人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

乙種第4類危険物取扱主任者と乙種第4類消防設備士について

お願い致します。
乙種第4類危険物取扱主任者と乙種第4類消防設備士について教えてください。
この2つの資格取得を目指すには訓練学校などの講習会に参加してほうが良いのでしょうか?
それとも、参考書を購入して独学で勉強すれば取得できるような資格なのでしょうか?

実際に取得されている方、どのようにして取得したのか教えてください。

お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電気工事士の資格をめざすとの事ですので、一言。



消防設備士の資格に目を付けられたということは、ある程度そういったお仕事に着かれているのだと思います。

ただ、電気工事士の資格試験のレベルは、
消防設備士や危険物の資格試験のレベルと比べると、明らかに1~2ランクは難易度が上がります。
何より、実技試験があります。講習を数日受けた程度ではとても無理です。
試験は大体7~9月くらいなので、特に、実技の結線作業や配管加工の勉強と、
筆記試験の三相交流に関しての勉強と、法律に関しての勉強をみっちりして下さい。
実技試験では、結線したケーブルの被覆の剥き痕のキズ、結線部分の巻数、結線間隔、
強度までチェックされます。

一年近く頑張れば合格可能かと思います。
合格めざしてがんばって下さい。
    • good
    • 0

乙4危険物は、 協会が出している 過去問でも十分合格できます。



また、乙4消防設備士は、「電気工事士」を取得してからのほうが良いと思います
「電気工事士」を取るには、講習会などに参加するのが良いと思います。

また、「乙4消防設備士」にこだわらなければ「消防設備点検資格者」と言う
受験資格が必要ですが、「有料の講習会に参加することで取得する方法」もあります。

どちらも
「弘文社」の 工藤・・・・と言う人が出している本(テキスト、問題集)で
クリアー可能ですよ。AMAZONでしらべてみてください

勉強の理解レベルが個人で違うので どのくらいとはいえません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは、電気工事士の取得を目指します。
それから、消防設備士の方に挑戦してみます。
消防設備点検資格者ですか。調べてみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2010/11/07 20:46

乙種第四類消防設備士と乙種1~6危 険物取扱者免状を持っています。


取扱主任者の名称は旧名称ですね。

私は電気工事士の資格も持っており、試験科目がかなり免除されていました。
ただ化学に関しての知識には疎かったため、危険物を受験の際は消防署の講習を受けました。
内容としては中学校の化学の授業レベルに法律がくっついた感覚ですね。
思ったほど厄介なものではありませんでした。

勉強も試験の三日ほど前に問題集を買って、問題集の最初から最後まで3回ほどやった程度です。実際の試験の問題とほぼ同じなので、各品目の指定数量と法律部分をしっかり把握していればそれほど難しく有りません。

消防設備士も試験自体が4割以上免除されていたので、
それほど苦労も無かった様に思います。
法律の方に力を入れて勉強したように思います。(20年前なのでうろ覚えです。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。
とても参考になりました。
頑張ってみます!

お礼日時:2010/11/07 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2級ボイラー技士の難易度はどの程度ですか?危険物乙種4類より難しいですか?

タイトルの通りなんですが、
2級ボイラー技士の難易度ってどのくらいのものなのでしょうか?
内容が違うので比較は難しいと思いますが、
危険物乙種4類と比べてどちらが難しいですか?
毎日何時間何日勉強すれば合格できそうでしょうか?
ちなみにボイラーや機械の知識は全くありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は、お薦め出来ると思います。

受験のアドバイスとしては、書き込み等は鉛筆を用い、消しゴムで消せないような物は使わない事です。
覚えてから消そうとしても消せません。

参考書をざっと流して一度読み、問題集を解きます。
分からないところを徹底的に調べます。
これの繰り返しです。
何度も解いていると出る箇所がわかってきます。
とにかく、問題集がボロボロになるまで解く事です。
毎日2時間の勉強で、1~2ヶ月もあれば合格できるレベルになるでしょう。
2級ボイラーは実務経験が無ければ、講習を受けなければなりませんが、分かってますよね_?

