『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

大使閣下の料理人で、確か「 闇を超えて届く味に出た 」というタイトルだったと思います。

はっきり覚えていないのですが、主人公が目が見えないベトナム人婦人に対し、
最高の料理を出すという目的で、「香りの木」を使った食材を使った場面がありました。
その木(?)自体は食べれないのですが、料理の香りを引き出すという目的で
使われました。その香りの木?とは何でしょうか。ご存知の方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ロアン議員の回ですね。


沈香です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まさしくそうでありました。

お礼日時:2010/11/14 09:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング