忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

現在大学四年生です。アルバイトとして派遣を行なっていますがその際の収入が103万~130万の間になりそうです。
調べた所103万以上の収入だと「16歳以上、23歳未満の場合には63万円に8%」が親の負担になるとのことですが実際に計算をすると5万4000円ですよね?友達は103万を超えると親に三十万円位の税金がかかるから超えない方がいいといっていたのですが、それは間違っているのでしょうか?
実際に学生の私が控除から外れる事により親がどれほど負担されることになるのか教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

学生の場合での、扶養に関する説明はこちらのサイトも参考になるでしょう。

確定申告も、大切なポイントになりますね。

・扶養控除・税金・保険で損しないバイト計画!PART1|バイトル
http://www.baitoru.com/contents/bm_money/

・扶養控除・税金・保険で損しないバイト計画!PART2|バイトル
http://www.baitoru.com/contents/bm_money/index2. …

A 回答 (6件)

#1です。

もう少し細かく説明しておきます。

あなたが親の税扶養から外れた場合、具体的に親にどれだけの負担がかかるか知りたいのですよね?
それを答えるにはあなたの親の具体的な年収と、扶養家族の人数等がわからないと答えられません。親の年収(厳密には親の所得)によって負担額が変わるからです。

具体的には親の所得税額は下記のようになります。
<親の給与所得額→親の所得税額>
 330万円以下→所得の10%
 330万円超~900万円以下→所得の20%-33万円
 900万円超~1800万円以下→所得の30%-123万円
 1800万円超→所得の37%-249万円

所得額とは実際の年収から特定の金額を差し引いた(=控除)額であり、所得税の対象となるのはこの所得額部分のみです。ですから年収が300万円でも所得が0円だったら所得税は払わなくて良いのです。
普通のサラリーマンやアルバイトの場合は「給与所得」という分類となり、その場合は年収に応じて一定額が控除されます。またそれ以外にも「扶養家族」や「身体障害」の有無、「支払った医療費」の額に応じて控除額が増減します。

ちなみに扶養家族は一人当たり38万円の控除となりますので、あなたが税扶養から外れた場合は親の所得が38万円高くなります。所得が増えればその分親の所得税は増えます。

しかし前述した通り親の現在の所得(←収入ではなく)によって、あなたが扶養から外れるた場合の親損失は変わります。
ですから一概に「○%損する」とは言えないのです。

なお親の扶養から外れた場合、親の所得税が増えるだけでなく、あなた自身も所得税を納める義務が発生しますので注意が必要です。


詳しくは国税庁のHP(http://www.taxanser.nta.go.jp/)を見て税金の勉強をしたほうが良いと思います。今回の話に当てはまりそうな項目をピックアップしてみましたのでご覧ください。

給与所得について
http://www.taxanser.nta.go.jp/1400.htm

所得控除のあらまし
http://www.taxanser.nta.go.jp/1100.htm

扶養控除について
http://www.taxanser.nta.go.jp/1180.htm

勤労学生控除について
http://www.taxanser.nta.go.jp/1175.htm

所得税率について
http://www.taxanser.nta.go.jp/2260.htm

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/
    • good
    • 14
この回答へのお礼

二度もお答え頂き本当にありがとうございます。参考のURLとてもためになりました。的確なお答えで分かり易く助かりました。税率については考えていなかったのできちんと計算をしたいと思います。

お礼日時:2003/08/17 23:46

あなた自身の年収が130万円を超えないため、社会保険上は親の扶養のままでいられる、という状況を前提として書きます。



103万円を超えても、いきなり親に30万円くらいの税金がかかるわけではないです。
68万円(あなたが16歳~22歳と思われるから)に、所定の税率を掛け算した金額が、増えます。(概算ですけど)「所定の税率」は、親の課税対象額によって違ってくるので、一概にどれくらいとは言えないですが、いきなり30万円くらいの税金が増えるとは考えにくいです。

ただ、住民税まで含めて考えると、あるのかもしれない??

ちなみに、あなた自身は、勤労学生控除というのが使えるので、あなた自身の収入が130万円までなら税負担がなくなります。
ただし、親の税金上の扶養になるかどうかは、あくまでも103万円までです。(と、大学を卒業してから1年間バイトし、大学院に進学予定だった友人が、人事課で言われてました)
    • good
    • 23
この回答へのお礼

そうですよね(*^^*)突然増えるのではないかと思いドギマギしていました。税金の扶養額が103万か130万かについては自分なりにもきちんと調べてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/17 23:32

詳細なことは忘れたので、覚えていることだけ・・・



>友達は103万を超えると親に三十万円位の税金がかかるから超えない方がいいといっていたのですが、それは間違っているのでしょうか?

