これからの季節に親子でハイキング! >>

理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

気に入った物件を見つけたのですが、30坪と大きくて悩んでいます。
将来的には、従業員を使って営業したいと思っていますが、最初は夫婦2人でと考えています。

・椅子4~5台
・キッズスペースや個室も作りたい
・妻も働くので子供を置いておける様にバックヤードを広く取りたい

と思っていますが、ランニングコストなどを考えると・・・
また、自己資金は300万程度しかないので、内装費も・・・

立地はかなり気に入っているので、ここにしたいのですが

(1)内装費を抑えて、まずは夫婦2人で頑張ってみる
(2)ここは諦めて違う所を探す
(3)椅子7~8台の大型店にする(自分は椅子11台の店の店長です)

この程度しか考えつきませんが、どれがいいのでしょうか?
また他に良い案はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昔から「大は小を兼ねる」と言う言葉があります。


賃貸費用や立地条件が良ければ迷う必要が無いのではないですか?
安物のスクリーンや陳列棚などの仕切り配置の仕方で待合コーナー、理髪コーナー、休憩コーナー、事務コーナー、着替えロッカーコーナー等計画できますよ。
最初に椅子を4~5台で始め、経営が軌道に乗り資金に余力が付いてきたら椅子を増設する時も、店を移転する事も無く易々と増やす事も可能です。


また、開業に先立ち、地元の商工会議所では、新規事業者の為の設備資金や運転資金の金利の安い融資制度の相談から経営相談、会計相談等してくれます。
商工会への入会は、店を開店した後からでも出来ますからね。

商工会の年会費は、たかが知れています。
年会費は、お住まいの地域によって違いますが(年間5,000円~20,000円)程度です。

貴方の将来の店の規模等を良く考えて決めて下さい。

ご参考まで
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

将来的には6~7台と大きくしたいので・・・
river1さんの言う通り工夫次第ですね。

迷わずに頑張ってみます。

お礼日時:2010/11/08 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貯金0円で理容室開業したいのですが・・・

今月いっぱいで仕事を(経営不振の為)解雇されるのですが、退職金等はなにも貰えずに辞めなければならなくなりました。そこで自分で独立を考えたのですが開業にあたっての資金がまったくありません、無担保で利率の低い融資機関はないのでしょうか?今の仕事場は東京ですが埼玉や神奈川も考えています。なお、現在理容組合には加入していません

Aベストアンサー

独立するという割には無計画ですね。
5月末日に今のところクビになるから独立しようというのでは
まず失敗するでしょう。
理容室開業するには、相当な設備投資資金が必要になります。
全額、貸してくれるところは公的金融機関でもありません。
その前に書類の中に、事業計画書というのがあります。
今のあなたではまずかけないでしょう。
これを作成して、その上一定の自己資金があって初めて審査
対象となります。後、保証人は必ず必要です。

理容室を開業するには設備投資資金、運転資金あわせて3000万円
以上必要でしょう。
大半は業務用機器購入費用と不動産賃貸料などの店舗運営費用です。
後、人件費と広告宣伝費も結構かかります。
まずは、他の店で働いて預金を増やすのが先です。
事業とはそんなに御手軽にできるものではありません。

Q1000円カットの理容室の開業費用

1000円カットの理容室の開業費用
10坪前後で、イス3台で髪洗いなしの典型的な1000円カット
の場合、ローコストで抑える場合いくら位で開業可能でしょうか。中古機材可 居抜き可 物件取得費は除く 100円以下は可能でしょうか。(そういった、理容室開業の支援サイトなどあればURLを)

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。
  http://j-net21.smrj.go.jp/establish/startup/service15.html

では。

Q理容室の内装工事について

今度修行を終えて実家の方に帰郷して理容店の出店を考えておりまして、内装工事等について幾つか質問があります。


自分は新規0から1人で始めるため、オシャレな凝った作りではなく、ローコストで尚且つシンプルで入りやすいイメージのお店にしたいのです。

そのため、テナントにあまり手を加えず参考になりそうなお店のデザインをもとに必要最低限自分達でやれることはやるつもりです。
実家が建具関係の仕事をしていて、家具や造作物はある程度用意することが出来、壁や床のシート位も貼れます。
電気周りは必要であれば工事を考えています。

問題はシャンプー周りの取り付けや給水管、排水の工事等です。業者に頼むとしたらだいたいどれ位かかるのでしょうか?

そういった工事をする際、やはりシャンプーや椅子の配置など正確に測るための設計図など起こさないといけないのでしょうか?
また設計図を起こすのにいくら位かかるものなのでしょうか?

自分は設計図を起こすということはサロンのデザインを工務店やデサイン事務所にお願いして設計してもらうという意味だと理解しているのですが、その考えで良いのでしょうか?

凝ったデザインでなく、シンプルなデザインで良いので安く設計してくれる所を探しているのですが、相場ではデザイン料は10坪位のテナントの場合工事費の7~10%、25~50万位だと書いてありました。
しかし自分の場合自分でやれる所はするつもりで工事を工務店に一括で頼む訳ではないので少し割高になるようなのですが、デザイン料を安く仕上げる方法は何かありませんでしょうか?

質問ばかりですがよろしくお願いします。

今度修行を終えて実家の方に帰郷して理容店の出店を考えておりまして、内装工事等について幾つか質問があります。


自分は新規0から1人で始めるため、オシャレな凝った作りではなく、ローコストで尚且つシンプルで入りやすいイメージのお店にしたいのです。

そのため、テナントにあまり手を加えず参考になりそうなお店のデザインをもとに必要最低限自分達でやれることはやるつもりです。
実家が建具関係の仕事をしていて、家具や造作物はある程度用意することが出来、壁や床のシート位も貼れます。
電...続きを読む

Aベストアンサー

安く上げるために分離発注をお考えのようですね。

>問題はシャンプー周りの取り付けや給水管、排水の工事等です。業者に頼むとしたらだいたいどれ位かかるのでしょうか?

ご実家が建具屋さんであれば、仕事上の繋がりのある水道屋さんを聞いてみたらどうですか?飛び込みで設備屋さんに電話をかけても取引してくれないと思います。
設計図は本来必要ですが、無理であれば水道屋さんに何を決めなければいけないか相談してみたらいいと思います。設備屋さんにもよりますが、図面を書いてくれるところもあります。
金額については設備関係をどこまで頼むかわからないので判断できません。

シャンプー台や椅子の配置は設計図なしでも現地で打ち合わせしたり、自分で据え付けるなりすれば設計図無しでも可能だとおもいます。ですが設計図はいろいろな要素をまとめる役割も果たします。鏡の位置、椅子の位置、シャンプー台との関係など、要素を把握するためにはあったほうがいいですが、そういった配置や距離にご自分で自信があれば、もしくはおおらかにざっくり多少不便があってもOKという感じなら、設計図無しで良いと思います。

例えば設計事務所に設計の依頼をすると、工事金額の10%ぐらいが設計料の目安です。面積で設計料を計算する場合もあります。依頼すれば図面を起こしてあなたとイメージを共有しながら進めてくれると思います。分離発注してくれるところもあると思いますが、設計事務所の手間が増える為、敬遠されがちです。また工事金額が低すぎると500万円以下の場合は一律100万円等決められている場合もあります。

資金面で節約したいお気持ちはよくわかりますが、専門家がやる部分を自分でやるわけですから、それなりの手間はかかると思います。セルフビルドすればその苦労の裏返しで一段と店に愛着も湧くでしょうし、頑張って下さい。

安く上げるために分離発注をお考えのようですね。

>問題はシャンプー周りの取り付けや給水管、排水の工事等です。業者に頼むとしたらだいたいどれ位かかるのでしょうか?

ご実家が建具屋さんであれば、仕事上の繋がりのある水道屋さんを聞いてみたらどうですか?飛び込みで設備屋さんに電話をかけても取引してくれないと思います。
設計図は本来必要ですが、無理であれば水道屋さんに何を決めなければいけないか相談してみたらいいと思います。設備屋さんにもよりますが、図面を書いてくれるところもあり...続きを読む

Q今から、散髪屋(理髪店、床屋)を始めるにあたって。。。

主人が実家のあとを継ぐつもりで実家でずっと働いていましたが、
独立開業するといきなり言い出しました。
(主人の給料を支払うのが両親には負担、
実家店舗は両親の老後の収入の為、自分が出るそうです)
私は専業主婦で何の資格もなく、
女性なので理髪店にいったこともありません。
色々アドバイスをしても(それは美容とは)違うようです。

美容室は、老若男女需要がありそうで
メニューも豊富で平日昼間も女性客も居るし
これから開業しても見込みもあり、、、って感じがするのですが、
いまさら床屋を始めても?って思うんですが。
かといって主人が美容室を開くことはできないので、
私としては他の業種か、少し大きな理髪店で雇われて欲しいのです。

外で働いた経験もなく(世間知らず)
急なことで、資金ももちろんためていませんので、借金です。

自分の店、という憧れはあったようですが、
長年【こんな店を持ちたい】と思いやっと実現、
という感じではないので何もかもあやふやです。

低料金の店にするのか、普通料金か、はたまた富裕層向きのサロンか!?
人件費がかかるので一人でやっていくつもりですが、
メニューはどの程度こなせるのか?

見ていて不安です。

今は賃貸店舗を近所で探している状態です。
(1)人通りが多く駅近、でも同業種(通常料金、低料金)がならびにある。(庶民的な地域)
(2)大通り沿いで車どおりは多いが人通り少なく、でも周りにも同業種もない。(ちょっと品のある地域)

で、今はとりあえず場所選びで迷っているようです。
(場所によって料金設定なども違ってきますよね)

需要としては、どちらがあると思われますか?
色々検索すると(庶民の私もそうですが)『安さ』なんですが、
一人でやるには、大変かなと。(薄利多売は人員が要りますもんね)

アドバイス、よろしくお願いいたします。

主人が実家のあとを継ぐつもりで実家でずっと働いていましたが、
独立開業するといきなり言い出しました。
(主人の給料を支払うのが両親には負担、
実家店舗は両親の老後の収入の為、自分が出るそうです)
私は専業主婦で何の資格もなく、
女性なので理髪店にいったこともありません。
色々アドバイスをしても(それは美容とは)違うようです。

美容室は、老若男女需要がありそうで
メニューも豊富で平日昼間も女性客も居るし
これから開業しても見込みもあり、、、って感じがするのですが、
いまさ...続きを読む

Aベストアンサー

どんな店が流行るかは、地域性、出店場所、客層、可処分所得などがありますので、個別に考えないと難しいです。個人的には店で待っているより病院や老人ホームを巡回するような形式が将来性があるような気がしますが。
以下に政府の調査結果があります。本気でやるのでしたら参考になるのではと思います。
平成17年生活衛生関係営業経営実態調査
 理容業
  ○ 調査の概要
  ○ 結果の概要
  ○ 結果表一覧
  ○ 甲票結果表 (Excel:915KB)
  ○ 乙票結果表 (Excel:259KB)
  ○ 用語の解説
  ○ 経営改善の方策(PDF:1830KB)
理容業は高年齢の店主が小規模で追加の設備投資ナシでやっている店=店主が隠居したら閉店?が多いようです。新規開店は少ないです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei22/index.html

Qなぜ商店街にある床屋はつぶれないのか?

私の近所の商店街に昔からやっている床屋があります。
僕が幼い頃、商店街にはいろいろなお店がありました。
文房具屋、駄菓子屋、レコード屋、ほかべん屋etc・・・。
しかし、今は閑散としたものです。
だた、その床屋はつぶれません。
よくよく考えてみますと、商店街の床屋でけではなく、
私の家の近くで営業されている古い床屋は、よくやってるなー、と感心するほど昔のまま営業されてます。

床屋という業種に何か商売の秘密があるのでしょうか?
儲かっている(食えていけている)のでしょうか?

私の住んでいる小田舎の駅前でさえ美容室がいっぱいあり(美容院の数はコンビニより多いそうです)、
少年たちも美容室でカットするのが一般的になりつつある昨今なのに・・・・。

昔ながらの床屋はなぜつぶれないのでしょうか?
その理由はなにでしょうか?

Aベストアンサー

床屋は、その店の営業スタイルによって顧客層が違いますから、
仮に少年たちが行かなくなっても、それはほんの一部ですし、
大人で「美容室には絶対にいかない」顧客層がありますから、その顧客が
安定してきてくれることが商売が続いている要因のひとつだと思います。

また、文房具屋、駄菓子屋、レコード屋、ほかべん屋等のように
売り上げるためには絶対に仕入れをしなくてはいけない業種と違い
開業・改装時に大きなお金を必要とするだけで、売り上げのほとんどは
その技術に対価であり、他の商品などの仕入れは他業種に比べると、
普段はぐ~んと少ないことと、古いお店ほど既に道具等の減価償却が終わっていたしますし
やはり腕(技術)でお金にする世界ですから、ある意味、商売人というより
職人の域に入る稼ぎ方をしているからでないでしょうか。
また、いわゆる地元の固定の常連さんが定期的に来てくれることや、
そういう床屋はたいていが家族経営である事などをかんがえれば
人件費がかなり抑えられるのではと思います。

最近のよくあるような店構えが一瞬ブティックかと思うような理容室や美容室は
人件費やお店の内装や設備に多くのお金をかけています。
その分、料金も高めだったりすることがありますし、もちろん商売ですから
顧客に提案をしてお金を使ってもらうように仕向けていることも多いです。
そういうところもリピーターさんも多いですが、お客さんが流動的に
あちこちに流れることも多く、いかに繋ぎとめるかに必死になっていますよね。
だから、お店としての技術のレベルがお客に受けるようなものでないと
お客さんが流れ、直ぐに経営が成り立たなくなります。

この辺が大きな違いだと思いますよ。

余談ですが、戦後の復興期に一番最初に商売として復活した業種の中に
「床屋」がありました。
何せ、その腕とハサミと櫛、そして椅子(最悪座るところ)があれば商売できるのですから、
確かにその自分が持っている腕(技術・センス)次第でお客さんがリピーターになったり
その客さんがまた別のお客さんを呼んでくれるのですから、これほど地道だけど、
いい商売はないと思いますね。

床屋は、その店の営業スタイルによって顧客層が違いますから、
仮に少年たちが行かなくなっても、それはほんの一部ですし、
大人で「美容室には絶対にいかない」顧客層がありますから、その顧客が
安定してきてくれることが商売が続いている要因のひとつだと思います。

また、文房具屋、駄菓子屋、レコード屋、ほかべん屋等のように
売り上げるためには絶対に仕入れをしなくてはいけない業種と違い
開業・改装時に大きなお金を必要とするだけで、売り上げのほとんどは
その技術に対価であり、他の商品な...続きを読む

Q店舗兼住宅は得?

通常小さな飲食店を始める場合テナント契約でも
スケルトンから始めれば最低1500万円くらいは
掛かってしまいますよね。
しかも商売を続けている限り当然家賃も発生するわけで・・・。
それなら最初から店舗兼住宅という選択も捨てがたいのですが・・・。
仮に将来、商売を辞めるにしても
リフォームして居住スペースに戻すことも可能ですよね?
もちろん一概には言えないでしょうが店舗兼住宅の場合、
最低限見積もっておいた方がよい費用はどれくらいなのでしょうか?
またメリット、デメリットはどの様なことでしょうか?

Aベストアンサー

>最初から店舗兼住宅

商売が安定し、継続できるなら、有効でしょう。しかし、飲食業は、当たり外れが激しいので、半年も営業しないで潰れることもあります。その補償として、夜逃げされても充当できる分の保証金、敷金が要求されることが多いのではないでしょうか。

小規模であれば、家賃月10万円、保証金は100から200万円、敷金を3ヶ月分なら、内装を最低限で100万円程度、それと、調理機材やエアコン、消耗品で、400から500万円程度の状態でスタートできると思います。

それが、店舗兼住宅だと、店舗用の内装を最初から用意することは汎用性が無くなるので、空間を作り出す、しかも間口を広くなどの仕切りが減る分、一階が軽量鉄骨になるなど建築費が余分にかかります。住宅部分が出来た後に内装ですので、貸し店舗の金額とそれほど変わらない内装費用がかかるのです。

また、電気、水道、ガスなども店舗部分と分離すると、その用意にかかる費用もかかるし、最終的に店舗部分を自宅の一部に改造するのにも結構費用がかかります。場合によっては、建て替えした方が維持費よりも安くなることもあるので、無駄が多いです。

住宅ローンも店舗部分には適用できないこともあり、事業用の短期、10年ローンなどを面積分、たとえば、半分は用意しますので、支払い終わるまでの負担は大変です。テナントなら毎月10万円なのが、店舗併用だと、店舗部分の支払い毎月20万円のローン、住居部分のホームローンが毎月8万円などになるのです。

10年程度で、自分のものであれば、メインテナンスの補修などをしますが、それも、200万円とか、400万円かかりますので、その分の積み立てもしていないと驚くことになります。忘れていけないのが、固定資産税です。住居部分よりも高く評価され、支払いをすることにもなります。

すでに資金を十分に持っているなら、その貯金で支払えば、トータルの支払いは最低限ですので、事業に失敗してもそのまま居抜きで売ることも出来るかもしれませんが、設計によっては更地に戻さないと売れないこともありますので、売るときの価値は店舗併用の方が価値が下がります。

>最低限見積もっておいた方がよい費用

最低限の住居専用の建物の倍の維持費と3倍程度の支払い能力を覚悟した方がいいでしょう。それと、2年間、収入が不足しても、支払い続けることができる担保です。自分の土地があれば、それを充当し、事業に失敗してもそれごと失う、それで終了します。

私は事業を開始して20年弱ですが、周囲の飲食店、ここ15年で9割程度が入れ替わりました。テナントが多いのですが、繁盛していたところも、狂牛病の影響で廃業したり、近所に大手のチェーン店が出店し、ほぼ同時に両方とも潰れたり、コンビニになったりするところ、駐車スペースがほとんどないので、違法駐車の取締りが厳しくなったらとたんに廃業したところなどです。

どこに引っ越したのかもわからない、すっかりと店も住人も変わったものばかりですので、生き残るのは20年も同じ看板で続けるのはいかに難しいかです。借金無し、それなりの見込みがあれば、生き残れるのでしょうが、寿司屋だって、回転寿司やコンビニ、スーパー、宅配に負けて老舗が閉店というのもありますので、銀行もなかなか店舗併用住宅は最初から貸し出ししないと思います。

いかに内装にお金をかけないか、最小限の投資ではじめ、売り上げが十分に伸びたら、無理しないでそれを維持すること、継続して顧客を獲得できる、それができれば、一等地でなくても店舗併用住宅が可能ですが、お客さんが来ないと終わり、競合店が隣にできても生き残れるか、そのときに、テナントなら引越しができても、併用住宅だと簡単には動けないのです。共倒れ状態、結構、よく見ますので、注意しましょう。

>最初から店舗兼住宅

商売が安定し、継続できるなら、有効でしょう。しかし、飲食業は、当たり外れが激しいので、半年も営業しないで潰れることもあります。その補償として、夜逃げされても充当できる分の保証金、敷金が要求されることが多いのではないでしょうか。

小規模であれば、家賃月10万円、保証金は100から200万円、敷金を3ヶ月分なら、内装を最低限で100万円程度、それと、調理機材やエアコン、消耗品で、400から500万円程度の状態でスタートできると思います。

それが、店舗...続きを読む

Q自営業の人は老後、国民年金だけで生活できているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で、≪貯金すればいい≫とか≪生命保険会社の個人年金に加入すればいい≫とか≪国民年金基金に加入すればいい≫とか見ました。

でもそれって限界がありますよね?

私は貯金は2千万円ぐらいあります。

生命保険会社の個人年金に26歳の時に月1万円加入しました。
60歳まで合計400万円ぐらい払い込んで、61歳から月10万円ぐらいが7年間で戻ってくる(合計800万円ぐらい)予定です。

国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
高いけど不安なので支払っています。
それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
86歳以上生きないと元がとれません・・・。

貯金も生命保険の個人年金も20年ぐらいすれば、なくなってしまう可能性が高いですよね?

100歳以上も生きた場合、国民年金だけではとても無理だと思います。

国民年金だけの人ってどうしているのですか?

生活保護に切り替えたりしているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の風を取り入れて団扇を使っている。
・暖房機器は「石油ストーブ1台+コタツ」と「電気毛布」
・パソコンは使った事が無い。
  ⇒歩かないと寝たきりになるから、1キロ先のスーパーまで日用品を買いに行く。「欲しいモノを買う」ではなく「有るモノで間に合わせる」タイプ。
  ⇒趣味は有るが、コンピューターを使用しない。
・電話は固定電話のみで、余程でなければ電話を掛けることは無い。
  ⇒地元で生まれ育ったので、ほとんどの友人・親戚は近くにいる
・冷蔵庫はあるが、電子レンジやオーブンは買ったことすらない。
・電気炊飯器はあるが、ガスコンロでご飯を炊くこともある。
・お風呂はあるが、シャワーは長らく無かった。
  ⇒使っていた風呂釜が壊れて、相談したガス屋さんが「今はガス給湯システムの方が安く買えますよ」と言ったので、両親が死ぬ1年ほど前にシャワーが付いた。
・晩酌(湯上りのビール類も含む)やタバコはやらない
  ⇒父は年金を貰う頃には体を壊していて、酒・たばこ禁止
  ⇒母は元から飲まない
・自動車やオートバイは廃車していた
  ⇒体力の問題等から利用する頻度が激減したので、維持費を支払いメリットが無い。
・電気の契約アンペアーは15A
・家は父の勤め先が届け出をせずに建てたバラック[築50年超]。
  ⇒母方の伯父がコネを利用して建築確認の届出をしてくれたが、完了の印は無い。
  ⇒相続するために専門家を通して色々な手続きをしたら、市役所が調査に来た。
  ⇒増築部分が見つかってしまい、固定資産税は年額6千円

> 国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
> 高いけど不安なので支払っています。
> それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
今、私(おひとり様。50歳代)は実家で生活していますが、サラリーマン生活を維持するための費用[スーツ、靴、鞄、同僚等との飲み代やプレゼント、歓送迎会の割り当て金]を除くと、『10万円程度』ですよ。
 食費6万円+光熱費と新聞購読料1万円+趣味用のお小遣い[書籍、日帰りのハイキング等]2万円+固定資産税や町会費などの年単位での出費+予備費


> 私は貯金は2千万円ぐらいあります
『(自分たちの望むレベルでの生活を)夫婦二人で20年間送るのに必要な費用は1億円』【ある団体が昔行ったアンケート調査の結果】というデータがあります。
勿論、住んでいる場所の生活環境や望む生活レベルによって金額はブレますし、単純に「おひとり様だったら40年間で1億円」とはなりません。
また、いつ死ぬのかは誰にもわかりません。

ですが、話を進めるために「95歳で死ぬから、65歳からの30年間で9000万円が必要」と仮定しましょう。
 1億円÷40年×30年×地域等格差割増1.2=9000万円

するとご質問者様の収入合計は、下の計算が正しければ6,580万円
 ・現在の貯蓄額:2,000万円
 ・生保の個人年金:総額800万円 
 ・国民年金[65歳から35年分]:2,730万円
  780,100円[平成27年度]×35年≒2730万円
 ・国民年金基金:1,050万円
   ◆加入している型が不明なのでA型を4口◆
   1口目:月額1万円×12×35年=420万円
   2口目以降:月額5千円×3口×12×35年=630万円
  http://www.npfa.or.jp/system/type_benefit.html

よって、2,420万円が不足いたします。

この不足額[ギャップ]をどのようにして埋めるか?
 ・財テクで預貯金を増やす
 ・生活レベルを落とす
 ・人生設計自体考え直す[結婚する。その頃は超高齢社会だから、働き続ける。]

偉そうに書いている私も老後の生活費は枯渇しそうなので、「『体が続く限り短時間労働で働く』で、どうにか生き続けることができるかな~」と考えていますが、ご質問者様どうなされますか?

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の...続きを読む

Q床屋の散髪(男性)料金を教えてください。

最近、ここ十数年、床屋さんでの散髪をしたことがありません。散髪(調髪)は近所の床屋さんのチエーン店で(調髪)をしています。一度普通の床屋さんでの散髪をしたいのですが価格がわかりません、3500-4000-とも聞いていますが。普通の男性の〔調髪)料金はいくらでしょうかお教え下さい。最近の床屋さんには表に料金表示している所がありません?何故でしょうか、私は現在床屋のチーエン店で高齢者割引で1470-で(洗髪)なしで済ませています。

Aベストアンサー

今や自由競争の時代なので意味をなさなくなりましたが、
かつて、生活衛生関係営業に関する法律があり、
過度の価格競争によって衛生面がおろそかにされるべきではない業種に対して
協定価格を定めた習慣が、今も生きています。
総合調髪3,800円を掲げる店舗は、この協定価格で営業しています。
商店街に昔からある床屋さんなどに多いと思います。

近年は、この協定にとらわれず、自由な価格設定の理容業が進出してきているため、
様々な価格が提示されています。
髪さえ切ってくれれば、ヒゲなんて自分で剃るから、その分安くしてほしい、
という人は、1,000円カットなどを選択しますし、
昔ながらの総合調髪と同等のサービスを受けたいが、3,800円はちょっと高いよね、
と思う人は、2,000円~3,000円程度の床屋を選ぶと思います。

私は、髪を切るだけでなく、洗髪はもちろん、襟足の毛剃りやヒゲ剃りもしてほしいので、
2,500円くらいの店を選ぶようにしています。
1,000~2,000円の店は、洗髪がオプションだったり、髪を切るのが流れ作業で丁寧でなかったりすることが多く、
2,000~3,000円の床屋さんは、3,800円にとらわれず同等のサービスをしてくれる、
と理解して間違いないと思います。

今や自由競争の時代なので意味をなさなくなりましたが、
かつて、生活衛生関係営業に関する法律があり、
過度の価格競争によって衛生面がおろそかにされるべきではない業種に対して
協定価格を定めた習慣が、今も生きています。
総合調髪3,800円を掲げる店舗は、この協定価格で営業しています。
商店街に昔からある床屋さんなどに多いと思います。

近年は、この協定にとらわれず、自由な価格設定の理容業が進出してきているため、
様々な価格が提示されています。
髪さえ切ってくれれば、ヒゲなんて自分で剃るか...続きを読む

Q店舗兼住宅で2000万

店舗兼住宅(土地別)を2000万以下で建てたいのですが、理想としては、建坪
35坪(延べ床70坪程度)2階建て一階の15坪程度を店(理容室)にしたいのです。
贅沢は言わないつもりです諸経費込みで2000万以下では無理でしょうか?

Aベストアンサー

私の知る限りでは難しいでしょう。
店舗15坪住宅35坪の2階建てでやっと希望が見えてくる感じだと思います。もちろん店の設備、地盤改良などは含みません。
52.3坪が限界じゃないかな。贅沢しない普通の家なら。
後はハ○ム等のモデルハウス売却くらいじゃないと可能性が考えられない・・・・、

Q散髪屋さん、なぜあんなに高いの?

私は入ったことはありませんが、街の個人の散髪屋さんは、4000円、5000円しています。
どうしてあんなに高いのですか?

私はいま、散髪から帰ってきました。チェーン組織の企業経営です。1800円で、個人に比べるとずっと安いです。それでもたったの15分で仕上がり。
少ない小遣いで月1800円は、ちょっとつらいですよ。

散髪屋さんの数が多すぎて、一人あたりの生活費を考えると、こんな割高な金額になってきたのではありませんか?

もうそろそろ淘汰されてもいいのではありませんか。

本当のところを、お教え下さい。

Aベストアンサー

散髪屋さんと呼ばれるところに限らず、美容院も5~6,000円するところもあります。以前は私もそういうところに通っていましたが、1,000円カットの店に慣れてしまうと、昔通っていた高いところには行く気になれません。

中には散髪そのものよりも、高級感を売りにして、優雅な空間や接客で7~8,000円以上のところも見られます。

私は美容院に癒しの空間を求めるのはあきらめました。

>散髪屋さんの数が多すぎて、一人あたりの生活費を考えると、こんな割高な金額になってきたのではありませんか?

そういう要因も大きいと思います。散髪屋さんだけに、散発でしか仕事が入らないのです。


人気Q&Aランキング