痔になりやすい生活習慣とは?

総合課税となる収入・所得がない場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?

確定申告の際に、総合課税となる収入・所得がなく、分離課税になる収入・所得がある場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>分離課税になる収入・所得がある場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?


いいえ。
受けられます。
通常、分離課税は他の所得とは別に所得税を計算しますが、総合課税の所得から所得控除を引ききれていない場合は、分離課税の所得から引くことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

>総合課税の所得から所得控除を引ききれていない場合は、分離課税の所得から引くことができます。

ということですが、もし差し支えなければ、その根拠となる法令やホームページなどを示していただけますか。

お礼日時:2010/11/08 23:50

配当所得のみ総合課税申告できます。



http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …

所得控除は分離課税ではできません。

分離課税では譲渡損失の損益通算のみしかないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/08 14:35

総合課税であろうと分離課税であろうと、「所得税の確定申告」である限り、所得控除


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
も税額控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
も受けられます。
だからこそ、特定口座源泉ありの株取引でも、確定申告をすると節税になることがあるのです。

「贈与税の確定申告」や「相続税の確定申告」、「消費税の確定申告」などならだめですけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/08 11:08

うん、無理だと思います。



主さんのいう控除は所得税(&住民税)から控除しますよ、ってやつだから。
分離課税から控除るのは無理かなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/08 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無職無収入で株取引のみの収入がある場合の確定申告

無職無収入で株取引のみの収入がある場合、確定申告する必要はありますか?

特定口座で源泉徴収ありと、源泉徴収なしの場合でお答え願います。
(例:具体的に株収入○○万円以上なら確定申告する必要あり)

Aベストアンサー

>特定口座で源泉徴収ありと…

ウン千万円儲かろうと、申告の必要は全くありません。

>源泉徴収なしの場合…

「所得」が「所得控除の額の合計額」を上回り、そこから算出される所得税額が「税額控除」を上回った場合に、申告が必要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
上回らなければ、だまっていて良いです。

>具体的に株収入○○万円以上なら…

「所得控除の額の合計額」も「税額控除」も個々人によって違うので、具体的にいくらとは言えません。

株の譲渡による【所得】とは、
売却額から、購入額と購入および売却時における手数料等を引いた純利益のこと。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm

【所得控除】とは、
税金の計算にあたって、「所得」のうち課税しないこととされる部分。

申告する人すべてに無条件で与えられるのは「基礎控除」38万円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1199.htm

質問者さんに、基礎控除以外に少なくとも当てはまりそうなのは「社会保険料控除」。
国民健康保険と国民年金の実支払額。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

その他、該当するものがないかよく調べてから申告してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

【税額控除】とは、
算出された所得税額が引き算してもらえる部分。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
「配当控除」のそのうちの一つで、質問者さんにも該当するはずです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1250.htm

---------------------------------------------

小難しく書きましたが、利益が 38万円以上になったら確定申告の必要があるかないか検討しなければならない、と考えておけば大きな間違いではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>特定口座で源泉徴収ありと…

ウン千万円儲かろうと、申告の必要は全くありません。

>源泉徴収なしの場合…

「所得」が「所得控除の額の合計額」を上回り、そこから算出される所得税額が「税額控除」を上回った場合に、申告が必要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
上回らなければ、だまっていて良いです。

>具体的に株収入○○万円以上なら…

「所得控除の額の合計額」も「税額控除」も個々人によって違うので、具体的にいくらとは言えません。

株の譲渡による【...続きを読む

Q社会保険料控除

確定申告の書類をつくっています。

扶養がいる場合、その人の国民年金保険料などを負担した場合は
社会保険料控除にいれてもいいのでしょうか?
また、健康保険料もしかりです。
世帯主ではないにしても、健康保険料を負担したのが自分ならば
すべて社会保険料控除として申告できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>扶養がいる場合、その人の国民年金保険料などを負担した場合は
社会保険料控除にいれてもいいのでしょうか?

よいと思います。
私は子どもの分の国民年金保険料を私自身の銀行口座から振替にしておりますので、
私の社会保険料控除に入れています。
年金の領収証明書は本人あてのものしか発行されませんが、私が負担していることには
間違いないので、確定申告でも全く問題なくOKとなっています。
(特に私の場合は、子どもは主人の扶養親族になっていますが、生計を一にしている
ことには間違いないので、問題なくOKとなっています)


>世帯主ではないにしても、健康保険料を負担したのが自分ならば
すべて社会保険料控除として申告できるのでしょうか?

こちらもよいと思います。
我が家は私しか国民健康保険に加入していませんので、保険料は私自身の銀行口座から
振替にしています。
ところが、国民健康保険は【世帯主】あてにしか証明書が発行されません。
(通知書も世帯主あてですよね)
それでも確定申告では全く問題なくOKですよ。


人気Q&Aランキング