間違っています。いきなり税金を38万円課されるわけ
ではありません。そんなわけないです。
ただ、親の収入のうち、今まで控除されていた38万円
分に対して新たに税金が課されるようになるだけです。

その分に限って言えば、家に食費でも入れとけば十分
であろうと思います。

それから、あなたが国民年金を払っているのであれば、
その分が控除対象となるので、所得税に限って言えば
103万円より多少枠が広がるかと思います。

単なる素人の経験話なので至らぬ点があると思いますが
ご容赦を。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

いえいえ貴重な意見ありがとうございます。一度両親と話し合ってみようかと思います。

お礼日時:2003/08/17 23:35

扶養には3つの扶養があります。



1.健康保険の扶養
2.税金の扶養
3.父親の勤めている会社で出される扶養手当

このうち1.は12ヶ月で130万円以上となる労働をする、つまり約月10.8万円以上働くと扶養に入れません。
そうなると国民健康保険というかなり高額な健康保険に自分で入る必要がありますのでご注意下さい。

2.が今回の問題の一つです。
ご質問者の63万円(特定扶養親族控除)の8%で5万円というのは間違いではありませんが、所得税しか計算していませんし、また親の税率を10%として計算しています。
住民税も都道府県民税と市税で結局45万円(特定扶養親族控除)の8%程が増税となります。
もし親の税率が10%でなくて20%だと所得税は8%ではなく16%程になりますので大きいです。
(住民税の税率は所得税ほど極端には上がりません)

最後に3についてですが、これは会社により異なるためなんともいえません。
家族手当の条件に使われるのは、税法上の扶養になれるかどうかというつまり、2の基準を使うことが多いです。
それにより家族手当分(金額は会社により異なる)が減らされるわけです。
ただ会社により健康保険の扶養基準で見るところもありますので、確認しないとわかりません。

なお、ご質問者自身に掛かる税金について言うと、勤労学生控除というものを受けることにより、年間130万円までは非課税となります。
つまり、もしバイト料から源泉徴収で税金を払っている場合は、確定申告すれば還付を受けられると言うことです。

では。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

自分はともかく親に迷惑が掛かってしまうのはいやですね。遊ぶためにアルバイトをしている訳ではないので不服です。でも結局学生は学べということですよね。(^^;
頑張って勉学に励みたいと思います。丁寧なお答えありがとうございました。

お礼日時:2003/08/17 23:52

うちの妹がそれをやって、何十万か払いました。


別に親が払う必要はないので、ご自分のお給料から払えばいいと思います。
あとは、扶養家族からはずれるのは負担ではなく、これまでもらっていた
手当がなくなるだけじゃなかったかと思います。

わずかに超えてしまいそうであれば、休みを取るなど会社に事情を話し、
年収を減らし、1月からまた働けばいいと思います。
会社によっては、今からでは無理ですが、11月などに働いた給与を
12月でなく、1月の支払いにしてくれたりするようです。

詳しいことを忘れてしまいましたが、103万円を超えると所得税がかかる
のではなかったでしょうか。自分自身に・・・
なので、扶養になっている人は、103万円以内で収入をおさえることが
一番得なのだと聞きました。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

所得税は勤労控除等を利用してみるつもりです!色々ややこしいですね(^^;でもとても勉強になりました。解答ありがとうございます。

お礼日時:2003/08/17 23:59

扶養には税金の扶養と健康保険の扶養の2種類があります。


通常旦那さんや親の税扶養になるためには103万円以下である必要があり、また健康保険の扶養になるには130万円以下である必要があります。

ただし学生に限っては「勤労学生特別控除(だったかな?)」という制度があり、130万円まで税扶養になることが可能です。
(健康保険の扶養は学生であっても130万円までです)

あなたの場合は大学生ですので、きちんと勤労学生控除の申請すれば130万円までは親の税扶養になれると思われます。

仮に税扶養から外れた場合は親の所得税が増えるだけでなく、会社から支給されている扶養家族手当てがなくなります。扶養家族手当の金額は会社によってさまざまですので一概には言えませんが、月額数千円~数万円くらい支給されているようです。(支給されない会社もあります)
仮に月額1万円支給されてた場合、扶養家族手当だけで年間12万円の損失になりますよね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

勤労学生控除の申請については興味を持っていたので、是非行なってみたいと思います。丁寧なお答えありがとうございます。

お礼日時:2003/08/17 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養控除が外れると親の負担はどれくらいですか?

すいません。結構焦ってます。
今は大学生なんですが、何も考えずに働いていたらバイト代が一年間で103万円を超えてしまいました。
そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか?
ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。
そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。
増えた分は自分で払いたいと思ってるんですが、自分では計算の仕方がよくわからないのでとても不安です。だれか教えてください。

Aベストアンサー

質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。

まず質問者の方の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

ということで今年の所得税と来年の住民税の合計で

63000(円)+45000(円)=108000(円)

ということで親は108000円の増額になります。
また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。

一方子と言うと

所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて

65万+38万=103万

ということで103万までは課税されません。
さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて

103万+27万=130万

130万までは課税されません。
次に住民税ですがこれはより複雑です。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります92万~100万ぐらいです、つまりこれ以下

なら課税されません。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。
さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。
ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。
住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて

65万+33万=98万

勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて

98万+26万=124万

ということで124万まで課税されないと言うことです。

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

まとめると
親の負担

所得税
63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税
45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

合計
108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額

子は
所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして

所得税

給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない

住民税
均等割
92万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない)

所得割

給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

つまり

<学生であり未成年である>

『130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『130万超204.4万未満』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『204.4万以上』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

<学生であるが未成年ではない>

『(92万~100万)以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『(92万~100万)超124万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり、所得割なし

『124万超130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり

『130万超』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

となります。

それから勤労学生控除を受けるためには、下記をご覧下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

「勤労学生控除を受けるための手続について」の中に『勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して確定申告をする』か『給与所得者の場合は、給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要があります。』ということです。

また親が会社から子に対する扶養手当のようなものをもらっていれば、子が扶養から外れるとなくなるかもしれません。
これは会社独自で出すものなので、もらえる条件及び金額等は会社に聞かなければなりません。

もうひとつ社会保険の問題があります。
たとえパートやアルバイトでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

親の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダということですが、それが子自身がアルバイト先で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。
ですからそうならないように日数や時間数を調整することです。

>そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか?

その年の1月から12月までです、平成23年なら平成23年1月から12月まで、平成24年なら平成24年1月から12月までに支払われた金額です、働いた金額ではありません。
例えば給与が締めて翌月払いであった場合は平成22年12月に働いた分は平成23年の1月に支払われますが、この場合は平成22年に働いたが平成23年の収入となるわけです。
同様に平成23年12月に働いた分は平成24年の1月に支払われますが、この場合は平成23年に働いたが平成24年の収入となるわけです。

>ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。

それであれば平成23年については年収106万と言うことになります。

>そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。

それは前述ですただしあくまでも概算です、正確には親の源泉徴収票の数字がわからなければ何ともいえません。

子供が扶養範囲を超えた収入があったのに親に言わずにいて親は扶養控除を申請してしまったことはよくあることです、あとから税務署から会社(この場合学校でしょうか?)に修正するように連絡があるはずです。
会社の担当者は税務署にちょっと油を絞られ、親は会社の担当者にちょっと油を絞られ、子は親にちょっと油を絞られるでしょう。
ですから速やかにその事実を親に伝えて、親は速やかに学校に伝えるべきでしょう。

質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。

まず質問者の方の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の...続きを読む

Q学生バイトです。103万円を超えてしまいました…。

タイトルの通りです。103万円を1000円ちょっと超えてしまいました……
職場に電話しましたが、もう振り込まれてしまっていてどうにもならないとのことです…。
頑張って調整していたのに思わぬ深夜手当がついてしまったようで、もう絶望の淵に立たされた気分です。
少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
何とか出来ないでしょうか?学生なので、何か免除になったりしませんか?
それか、個人的に寄付を毎月5000円くらいしているので、その分何か免除にならないでしょうか…。
寄付は関係ないですかね…
ああもう本当に困っています…どうか知恵をお貸しください…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、親は貴方を税金上の扶養にできないので、親の所得税や住民税は増税になります。

親の所得がわからないので所得税の税率がはっきり言えませんが、通常の所得なら
所得税 630000円(控除額)×10%(税率)=63000円
住民税 450000円(控除額)×10%(税率。所得に関係なく)=45000円
計108000円 増税になります。

>何とか出来ないでしょうか?
できません。

>学生なので、何か免除になったりしませんか?
貴方の場合は、勤労学生控除があるので130万円までなら所得税かかりません。

なお、このことを親に言わないと、あとから税務署から会社を通し通知が行きます。
貴方を税金上の扶養からはずす確定申告をしてもらう必要があります。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、...続きを読む

Q103万超えると親の負担について

わたしはいま大学2年で掛け持ちでアルバイトを二つしています。
そのうち1つは9月分の給与で95万ほどになり103万は超えます。(バイト先は103万超えたら働かなくさせてはくれるのですが…)
もう一つは6月から始めたのですが毎月2-3万は稼いでおりこのままいくと130万は超えます。

父親に掛け持ちを始める際に103万は超えるということはだけは伝えており了承を得て働いてはいます。(なお130万超えるなら損しない分の値段は働けとは言われてます。)

父親は大学の成績が悪くなければ(四年で卒業と厳しく言われてます)なんとも言われません。前期の成績がそれなりによかったので働きすぎとは言われますがやめろとは言われてません。

そこでなのですがもしわたしが130万超えた場合親の負担はいくらになるのでしょうか。いろいろな質問サイトを除いてもあまりわかりません。

父親が扶養している人数は私と母のみです。母は軽くパートをしていますが月6万も稼いではないと思います。

父親の給料は手取りでたぶん35-50万ほどで年収は900万もいってないと思います。

もし負担がかかる場合私が毎月バイト代(毎月13万ほどは稼いでいるので)親がいいというぶん負担しようとは考えています(とうてい親の負担額には達しませんが…)

そこで
・130万を超えた場合、父親の負担額は毎月(年)いくらになるのか
・その負担が始まるのはいつからか

健康保険と来年3月で20になるので年金を払わなければいけないということは把握しています。たぶんですが健康保険はバイト先の方で入れたはず、、、なので。

をだいたいでいいので教えていただけたら嬉しいです。
お願いします。

わたしはいま大学2年で掛け持ちでアルバイトを二つしています。
そのうち1つは9月分の給与で95万ほどになり103万は超えます。(バイト先は103万超えたら働かなくさせてはくれるのですが…)
もう一つは6月から始めたのですが毎月2-3万は稼いでおりこのままいくと130万は超えます。

父親に掛け持ちを始める際に103万は超えるということはだけは伝えており了承を得て働いてはいます。(なお130万超えるなら損しない分の値段は働けとは言われてます。)

父親は大学の成績が悪くなければ(四年で卒業と厳しく言われ...続きを読む

Aベストアンサー

親御さんは下記の話をちゃんと理解
されていますので、質問文面をみる
限り、130万を超えてくると、親御
さんの負担ではなく、あなたの負担
があることを気にしています。
『130万超えるなら損しない分の値段は
働けとは言われてます。』
がその話です。

130万を超えるというのは、社会保険の
扶養条件をはずれる条件なのです。

現在、あなたは親御さんの勤め先の
健康保険組合に加入しています。
健康保険証を見てみてください。

130万未満の扶養条件とは、
★月108,333円を超える月収になったら、
親御さんに連絡し、健康保険から
脱退しなければいけないのです。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

そうするとあなたは、以下の
いずれかの社会保険に加入して、
保険料を払う必要があります。

勤め先の社会保険に加入すると、
以下のようになります。
月額保険料
①健康保険 5,478 約5%
②厚生年金 10,000 約9%
③雇用保険  440  0.4%
④月額合計 15,918
⑤年間合計 約19万★
収入の概ね15%引かれる
と考えてください。

掛け持ちのバイトということに
なると、社会保険に加入せず、
国民健康保険に加入することに
なる可能性も高いです。

こちらはあなたの住民票のある
地域により状況が随分変わるので、
なんとも言えませんが、
月額保険料
⑥国民健康保険料 約 5,000★
ぐらいの負担は覚悟してください。

学生さんで前年の所得も少ないので、
年間6万円から減額されるかもしれません。
また住民票がご実家のままなら、
ご実家の役所での手続きが必要となり、
親御さんあてに保険料の請求が行くこと
になるかもしれません。

また、
⑦国民年金 16,260★
も負担することになるかも
しれません。
学生特例制度で猶予申請が
取消になる場合もあります。

最高で
⑧年間合計約25万★
の負担になるわけです。
これが親御さんの
『損しない分(ように?)働け』
の意味です。

これをカバーするには、
社会保険なら、
130万÷(100%-15%)=153万
国保、国民年金なら、
国保だけなら140万以上
国民年金も加えれば、160万以上
の収入にしないと手取りが
増えないことになります。

話が戻りますが、
あなたが103万を超えた収入となると、
親御さんは税金の扶養控除という
制度が受けられなくなります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

あなたの年齢等から察するに下記の
⑪が該当すると思います。

⑩扶養控除(一般)
⑪扶養控除(特定扶養19~23歳未満)★
⑫扶養控除(非同居老親70歳以上)
⑬扶養控除(同居老親)

扶養控除額一覧
 所得税 住民税
⑩ 38万 33万
⑪ 63万 45万★
⑫ 48万 38万
⑬ 58万 45万

親御さんは★の金額の所得控除が
取り消しになります。
参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#kju_6

所得税で63万
住民税で45万
の所得控除が受けられなくなると、
実際の税金では、
所得税率20%弱
⑭63万×20%≒12万
住民税率10%
⑮45万×10%=4.5万に+0.9万で5.4万
●⑭+⑮の合わせて17.4万、
税金が増えることになります。
結構大きいでしょう!?

しかし理解ある親御さんですから、
税金や保険料を負担することを
考えるのではなく、
親御さん何かプレゼントして、
喜ばせてあげる方がよいかも
しれません。

がんばってください!

親御さんは下記の話をちゃんと理解
されていますので、質問文面をみる
限り、130万を超えてくると、親御
さんの負担ではなく、あなたの負担
があることを気にしています。
『130万超えるなら損しない分の値段は
働けとは言われてます。』
がその話です。

130万を超えるというのは、社会保険の
扶養条件をはずれる条件なのです。

現在、あなたは親御さんの勤め先の
健康保険組合に加入しています。
健康保険証を見てみてください。

130万未満の扶養条件とは、
★月108,333円を超える月収になったら、
親御さんに...続きを読む

Q年収103万を越えると、親に負担がかかるのですか?

年収103万を越えると、親に負担がかかるのですか?

私は大学生でアルバイトをしています。
今年は年収103万を越えそうです。そうなると、扶養が外れるのですか?
親が税金を多く収めなければいけないのですか ?私に負担はないのでしょうか?

親に
「103万越えてもいいけど、自分でいろいろ払ってね」
と言われました。
私が負担することもできるのでしょうか?

世間知らずで申し訳ありません。
お暇なときにお答えいただければと思います。

Aベストアンサー

学生と言うと23歳未満ですね。

まず質問者の方の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

ということで今年の所得税と来年の住民税の合計で

63000(円)+45000(円)=108000(円)

ということで親は108000円の増額になります。
また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。

一方子と言うと

所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて

65万+38万=103万

ということで103万までは課税されません。
さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて

103万+27万=130万

130万までは課税されません。
次に住民税ですがこれはより複雑です。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります92万~100万ぐらいです、つまりこれ以下なら課税されません。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。
さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。
ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。
住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて

65万+33万=98万

勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて

98万+26万=124万

ということで124万まで課税されないと言うことです。

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

まとめると
親の負担

所得税
63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税
45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

合計
108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額

子は
所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして

所得税

給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない

住民税
均等割
92万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない)

所得割

給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

つまり

<学生であり未成年である>

『130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『130万超204.4万未満』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『204.4万以上』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

<学生であるが未成年ではない>

『(92万~100万)以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『(92万~100万)超124万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり、所得割なし

『124万超130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり

『130万超』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

となります。

<字数制限の為続く>

学生と言うと23歳未満ですね。

まず質問者の方の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

というこ...続きを読む

Qアルバイトで103万円を超えたその後の対処について

20代の大学生です
 
半年ほど前に税金納付のハガキが来て去年のアルバイトの収入が103万円を超えていると気づいたのですが、その時に市役所に足を運んで8000円の支払いが勤労学生免除で確か半額になりました。
それだけで済んだと思っていたのですが、先ほど父から連絡がきて、私が103万円を超えて扶養から外れたせいで約20万円ほど支払わなければならず、また私も扶養から外れたのでこれからは市民税やその他の税金もろもろ自分自身で支払っていかなければならないと聞かされました。
googleでいろいろ調べてみたところ、同じような質問をされている方が非常に多く、また解答欄を見る限り税金を払うことについては観念するしかないと感じました
 親の20万円の分は自分で払います、しかしまだ大学生なので親の扶養からは外れたくないです、なので仮に来年の収入を103万円以内に抑えればまた父の扶養に戻ることはできるのでしょうか?


 また市役所に足を運んだ時、どのアルバイトでどれほど稼いだのか教えていただいたのですが、働いていたはずなのに名前が出ないアルバイトがありました、たしか短期で手渡しのアルバイトだったと思うのですが、短期のバイトや手渡しのバイトは年間収入に加算されない(会社が申告していない)場合も多いと聞くのですが、今回私が働いていた短期のバイトがそうだっただけで例外もあると思います。これからもほかの会社で短期のアルバイトはするつもりなのでその際に年間収入に加算されるか否かは直接聞く以外にどこで判断すればいいのでしょうか?

20代の大学生です
 
半年ほど前に税金納付のハガキが来て去年のアルバイトの収入が103万円を超えていると気づいたのですが、その時に市役所に足を運んで8000円の支払いが勤労学生免除で確か半額になりました。
それだけで済んだと思っていたのですが、先ほど父から連絡がきて、私が103万円を超えて扶養から外れたせいで約20万円ほど支払わなければならず、また私も扶養から外れたのでこれからは市民税やその他の税金もろもろ自分自身で支払っていかなければならないと聞かされました。
googleでいろいろ調べてみ...続きを読む

Aベストアンサー

>税金納付のハガキが来て去年のアルバイトの収入が103万円を超えていると気づいたのですが、その時に市役所に足を運んで8000円の支払いが勤労学生免除で確か半額になりました。
「免除」ではなく「勤労学生控除」ですね。
住民税には「均等割」と「所得割」という2つの課税があり、勤労学生控除により所得割の課税が0円になり、均等割だけの課税になったということです。

>先ほど父から連絡がきて、私が103万円を超えて扶養から外れたせいで約20万円ほど支払わなければな
らならず…
貴方を税金上の扶養にできなくて扶養控除を受けられなくなり、その控除分の所得税と住民税が増税になり追徴金が発生したということです。

>また私も扶養から外れたのでこれからは市民税やその他の税金もろもろ自分自身で支払っていかなければならないと聞かされました
いいえ。
貴方の税金は、住民税の4000円だけです。
所得税も住民税の「均等割」もかかりません。

>仮に来年の収入を103万円以内に抑えればまた父の扶養に戻ることはできるのでしょうか?
できます。
税金は、その年の1月から12月までの収入できまります。
来年の給与年収が103万円以下なら、税金上の扶養になれます。

>たしか短期で手渡しのアルバイトだったと思うのですが、短期のバイトや手渡しのバイトは年間収入に加算されない(会社が申告していない)場合も多いと聞くのですが、
会社が「給与支払報告書」を出さなかったということです。
30万円以下で継続的な雇用でない場合は、会社に給与支払報告書の提出の義務はありません。

>今回私が働いていた短期のバイトがそうだっただけで例外もあると思います。
そのとおりです。
通常、30万円以下でもほとんどの会社は、給与支払報告書を役所に提出します。

>これからもほかの会社で短期のアルバイトはするつもりなのでその際に年間収入に加算されるか否かは直接聞く以外にどこで判断すればいいのでしょうか?
前に書いたとおりです。
ほとんどの会社は提出します。
なお、仮に提出されない場合でも、合計年収に加えなくてはいけませんし、その場合は本来、役所に「住民税の申告」をしなければいけません。
つまり、すべての給与年収を合計し、103万円を越えれば扶養にはなれない、ということです。

>税金納付のハガキが来て去年のアルバイトの収入が103万円を超えていると気づいたのですが、その時に市役所に足を運んで8000円の支払いが勤労学生免除で確か半額になりました。
「免除」ではなく「勤労学生控除」ですね。
住民税には「均等割」と「所得割」という2つの課税があり、勤労学生控除により所得割の課税が0円になり、均等割だけの課税になったということです。

>先ほど父から連絡がきて、私が103万円を超えて扶養から外れたせいで約20万円ほど支払わなければな
らならず…
貴方を税金上の扶養にでき...続きを読む

Qパート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。

パート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。
今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。
103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

>103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?
110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合
住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。
均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります)
所得割 120000円×10%=12000円
計16000円です。
なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。

>旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。
所得税 70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×5%=3500円 もしくは
    70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%=7000円
住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円
計5500円もしくは9000円増えるだけです。

7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は...続きを読む

Q学生で年収130万を超える

同じような質問がたくさんあるのですが、なかなか理解ができません。
申し訳ないのですが教えてください。
現在学生でバイトをしていて、6月分までで年収は80万円でした。
このままだと間違いなく130万を超えます。
バイトしてる会社で調整しながら働いたほうがいいんじゃない?と言われました。
超えた場合、払わなきゃいけないものとその額を教えていただきたいです。
あと扶養から外れた場合に親にかかる負担のほうも教えてください。

Aベストアンサー

補足有難う御座います。
内容変更しました。

1.扶養者(親)の所得税
 年の所得が103万を超えると親の税金が上がります。税金なので親の収入次第です。貴方一人分の扶養控除額は38万円*親の税率です。
後、会社から扶養者補助が出ている場合があります。うちの会社なら扶養者補助月額1.2万円+税金2万円程度なので年額16万位収入が減ります。

2.健康保険の加入先
 月の所得が概ね11万を超える(後述)と自分で健康保険に入らないといけなくなります。
 現在越えているのに親の扶養に入っているということは大変問題になります。すぐに親の保険者に扶養者異動届を出し、自身の加入に切り替えましょう。
 遡って異動届を出した期間に(貴方が)保険を利用していたら大問題になりますのでご注意を。
(保険者=国保なら自治体、社保なら組合または社会保険庁)
 また、正社員相当の勤務(正社員の3/4)を行っている場合、社会保険に強制適用されます。この場合は給与天引き(記載は健康保険)されます。
金額は月収13万で5500円くらいです。

