上代・下代とは何のことなのですか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

上代は小売価格で、『上代の●●掛け』で下代(卸価格)を示しますネ。


これらをA価、B価、C価などで表す場合もあります。
ごく一般的な製造業では製造原価は定価の18%程度が目安ですので、第一段階の卸屋さんへは定価の20~30%、次の段階へは50~60%で納入され、末端消費者に渡るようですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

上代は販売価格で、下代は仕入原価のことです。


呉服、洋装関係の業界で使用されています。
ちなみに小売店で販売価格が表示されたタグの裏面に下代をその店独自の符丁を用いて、記入し、販売員が客との値引き交渉に利用するのだと聞いたことがあります。
    • good
    • 0

服地,アパレルでは良く使います.


  上代-(じょうだい)--メ-カ-などが指定した小売価格
   ときには新上代といって,いままでの上代(元上代ともいう)を変えることをい  う時があります.-バ-ゲン-,価格変更 
  下代(げだい)--メ-カ-が小売店や卸店に売る価格 
  上代の70%の価格とかいう使い方をします.
  語源は知りません
    • good
    • 1

私の関連業界では、カーテン/椅子生地などで出てくる言葉ですが「上代:ジョウダイ」はよく聞きますが、「下代:???」の方は、


活字では見ますが、立場が違うせいかあまり聞きません。

市販価格:販売価格
上代価格:卸売り価格
下代価格:原価
    • good
    • 0

上代は小売客に売られる値段、下代は仕入価格(卸価格)もしくは卸売業者に下ろす価格の意味で使われる場合もあります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q参考上代とは?

先日百円ショップに行ったのですが、
ある商品のポップに「参考上代300円」と記載されていました。
その商品は百円だったのですが、
これはどういう意味なのでしょうか。

Aベストアンサー

==一般的な意味は==

一般的な小売価格のことです。(上代という表現で同じ意味では中心上代、平均上代、と使われることもあります)

==ややこしくなったのは==

・Open価格(いわゆる定価表示なし)の登場や
・定価に対して、実際の小売価格が大きく違ってきた
・しかも店ごとでもかなり差がある場合もある
ので

==今回の場合は==

メーカーの定価≒希望小売価格が表示されていないので、お客様への代わりのお勧め情報として
普通ならば、この商品の市価(一般販売価格・市場価格)は、このお店が思うには300円くらいですよ、ってのを古典みたいな言い方でアピールしているのでぇ~す。

うぅ 商品が気になる・・・欲しいかもf^^)

Q円が高くなって、給料は上がっていないのに、物価は上がっているのどういうことですか?

円も高くなり、給料も上がっていないのに、物価は上がっているように感じます。
漠然とした質問ですみませんが、これはどういう事なんでしょうか?

Aベストアンサー

 蛇足ですが、時間のズレ(タイムラグ)がなぜ生じるのかについて。

 円が安い一方で、原油や小麦などの食料が高い期間が結構続きました。それで卸業者や小売店に、そのとき輸入したものがまだたくさん残っています。これが捌けなければ安く仕入れたものを売れません。おまけに、消費者の購買意欲は物価上昇によって鈍っているのでなかなか消費に向かわず、高い仕入れ値の物が多く残っている状態なのです。

 消費が向上しないので、当然内需関連の企業は苦しい。会社に儲けがないから従業員に渡す給料もないということになります。輸出関連の企業は、原油高のときは工場の稼動費用がかさばるために儲けが少なく、原油が下がった今も円高でやはり儲けが出ないからやはり苦しいため、そこの従業員の給料も上がらない。どこの会社も大変です。

 今スーパーが円高セールなどをやっているのは、いわば自腹を切ってでもこれ以上の消費の低下を食い止め、何とか在庫品をなくそうとする努力です。あとひと月かふた月で高く仕入れた物の在庫がなくなれば、いくらか物価が下がってくるはずです。

Q古語で「知らしむ」とは

人に知らせる(学ばせる、理解させる)という意味で古語を用いたいのですが「知らしむ」でそういう意味になりますか?
助動詞が苦手なものですみません。

Aベストアンサー

 古語といっても、時代によって使われ方が、大いに違います。上代と近世になってからでは、意味も違ってきます。
 ご質問の「知ら」「しむ」もいつごろの時代を想定しているかによって、その前後の文章でどの古語を使うかが違ってきます。
 つまり、一つの文、一つのパラグラフで、全く時代の違う古語が混在しているとおかしいわけです。(昔のわが国の英語教科書に、米語、英語が混在していましたが、それと似ています。)
 いったん、「知らしむ」と書いたら、これと同じ時代の古語を使わなければならない、これは実に厄介です。それを覚悟の上で使うのなら、それでいいでしょう。
 むしろ、「しむ」ではなく、この古語に近い感じの「しめる」にすれば、感じも変わってくるのではありませか。
 「知らしめる」に似た用法は「勤勉が彼の今日をあらしめた」「彼の地位は内助の功のしからしめるところだ」「心胆を寒からしめる犯行」。  むかしB級映画を作った山本晋也氏が最初に「……でございます」と気取って言いますが、だったら最後まで「ございます」で通さなければいけない。ま、そういう問題でしょうね。

 古語といっても、時代によって使われ方が、大いに違います。上代と近世になってからでは、意味も違ってきます。
 ご質問の「知ら」「しむ」もいつごろの時代を想定しているかによって、その前後の文章でどの古語を使うかが違ってきます。
 つまり、一つの文、一つのパラグラフで、全く時代の違う古語が混在しているとおかしいわけです。(昔のわが国の英語教科書に、米語、英語が混在していましたが、それと似ています。)
 いったん、「知らしむ」と書いたら、これと同じ時代の古語を使わなければならな...続きを読む

Q経済予測とは何ですか?基本的なことを教えてください

経済予測の基本的なことを教えてください。

経済予測の
・目的と意義
・対象と種類
・方法

などです
詳しく書いてあるサイトもあったら教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

日本におけるそれは、基本的には 経済企画庁がなぜ生まれ、何をしたかということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%BA%81

Q斎藤茂吉の『…死なしむなゆめ』の『ゆめ』とは?

いつもお世話になってます。

斎藤茂吉の短歌に、

草づたふ朝の螢よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ『あらたま』

というものがありますが、
最後の『死なしむなゆめ』の『ゆめ』の意味がよく分りません。

この『ゆめ』はどういう意味なのでしょうか?

ご教示いただければありがたいです。

Aベストアンサー

昨夜は目を愉しませてくれたこの蛍を、今朝は露を宿した草辺に返すのだ。短いばかりの命だからと死を早まらせないでおくれよ、決して。そんな願いこそがおまえへの私のありがとうの思いなのだから。

ここでは、あえて次のような分析で解釈してみました。
草づたふ:他動詞ハ行下二終止形…「(渡してやる方に重点をおいて)伝わらせる。」(「古語大辞典」小学館)
みじかかる:短しのカリ活用連体形…短くある
われ:対称。…「(平安末期ころに生じた用法。同等以下の者を親しんで呼ぶのに用いられ、しだいに卑しめていうのにも用いられた)」(「古語大辞典」小学館)
いのちを死なしむな:「命死ぬ 息絶える。死ぬ。「命生く」の対。」(「古語大辞典」小学館)
ゆめ:「【努・努力・勤】(禁止・命令の表現と呼応して)必ず。決して。」(「古語大辞典」小学館)
ゆめ:「【勤・努】[参考]上代では、文末に用いられる例も多い。例「…波立つなゆめ」(万葉集3-246)」(「古語例解辞典」小学館)

Q現代の日本が抱えている金融問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか

現代の日本が抱えている金融問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか。

あまり金融に関して明るくないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「なぜ企業が借金返済をしたら景気が悪くなる」のだろうか?

普通の国では、家計部門の貯蓄を証券会社や銀行が仲介して、企業部門が使うことでカネが回っている。例えば家計に1000円の所得があり、そのうち9割に当たる900円を自分で使い、残りの100円を貯金したと仮定しよう。使った900円はそれを受け取った人の所得となって経済の中で回っている。

 次に、貯金した100円は銀行などの金融機関に入る。銀行はこのカネを企業に貸し、企業がその借りた100円を使う。そうすると、家計が使った900円と企業が銀行から借りて使った100円の合計1000円が次の人の手に渡る。1000円の所得に対して1000円の支出が生まれて、これで経済が回る。

 もし、家計が貯蓄した100円を借りる企業が少なかったり、80円しか借りてくれなかったりした場合には、銀行は貸出利率を下げる。金利が下がれば、それまでカネを借りることに躊躇していた人が借りてみようと考える。こうして残りの20円を借りて使ってくれれば、家計が使った900円と企業が借りて使った100円で合計1000円が次の人の手に渡り、経済が回っていく。

 逆にカネを借りたい人が多すぎて100円では足りない場合には、銀行が金利を上げれば借りるのをやめる人が出てくるので、最終的に100円だけ貸し出されることになる。

 しかし、今の日本は金利をゼロにしてもカネを借りる人がいない状況だ。それどころか、数年前まで何十兆円規模で借金返済をしていた。そうすると1000円の所得があった人が900円を使い、残りの100円を銀行に預けても、この100円を借りて使ってくれる人がいない。つまり、家計からは新たな預金がどんどん銀行に入ってくるので、銀行は誰かに貸そうとするが、肝心の借り手がいないのである。そこで銀行は金利をゼロにしてみたが、やはり借り手は現れない。

「家計の貯蓄+借金返済額」が銀行に滞留

 そうなると、個人が預けた100円は銀行に滞留してしまう。もともと1000円の所得があったのに、実際は900円しか使われていないわけだ。ということは、次の人たちの所得は1000円ではなくて、900円ということになる。

 その人たちが900円のうちやはり9割の810円を自分で使い、残りの90円を貯金したとする。すると、810円は次の人の所得となるが、銀行に来た残りの90円は誰も借りる人がいないので、また銀行のなかで止まってしまう。

 このプロセスを繰り返していくと、1000円→900円→810円→730円…と瞬く間に所得が減って、経済はデフレスパイラルに陥ってしまう。

 経済が悪化すると資産価値が更に下がり、その事実が更に企業を借金返済に駆り立てる。個々の企業にとって借金返済は責任ある正しい行動だが、全員がその方向で動くことで、経済全体にとんでもない「合成の誤謬」(一人ひとりが正しいと思って取った行動でも、たまたま全員が同じ行動を取ってしまった結果、当初の想定と逆になってしまうこと)が発生してしまう。これがこの種の不況のいちばん怖い部分なのだ。

 この悪循環が繰り返されると、経済は家計の貯蓄額と企業の純借金返済額の合計分だけ需要を失うことになる。この合計金額が借り手不在のまま、銀行から出ていかなくなってしまうからだ。


http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm?i=20070911d8000d8&p=1
第1回「『陰』と『陽』の経済学――日本は15年間どんな不況と戦ってきたのか」(2007/09/27)

「なぜ企業が借金返済をしたら景気が悪くなる」のだろうか?

普通の国では、家計部門の貯蓄を証券会社や銀行が仲介して、企業部門が使うことでカネが回っている。例えば家計に1000円の所得があり、そのうち9割に当たる900円を自分で使い、残りの100円を貯金したと仮定しよう。使った900円はそれを受け取った人の所得となって経済の中で回っている。

 次に、貯金した100円は銀行などの金融機関に入る。銀行はこのカネを企業に貸し、企業がその借りた100円を使う。そうすると、家計が使った900円と企業が銀行か...続きを読む

Q「火を見るよりも明らか」の「火」とは何か

gooの辞書によると上記の言葉は「極めて明らかのこと」を指すらしいのですがなぜこのようにいうのでしょうか。
ここでの「火」はどんな火のことなのでしょうか。

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

このような表現は各民族に広がるので語源探しは難しくなりますね。中国語の表現が分かれば参考にはなると思いますが、古い言い回し必ずしも中国ではない場合もあります。メソポタミア古代文明からエジプト、ギリシャ、ローマと伝わり、東へは中国、朝鮮半島、日本へと伝わるもの、インドが発信地で東西に広まったものもあります。日本への文字による中国文明の伝播以前は、
日本も相当メソポタミア文明の影響を受けていた
とする言語学者もいます。

英語のdayは日(昼間)という意味ではなく第二義のdaylightのことでしょう。スペイン語(como la luz del dia昼の光りのように)やイタリア語(come la luce del sole,陽の光りのように)ではずばり太陽の光りと表現します。陽がいつの間にか火に変わったのではないかと思われます。漢字が伝わってから大和言葉の表記は時代によって変化し、混乱も見られます。

地球上に住む人間にとって疑いようのない明白なもの(存在)は太陽です。

Q一度財を築いて金持ちになった人が貧乏労働者になるということはあるのです

一度財を築いて金持ちになった人が貧乏労働者になるということはあるのですか?
資本家や投資家が労働者に戻るということはあるのですか?
資本家や投資家というのは最初は労働者で何かしらで儲けて財を築き投資で更に財を肥やし資本家になるのですよね?その資本家がまた貧乏労働者に戻るということはあるのですか?あるとすればどんな状況ですか?
投資に失敗して一文無しということですか?そういうことはよくあるのですか?それともあるにはあるけどあまりないことなのですか?

ビルゲイツ氏、投資家バレット氏?、ウォールマート一族、ロックフェラー家、ロスチャイルド家 この方達もいつかは一文無しになることもあるのですか?

Aベストアンサー

そもそも、資産家、資本家、投資家、投機家の意味がぐちゃぐちゃでは?

資産家 単にお金持ち。投資しているとは限らない
資本家 資産を投資して、1)経営にも携わっている人、2)経営参加していない人
投資家 資産を投資して、経営参加していない人というニュアンスが強い。利潤を稼ぐ目的の人
投機家 株に関わらず、投機性市場で売買をして稼ぐ人

多分、質問者の方は、資産家が額に汗して働く一介の労働者に落ちぶれることがあるか?でしょ

資本家や投資家と言うコトだと、一般的には、投資した分だけの有限責任ですから、事業に失敗しようが、連帯保証していない限り、個人資産は安泰ですが

Q赤い本とは?

唐突ですいませんが、損害賠償請求の保険会社側の弁護士から「赤い本以上の金額は出せません。」という事が回答書に書かれていました。 この赤い本というのは、多分、判例集の事ではないかと思うのですが…。正式名称はなんでしょうか?また、どこかのサイトでこれを調べられるか、この本を安く買える場所はないでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

通称『赤い本』、正式名称『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』と言います。
これは通常販売はされていません。

(財)日弁連交通事故相談センター東京支部
電話 (03) 3581 1782
此方が編集・発行している所ですので電話で確認して下さい。
まず、電話で購入したい由を伝える→自宅のFAX番号を伝える→FAXが来る→FAXで購入を申しこむ。
この様な手順だったと思います。
定価は送料別で2800円です。

因みに『青い本』の事も出ていますがこれは『交通事故損害額算定基準』と言います。
発行者は(財)日弁連交通事故相談センター
です。
電話は(03) 3581 4724 です。
此方も購入は同じような方法です。

Q英・米・日の小さな政府とは具体的にどのような政策か

新聞やテレビでは、イギリスではサッチャー首相、アメリカではレーガン大統領、日本では中曽根首相以後、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府を志向してきたと報道していますが、わからないことや疑問に思うことがあります。

日本では中曽根内閣の時に国鉄、電電公社の民営化、小泉内閣の時に郵政公社、道路公団の民営化をしたことは知ってます。今年度は今の金融危機と世界不況に対する非常時予算で、予算は前年比で著しく増額していることは知ってます。

イギリスでは1980年代以後、鉄道、電話、石油、航空の国営企業が民営化されたことは知っていますが、それ以外のことは、詳しく知りません。

アメリカの1980年代以後の具体的な政策は詳しく知りません。

1980年代以後イギリスやアメリカや日本で、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府志向の政策がどのように採られたのか、政府の予算や役割を増やす政策もあったのか、イギリスやアメリカのGDPや国家予算や、国家予算/GDPの比重がどのように変化しているのかも(英語が苦手なこともあり)知りません。

新自由主義を批判する人からは、福祉を切捨てて、貧富の格差を大ききしたと批判されますが、先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。次の選挙で不利になるように思えるのですが。例えば、もし日本で、政権党が健保や年金や介護保険を廃止するとか削減すると言ったら、次の選挙で敗北は必至です。

経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏った報道をしているように推測しています。

1.アメリカ、イギリス、日本であらゆる規制を全廃するか、著しく削減して、自由放任主義・市場原理主義の経済政策が採られていましたか。

2.アメリカ、イギリス、日本で社会保障や福祉の廃止や大規模な削減が行われましたか。

3.アメリカ、イギリス、日本で国家予算や、国家予算/GDPの大規模な削減が行われましたか。

4.アメリカ、イギリス、日本で上記外の民営化や、政府機関の廃止や縮小、政府の役割の削減が行われましたか。

5.アメリカ、イギリス、日本で、政府部門の役割を増大する政策や、国家予算や、国家予算/GDPを増大させる政策は、全く採られていませんか。

注:現在の金融危機と世界不況時に対する政策が開始される前の時点までの政策の質問です。

アメリカやイギリスの政治や経済に詳しい人、日本のことでも上記以外の事実を知っている人、回答をお願いします(根拠となる一次資料を提示していただけるとありがたいです)。

新聞やテレビでは、イギリスではサッチャー首相、アメリカではレーガン大統領、日本では中曽根首相以後、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府を志向してきたと報道していますが、わからないことや疑問に思うことがあります。

日本では中曽根内閣の時に国鉄、電電公社の民営化、小泉内閣の時に郵政公社、道路公団の民営化をしたことは知ってます。今年度は今の金融危機と世界不況に対する非常時予算で、予算は前年比で著しく増額していることは知ってます。

イギリスでは1980年代以後、鉄道、電話、石油...続きを読む

Aベストアンサー

>先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。

そういう国は、ありませんよ。日本にしろ米国にしろ、社会保障費は拡大しているのです。

>経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏った報道をしているように推測しています。

規制改革が全面的に廃止しようとしていないですね、ガットからWTOに変わり各国が抱える貿易障壁を無くそうとしてますが、無くす為には保護政策の見直しをやらなければならない、それがマスコミには自由原理主義と騒いでます。

1.自由放任主義は、やってません。米国は日本に対して日米自動車協定を結び輸入規制をやったり、半導体、鉄鋼などいろんな規制をやってきているのです。自国産業保護なのですが、今は通りません。
世界貿易機構(WTO)で提訴されるのです。
世界の発展は貿易です。貿易を活発にすることで経済発展するのですが、自国産業の活況することもあれば衰退する産業も当然起こります。
日本の輸出産業が米国産業に打撃を与え消えた産業もあるのです。
先進国は新興国の追い上げで屈強に立たされた産業があるように自由主義は競争の場で生きているです。もし、仮に生き残れない産業を保護しようとすると税金で保護となるのですね、この税負担を国民が望んでいるとは限りません。

2.日本の社会保障は年々増大傾向です。9年前に医療に占める介護を切り離し介護保険制度が出来ました。これとて不足分は国が負担しているのです。基礎年金の国庫負担分を1/3から1/2に引き上げるのも国庫負担です。社会保障費は自然増加は毎年1兆円と言われているのです。小泉は2200億円の削減をやざしましたが、それでも7000億円は増えるのです。国庫負担はつまりは我々国民の税負担なのです。野党が社会保障の充実を叫んでいますが、その歳入はどこから捻出するかは一言も触れていないのですね、

米国は、日本みたいに国が医療費を負担することはありません、すべて企業と個人が負担するのです。失業した人は医療は実費になるのです。一部弱者の障害者は別ですが、今の政権は国による医療制度を作ろうとしてます。
英国の実情は知りませんが、社会保障費を削減しているどころか増やしているのが現実です。一人当たりの医療費となれば減りつつありますが、経済成長(税収の伸び)と社会保障の伸びが比例するものではなく、現実は社会保障の伸びに経済成長が追いつかないのです。収入が減ってすべての予算が伸びることはできないのです。

3.国家予算はどこの国も伸びてますよ。予算は足りなければ国債発行して歳入を増やしてやりくりしているのです。財政拡大は世界どの国も増えているのです。GDPに対しても英国はサッチャー以後経済成長を続けてきましたから、GDP比では米国や日本より伸び率は低いでしょうがそれだけ税収が良かったことになります。日本は小泉以前の15年間低成長でGDPの伸びが低い状態で財政は拡大させてきたのです。
米国もそうです。湾岸戦争、アフガン・イラク戦争と財政は拡大です。

4.米国は各省庁の人員削減はドラスチックです。必要性が薄れれば削減し、重要度が増せば増やします。冷戦終結後は軍の再編をやってます。
英国ではインフラ整備にPFIです。日本では三位一体による改革などです。

5.政府が関与することが多くなりました。資本注入による金融庁の関与、米国はクリントン政権では経済版NSCを立ち上げました。英国は金融ビックバンで、シティに資金が集まりました。
>国家予算や、国家予算/GDPを増大させる政策は、全く採られていませんか。
そういう国がありますか?自国のGDPの拡大が成長をもたらすのです。成長させる為に政策を採っているのです。首相の所信表明や米国は一般教書演説に成長の話しは欠かせません。政策は政権の目玉でもあるのです。

社会保障費
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2796.html
税収
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/011.htm
税収が伸びて社会保障費が賄え経済や失業対策ができるのです。
出来の良い輸出産業で稼ぎ、政府保護されている産業には規制撤廃で政府からの補助を打ち切ることで税収が伸びるのです。何でもかんでも政府が守れるものではなく、選択と選別が今後求められると思います。
社会保障費の中には生活保護を受ける為の支出もありますが、社会保障充実に不況の中で生活保護者が増え続けて納税者の負担を増やせば収まるわけはないのです。一般国民は、国からのサービスを受けたがるがその負担となる税の所在を余りにも知らない、

>先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。

そういう国は、ありませんよ。日本にしろ米国にしろ、社会保障費は拡大しているのです。

>経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏っ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング