米倉涼子のドラマ「黒革の手帖」の結末は、小説とは全く違っていましたよね?
昔に山本陽子さんも主演されたと聞いていますが、山本陽子さんの黒革の手帖の結末はどうなったのでしょうか?
やはり、小説とは全く違う展開ですか?それとも小説通りだったのでしょうか?

山本陽子さんの黒革の手帖を知っておられる方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は松本清張の「黒革の手帳」を読み、山本陽子さん主演の同作品を見て、原作と同じ展開だと思った記憶があります。

米倉涼子さんのドラマもみたのですが別件に取り紛れたのかあまり記憶に残っていません。米倉涼子さんのドラマは最後は彼女が生き残って新しい道にすすむような展開だったのではないでしょうか。松本清張の女いじめ(作品の中でです)は有名です。「黒革の手帳」もその一環だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、山本陽子さんの黒革の手帖は、原作に忠実な展開なのですね。かなり悲惨な結末でしたが、小説の黒革の手帖の話が好きだったので、最後に逞しく復活した米倉涼子さんのドラマは好きではありませんでした。一度山本陽子さんのドラマが見てみたいですね。レンタルあるのかな?
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/11 06:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山本陽子さんのドラマ「黒革の手帖」

米倉涼子のドラマ「黒革の手帖」の結末は、小説とは全く違っていましたよね?
昔に山本陽子さんも主演されたと聞いていますが、山本陽子さんの黒革の手帖の結末はどうなったのでしょうか?
やはり、小説とは全く違う展開ですか?それとも小説通りだったのでしょうか?

山本陽子さんの黒革の手帖を知っておられる方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

私は松本清張の「黒革の手帳」を読み、山本陽子さん主演の同作品を見て、原作と同じ展開だと思った記憶があります。米倉涼子さんのドラマもみたのですが別件に取り紛れたのかあまり記憶に残っていません。米倉涼子さんのドラマは最後は彼女が生き残って新しい道にすすむような展開だったのではないでしょうか。松本清張の女いじめ(作品の中でです)は有名です。「黒革の手帳」もその一環だと思います。

Q小説が全く読めない

過去に何度も様々な小説に挑戦しましたが、
どの小説も最初のページから酷く退屈さを感じてしまい、
次第に文字を目で追うだけになり、苦痛に耐えられなくなり挫折してしまいます。

ダラダラとした冗長な展開や心理描写や会話の連続に弱く、
論文のような?淡々とした文章(感情ではなく思考が主なもの)しか読めません。
(実用書や教科書の類の本は普通に読みます)

そもそも共感する脳が無いのかもしれません。
子供の頃から社会性もコミュニケーション能力も極端に低く、
多分、アスペルガーなんだと思います。

正直なところ、読まなければいいだけなのかもしれませんが、
小説を読むことができれば人生はより豊かになると思います。

小説を読むための脳の使い方、もしくは
殆ど小説は読まないが、これだけは読めた!みたいな本があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

論文・評論・説明文・新聞記事などは読めるが、小説は苦手ということですよね?

感情移入や想像力の必要な文章が苦手なのであれば、事実を淡々と述べるタイプの小説を選ぶのが良いと思います。

ライトノベルは、会話文や心理描写が多い傾向にあるため、お勧めできません。

私の個人的なお勧めは、星新一の作品です。
文章が簡潔かつ言い切りの形が多いため、何が起こっているか理解しやすいです。
話の展開も早く、分かりやすいオチがつくので、納得できます。
会話文も少ないです。

「A氏は○○した。するとB氏が××した。よってA氏は~~することにした」のように、淡々とした文章です。


また、厳密に言うと小説ではありませんが、叙事詩はいかがでしょうか。
小説と比べて心理描写が少なく、説明的な文章です。

史実に基づいた歴史小説など、大まかな展開があらかじめ分かっているものを読むのも良いと思います。


心理描写の多用された小説をどうしても読んでみたいという場合、いくつかの方法があります。

・小説を書く際のテクニックを学ぶ。
(例)天候と心理を連動させる手法……曇り空の描写=登場人物の不安、すがすがしい空気=すがすがしい気持ち、等。


・心理描写のパターンを学ぶ。
(例)足取りが軽い=楽しい気持ち、等。

こういったテクニックやパターンを学ぶことによって、想像力を働かせなくても、登場人物の心理を読み取ることができます。
現代文の受験勉強は、主に小説と論説文に分かれますが、前者のテキストを参考にすると良いと思います。

楽しみの為の読書というよりも、「文章を読解する作業」になってしまいますが、小説に慣れるという意味では有益な方法だと思います。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/shoji_arisawa/archives/51408063.html

こんばんは。

論文・評論・説明文・新聞記事などは読めるが、小説は苦手ということですよね?

感情移入や想像力の必要な文章が苦手なのであれば、事実を淡々と述べるタイプの小説を選ぶのが良いと思います。

ライトノベルは、会話文や心理描写が多い傾向にあるため、お勧めできません。

私の個人的なお勧めは、星新一の作品です。
文章が簡潔かつ言い切りの形が多いため、何が起こっているか理解しやすいです。
話の展開も早く、分かりやすいオチがつくので、納得できます。
会話文も少ないです。

「A氏は○○...続きを読む

QハングマンV(山本陽子主演)について

古い話で申し訳ありません。
ハングマンVの最終回で、山本陽子さん役のパピヨンが、ご主人(秋野大作さんだったでしょうか)に、正体がばれたんでしょうか?
検索したんですが、さすがに最終回の内容まではわからなくて・・・
古い番組ですので、ご回答がないかもしれませんが・・・
「覚えているよ!」という方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、CS(ホームドラマCH)でハングマンVの再放送をしています。まだ最終回はむかえてませんので、CSが見られる環境ならそこでチェックしてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.homedrama-ch.com/

Q映画化・TVドラマ化した小説

どうも、初めまして!早速ですが、映画化やTVドラマ化された小説を探しています。まだ、探し始めたばかりなので、そんなにたくさんは読んでいないのですが、どういうものがあるのか分からないので質問させていただきました。私は、恋愛小説よりかは、推理小説やミステリー小説、刑事ものやアクションものも好きです。(恋愛小説も読みますが・・・)少々のホラーも好きです。最近読んだものでは、黄泉がえり、青の炎、リングシリーズ、ハリーポッターシリーズ、スターウォーズなんかも読みました。良かったら、皆さんが読んで面白かったり、お勧めの小説があったら教えて下さい!

Aベストアンサー

 私もいくつかあげていきますね。

  ミステリー
 横溝正史や山村美紗の作品もよくドラマ化や映画化されていますよね。少しマイナーなところでは綾辻行人さんの「殺人方程式」もドラマ化されています。恩田陸の「木曜組曲」もおもしろかったです。

  ホラー
 坂東眞砂子の「死国」があります。また恩田陸の「六番目の小夜子」は何度も再放送されるほど評判がいい作品です。

  ファンタジー
 恩田陸の「光の帝国 常野物語」はおもしろかったです。ミヒャエル・エンデの作品もよく映画化されていて、代表的なものに「ネヴァー・エンディング・ストーリー」(果てしない物語)があります。(これは原作の単行本の作りがいいです、文庫化もされているのですが・・・)

  その他
 吉本ばななの「キッチン」宗田理の「ぼくらの七日間戦争」などもなっています。

 一応思い出したものを書き上げてみましたが、参考になりますでしょうか?これで失礼します。 

Q銀座線・半蔵門線の三越前駅周辺で

結婚秒読みです。

というわけで、なかなか誘い出せなかった婚約者のお父様とお母様を三越劇場のお芝居に誘い出しました。
(婚約者が説得してやっとのおもいで出てきてくれることに)

観劇後、三越周辺のレストランで

「娘さんと結婚させてください!」

と言う予定なのですが、雰囲気的に場違いなところでしたくない・・・

個室があるか、客席同士が離れているとか、落ち着いたレストラン、知っている方いましたら教えてください!

銀座三越周辺です。

せっぱつまってます。。。

Aベストアンサー

日本橋のほうでしたか。私の回答も、#2の方の回答も「銀座三越」で考えていますが、両三越の距離は2キロくらいですので、タクシーを使うなら全く問題ないと思います。

日本橋三越からすぐ近所の徒歩で行けるお店は

「割烹 とよだ」個室もあり、落ち着いて綺麗なお店でお勧めですが、江戸の味なので関西の方でしたら濃いかもしれません。
http://gwill.co.jp/toyoda/
ホームページには個室の写真やお料理の写真もでていますのでご参考になさって下さい

Q小説がテーマになっている小説

 手紙が物語展開の中でカギになっている小説がよみたいなぁと思っています。
 東野圭吾『手紙』や宮本輝『錦繍』は読んだのですが、その他なにかおもしろいものがないかなあと探しています。
 重いもの、軽いものなんでも、あれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

夢野久作「瓶詰めの地獄」
戦前の短編小説ですが、彼の代表作のひとつです。
一度読んだら忘れることの出来ない、不気味な味わいです。
絶対おすすめです。

QTVドラマの歌詞を教えて!

昔、40年以上になるかなー、女優の山本陽子さんや森繁久弥さんが出演していた「七人の孫」というTVドラマがありましたが、その主題曲の歌詞がうろ覚えのため知りたいのです。或る、会合で10月4日に歌ってみたいのでお願い致します。1番だけでもよいのですが・・・。
出だしが確か、♪どこかでほほえむ人もありゃー だったと思います。
ぜひ、お願いします。

Aベストアンサー

どうぞ↓
http://listen.jp/newtype/animeWord_11001.htm

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Q平成19年1月28日放送の週間えみぃSHOW

平成19年1月28日放送の週間えみぃSHOWでゲストにきていた女優の名前を教えてください。
着物を着ている女優さんでした。

Aベストアンサー

山本陽子さんです。
65歳になっても艶っぽい!

こんなに綺麗に歳をとりたいものですね

参考URL:http://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/W93-3171.html

Q小説初心者でも読めそうな小説

小説初心者でも読めそうな小説

小説初心者っていう表現は変ですが;

最近小説読んでなかったので、久しぶりに読んでみようかなと思いました
でも何を読めば良いのかさっぱり分からないので、
おすすめで読みやすい本を教えてもらいたいです。

今まで読んだ本は、東野圭吾さんの「手紙」や森絵都さんの「カラフル」やハリーポッターと賢者の石などです。

Aベストアンサー

 まず、質問者様が挙げておられる名前の中に森絵都さんがおられたので、彼女の他の作品で『DIVE!!』なんかも面白いと思いますよ。
 水泳の「飛び込み」競技を題材にした小説で、主人公は中学生の男の子。彼自身は気付いていませんが、彼は飛び込みにおける非凡な才能を秘めていて、そんな原石のような彼を新任の女性コーチがどんどん磨いていく、というお話です。他にも彼のライバルになるような子たちの話も描かれていて、私は結構のめり込めました。
 森絵都さんがお好きなら是非読んでみては如何でしょうか?

 あと、私自身のおススメ作品は恩田陸さんで『夜のピクニック』です。
 高校最後の「歩行祭」にある「誓い」を抱いて参加する事を決めている貴子。そんな彼女の「誓い」とは…? そして、その「誓い」は果たされるのか…?
 と、こんな風に書きましたがこの小説において一番大切なのは「誓い」ではありません。高校最後の年だからこそ言える事、出来る事、というのを非常に上手に描いている、ということがこの小説を読む上で一番感じる事だったように思います。
 この小説を読み終って一番最初に思った事を登場人物の一人が言ってくれていました。
 「しまった。タイミングを逃した!」
 彼は幼い頃にある小説を読んでおかなかった事についてこう言っていましたが、私はこの小説を「自分が高校生の時に読んでおきたかった!」と感じました。
 質問者様がどうお感じになられるかは分かりませんが「高校生ってこんな感じだったなぁ。あの頃が懐かしいなぁ」と私は感じた作品です。高校生に戻りたいな、と思った時には是非。

 まず、質問者様が挙げておられる名前の中に森絵都さんがおられたので、彼女の他の作品で『DIVE!!』なんかも面白いと思いますよ。
 水泳の「飛び込み」競技を題材にした小説で、主人公は中学生の男の子。彼自身は気付いていませんが、彼は飛び込みにおける非凡な才能を秘めていて、そんな原石のような彼を新任の女性コーチがどんどん磨いていく、というお話です。他にも彼のライバルになるような子たちの話も描かれていて、私は結構のめり込めました。
 森絵都さんがお好きなら是非読んでみては如何でしょうか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報