雷の発生頻度のグラフを見ると、関東甲信越を中心とする500km四方の範囲で2000年5月にたくさん雷が落ちているのですが、それはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問の意図を外していたら申しわけありませんが,「2000年5月に,雷を発生しやすくする何かが起こったとしたらそれは何か」という趣旨なら,一つ考えられるのは,上空の寒気に伴う渦です。


5月頃にしばしばあらわれる天気図のパターンとして,日本海上空に強い寒気が居座り,大気が不安定になって雷が広範囲で発生するというのがあります。
こういうパターンのときでも,地上天気図(新聞やテレビなどに出ているものです)でははっきりせず,せいぜい小さな低気圧が描かれるかどうかといった程度のものですが,上空の天気図を見ると,寒気をともなった大きな低気圧の渦(寒冷渦とか寒冷低気圧という)があるのがわかります。
これが日本付近に数日間居座り,いなくなったと思ったらまたやってきて…というパターンの年が,何年かにいっぺんあるようです。
当時の天気図を見てみたところ,月の前半がそのパターンのようです。さらに,5月12日頃には小笠原諸島付近を台風1号が通過しており,その周辺に沿って南から温暖で湿った空気が日本付近に流入して,積乱雲の発達を促した可能性も考えられます。

では,大気が不安定とは何か,またなぜ雷が増えるのか,をごく大まかに説明しましょう。
まず「大気が不安定」とは,上空に寒気が入ってきたり,地表付近が特に暑くなったりして,上空と地上との温度差が平均状態よりも大きく開くことだと思ってください。(気象学的な定義はもっときちんとしたものがあります。)
地上付近が暖められると,空気は軽くなって上昇します。上昇した先に冷たい空気(=密度が大きい「重い」空気)が待ち受けていると,下から上がってきた空気のほうが相対的に軽いので,もっと上昇しつづけます。
雲は大気が上昇しながら作られるので,高いところまで上昇しつづけると,雲が上のほうまで伸びていって,発達した積乱雲(入道雲)になり,雷が起こりやすい,というわけです。
5月頃は,ちょうど気候が春から初夏になってきて,昼の長さもかなり長いので,天気がいいと地上がかなり暖められる一方で,上空にはまだ北のほうから寒気の流入があるので,このパターンになりやすいのではないでしょうか。

なお,どのようなグラフなのか分かれば,質問の趣旨がもうすこし詳しくつかめるのですが,もしグラフがウェブ上で見られるのならURLなど教えていただければ幸いです。
「たくさん雷が落ちている」のが,何と比べてたくさんなのか,それ次第では,上の回答では的外れになってしまうかもしれませんので…。
(たとえば,「他の地方よりも関東甲信越で多いのはなぜか」「2000年5月が他の年の5月と比べて多いのはなぜか」などという考え方もあるかな,と思ったものですから。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。5月の大気の様子がよく分かりました

お礼日時:2001/04/19 21:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雷の原理について

水蒸気の摩擦で雲の上のほうが+下の方が-に帯電するところまでは分かるんですが、その後どうなるのか良く分かりません。

地面側がプラスに帯電するんですかね?そして、雲のマイナスと地面の+が引き合って放電するって事ですかね?でもそしてたら、のこった雲はプラスイオンばっかりになってしまいますよね?

Aベストアンサー

「すみません「放電」という現象が±をつかったモデルでうまく想像できないんですが、放電ってどういう現象なんでしょうか?」
放電とは電気が溜まっている状態が開放されたときに、電気が回りに流れ出ることです。電気は電圧の高いほうから低いほうへ流れます。(電子の流れは反対です。)例えば電気の溜まっているコンデンサを導体に接触させたときも放電します。必ずしも空中を稲光を伴ったものばかりが放電ではありませんが、本来の意味はこうした意味でしょう。空気は本来絶縁体ですが、高い電圧を掛けるとイオン化し絶縁崩壊します。このときに稲光が発生するのです。
放電してしまえば、電気が溜まっていたところは、電気がなくなってしまいます。本当は限りなく回りに近い電位になるのですが、0になると考えても結構です。
自然に任せておけば、世界はすべて電位が0になってしまいます。
そこにマイナスの電位(電子が溜まった状態)を近づけると、その部分はプラスの電位(電子が足りない状態)が発生します。それは電子同士は反発するから、電子の溜まったものを近づけると、反対側は電子が逃げる(プラスになる。)のです。電子が逃げた先が行き止まりなら行き止まったところは電子が溜まってマイナスになります。

「すみません「放電」という現象が±をつかったモデルでうまく想像できないんですが、放電ってどういう現象なんでしょうか?」
放電とは電気が溜まっている状態が開放されたときに、電気が回りに流れ出ることです。電気は電圧の高いほうから低いほうへ流れます。(電子の流れは反対です。)例えば電気の溜まっているコンデンサを導体に接触させたときも放電します。必ずしも空中を稲光を伴ったものばかりが放電ではありませんが、本来の意味はこうした意味でしょう。空気は本来絶縁体ですが、高い電圧を掛けるとイ...続きを読む

Q雷を利用して発電

避雷針などで雷の電気を集めて発電することは出来ますか?

Aベストアンサー

雷(落雷)の電圧は、数億~数10億ボルトの静電気です。
このような高い電圧を蓄電する技術はありません。
仮に、数億ボルトの耐圧を持つ巨大コンデンサーを造ったとしても瞬間的な雷の静電気エネルギーは意外と小さなものです。

例えば、1億ボルト/100アンペアの0.1秒放電の静電気エネルギーをkW/hに換算すると約278kW/hで電力料金の1kW/h単価を20円とすると約5,560円分の電気エネルギーにしかなりません。

しかも、雷の発生は天候次第ですから、年間に僅かな電気エネルギーを蓄える為に巨額な設備投資では元が取れません。
これなら、太陽光発電や風力発電の方がよほどあてになる発電方法です。

Q雷の原理で水が活性化?

今日、友人の紹介で浄水装置というか水道管の根元につける装置の説明を聞きに行ってきました。具体名は出せませんが、その装置は、家庭の水道管の根元につけるものです。

原理は以下のような感じです。
水が流れる力を利用して、水中に数10万ボルト級の静電気を薄膜状に放射する装置。水分子が静電子ゾーンを通過する時に強い衝撃とエネルギーを受け、動きが遅い大きな水集団が破壊され、活発に動くイオン活性水(分子が細かいらしい)が生まれ、水本来の姿に戻る…その結果洗浄力がアップして、洗剤が少しで済んだり、健康になったり(血流の関係)、漬けた食べ物が美味しくなったり(添加物を溶かしだす)するそうです。

もし本当だとしたら素晴らしい装置だと思うのですが、実際にそういうことが可能なのでしょうか。ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

えーと、繰り返しますが「全部読んでください」。熟読してください。
そうすれば類似事例がいくらでも出てきます。

この辺のページがそれに近いことについて解説してますね。
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/water/text01/sec0-2.html

その浄水装置の原理の説明で
>動きが遅い大きな水集団が破壊され、活発に動くイオン活性水
>(分子が細かいらしい)が生まれ、水本来の姿に戻る

とあるとすれば、上記URLの説明の浸透圧についての部分を読めば、嘘がわかる。

もっとわかりやすい説明では、類似装置……
以下なんか似てますね。単分子水とか。
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/cleanwater2/comment_cw2_05.html

どういう設置方法か知りませんが、エルセなんかも似てるかな。
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/cleanwater2/comment_cw2_06.html

Q雷発電について調べています。

中学生です。雷発電について調べています。ネットでいろいろなアイディアを見ましたがどれもできないということでした。そこで雲から電気を取り出せないかと考えました。落雷などはダメでも、雲にたまっている電気なら取り出せると思ったからです。
これは実現可能でしょうか。できないとしたらなぜできないか、教えてください。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雷、エネルギーとしては大きくても瞬間的であり、またいつどこで発生するか分からないのが大きな問題点です。
これは雷雲でも同じではないでしょうか? 雷雲は見た目は大きいのですが、どこで発生するか分からないという意味では局所的です。しかもどの部分の密度が高いか、変動してます。そこに対してどのようにして素早く電力として取り出すか、非常に難しいのではないでしょうか?
その意味では、私は雷以上に難しいのではないかと思っています。

Q関東地方在住の方への質問です。 何年か前から水道水が、塩素処理ではなくオゾン処理になり、味も質、濁り

関東地方在住の方への質問です。
何年か前から水道水が、塩素処理ではなくオゾン処理になり、味も質、濁りなども良くなったと聞きます。実際に東京水というペットボトルも販売してるみたいですが、実際の所どうですか?
地方在住からの質問です。水に詳しい方ヨロシク御願いします。

Aベストアンサー

高度浄水システム
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/kodojosui.html

>ペットボトルも販売してるみたいですが
どこで売られているのかわかりません。わざわざ買う人はいるのでしょうか。

1960年代の玉川取水口の水は家庭下水工業排水で真っ黒け悪臭が漂い健康に問題が起きると言われていました。玉川の水は飲んだことありませんでしたがひどいものだったでしょう。水質汚濁防止法の施行と下水道の普及で東京の水はここ十数年間はかなり良くなりました。
今まで飲んできた水道水の品質
熊本市、鈴鹿市(どちらも井戸水)>札幌、名古屋(35年ほど前日本ではじめて水道水を売り始めた)>東京>>福岡>>大阪(これは危険レベルのまずさ臭さだった。取水は淀川でどぶ水、京都南部、滋賀県、三重県伊賀の汚水が流れ込む。最近は改善されたと聞きます)
屋久島の水道水は別格です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報