皆さんのおかげでwin2000のインストールができました。
いろいろと助かりました。感謝しています。
今回の質問は、題名のとおりですがアプリケーションソフトを2000にインストールする場合、98seに入っているHDDドライブに指定すると容量もとらないので良いと本で見たのですが皆さんはどのようにされてますか?
またお勧めなどありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

ご質問の内容はアプリケーションをWin2000とWin98SEとで共有しようと言うことでしょうか?


もしそうであればハードディスクのファイルシステムに気をつけてください。
FATかFAT32でなければファイルの共有も行えません。
それと、共有するアプリケーションにもよりますが、OFFICEなどであれば全然問題ありません。
私もWin2000と98SEとWinNTでブートさせて、1つのアプリケーションを共有させていますが、全く問題無しです。
ちなみにどこかのOSでアプリケーションが壊れてしまっても、多少面倒ですが問題なく復旧できます。
詳しい方法などはこちらのホームページにありますのでご参考にしてください。
デュアルブートに関してはかなり詳しい内容が載っていると思います。

参考URL:http://www.lint.ne.jp/~tomo/windows/coexistence/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
URL参考になりました。

お礼日時:2001/04/13 01:04

私のHDD環境は、「C」ドライブ(15GB)にWinME「D」ドライブ(15GB)にWin2kそして「E」ドライブ(12GB)にデータとしています。


アプリケーションについては、WinMEとWin2kの両方にインストールしています。
いずれかのOSが壊れても一方のOSで動かせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かにarai163さんや下の方がおっしゃる通り、安全性を考えるのであれば両方にインストールするべきですね。
私もそうしようかと思います。

お礼日時:2001/04/13 01:03

各々のOSで使用するアプリケーションのバージョンが同じである場合は確かにその方法で容量を節約出来るのですが、たまにバージョンの違うものも存在するので私の場合は別々にインストールしています。

バージョンが同じ場合でもそうしていますね。

仮に片方のOSで不具合が発生し、そのアプリを壊してしまった場合は両方で使えなくなるので、安全策としてそのようにしています。

以前は同じにしていた時期もありましたが、最近のPCは大容量のHDDを積んでいるので多少かさばっても全体の割合から見れば小さいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私としても各OSに各々アプリをインストールしようかと思います。

お礼日時:2001/04/13 00:59

>容量もとらないので良い


容量を取らない事が良いこと?なのでしょうか?そんなにHDの容量が足りていないなら、増設をオススメします。
Win2Kの最大の利点は安定性とセキュリティです。
Win98SE側から見えてしまうFAT32のドライブのインストールした場合、謝って消去してしまう事も考えられますし、ファイルの壊れ難さから言ってもNTFSの方が有利です。
容量以外の利点が無いならFAT32にするメリットを感じません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
容量についてですが、今日20GのHDDを購入しました。
FAT32にしていますが、理由としてはCD-RWのソフトEASYCDcreaterがバージョンが古いため、win2000で動作する保証が無いためです。
できればNTFSにしたいのですが…。

お礼日時:2001/04/13 00:56

ご使用の環境が分からないので私の環境を書きます。

Cドライブ(7G):Win98、Dドライブ(3G):データー、Eドライブ(10G):Win2000です。メールなど、どちらのOSで受信してもデータードライブに保存出来るようにしています。バックアップも楽です。アプリのインストールはおのおののOSドライブにインストしています。
私の環境はこんなところかな・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/13 00:50

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