3.年金の加入先
 国民年金に強制加入ですが学生特例を利用していますね。注意が必要なのは支払期限を10年延ばすと共に、被保険者期間として認定するだけです。国庫からの支出が無いので合算対象期間(通称カラ期間)と同等です。将来の年金額は追納しない限り加算0です。追納が2年を超える場合は加算金が余計に掛かるので払えるときに払うのが得策でしょう。こちらも健康保険と同様に正社員相当の勤務を行っている場合、厚生年金に強制適用(ランクup)され、給与天引き(記載は社会保険)となります。
月収13万(80万/6ヶ月)なら9300円です。9300円の掛け金で国民年金を支払った事+厚生年金分の上乗せをもらえます。免除してもらってる場合ではないのがおわかりですね?月収(標準報酬月額)が違う場合、参考リンクを見てください。

4.自身の所得税
 勤労学生控除があるので130万を超えた場合に所得税は発生します。既に給与明細状には所得税が計算されてませんか?所得税が計算されていて年結果が130万以内なら来年の確定申告で税金が戻ってきます。逆に引かれていなくて源泉徴収もされなかった場合、確定申告で税金を納める必要があります。


補足で必要なこと
1.親の保険の種類=年金の種類
2.貴方のお勤め先の規模(正社員相当5人以上か?)
2.貴方の勤務実態(正社員相当かどうか)
3.給与明細上に所得税が計算されているか?

御質問者の場合、
・税金の扶養から抜けることは確実です。
・収入が多く月収が108千円を超えているので健康保険の扶養からも外れています。
・貴方が厚生年金被保険者権利を有す場合(*1)、厚生年金、社会保険の加入権利があります。上記計算の様に低所得は言うまでもなく高所得の方も満遍なく良い制度となっています。

*1:厚生年金適用事業所(*2)に雇用される社員もしくは社員の3/4相当の日数、時間で雇用される者
*2:個人事業主で且つ5人以上の従業員(*3)を雇用する事業所もしくは法人事業所
*3:正社員の3/4時間&3/4日以上働くもの

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogakuhyo.xls

補足有難う御座います。
内容変更しました。

1.扶養者(親)の所得税
 年の所得が103万を超えると親の税金が上がります。税金なので親の収入次第です。貴方一人分の扶養控除額は38万円*親の税率です。
後、会社から扶養者補助が出ている場合があります。うちの会社なら扶養者補助月額1.2万円+税金2万円程度なので年額16万位収入が減ります。

2.健康保険の加入先
 月の所得が概ね11万を超える(後述)と自分で健康保険に入らないといけなくなります。
 現在越えているのに親の扶養に入っ...続きを読む

Q扶養されている子供の年収が103万円を超えた場合について。

 みなさん、こんにちは。実は、私の兄弟(学生)のアルバイト収入が年間で103万円を超えてしまったようで困っています。
 兄弟は、サラリーマンの父の扶養に入っているのですが、追徴課税がくると思います。
 追徴課税額は、妻(配偶者)の年収が103万円を超えた場合と同じように計算されるのでしょうか?
 もしご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。
 お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>追徴課税額は、妻(配偶者)の年収が103万円を超えた場合と同じように計算されるのでしょうか?

基本的に違うと思います。

配偶者の場合は、103万円を超えても「配偶者特別控除」が段階的に受けられるので、そんなに控除額が減る事がないのです。

ところが、子供さんの場合、こういう段階的なものはなく、超えたとたん扶養からはずれますので、いきなり38万円の扶養控除がなくなります。
年齢が特定扶養親族(年齢16歳以上23歳未満)だったりすると、さらに25万円の控除がなくなります。
所得税がかなり増えるのは間違いないと思います。

ちなみに子供さんも自分で税金を納めないといけない場合もありますが、勤労学生として申告すれば130万円までは所得税はかかりません。

Q勤労学生控除と親にかかる税金について教えて下さい。

勤労学生控除と親にかかる税金についてお伺い致します。現在親の扶養に入っている大学院生です。私の年間給与収入が103万円以上130万円未満となった場合、勤労学生控除が適用されても、親には私の年間給与収入が103万円未満の時と比べ、税金等の負担は増えるのでしょうか。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>親には私の年間給与収入が103万円未満の時と比べ、税金等の負担は…

増えます。
親が扶養控除を取れるあなたの「所得」はあくまでも 38万円まで、給与収入に換算しても 103万円までです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

この 38万円のことを「合計所得金額」といい、これは勤労学生控除を適用する前の数字です。

>大学院生です…

大晦日現在で、23歳未満であれば 63万円、23歳を過ぎていれば 38万円に親の税率を掛け算しただけが、親の増税分です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm


他に、住民税も増えます。
住民税は給与収入で 98万または 100万ちょうどが境目です。
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/j150/sizei/kojin.html

親が会社員等で、給与に家族手当などを上乗せしてもらっているとしたら、それが取り消されるおそれもあります。
税金よりこちらの影響のほうが大期すこともあります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>親には私の年間給与収入が103万円未満の時と比べ、税金等の負担は…

増えます。
親が扶養控除を取れるあなたの「所得」はあくまでも 38万円まで、給与収入に換算しても 103万円までです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

この 38万円のことを「合計所得金額」といい、これは勤労学生控除を適用する前の数字です。

>大学院生です…

大晦日現在で、23歳未満であれば 63万円、23歳を過ぎていれば 38万円に親の税率を掛け算しただけが、親の増税分です。
http://www.nta.go.jp/taxa...続きを読む

Q学生バイト、年間103万円超えると?

私は学生ですが、学費等自分で払わなければならず、水商売をしています。
今年から、きちんとした株式会社がしているお店に移ることになったのですが、年間103万円以上稼いだら、親の扶養をはずされ、たくさん税金を取られると聞きました。
ネットで調べてみましたが、いまいちよく分かりません。
後、国民年金も学生控除しています。それもはらわなければならなくなるのでしょうか。
良く分からないので、よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

扶養には税金の扶養と社会保険(健康保険等)の扶養があります。
またあなた自身のことを考えると所得税と国民年金保険料の納付についても考慮しなければなりません。

◇税金の扶養
あなたの年収(1~12月の総収入)が103万円以下なら親の税扶養に入ることが出来ます。
それにより親の所得税が減額されます。
具体的にどれだけ減額されるかは、親の収入、扶養家族の数などによって変わるので一概には言えません。
年間あたり数万円~十数万円くらいは減額されるでしょう。
逆に言えばあなたが扶養から外れたら上記の金額だけ追納する必要が出てきます。

◇社会保険の扶養
あなたの月収が10.8万円以下であれば親の社会保険扶養に入ることが出来ます。
これによりあなたが親の健康保険証を使って病院に行くことが出来ます。
逆に扶養から外れるとあなた自身で国民健康保険などに加入して健康保険料を払う義務が発生します。
こちらの扶養に関しては親自身は損得はなく、あなた自身が損得します。

◇あなた自身の所得税
お金を稼ぐと所得税を納める義務があります。
通常は年収(1~12月)が103万円以下であれば所得税は免除されます。
ただし学生の場合は130万円までは所得税が免除されます。
普通の会社なら毎月の給料から勝手に所得税が引かれている(=これを源泉徴収と呼びます)と思いますので、もし年収が130万円以下に収まった場合は確定申告すれば戻ってきます。
逆に毎月の給料から所得税が引かれてないのに130万円以上稼いだ場合は確定申告して税金を納める必要があります。これをやらないと脱税となります。

◇国民年金の学生納付特例制度
これは学生限定で国民年金の保険料納付を猶予してくれる制度です。(免除ではないので間違えないように!)
こちらについても一定以上の収入があると対象外となり、普通に国民年金保険料を納めることになります。
⇒http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji01.htm
 ↓
--------------------------------------------
平成18年度の所得基準(申請者本人のみ)
118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
--------------------------------------------
あなた自身が扶養してる家族はいないので、単純に「118万円+社会保険料控除等」が基準になります。
勤め先の会社で社会保険に加入してる場合は控除されることがあります。
なお上記の「118万円」は「収入」ではなく「所得」をあらわすようなので注意が必要です。
※所得とは収入から一定の必要経費を差し引いた額です。

給与所得者(普通の会社員やアルバイト)の場合は総収入から「給与所得控除」を差し引くことが出来ます。
給与所得控除額は収入額によって変わりますが、概ね収入額の40%程度です。(もし控除額が65万円以下になった場合は65万円を控除します)
⇒http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm

仮に150万円の年収があった場合は65万円が控除されるので所得は85万円となり、基準以下になりそうです。(つまり学生納付特例制度を続けられる)

扶養には税金の扶養と社会保険(健康保険等)の扶養があります。
またあなた自身のことを考えると所得税と国民年金保険料の納付についても考慮しなければなりません。

◇税金の扶養
あなたの年収(1~12月の総収入)が103万円以下なら親の税扶養に入ることが出来ます。
それにより親の所得税が減額されます。
具体的にどれだけ減額されるかは、親の収入、扶養家族の数などによって変わるので一概には言えません。
年間あたり数万円~十数万円くらいは減額されるでしょう。
逆に言えばあなたが扶養か...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング