「特別養護老人ホーム」と「養護老人ホーム」の違いを教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一番大きな違いは介護保険施設かそうでないかですね



養護老人ホームは
主に経済的な理由で居宅において養護を受けることが困難な65歳以上の自立者を入所させ、
養護することを目的とする施設のことです。行政による措置施設であり、入居の申し込みは施設ではなく市町村が行います。

特別養護老人ホームは
65歳以上であって、常時の介護を必要としかつ居宅においてこれを受けることが困難であり、やむを得ない事由により介護保険法に規定する介護老人福祉施設に入所することが著しく困難である者、または、養護することを目的とする施設である。
です。
入所されているかたにしたら同じなのかも知れませんが 特養老は介護保険が適応されますが養護老人ホームは
たんなる老人がたくさん住まわれている施設なだけです
    • good
    • 6
この回答へのお礼

mappy0213さん、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/27 19:02

違いに関しては、老人福祉法にて規定されています。



養護老人ホームは、「六十五歳以上の者であつて、環境上の理由及び経済的理由(政令で定めるものに限る。)により居宅において養護を受けることが困難なもの」を入所させる施設です。(老人福祉法第十一条第一項第一号)
なお政令で定めている経済的理由とは、下記のとおりです。(老人福祉法施行令第六条)

一 当該六十五歳以上の者の属する世帯が生活保護法による保護を受けていること。
二 当該六十五歳以上の者及びその者の生計を維持している者の前年の所得につきその所得が生じた年の翌年の四月一日の属する年度分の地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)の規定による市町村民税(特別区が同法第一条第二項の規定によつて課する同法第五条第二項第一号に掲げる税を含む。以下同じ。)の同法第二百九十二条第一項第二号に掲げる所得割の額(当該額が確定していないときは、当該六十五歳以上の者及びその者の生計を維持している者の前々年の所得につきその所得が生じた年の翌年の四月一日の属する年度分の同法の規定による市町村民税の同号に掲げる所得割の額)がないこと。
三 災害その他の事情により当該六十五歳以上の者の属する世帯の生活の状態が困窮していると認められること。


特別養護老人ホームは、「六十五歳以上の者であつて、身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難なもの」で「やむを得ない事由により介護保険法に規定する地域密着型介護老人福祉施設又は介護老人福祉施設に入所することが著しく困難であると認める」ものを入所させる施設です。(老人福祉法第十一条第一項第二号)

簡単に言うとそれぞれの施設は、次のとおりになります。

養護老人ホームは、環境上の理由及び経済的理由があって、介護を受けるほどではないが居宅での生活ができない人が入所する施設です。

特別養護老人ホームは、介護保険で要介護1以上の認定を受けて契約に基づいて利用する場合と、同様の状態ではあるけれど契約に基づく入所にはなじまない状況(具体的にいうと虐待を受けている場合や介護保険の認定申請ができない状況(認知症などで意思表示ができない)にある場合など)であれば入所できる施設です。

同じ老人福祉法は、それぞれの施設のサービスの内容も第二十条の四と第二十条の五に規定されていますのでそちらもご覧ください。

ちなみに養護老人ホームでも、特定施設入所者生活介護の指定を受けている施設であれば、介護保険でのサービス利用は可能です。

参考URLは、老人福祉法が掲載されていますのでご覧ください。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S38/S38HO133.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

sigeo-iさん、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/27 19:00

要介護の認定を受けた養護の必要な老人が入居できる_特別養護


養護の必要な老人が入居できる_養護
上記の違いがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yyfrontさん、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/27 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「特別養護老人ホーム」と「養護老人ホーム」の違い

「特別養護老人ホーム」と「養護老人ホーム」の違いを教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一番大きな違いは介護保険施設かそうでないかですね

養護老人ホームは
主に経済的な理由で居宅において養護を受けることが困難な65歳以上の自立者を入所させ、
養護することを目的とする施設のことです。行政による措置施設であり、入居の申し込みは施設ではなく市町村が行います。

特別養護老人ホームは
65歳以上であって、常時の介護を必要としかつ居宅においてこれを受けることが困難であり、やむを得ない事由により介護保険法に規定する介護老人福祉施設に入所することが著しく困難である者、または、養護することを目的とする施設である。
です。
入所されているかたにしたら同じなのかも知れませんが 特養老は介護保険が適応されますが養護老人ホームは
たんなる老人がたくさん住まわれている施設なだけです

Qケアハウス、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホームの違いについて

こんにちは。

ケアハウス、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホームの違いについて教えて下さい。
いろいろ本を読んだのですが“どれも同じじゃないの??”という感じなのですが。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

下記参考URLが簡単に、かつわかりやすく解説してありましたので参考になさってください。

簡単に説明しますと、
特養は、重度の介護が必要な方が終身介護を受けられる施設
グループホームは、痴呆のある方で、日常生活動作がある程度自分でできる方が、5~10人くらいで生活する施設
ケアハウスはすべて自立している高齢者が住む、マンションのようなものです。

参考URL:http://ozac.easter.ne.jp/kaigo/kaigo-sisetu2.html,http://www.yuyunosato.or.jp/06-2frm.html

Q特別養護老人ホームの歴史について

現在、大学のグループ研究で特別養護老人ホームについて調べています。
どうしても特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)の歴史が分かりませんでした。
どなたか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歴史というのはどの程度まで掘り下げてお調べになるのかわかりませんが、大学生でらっしゃるようですのでいくつかポイントをお示しすれば、そこからさらに深く調べていけるのかな。

まず、特別養護老人ホーム(以下「特養」)という名称が最初に出たのが昭和38年制定の老人福祉法ですね。
それまで養老院であった養護老人ホームに所得制限があったことに対し、特養には入所に関して所得の条件は設けられず、身体、精神上の障害のため常に介護が必要で、家での介護が困難な人が対象とされています。入所は市町村による措置として行われ、その決定は市町村等の福祉事務所が設置する入所判定委員会(自治体職員、医療関係者、福祉関係者、地域の有識者らで構成)においてなされますが、明確な基準はなく、以前は30歳代で入所しているケースなどもあったくらいです。

平成12年の介護保険法施行時には特養は介護老人福祉施設の名称をもたされ、今でも多くの特養は「特別養護老人ホーム」と「指定介護老人福祉施設」の2枚の看板を掲げています。
介護保険施行後は入所条件が「要介護1~5」と明確な基準が設けられ曖昧さはなくなり、入所形態も措置から契約による“利用”へと変化しましたが、福祉施設としての措置も一部残されました。主に虐待等により市町村が判断した場合には要介護状態にない場合でも措置による入所が可能となっています。(実際には殆どの自治体が予算措置をしていないことなどを理由に避ける傾向はあるようですが…)

現在では多くの施設が定員の数倍もの待機者を抱える中で、縁故などによる優先入所が相変わらず残っているのも事実です。(施設側は否定しますが)


こんなところが軸になるのではないでしょうか。
あとは、例えば昭和38年の時点で養護老人ホームに加えて特養を設けなければならなかった時代背景や、施設数の推移、現時点での課題などを肉付けしていってはいかがかと。

歴史というのはどの程度まで掘り下げてお調べになるのかわかりませんが、大学生でらっしゃるようですのでいくつかポイントをお示しすれば、そこからさらに深く調べていけるのかな。

まず、特別養護老人ホーム(以下「特養」)という名称が最初に出たのが昭和38年制定の老人福祉法ですね。
それまで養老院であった養護老人ホームに所得制限があったことに対し、特養には入所に関して所得の条件は設けられず、身体、精神上の障害のため常に介護が必要で、家での介護が困難な人が対象とされています。入所は市町村に...続きを読む

Q特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

医療介護制度について
■特別養護老人ホームと療養病棟、有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅の違いは具体的にどういったことでしょうか??

■また現在施設の入居を待機している方が大勢いらっしゃるようですが、それは何故なんでしょうか?待機せざる負えない理由があるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

非常に難しい質問です
他のサイトで確認しましょう
それぞれを説明しているサイトで勉強することです

説明すると長くなりますが…
概略を以前に話した気がするので、サイト内を検索して下さい。

*特養の待機者は非常に多いです
ただ、その大半が別の施設へ入所中で申し込まれています
在宅で介護を続けて待っている方は報道数値より少ないですよ。
高齢化が進めば更に増えると思いますが…

何故?
在宅での介護が難しい方々が増えてきたということです
三世代同居も激減しましたね
老夫婦や高齢者の単身では限界が来ます
家族介護を目指していても、同居が少なくなっているので施設依存が進んでいます。

Q特別養護老人ホームの入所にあたって

要介護3の母が、近隣の特別養護老人ホームに入所中です。母は腎臓を患っており、腎不全の状態ですが、今後、人工透析を行うようになった場合、特別養護老人ホームから退去しなくてはならないとの話を耳にしました。
特別養護老人ホームの規則では、人工透析患者の引き受けはしていただけないのでしょうか。
また、静岡県東部地区で、人工透析患者も引き受けてくれる、特別養護老人ホームはありませんでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

人工透析の方を引き受けてはいけない、という規則が存在するわけではありませんが、透析自体は透析設備のある医療機関でないとできない医療行為ですので、持続的に医療行為が必要となるかたをお引き受けできるかどうか、という問題になると思います。

週に数回、1回当たり数時間要する通院となりますので送迎、通院付き添いなどの対応が負担となることが予想されますが、逆にいえばこの点をクリアできれば引き受け可能な特養もあるかもしれません。

いずれにしてもレアケースですので直接施設側に打診して探すことが必要になると思います。まずは医療機関と関連がある特養(医療法人が母体、など)などに問い合わせるか、主治医か、かかりつけ病院にソーシャルワーカーがいればその方を介して長期療養型病床を探されるとよろしいかと思います。

Q特別養護老人ホームの事について教えてください。 祖母の痴呆が進み老人ホームに入れたいのですが、今貰っ

特別養護老人ホームの事について教えてください。
祖母の痴呆が進み老人ホームに入れたいのですが、今貰っている年金で押さえ体調と思っているのですが、2か月で19万円です。
安い所は、200人待ちとかで中々はいれません。
知り合いが65歳以上でも障害者資格取れると聞いたので、役所に聞くと取得可能です、
といわれました、
今、祖母は、養介護3ですが、障害者資格を取れば、代金が安くなったり、入りやすくなりますか。宜しくお願いします。
祖母は、血圧が高いだけで病気らしい病気はありません。

Aベストアンサー

「祖母の痴呆が進み・・」は、立派な病気です。
『障害者資格』について、もう少し真剣に考える必要があるのでは・・・・・?
「祖母は、血圧が高いだけで病気らしい病気はありません。」
⇒ ならば、障害者資格も有り得ませんヨ。

Q市町村措置の養護老人ホーム入居者の介護保険サービスについて

 こんにちわ。
 今回は、市町村が措置している養護老人ホーム(以下養護老人ホームと書きます)に入所している方の介護保険サービス利用についてお伺いします。

 養護老人ホームに入所されている65歳以上の方は、介護保険サービスが使えないそうなのですが、老人福祉法・介護保険法どこをみても、介護保険サービスを利用できないと明記された個所を見つけられません。
 今度平成18年4月から、養護老人ホームに入所されている方も介護保険サービスが利用できるように老人福祉法が改正されるようです。

 各法やインターネットを使い、調べてみたものの見つけられなかったので、もしご存知の方がいらしたらと思い、こちらに質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すこし当たってみたのですが、
利用できない根拠の部分は
見つかりませんでした。
たぶん、介護保険法制定時の
部分にあると思うのですが。

老人福祉法見直しの部分で
利用できるように改正する、
という部分はすぐ見つかったんですがね。
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb05Kaig.nsf/0/daa435584b87d6be4925708800189ad3/$FILE/3-7~11.pdf

Q特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い教えて

特別養護老人ホームは公的なものであって、利用料も一定水準なのかなと思っていましたが、どうもそうでないようです。公立でも無いし、利用料もバラバラであり、結構高い場合もあります。食べ物等も水準が統一されていないようです。普通の有料老人ホームと本質的な違い部分はどこにあるのでしょうか。

Aベストアンサー

特別養護老人ホームは社会福祉法の規定により、社会福祉事業を行うことを目的として設立された公益法人が運営する施設です。
バラバラに感じる入所利用料も一定の基準で決まっています。

・従来型:4人部屋、個室(従来型個室)
・準ユニット施設
・ユニット型施設

介護費用は国が定めた所得階層4段階で区分されています
地域により若干の差が設けてあります。

施設で独自に決めることができるものが、4段階の居室費、食費です。

驚く費用は、ユニット型特養の4段階であれば高額ですね。
従来型の4人部屋であれば非常に安価だし、生活保護受給者も入所が可能です。
大きく違いますよね。

社会福祉法人なので、税制面で優遇されています。
ただし、利益を配分する事は許されていないので、設けると言う言葉はありません。
理事長なんて名誉職で、勤務日に応じて手当を支給する事は可能ですが、給与を取るとは異なります。手当だからね…


一方、有料老人ホームは民間事業者でも経営は可能です。
特定施設という介護保険の指定を受ければ施設介護が可能になります。
介護報酬以外は自由に料金を決めることが可能です。
極端に言うと、諸規程を明確にしておけば
「電球の交換に対する費用」「散歩、外出の同行に費用」「ベッドのレンタル料金」等と積算して受け取ることだって可能です。
営利事業なので、利益の配分も認められています。
ただし、高額になれば利用者がいないだけです。
相応の付加価値を付けることで高額になれば納得でしょうね。
・街の真ん中(立地)
・広々とした居室(生活環境)
・豪華な食事(食費も自由だから)


初めに紹介した特養のユニット型で4段階の階層に当たる方(年収266万円以上)であれば有料老人ホームの安価な施設と大差が無いですね。
ただ、有料老人ホームの中には比較的落ち着いた方を優先して入居させたり、入退院を繰り返す方を退去させる基準を設けているケースがあります。
*介護報酬は入院すると無くなるから…(入院期間は算定できないので)

正直言って全然違います。
根本の理念が違うので別物ですよ。
ただ、一般の方が見れば違いは分からないでしょうね。

●入所基準・入居基準
大切な事を忘れていたので追記します。

特養の入所基準は都道府県の定める基準に準じて施設で決めています。
*大昔は裏口などと言われる不透明がありました。

これは申し込み者の状況、家族状況等で点数化されます。
70~80点は基準に準じて採点します。
20~30点が施設において決めた配点で加算します
この点数の上位者から入所する優先入所順位名簿を毎年4月10月に提出する必要があります。(判定会議を経て提出です)
好き勝手に入所順位を操作する事はできません。

有料老人ホームは施設独自の基準で入居が可能なので、軽度の要介護者も問題なく受け入れてくれます。
*入退院を繰り返す、認知症で明らかな迷惑行為や外出徘徊がある。精神的に不安定で他者へ迷惑を掛ける等は受け入れを丁重にお断りするでしょうね。

これも大きな違いです。
特養は緊急でも特別な措置が無ければ入所できません。
有料老人ホームなどは空室があれば可能です。

特別養護老人ホームは社会福祉法の規定により、社会福祉事業を行うことを目的として設立された公益法人が運営する施設です。
バラバラに感じる入所利用料も一定の基準で決まっています。

・従来型:4人部屋、個室(従来型個室)
・準ユニット施設
・ユニット型施設

介護費用は国が定めた所得階層4段階で区分されています
地域により若干の差が設けてあります。

施設で独自に決めることができるものが、4段階の居室費、食費です。

驚く費用は、ユニット型特養の4段階であれば高額ですね。
従来型...続きを読む

Q特別養護老人ホームについて

特別養護老人ホームの特別って何が特別なんですか?

Aベストアンサー

 これは文字通り、『特別な養護』(健常な人に対しては通常行う事の無い”特別なお世話や援助”)が必要な方が入所する老人ホームという意味です。
 定義はNo.2の方の回答中に書かれている通りです。

 例えば、認知症があって、ひとりにしておくとどこかへ行ってしまって帰れなくなってしまうので常に見守りが必要だとか、自分ひとりではトイレに行けないのでいつもトイレ介助が必要だとか、体が不自由で自分では食事を食べる事が出来ない為、常に支援が必要だというような事が『特別な養護』なのです。
 
 同じ様な使われ方をしている言葉としては、障害がある方への学校教育で『特別支援教育』というのがあります。

 法律用語によくある表現の一つだと思います。

Q養護老人ホームを外部サービス利用型特定施設養護老人ホームに転換することについて

養護老人ホームを外部サービス利用型特定施設である養護老人ホームに転換することについて質問します。
基本的な質問だとすればすみません。
個別契約型と特定施設型というものがあるようですが、外部サービス利用型特定施設=特定施設型なのでしょうか。
それとも外部サービス利用型特定施設を分類した中に個別契約型と特定施設型というものがあるのでしょうか。

また、収入(補助金等)や支出(人件費、職員配置等)の面では個別契約型のほうが経営において優れていると聞く一方で、特定施設型に転換したいという施設の意見もちらほら聞きます。
いったいどちらの形態のほうが経営的に有利なのでしょうか。
それぞれの長所・短所を知りたいです。
御回答お願いします。

Aベストアンサー

一番のポイントは現在の要介護者・要支援者の人数です。

個別契約型=訪問介護・通所介護等を活用する
外部サービス利用型特定施設=特定施設ですが、サービスは外部の訪問介護や通所介護事業者と契約してサービス単価も90%です。

外部サービス利用型特定施設は養護老人ホームのケアマネがプランを作ります。
在宅サービスでは30分単位(生活援助は1時間から)のサービスが外部サービス利用型では15分単位のプラン設定ができます。

利用者が少ないと個別契約型の方がいいでしょうね
一定の利用者が無ければケアマネの人件費が作れません

ただし、将来的に考えると外部サービス利用型特定施設が良いと思っています。
*15分単位でプラン設定が可能であり、施設内移動の時間や居室面積を考えれば柔軟なプラン作成とサービス提供ができると思います。

経営的に…
訪問介護事業所、通所介護事業所を併設で持つことは養護の母体から考えると難しいでしょう。
*新規に事業所を立ち上げて採算をとるのは難しいですよ
 だから契約に基づいて外部サービス事業者を利用します。

一番のポイントは現在の要介護者・要支援者の人数です。

個別契約型=訪問介護・通所介護等を活用する
外部サービス利用型特定施設=特定施設ですが、サービスは外部の訪問介護や通所介護事業者と契約してサービス単価も90%です。

外部サービス利用型特定施設は養護老人ホームのケアマネがプランを作ります。
在宅サービスでは30分単位(生活援助は1時間から)のサービスが外部サービス利用型では15分単位のプラン設定ができます。

利用者が少ないと個別契約型の方がいいでしょうね
一定の利用者が無...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報