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は...続きを読む

Q危険物取扱者と消防設備士について

こんにちわ!!

僕は大学に行くつもり
なのですがその間に
資格も取りたいと
思っています

そこで質問なのですが
危険物取扱者の資格と
消防設備士の資格を
受験するにはなにか条件が
あるのでしょうか??

また1種2種など種類が
あるのはわかりましたが
それがどんな内容なのかが
あまりわかりませんでした..
よければそれについても
詳しく教えてください

面倒だと思いますが
お願いします

Aベストアンサー

在学中に全て抑えておいた方がいいかもしれません。働き始めてからの資格取得は、困難を極めます。危険物ですが、アルバイトをされる際に、例えばガソリンスタンドであれば、ほぼ間違えなくアルバイトにありつけます。くれぐれも丙種ではなく、乙種第4類にチャレンジしてください。

ところで危険物ですが、間違えを訂正します。その後、5類、6類、3類が正解でした。私は4類のみ免状を取得しており、5類、6類は3類の試験に合格した後、免状の取得申請を考えています。社内のセミナー講師を任されたときに、せめて甲種だけは抑えておきたいからです。学生(予定)の貴殿であれば、1年も経てば甲種の受験資格を取得できるハズです。

指定学科(工業高校等)の単位を取得していれば、甲種の受験も可能となる場合があったりするので、ネットで確認してみることです。

わたしの場合、消防設備士は、配線とセキュリティ絡みの業務を遂行していく上で、第二種電気工事士を取得、消防設備甲種第4類、乙種第7類を取得したのですが、この資格取得を通じて学んだことで、何かと応用の幅が広がったものです。関連職種に就くことを検討していないのであれば、乙種第6類で様子を見てからで充分かもしれません。これをクリアできないようであれば、他の類を突破することはかなり難しいかと思われます。

わたしは専門家ではありませんが、原因不明の火事の大半は電気絡みと勝手に睨んでいます。

ちなみに、消防設備士の試験は、出題範囲の幅が広い上に、鑑別、実技に関しては出題傾向がなかなか掴めません。わたしは乙種第4類で一度つまづきました。第二種電気工事士に合格した後、晴れて甲種第4類を取得した次第です。

特に消防設備士ともなれば、学生の貴殿には金銭的に続くかが問題(特に書籍代)ですね。ネットの情報は極めて少ないですから。ただし、危険物に関しては、お若い貴殿であれば、またネットに接続できる環境にあれば、あとは受験料、写真代、申請費用、切手代、交通費だけで願いが叶うハズです。

資格は持っていて損はありません。己は現場に手を染めず、無資格者を使いこなして下さい。仕事が長続きせず、転職を繰り返すことがあったとしても、多いにアピール材料となります…(経験者談)

在学中に全て抑えておいた方がいいかもしれません。働き始めてからの資格取得は、困難を極めます。危険物ですが、アルバイトをされる際に、例えばガソリンスタンドであれば、ほぼ間違えなくアルバイトにありつけます。くれぐれも丙種ではなく、乙種第4類にチャレンジしてください。

ところで危険物ですが、間違えを訂正します。その後、5類、6類、3類が正解でした。私は4類のみ免状を取得しており、5類、6類は3類の試験に合格した後、免状の取得申請を考えています。社内のセミナー講師を任されたときに...続きを読む

Q消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験

消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験ですか、
また、資格をいかすとしたら、どちらが役に立つ資格になりますか

Aベストアンサー

> 消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験ですか、
私は危険物乙種の全類しか持っていないのでイメージで答えますが、本屋で立ち読みして見ると、消防設備士のテキストの方が難しく感じました。

> また、資格をいかすとしたら、どちらが役に立つ資格になりますか
どちらが役に立つのかは、私には判りません。
私の認識では消防設備士の資格は、消火または避難の為の機材に対するものなので、それらの製造・販売・メンテナンスに係わる業種で働くか、一般企業の中で便利な資格者として存在する形しか思い浮かびません。
危険物は、乙種で考えると1類~6類ありますから、取得した類に応じた業種に勤めていれば役に立つと考えます。危険物は必ずしもガソリンスタンド等でしか使えない資格では御座いません。


尚、危険物受験用講習会についてですが・・・
私の勤め先では社員に対して期限を決めずに危険物乙4取得を要求しており、毎年1名は必ず受験用講習会を自己選択で受講しております。講習会を受講した者が持っているテキストを見たり、講義スタイルを聞くと、昔とは異なり、出席しても合格の可能性を上げる事は無いようです。

> 消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験ですか、
私は危険物乙種の全類しか持っていないのでイメージで答えますが、本屋で立ち読みして見ると、消防設備士のテキストの方が難しく感じました。

> また、資格をいかすとしたら、どちらが役に立つ資格になりますか
どちらが役に立つのかは、私には判りません。
私の認識では消防設備士の資格は、消火または避難の為の機材に対するものなので、それらの製造・販売・メンテナンスに係わる業種で働くか、一般企業の中で便利な資格者として存在する形しか...続きを読む

Q消防設備士甲種全てと乙6、7を取るのに効率の一番良い勉強と試験方法

ビル管理に勤め始めたのですが、消防設備士は誰も持っていないので取得するように上司に言われたのですが、短期間(1年位)で取るのに効率の良い試験の受け方や免除をとるのに良い方法を知っている方、いらっしゃいましたら教えてください。
電工2種は持っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー


レスありがとうございます

取り方ですが、
乙6を取得して、(必須)
乙7の免除は
電気工事士の免除を使い
1・実技の免除
2・基礎的知識の電気に関する部分を免除
3・構造・機能・・の電気に関する部分を免除
乙6(が受かったとして)
4・法令の共通部分の免除
が出来ます これで、乙7類は たった10問です(しかも、実技なし)

甲種ですが、初めて甲種を受けるとして
電気工事士で免除が出来るのは、
「電気に関する基礎的知識」
「構造、機能の・・電気に関する部分」
「実技の電気に関する部分」の3つです。
そうして、1つでも取得できれば、法令の共通が免除
さらに甲1・2・3の内、1つをGETしたならば
他の1,2,3類の受験に
「基礎的知識」が免除になります。

ちなみに、電気工事士を持って甲1の受験とすると
基礎的知識ーーーー全10問の内、電気の部分4問が免除
構造・機械ーーーー全20問の内、電気の部分6問が免除
全出題 45問の内、合計10問免除
これに、実技が7問
すべて、60%以上で合格です(実技は、減点方式です)

それで、甲4を先にとれば(電気工事士の問題1部免除も使えるので)
法令の共通部分が免除できます。

さらに詳しくは、参考書の立ち読みでも・・


レスありがとうございます

取り方ですが、
乙6を取得して、(必須)
乙7の免除は
電気工事士の免除を使い
1・実技の免除
2・基礎的知識の電気に関する部分を免除
3・構造・機能・・の電気に関する部分を免除
乙6(が受かったとして)
4・法令の共通部分の免除
が出来ます これで、乙7類は たった10問です(しかも、実技なし)

甲種ですが、初めて甲種を受けるとして
電気工事士で免除が出来るのは、
「電気に関する基礎的知識」
「構造、機能の・・電気に関する部分」
「実技の...続きを読む

Q 消防設備士乙-6を取るよう勤務先で進められます。自分としてもチャレン

 消防設備士乙-6を取るよう勤務先で進められます。自分としてもチャレンジしようと思います。どこでどのような教本を買えばよいでしょうか?。若くない(61歳)ので今頃から準備したいと思います。58歳で危険物取扱者を取りました。それに比べて難易度はどうでしょうか?。

Aベストアンサー

乙6消防設備士です。

乙6は消防設備士の中では最も基本となる区分で参考書の数も多いです。大型の本屋さんで読みながら探されると良いと思います。(たいてい資格書か建築関係・消防関係の所に置いています)オーム社と弘文社の本は評判が良く、使用している人は結構多いです。後で出てきますが、写真や図の多いものをお薦めします。

消防設備士は筆記試験と実技試験です。筆記は4択のマークシート、実技と言っても内容は記述式の筆記で、写真を見て名前や役割などを答えさせたり、整備方法を答えたりといった内容です。
危険物よりかは少々難易度は上がります。乙6の場合は機械の問題が出てきますのでその対応が必要なこと、法令の問題は危険物より込み入っていることなどが難易度を押し上げています。消火器そのもののことや整備方法などはしっかりやればそれほど難しくないと思います。実技対策は乙6の場合は、筆記の延長で十分対応できます。合格率は乙6で40%程度と言われていますが、もともと取得意識のある人が多く受けるので、危険物よりは合格率は上がっています。
一方で試験の合格点が、筆記で各分野40%以上の全体で60%以上、実技が減点式採点で満点の60%以上なので、ハードルは下がります。

そして注意事項を1つ。
法令の勉強をしたら出て来る内容ですが、消防設備士の免許を取ったら一定期間毎に講習の受講が必要です。これは危険物と違って、実務に就いていなくても必ず受けないといけない講習です。講習は丸1日ですし、費用も7000円と高めです。会社が講習費用と時間を負担してくれる分にはいいのですが、実務を引退した後も受講が必要だということを頭に入れておいて下さい。

乙6消防設備士です。

乙6は消防設備士の中では最も基本となる区分で参考書の数も多いです。大型の本屋さんで読みながら探されると良いと思います。(たいてい資格書か建築関係・消防関係の所に置いています)オーム社と弘文社の本は評判が良く、使用している人は結構多いです。後で出てきますが、写真や図の多いものをお薦めします。

消防設備士は筆記試験と実技試験です。筆記は4択のマークシート、実技と言っても内容は記述式の筆記で、写真を見て名前や役割などを答えさせたり、整備方法を答えたりといっ...続きを読む

Q危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくら

危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくらいですか。

Aベストアンサー

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動機がほとんどでした。彼らがまず受けるのが第4類です。合格率は低いです。1桁台だろうと思います。

#2にあるように乙全体での合格率が38%、乙4類で32%、その他の類で50%です。この数字から乙4類の受験者の数は他の類(1、2、3、5、6)全体の受験者の数の2倍であるということがわかります。第4類は液体状の可燃物(油、その他)ですから火災に一番イメージがつながりやすいです。とにかく受けてみようという人は皆第4類を受けています。他の類はその物質が関係するような環境にある人が主に受けます。第4類でも仕事で必要という人の場合、他の類と似た合格率だろうと思います。(第4類を持っていて他の類を受ける場合は試験が一部免除になります。合格率が高くなる理由の1つかも知れません。)

仕事に必要であるという方は気持ちの持ち方が違うだろうと思います。何度も行くわけには行きませんから受けるからには通るつもりで行くということになります。テキストを手に入れて勉強して、ある程度勉強が進んで、これならいけそうだと思ってから受験申し込みをやるでしょう。でも、まず申し込んで、試験まで後何日となってからテキストを読み始める高校生が結構います。通るわけがありません。

一般的な化学系の資格ではありません。消防庁の資格です。火災の原因になるかもしれないという物質についてのものです。普通の辞典には載っていない特殊な物質でも、どこかの事業所でその物質が原因の事故が起これば危険物の指定に入ってくるという場合もあります。そういう物質は解説本ごとに構造が異なるというようなことも起こってしまいます。名前しかわからないので構造は推定になってしまうのです。
中学レベルだと思われる内容に特殊な内容が混ざっていると思うような項目もあります。
そういうレベルの違いには一切無頓着に、ただ覚えて済まそうとしている人もかなりいます。そういう人は試験が済んでしまうとややこしいことと一緒に簡単なことも忘れてしまいます。

私はガソリンも灯油もアルコールも生徒の目の前で燃やして見せています。どうやったら消えるかもやっています。火のついたテンプラ油に水をかけるとどうなるかというのも見せています。
危険物の資格を持っている人でもガソリンを燃やして、消したという経験のある方はあまり多くはないだろうと思っています。
でも就職やバイトで有利になるかもしれないというのは「何らかの責任を問われることもある」ということです。資格は取ったら終わりというものではありません。

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動...続きを読む

Qビル管理(将来責任者狙い)で必要な資格は?

脱サラから、今年初めてビル管理の業界に入った30代です。
危険物乙4・2種電気工事・2級ボイラーを持っております。
一応今後の予定は
甲4消防設備・初級シスアド・電3種で
2年後に受験資格のある 「ビル管理」を受験予定です。
それ以外で 「これは資格取っておいたほうが良い」と思われるのもをお知らせ願います。

なお、大学は卒業しておりませんので、受験資格が無い可能性があるのは多いと思いますがw

Aベストアンサー

ビル管理の試験と内容が重複するのは

管工事施工管理士----名前が管になっていますが内容は空調・給排水衛生です
給水装置工事主任技術者

ビル管理関連で他の人か書いてない資格だと
エネルキー管理士(熱・電気) 法令の改正により工場だけたったのが
オフィスビルなどにも適用されるようになりました。
http://www.eccj.or.jp/index.html
エネルギー管理士(熱)は1級ボイラー技士以上取得後が楽
エネルギー管理士(電気)は電3種以上取得後が楽

電3種は工業高校の電気科以上出てないと結構、難しいと思います

第1種電気工事士の免許を取得できれば2級電気工事施工管理技士
の資格範囲をカバーできますので、そく1級受験可能です

2級ボイラー免許を受けて入れは1級ボイラーの受験資格はあります


1日の講習で得られる資格---酸欠・硫化水素危険作業主任者や
アスベスト作業に必要な特定化学物質等作業主任者など
技 能 講 習
http://www.toukiren.or.jp/kousyukai.htm

ただ低レベルの資格を沢山とってもあまり意味がありません
上位資格を経験を積みながら1つないし2程度取得するのが
ベストかと

ビル管理の試験と内容が重複するのは

管工事施工管理士----名前が管になっていますが内容は空調・給排水衛生です
給水装置工事主任技術者

ビル管理関連で他の人か書いてない資格だと
エネルキー管理士(熱・電気) 法令の改正により工場だけたったのが
オフィスビルなどにも適用されるようになりました。
http://www.eccj.or.jp/index.html
エネルギー管理士(熱)は1級ボイラー技士以上取得後が楽
エネルギー管理士(電気)は電3種以上取得後が楽

電3種は工業高校の電気科以上出てないと結構、難し...続きを読む

Q消防設備士「乙種」の試験について(素人です)

 この試験を受けた事は今までありません。

乙(1~7)まであり、1年に1種類しか受けれないようです。
で2年のストレートでこのうちの二つを取得したいのですが、使用頻度は「4」と「6」が高いそうですが、http://www.shoubo-shiken.or.jp/org/result.htmlで見ると合格率がどれもそれほど高くありませんが「1~7」まで難易度はそれ程変わらないでしょうか?

 何番から受けるのがベストでしょうか?
後2ヶ月もないですが、一から初めて合格するものでしょうか?

 この試験用の参考書などは何処で販売してるのでしょうか?

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1年に1種類しか受けれないようです。

最初、意味がわかりませんでしたが、地域によって違うんですね。
私は東京なので、毎月、数種類実施されているので一年で何度も
受けるチャンスがあったものでしたから。

1~7種のうちのどれか2つを取得したいとの事ですが、仕事で
必要ということではなく、ご自身のスキルアップと言うことなんでしょうか。
それはともかく、
私は受けたことがないですが、#1さんと同じく、6類は取得
しやすいようです。消火器・簡易消火用具だけなので。
電気が得意ですと乙7も簡単です。
乙7ですと乙4を一緒に勉強したほうがいいと思います。
どちらも電気系なので。
ただ、乙4は製図と鑑別を勉強すれば、甲4が取れてしまうので
乙4だけを目指したいとは思いません。

参考書は、大きな書店でしたら売ってますし、
なければ取り寄せられると思います。
オーム社、電気書院、弘文社などで出版されています。
Amazonでも買えます。
●http://www.amazon.co.jp/5%E9%A1%9E%E6%B6%88%E9%98%B2%E8%A8%AD%E5%82%99%E5%A3%AB%E5%8E%B3%E9%81%B8%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%A4%BE/dp/4274200361

ご存知かもしれませんが、「消防設備点検資格者」と言う資格があり、
点検だけしか出来ませんが、全種類できるものもあります。
こちらは講習で取得できます。
●http://www.fesc.or.jp/jukou/setsubi/kousyu/tebiki0.html

>1年に1種類しか受けれないようです。

最初、意味がわかりませんでしたが、地域によって違うんですね。
私は東京なので、毎月、数種類実施されているので一年で何度も
受けるチャンスがあったものでしたから。

1~7種のうちのどれか2つを取得したいとの事ですが、仕事で
必要ということではなく、ご自身のスキルアップと言うことなんでしょうか。
それはともかく、
私は受けたことがないですが、#1さんと同じく、6類は取得
しやすいようです。消火器・簡易消火用具だけなので。
電気が得意...続きを読む

Q消防設備士の需要ってどうなんですか?

将来性はありますか?また独立可能な資格なんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には必要に迫られて取る資格だと思います。ビルメンテナンスや一般企業の
管財や総務、防災関連の部署などで点検を自前でしたり責任者となるためには不可
欠なことも多い資格であり、一定の需要はあるでしょう。また、甲種は工事もでき
るので、建築関連でも必要な場合があると思います。(特に電気関連の甲4、乙7)
独立できるか?というのは、目的や取得後の事業形態にもよると思いますが、この
資格だけで独立はちょっと難しい(上記のように、主事業の付随業務的な面がある
ので)のでは・・・(防災のコンサルタント等におなりになるなら分かりませんが)

Q危険物取扱乙4、企業から見たらしょぼい?!

今現在、トルエンなどを取り扱う職場で派遣社員として働いています。
既婚・子無しの主婦で、今年中には子供をと思っているのですが、その後(出産後)もまたこういった化学系の職場に復帰したいと考えていまして(今の仕事がすごく楽しい!!!)、危険物取扱の資格取得を考えています。
乙4は高校生でも取れるような比較的とり易い資格のようですね。ということは、逆に言えば乙4くらいでは資格のうちに入らないのかなぁ、とも思うのですが、どうなのでしょうか。
せめて化学系で働くなら○○○はとったほうがいいよ、というものももしあれば教えてください。

ちなみに、高校は私立の女子高で、短大も生活学科という、まったく化学とは縁がない人生でしたので、基礎は全くといっていいほどありません。
(でも勉強はしたくてたまらないので、努力は惜しみません。)
あと、いくら勉強したいといっても、学校入り直すほどの余裕はありませんのであしからず(苦笑)

Aベストアンサー

トルエンは消防法の危険物4類と毒劇物取締法
によって規制されているので

危険物の
http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

他に毒物劇物取扱責任者
http://www.umekkii.jp/data/career/poison/intro/

もお勧めします

次にステップアップして公害防止管理者(水質又は大気)4種を受けるのが一般的です

http://www.jemai.or.jp/japanese/qualification/polconman/index.cfm

毒物は工業高校の化学系は試験免除
公害防止管理者 2・4種は工業高校の化学系卒程度
の難易度です


人気Q&Aランキング