マンUに新加入のクリスティアーノ・ロナウド選手に関して教えてください。
・スポルティングリスボンにいたそうですが、ポルトガル人なのでしょうか?
・まだ10代との事ですが代表経験はあるのでしょうか?
・いきなり7番をもらったそうですが、ポルトガルリーグでの実績等を教えて頂けますか?

A 回答 (2件)

クリスティアーノ情報はよく知っています。



クリスティアーノはポルトガル代表なのでポルトガル人。出身はマデイラ諸島(モロッコの近く)のフンシャル市。

彼は1985年2月5日生まれなので、現在23歳。
今年の3月26日のチューリッヒ(中立地)で行われた対イタリア戦は3-1で負けたはしたものの、この試合で初めてキャプテンマークをしました。

スポルティングに加入したときは、ほとんど試合には出ていませんでしたが、次の年には大車輪のごとく、活躍しました。その年に完成したジョゼ・アルバラーデの柿落としに、マンチェスター・Uとの親善試合が決まり、試合に出場。2得点も決め、マンUの選手、関係者の度肝を抜いたんだそうです。
    • good
    • 0

クリスティアーノ・ロナウド



>スポルティングリスボンにいたそうですが、ポルトガル人なのでしょうか?
ポルトガル人です。

>まだ10代との事ですが代表経験はあるのでしょうか?
8/20に行われるカザフスタン代表との親善試合で初代表となります。
U-21の代表歴はあります。

>いきなり7番をもらったそうですが、ポルトガルリーグでの実績等を教えて頂けますか?

2002/2003は3得点です(控え&交代選手)
しかしスポルティングリスボンは将来の有望株として手放すのを惜しんだようですね。
でも移籍金約23億3000万円が入ってきましたね。

参考URL:http://www.fuoriclasse.com/news11/39p20.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリスティアーノ・ロナウドはなぜ多くの得点を入れられたのですか

クリスティアーノ・ロナウドはなぜ多くの得点を入れることができたのですか。

Aベストアンサー

ゴールへの意識が高くなったのが一つの理由かもしれません。

以前まではドリブラーとして、タッチライン際で輝く事の多いサイドプレーヤーでしたが、今季は自由に中央にも顔を出すし、フリーランニングからそのままシュートといった形が増えました。データで見ても、PA内でのシュートや、ワンタッチでのシュート、あるいはクロスを受ける回数といった所の数字は昨季に比べ大きく増加しているようです。

ちなみに1試合辺りの平均シュート数のデータでは、得点ランク上位のトーレスなどが2.8本くらいだったのに対し、ロナウドは4本以上撃っているんですね。シュート数合計でも30本近く多く撃っている。一番上に書いた「ゴールへの意識の変化」という事を端的にあらわしていますね。

あとは、PKとFKのキッカーを任せられていて、そのうえ決定率も高いというのもゴール量産の理由の一つでしょうね。

見逃せないのがルーニーやテベスなど、他のアタッカー陣の御膳立てですね。例えば左サイドからクロスボールが入ってくるとして、中央に居るルーニーやテベスが相手をニアなり中央付近なりに引き付けておいて、薄いファーサイドにヘディングの強いロナウドを走りこませるような形がよくありますが、これはロナウドの得点力を活かす為に意図的にやっているパターンだと思います。
攻撃以外でもルーニーやテベス、パクチソンといった選手達は守備をすごく頑張って、ロナウドが攻撃にパワーを発揮できるように助けていますね。

そういう意味では、今季のスーパーな活躍は彼一人の力だけでは無いので、最近の移籍騒動で簡単に「移籍したい」といった事を口にするのもどうかなと…。チャンスを逃したくない気持ちもわかりますが。

ゴールへの意識が高くなったのが一つの理由かもしれません。

以前まではドリブラーとして、タッチライン際で輝く事の多いサイドプレーヤーでしたが、今季は自由に中央にも顔を出すし、フリーランニングからそのままシュートといった形が増えました。データで見ても、PA内でのシュートや、ワンタッチでのシュート、あるいはクロスを受ける回数といった所の数字は昨季に比べ大きく増加しているようです。

ちなみに1試合辺りの平均シュート数のデータでは、得点ランク上位のトーレスなどが2.8本くらいだっ...続きを読む

Qクリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドは今もマンU所属ですよね。W杯でのルーニーともめたのはもう大丈夫なのでしょうか?イングランドサポーターは彼をどうみてるんでしょうか?

Aベストアンサー

本人はイングランドでは安全が保障できないと感じた上に、レアル・マドリッドが彼に関心を持っていたので開幕前に移籍したがっていましたが、ルーニーとは元々は歳が近いので仲良かったことと、ルーニーは鶏みたいな(過ぎたことはすぐに忘れるような・・・)性格なので、ロナウドがマンUに合流した後にすぐに和解したそうです。しかもルーニー自身が自分を退場に追いやったロナウドが見せたウィンクのパフォーマンスを相手(ロナウド)にしたことから、チームの雰囲気が一気に和んだという報道もありました。アウェーのサポーターのブーイングは相変わらず激しいですが、彼がマンUでプレーし続けることは問題ないと思います。

Qクリスティアーノ・ロナウドが凄い?

最近TVではクラブワールドカップ絡みでクリスティアーノ・ロナウドを
ヨイショしまくりですが、そんなに凄い選手ですか?

確かにバロンドールを獲得しフリーキックも蹴れて頭での得点も出来る
並はずれた選手であるとは思いますが、マンUの組織力や周りのサポートで
結果が残せているだけの様に見えます。
過去でいえば、マラドーナやジダンとかと言った英雄と肩を並べてるかのように
大騒ぎする程の選手では無いと思うのですが。

全盛期のブラジルのロナウドの方がよっぽど化け物だったと思いますが。
昔からサッカーを見てる皆さんのクリロナの評価は高いですか?

Aベストアンサー

昨日ガンバ戦を生で見てきましたが、十分化け物でしたよ。
とにかくデカイ・速い・上手い。しかも半端なく。
プレーヤーとしてのレベルはすご過ぎでした。

あと10年もすれば彼もブラジルのロナウドと同じように、言われるのではないでしょうかね。「あの時のC.ロナウドはすごかった」ってみんなで言っているような気がします(笑
過去の英雄たちもいくつもの戦いを経て、偉大な選手と言われます。
まだまだ彼は若いし、これからではないでしょうかね。

Qワールドカップの代表選手が決まりましたね。 前回代表だった大黒選手は今

ワールドカップの代表選手が決まりましたね。 前回代表だった大黒選手は今どうしているのでしょうか? 確かフランス2部リーグのチームに所属しているのだと思いますが、近況を教えてください。

Aベストアンサー

フランスからイタリアに行き、その後日本に戻りましたよ、東京Vに。但し今年から横浜FCに在籍しています。
http://masashi-oguro.cocolog-nifty.com/blog/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%BB%92%E5%B0%86%E5%BF%97
http://www.yokohamafc.com/article/topteam/2010/profile/index.html

Qマインツ?チャドゥリ&マンU中国代表ドン・ファンジョウ

こんにちは(*^。^*)二つ質問があります!!
チャドゥリについてですが、今シーズンのサッカースタメンが書いてある雑誌にマインツのチーム欄の右SB候補のサブにチャドゥリの名前がありました。彼は以前韓国代表ではFW登録だったと思うのですが、DFにコンバートされたのですか?

それと、マンUに入った中国代表ドン・ファンジョウについいてですが、かれはレンタル先のアントワープで活躍して加入たそうですが、ほんとにマンUで活躍できるのでしょうか?パクチソンの加入は個人的に納得できたのですが、中国代表FW・・・う~ん、アジア戦略の一環?という感じ受け取れるのですが、http://www.the-afc.com/japanese/media/default.asp?mnsection=media&section=newsDetails&newsID=7792
↑AFCサッカー連盟によると、10年まで契約するそうですし、マンUは彼にどういった期待をしているのでしょう?
カズや中田ヒデがイタリアにいったときと同じ感じでしょうか?

Aベストアンサー

どうやらチャ・ドゥリは1.FSVマインツ05でDFにコンバートされたようです。
    ↓
http://www.mainz05.de/index.php?id=345&url=http://fsv05.de/spieler/cha.html
(一番上の項目にPosition:rechter Verteidiger「Verteidigerとはドイツ語で後衛の事」 )
同マインツの公式HPのAbwehr(DF)の欄に背番号2チャ・ドゥリとあります。
    ↓
http://www.mainz05.de/index.php?id=57

董方卓(ドン・ファンジョウ)選手ですが、2004年に契約した時から“将来才能が開花する事”を期待していたようです。
就労ビザの影響で試合には出れない董選手を日本でのマンU対鹿島のプレシーズンマッチに経験のために帯同させるなど以前から彼にはかなり期待していたようです。ファーガソン監督も彼の才能の開花には期待しているようです。
   ↓
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200701180253.html

現在の欧州のビッグクラブでは10代の若く才能のある選手が活躍しています。そんな若く才能のある選手を探すためにクラブのスカウトは目を欧州、南米にとどまらず世界中に向けています。アジアも例外ではなく日本の伊藤翔選手もアーセナルのベンゲル監督に興味をもたれていました。そういった現在の世界のサッカーの『若い才能のありそうな選手を獲得し、クラブの育成でその才能を開花させる』と言う流れも関係しているのではないのでしょうか。
またFAプレミアでは李鉄や孫継海など長く活躍している中国人選手がいる事から中国人選手に対する評価が高いように思われます。以前にもトットナムが曲波という選手を就労ビザが降りるまで一年待って獲得したという今回に似たケースがありました。

どうやらチャ・ドゥリは1.FSVマインツ05でDFにコンバートされたようです。
    ↓
http://www.mainz05.de/index.php?id=345&url=http://fsv05.de/spieler/cha.html
(一番上の項目にPosition:rechter Verteidiger「Verteidigerとはドイツ語で後衛の事」 )
同マインツの公式HPのAbwehr(DF)の欄に背番号2チャ・ドゥリとあります。
    ↓
http://www.mainz05.de/index.php?id=57

董方卓(ドン・ファンジョウ)選手ですが、2004年に契約した時から“将来才能が開花する事”...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報