありませんでした。

そこで質問です。
これは水分だけが減ったのでしょうか?
なので水分を取ればまた戻ってしまうのでしょうか?
運動してもこんなに減らないのに食べて寝ただけなのにどうしてこんなに?!
って思ってしまいます。

どなたか栄養の面などで分かりやすく説明していただけたらありがたいです。
よろしくお願い致します。

一応常にダイエットを気にしている者です。
157cm47kgでしたが今朝46kgになってました。
こんなこと初めてなので質問させてください。

昨晩自己嫌悪になるくらい
超お腹いっぱい夕飯を食べてしまいました。
以下食べたものです。

・夕食前の間食にアーモンド40g
・五穀ブレンド米茶碗1杯
・さば1切
・茶色のいんげん豆の甘煮(袋に100gくらい入ってる甘~いもの)
サラダ1
・玉葱小さめを1/2スライス
・人参彩り程度にスライス
・ほうれん草1束
・鰹節小袋半分
・めんつゆ
・塩こしょう
・キムチ30gくらい
サラ...続きを読む

Aベストアンサー

 おっと、失礼。回答(2)の訂正です。意外と体重が増えていない(むしろ減っている)と読み直してくださいませ。とくに利尿作用のあるものを飲み食いすると、体水分量が一時的にガクンと減ります。

Q夜食べると太る理由を教えてください。

よく夜の8時過ぎとか10時過ぎに食べると太ると聞きます。

それはどうしてでしょうか?

反対に朝はしっかり食べてもいいと言われています。

朝はあまり食べられないのに…ダイエットをしていても朝食をしっかり食べた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 時折出る質問ですね。体重について言えば、1日トータルのカロリーだけが問題なのであって、いつ、何回、三大栄養素の配分がどうであっても全く関係ありません。

 それは明らかと言っていいんですが、どうしても「夜食べると太りやすい」と主張したい人が未だにたくさんいます。驚くべきことに、某大手新聞までがそうです。堂々とねつ造記事を掲載したことさえあります。米国の大学の、マウスを使ったある実験の結果を、あべこべにして報道しました。指摘されたのか、ネットから記事は削除されました。

 BMAL1という体内物質が夜に増えることから、それが肥満の原因だと言う研究がありました。かなり大きく報道されました。その後、全くと言っていいほど聞かなくなりました。

 これに、朝食信仰が加わります。元々の情報は、小学生の食生活と肥満に関する疫学研究です。朝食を摂らない小学生は、そうでない小学生に比べて肥満傾向が明らかに出ました。
 しかし、それは相関関係であって因果関係ではありません。因果関係は「だらしない生活態度」でした。

 夜遅くまでスナック菓子を食べながらゲームなどで遊び、そのため朝は起きられず、起きても朝食時間が無いし、そもそも食欲もわかない。午前中も活動が鈍い。結果として摂取カロリーが多く、消費カロリーが少ない。夜更かしそのものだけでは太りません。夕食後もずっと起きていると、やはり空腹を感じます。寝ていれば気が付きませんが、起きているから空腹を感じ、つい食べてしまいます。小学生だけでなく、ほとんどの人がそうです。夜遅くまで頑張るときは、よく夜食を摂ります(それ自体は悪いことではありません)。

 そういうことだったんですね。しかし、そのことは伏せられて「朝食は『いくら食べても』太らない」、さらには「朝食を食べれば痩せる」とまで情報がゆがめられました。当然ですが、間違いです。朝食を食べない原因が太る原因だったわけですから。それを正さずに無理に朝食を食べても痩せません。むしろ太ります。

 しかし、仮に1日3食だとして、太る原因になる食事を選ぶなら夕食です。なぜかと言うと、人間は夜はたくさん食べられるようにできているのです。人間は、ある程度の夜行性がありますが(月明かりでもかなり見える等が証拠とされる)、基本的には夜に寝ます。

 食事を摂ると、しばらくは動きにくいものです。眠気がすることもあります。食べたものを消化するために、内臓が活発に働くからですね。実際、食後は体温上昇があります。食事誘発性熱産生などと呼ばれます。副交感神経が優位にもなります。

 要は、食後は休まなければならないということです。これから活発に動かなければならない朝、まだ夜まで働かなければならない昼だと、仮に満腹するまで食べたとしても、夜よりは食べられないのが普通です。それは自然な働きなんですね。

 現代生活ではなく、人間の基本的特性ができた有史以前の時代ですと、日中は食糧を得る活動を行わなければならないし、いつ外敵に襲われるか分からりません。活動が鈍る食後は危険な時間だったわけです。しかし、夜は安全な住み家に帰ってきます。そこでなら、たくさん食べて動きにくくなっても安全だったわけです。

 その後、文明が発達して、朝食や昼食を、かなり食べても大丈夫なようになり、実際にそうなってきました。時代に依る差はもちろん、現在でも地域差がありますが、1日3食は多いです。申し合わせたわけでもないのに、そうなっています。

 それでも、夕食が一番ボリュームがあるのは、やはりどこでも同じです。夜にたくさん食べられるという人間の特性は、まだ変化していません。食後に活動が鈍ることも変わっていません。同じようなメニューでも、ランチバイキングよりディナーバイキングのほうが値段は高いです。1日1食主義というのがありますが、夕食でまとめて摂ります。

 やはり、カロリーが高くなるのは夕食です。そうなると、夕食の摂り方で低カロリーを工夫するのが、一番容易いわけです。食べる量が相対的に少ない朝食や昼食で調整できるカロリーは、夕食に比べると多くはありません。大きいところから改善するのは、ダイエットに限らず、問題解決の鉄則なわけです。しかし、大きいところの改善は効果が大きい代わり、やり過ぎるなどの間違いの弊害も大きくなります。注意が必要となります。

 そういうことを踏まえると、「夕食は早め・軽め、できれば抜く、朝・昼食はガッツリなら健康的に痩せる」は、害のある嘘です。1日トータルの活動を妨げます。
 食後の活動が鈍るだけではないです。食事を摂ったら、即座に活動のエネルギーに変わるわけではありません。確かに食後すぐに血糖値は上がります。しかし、それで人間が活動しているわけではないです。インスリンが出て、肝臓や筋肉に糖が蓄えられます。適度な血糖値は、主に肝臓が糖を放出するからですし、筋肉(主に速筋)が動けるのは、筋肉内に蓄えられた糖のお蔭です。食後に上がる血糖値ではありません。

 夕食を抜いて、翌日の朝食をたっぷり食べても間に合わないわけです。朝食を食べると、確かに心身の覚醒は早くなります。それは、栄養が補給されたからではなく、内臓が活動して代謝が上がることによります。
 ですから、朝に軽く運動してもよいわけです。朝食が、それでも良いのは、腸のぜん動運動が盛んになることです。昼。夕食よりも大きく腸が動きます。便秘予防の効果があるわけですね。それなら、水でもいいんです。実際、朝に適度に冷えたコップの水1杯で効果があったりします。

 ただ、以上は全体的には、平均的には、ということは注意点でしょうか。個人差は大きいものです。たとえば、たっぷり食っても活動が鈍らない人はいます。逆に、食後は極端にだるくなる人もいます。生活リズムも、たとえば交代制業務の人は、それに応じて考えねばなりません。個々人を個別に見ると、非常に多彩な様相があり、なかなか大枠が掴めません。

 1日の総摂取カロリーと生活強度で体重が決まって来ることは、人間が生物である以上、誰でも同じです。絶対的な原則と言えます

 それ以上の原則は、だんだん当てはまる人が分かれて行きます。一番大きいのは、体質の差ですね。さらに同じ人でも、状況に応じて変える必要も出てきます。でも、それらは体調管理です。

 一番大事な食べ過ぎを放置しておいて、「こういう時刻に食べるといい」「小分けに食べれば代謝アップ」「脂肪を一切摂らないのがベスト」「炭水化物を抜くといい」等々、そういった話なわけです(かえって有害なものが多いです)。いわば、コンロにかけた鍋の中の熱湯が煮えたぎっているのを、一生懸命息を吹きかけて冷まそうとしているようなものです。コンロの火を止めるのが先決ですのにね。冷水をいれればいいでしょうか? それは「太れば基礎代謝が上がる」に対応することだったりします(ちなみに、筋肉で重くても、体脂肪で重くても同じ)。

 時折出る質問ですね。体重について言えば、1日トータルのカロリーだけが問題なのであって、いつ、何回、三大栄養素の配分がどうであっても全く関係ありません。

 それは明らかと言っていいんですが、どうしても「夜食べると太りやすい」と主張したい人が未だにたくさんいます。驚くべきことに、某大手新聞までがそうです。堂々とねつ造記事を掲載したことさえあります。米国の大学の、マウスを使ったある実験の結果を、あべこべにして報道しました。指摘されたのか、ネットから記事は削除されました。

 BMAL...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング