教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

安物ですが、最近デジタルテスターを購入しました。

今は壊れて使いものにならないオーディオアンプを勉強してみたくなりました。
少しづつ知識を増やして行きたいと思っています。

故障原因の中で、「スピーカー出力端子のショートチェックを行ってみてください」とありますが
どのように行えばよろしいのでしょうか?
どなたか方法を教えて下さい。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

了解しました、以下テスター使用方法を離れて不具合対応について。



スピーカーオフスイッチ、無ければ配線を外しアンプの電源スイッチを入れてみる。
トリップしなければ連続通電での使用方法を試して下さい。
電源ONでトリップする場合、一旦スイッチOFF、ONを繰り返し安定状態になる場合も多いのでお試し下さい。
経年機はなるべく通電し、回路素子等が安定状態になる様にする使用方法の一つです。
    • good
    • 1

yosifuji2002です。




>出力端子には左側 + - 右側 + - がありますが、それぞれとは、片方の+に(または-に)赤と黒のテスター端子を同時に当てるのでしょうか?

例えば、+に赤の端子をあて、同時に-に黒の端子を当てるということです。

>最初数値が200ぐらいありましたが、段々と下がって行き最後は0.06まで数値が下がりました。

この場合は恐らくコンデンサーが入っているということです。
その場合抵抗測定ではうまく測定できません。これは直流抵抗を測るためのレンジですから。
最初に言ったとおり箱を開けて、中のユニットの端子に直接測定端子を充てないとだめです。

完全にコンデンサーの影響がなければ、ショートの場合は殆ど瞬間的にゼロになります。徐々にというのは多分ネットワークの容量性の関係でしょう。

又別な方がいわれているとおり、抵抗値測定の前に両端子を接触させて抵抗値がゼロになるかを確認します。

抵抗値は内部の電池空の電流を測定してますので、電池の電圧が下がると正しい値が出ません。調整の仕方は使用説明書をご覧下さい。
    • good
    • 1

一寸気になります。


回路テスターによる導通チェック(抵抗測定レンジ:テスター内の電池エネルギーを利用し外部の測定対象に弱電流を流し抵抗値及び断線の有無、電解コンデンサ等の簡易チェック等を行う)でスピーカーのボイスコイル断線チェックのことと思います。

測定対象のユニット単体、ツイーター、ウーハー等の入力端子にお求めになったデジタルテスターを抵抗測定レンジ(オートレンジなのでアナログテスターの様に抵抗値レンジ選択不要、ゼロ調も不要)にして測定ロッドをあてる。注意:テスターの測定エネルギーが測定または判定対象のみに流れる様に対象物に他の配線が来ている場合はそれを外し(片側だけで良い)測定する。

少し固い表現ですが今後の展開で重要なセンスとなります。

スピーカー端子は「入力端子」、単体ユニット~エンクロージャー(ボックス)入りの端子の意味があり2Way,3Way等では内部の合成抵抗状態での判定になってしまいますので 取り合えずそれをやり、必次に応じ切り分け特定の為、その先の端末、個別ユニット等のチェックに進みます。

以上、オーディオに限らず身近な物の測定にお役立て下さい。

「スピーカー出力端子のショートチェック…」「スピーカー出力端子」はアンプの端子でありアンプ内の状態チェックの一環での記述か、スピーカーへの配線も含め合成抵抗値ながら短絡状態判定を意味する物で前述の基本認識でご理解頂けると思います。

既出の如く導通測定時は機器等の電源(残留電圧も含む)の処置に注意が必要で、慣れていても電圧電流等の測定と組み合わせで行うトラブルシューティング時、抵抗レンジからの切り替えを忘れテスター内の保護ヒューズを飛ばしてしまうことがあります。
抵抗測定が終わったら必ず電圧レンジ、又はOFFレンジ(あれば)にしておきます。
以上、参考として下さい。

この回答への補足

素人で質問内容が不十分だったようです。

パワーアンプの出力に異常があるようです。
プロテクトがかかっているようでスピーカー保護リレーが動作しています。

保護回路の故障だけなら良いのですが、この一因に「スピーカー出力端子での
ショートチェックをして確認してください」という内容を見かけました。
ショートチェックの意味合いさえ理解できませんでしたが、お陰さまでようやく
理解できました。

ありがとうございました。

補足日時:2010/11/19 09:25
    • good
    • 0

Ωレンジは、まず、ゼロ点合わせをしないと、正確に


測定出来ません。
スピーカーのチェックは、No,1さんの回答の通りで
スピーカーの箱を開けて、中のユニットの端子で直に
測定しなければ、正確には解りません。

くれぐれも、Ωレンジで電圧を測定しない様に、御注意を!!!
あっと、いうまにテスターがオシャカになります。
    • good
    • 0

テスターのスイッチを抵抗値またはオームの10オームから100オーム程度のレンジにします。



次にスピーカー出力端子のそれぞれに赤と黒のテスターの端子を接触させます。

これで測定値が0オームになったらそのスピーカーはショートしています。
この程度の測定でスピーカーが壊れることはありませんのでご安心を。

なお、普通スピーカーのショートということはあまりなく、断線のほうが多いと思います。

この場合は、シングルコーンならば測定値が無限大になります。

でも2-3ウェイのものでは中にネットワークが入っており、中音、高音は端子とユニットの間にコンデンサーが付いており、この測定ではまずわかりません。

その場合は中をあけて直接各ユニットの抵抗値を調べるしかありません。

この回答への補足

更に質問させてください。

テスターの抵抗値(Ω)は最低が200Ωです。
あとは2000Ω、20kΩ、200kΩ、2000kΩと上がります。

回答に「出力端子のそれぞれに赤と黒のテスター端子を接触させます」とありますが、
出力端子には左側 + - 右側 + - がありますが、それぞれとは、片方の+に(または-に)
赤と黒のテスター端子を同時に当てるのでしょうか?
質問が素人で申し訳ありません。

試しに200Ωの位置で各スピーカー出力端子に赤と黒の端子を同時に当てて見ました。
最初数値が200ぐらいありましたが、段々と下がって行き最後は0.06まで数値が下がりました。
数値は0にはなりませんでした。
これで出力端子のショートはしていないと考えて良いのでしょうか?

こんな測定方法で良いのでしょうか? よろしくお願い致します。

補足日時:2010/11/14 20:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q短絡確認方法

はじめまして。
スゴい基本的な質問です。
先日、こないだの震災によって浸水してしまった機械の整備の応援に行った際の事ですが。

先輩に、AC・DCを繋げる前に短絡がないか、デジボルで確認をしてくれと頼まれたのですが…
どうしたら良いのか方法が解りませんでした…

また、まだ頭を付けてない電源ライン(黒・白・赤)のグランド線はどれだと聞かれた際に、『赤です』と答えたのですが、『それはどうしてだ?』と聞かれた際に答える事が出来ませんでした…
本来、メカを扱う職種の人ならば基本中の基本なのは解っています…

はじめまして。
スゴい基本的な質問です。
先日、こないだの震災によって浸水してしまった機械の整備の応援に行った際の事ですが。

先輩に、AC・DCを繋げる前に短絡がないか、デジボルで確認をしてくれと頼まれたのですが…
どうしたら良いのか方法が解りませんでした…

また、まだ頭を付けてない電源ライン(黒・白・赤)のグランド線はどれだと聞かれた際に、『赤です』と答えたのですが、『それはどうしてだ?』と聞かれた際に答える事が出来ませんでした…
本来、メカを扱う職種の人ならば基本中の基本なのは解っています…

本来、メカを扱う職種の人ならば基本中の基本なのは解っています…

こんな基本も解らない自分でも解るように、どなたか解りやすく教えて貰えませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

はじめまして。
スゴい基本的な質問です。
先日、こないだの震災によって浸水してしまった機械の整備の応援に行った際の事ですが。

先輩に、AC・DCを繋げる前に短絡がないか、デジボルで確認をしてくれと頼まれたのですが…
どうしたら良いのか方法が解りませんでした…

また、まだ頭を付けてない電源ライン(黒・白・赤)のグランド線はどれだと聞かれた際に、『赤です』と答えたのですが、『それはどうしてだ?』と聞かれた際に答える事が出来ませんでした…
本来、メカを扱う職種の人ならば基本中の基...続きを読む

Aベストアンサー

『赤です』で良かったと思います。
電源について、単相か3相か、質問では分かりませんが、単相だとして、黒は触ると感電する線、白は感電しない線(グランドとおおむね同電位ですが、グランドではなく、電流の帰路)と決まっていますので、プラグにグランドがあれば残りの赤を使用するしかありません。
本当は赤でなく緑っぽい色ならすぐにグランドとわかるのですが、電線を作る人と使う人が違うのでこのようなことになります。

デジボルは、デジタル電圧計のことなので短絡を調べることはできません。デジタルマルチメータ(テスタ)なら、抵抗を測ることができるので線間、線とグランド間の抵抗値を計って、短絡のヒントが得られるかもしれません。たぶん先輩さんはデジタルマルチメータをデジボルと言ったのだと思います。
短絡していなくても導通があるのが普通ですから、見極めは経験的になります。

Qスピーカーから音が出ない

オーディオラックを新調したので、配線をはずし(もちろん電源off,アンプのボリュームoff)、
再び今までどおりの接続をし、試しに聴いてみようとCDを入れ、アンプの電源を入れたところ、両スピーカーからブツっ、ブツっと大き目の音が3回ほどでて、これはヤバイと思い、すぐに電源を切って、接続を確認し、もう一度電源を入れてみたら、ブツっの音がしない代わりに、音がまったく出なくなってしまいました。カセットデッキにインプットセレクトを変えても同じです。新しいコンポを入れて、接続を変えたわけでもなく、前と同じ接続をしただけです。
前は何もまったく問題なく聴けてました。
コンポはアンプは2年前のデンオン、スピーカーは
古く約20年前のダイアトーンです。
スピーカーがだめなのか?アンプがだめなのか?アンプだったら、スピーカーを新調しても、また接続時にその新しいスピーカーがいかれてしまう不安があります。どうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

まず、スピーカーの配線を外して
ヘッドフォンで音を聞いてみて下さい。

音が出るようなら、スピーカーかアンプの問題。
音が出ないなら、アンプの問題です。
即、修理でしょう。
スイッチを入れて一瞬音が出るなら、どこかで保護が動作しています。
全く音が出ないなら回路の不良です。

ヘッドフォンで音が出たとして、
次に、配線を外したままで
テスターでスピーカー端子の電圧を見て下さい。(ボリュームゼロ)
直流電圧が出ていたらアンプの故障です。
これでスピーカーを買い換えても、壊してしまいますから
アンプを修理に出して下さい。

更に、配線を外したままで、ボリュームを上げて
テスターでスピーカー端子のAC電圧を測ってみて下さい。
最大で10Vぐらいはあるはずですが、
メーターが振れないなら、アンプの故障です。
メーターが振れているのなら、こんどはボリュームを一回下げて
アンプとスピーカーをつないでみてください。

これでテスターで電圧を読みます。
充分電圧があるのにスピーカーから音が出ないなら
スピーカーの故障ですが、
スピーカーが両方いっぺんに飛ぶとは考えにくいので、
アンプも危ないかも知れません。

スピーカーが2way、3wayなら、
同時に全スピーカが飛ぶことは更に考えにくいので
やはり、まずアンプを疑いましょう。

まず、スピーカーの配線を外して
ヘッドフォンで音を聞いてみて下さい。

音が出るようなら、スピーカーかアンプの問題。
音が出ないなら、アンプの問題です。
即、修理でしょう。
スイッチを入れて一瞬音が出るなら、どこかで保護が動作しています。
全く音が出ないなら回路の不良です。

ヘッドフォンで音が出たとして、
次に、配線を外したままで
テスターでスピーカー端子の電圧を見て下さい。(ボリュームゼロ)
直流電圧が出ていたらアンプの故障です。
これでスピーカーを買い換えても、壊し...続きを読む

Q電気回路で短絡してたら、抵抗部分に電流が流れないのはどうしてですか?

添付図の問題ですが、
「短絡している為、3つの抵抗の回路として考える事が出来る」
と解答に書いてありました。

ふと疑問に思ったのですが、短絡してたら、どうして(添付図の右下にある20Ω、50Ωといった)抵抗部分に電流が流れなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

あなた向きの説明をしましょう。

「短絡する」と電圧が同じになります(電位差が無くなる)。電圧が同じところ(電位差がないところ)の間に抵抗を入れても電流は流れません。

(電位差がなくとも電流が流れるのは、抵抗ゼロの「導線」だけです)

Q配線のショートの確認と復旧方法

以前した質問で、配線がショートしてないか確認するようなアドバイスをいただきました。

ショートしてないかの確認とはどのようにするのでしょうか?また、ショートしていた場合どのように復旧するものなのでしょうか?

ショートが疑われているのは給湯器のリモコンです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.10です。

(1)作動しないのはお勝手のリモコンですか、お風呂場ですか?
(2)プラグを抜いてから作動しない方のリモコンとケーブルの接続部分を確認してください、裸線がタッチしていませんか?同時に給湯器側の接続部分も確認してください。

(3)その状態で給湯時に着火しますか?

(4)配線が異常なく正常なリモコンは作動するならリモコン故障の可能性が大です。その場合はメーカーに連絡しましょう。

Q単車でどこがショートしてるか調べる方法

バイクのスイッチを入れるとヒューズが切れてしまうんですけど、恐らくどこかでショートしてるみたいなんですけど、ショートしてる場所の調べ方を教えてください。

Aベストアンサー

>ショートしてる場所の調べ方

近隣に電気設備業者の営業拠点等があれば
ラインチェッカーなる測定器を借用すれば
短絡個所を探す出す事が容易に出来ます。

ラインチェッカーとは
交流電源或いは外部電池を利用し、
回路へ高周波電流を流し、
センサーで流れている配線を特定する事が出来る道具です。

http://www.togami-elec.co.jp/products/linechecker/index.html

以外の方法では
 回路毎に切り分けられるハーネス、端子等を探し
 全て外した状態から1回路づつ接続し、
 どの回路で切れるか特定し
 目視にて不良な配線が無いかを点検
 しながら不良部品を特定する。

あたりですかね。

Qテスターの使い方がよく分かりません

パソコンのACアダプターが断線していないか調べるために

デジタルのテスターを購入したのですが使い方がいまいちわかりません、

電池のプラスとマイナスにあてたのですが、いまいち反応が分かりませんでした。

もしご存知でしたら、簡単な使い方の事例と分かりやすいWEBサイトなどありましたら
教えてくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。

そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね?

なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。
デジタルテスターなら、抵抗(Ω)レンジと直流電圧(DC・V)レンジ及び交流電圧(AC・V)レンジがあるはずです。

ですから、電池の電圧を測る場合は直流電圧測定レンジに切り換えて、電池のプラス側に赤のテスト棒、マイナス側に黒のテスト棒を当てると電池の直流電圧がデジタル表示されますが、オートレンジ機能のないデジタルテスターでは直流電圧レンジ切り換えも必要になります。

ちなみに、ACアダプターの断線を判断するにはアダプター出力に直流電圧が来てるかを確認する方法とACアダプターをコンセントに差し込まない状態でテスターの抵抗レンジまたは導通レンジでACアダプター・ケーブル線の電気抵抗を確認するか導通の有無を確認する方法がありますが、実際に正常なACアダプターで行ってみないと理解出来ないと思います。

http://as76.net/asn/tester.php
【テスターの基本的な使い方】
↑これが参考になるか分かりませんけど電池のプラスとマイナスにリード棒を当てても反応がいまいち分からないようでは、これすら難しいかも知れないですね?

従って、身近にテスターを使える人がいたら実践を交えて直接教えてもらったほうが「百聞は一見に如かず」で理解出来るはずです。

こんにちは。

小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。

そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね?

なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。
デジタルテスターなら、抵抗(Ω)レンジと直...続きを読む

Qデジタルテスターによる抵抗測定

教えて下さい。
デジタルテスターで抵抗測定時に抵抗値が無限大の時に
テスターの表示は「O.L」となりますがこの「O.L」は
何の略なんでしょうか?オーバーレンジだと「OVER RANGE」なので
「O.R」となると思います。
またテスターの表示が「O.L」と表示された時
人に伝える場合は「抵抗値が○○」でしたと、「○○」の部分は
なんと言えばいいのでしょうか。
「オープン」では間違いですか?
正確な知識のある方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手元にあるデジタルテスタの取扱説明書によれば、
レンジを超えた入力の場合には、“OL”(over road)が表示されます。・・と書かれています。(日置電機製)
このメーカーの場合はオーバーロードの略のようです。
社内に他社の測定器がなので、比較は出来ませんでした。
報告する場合は、「抵抗値がレンジをオーバーしたので、測定できませんでした」と伝えればよいと思います。
蛇足ですが、絶縁物の“抵抗値”を測定する場合には、テスタでは計れないと思いますし、用途が違うと思います。
絶縁物は「絶縁抵抗計」という計器があり、直流の250V~1000V程度の電圧を印加して20MΩから2000MΩの値を計測します。この場合でも目盛りの最大値、例えば500Vでは100MΩを超えた場合でも、無限大とは表現せず、100MΩ以上と表現します。
テスタで計れる抵抗値は、部品としての「抵抗」を測定するのであって、絶縁抵抗を計るのは本筋ではありません。概略の大きさ程度は目安として判断できますが、用途によって使い分けないと正確な値が得られません。(すでにご存知でしたら失礼をお詫びします)

手元にあるデジタルテスタの取扱説明書によれば、
レンジを超えた入力の場合には、“OL”(over road)が表示されます。・・と書かれています。(日置電機製)
このメーカーの場合はオーバーロードの略のようです。
社内に他社の測定器がなので、比較は出来ませんでした。
報告する場合は、「抵抗値がレンジをオーバーしたので、測定できませんでした」と伝えればよいと思います。
蛇足ですが、絶縁物の“抵抗値”を測定する場合には、テスタでは計れないと思いますし、用途が違うと思います。
絶縁物は「絶縁...続きを読む

Qプルアップ抵抗値の決め方について

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調節していって電圧降下が0.9Vとなるように設定するのでしょうか。どうぞご助力お願いします。



以下、理解の補足です。
・理解その1
ふつう、こういう場合は抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が決まっていることが前提だと考えていました。V=IRを計算するためには、この変数のうち2つを知っていなければならないからです。
また、例えば5V/2Aの電源を使った場合、マイコン周りは電源ラインからの分岐が多いため、この抵抗に2A全てが流るわけではないことも理解しています。

電源ラインからは「使う電流」だけ引っ張るイメージだと理解しているのですが、その「使う電流」が分からないため抵抗値を決定できません。(ポート入力電流の最大定格はありますが…)


・理解その2
理解その1で書いたように、抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が必要だと理解しています。図2を例に説明します。Rの値を決めたいとします。
CD間の電圧降下が5Vであることと、回路全体を流れる電流が2Aであることから、キルヒホッフの法則より簡単にRの値とそれぞれの抵抗に流れる電流が分かります。今回の例もこれと同じように考えられないのでしょうか。

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。

スイッチがONした時に抵抗に流れる電流というのは、最大入力電流や最大入力電圧
という仕様から読めば良いのでしょうか。
→おそらくマイコンの入力端子の電流はほとんど0なので気にしなくてよいと思われます。
入力電圧は5Vかけても問題ないかは確認必要です。

マイコンの入力電圧として0Vか5Vを入れたいのであれば、抵抗値は、NO3の方が
言われているとおり、ノイズに強くしたいかどうかで決めれば良いです。
あとは、スイッチがONした時の抵抗の許容電力を気にすれば良いです。
例えば、抵抗を10KΩとした場合、抵抗に流れる電流は5V/10kΩ=0.5mAで
抵抗で消費する電力は5V×0.5mA=0.0025Wです。
1/16Wの抵抗を使っても全く余裕があり問題ありません。
しかし、100Ωとかにしてしまうと、1/2Wなどもっと許容電力の大きい抵抗を
使用しなければいけません。
まあ大抵、NO3の方が書かれている範囲の中間の、10kΩ程度付けておけば
問題にはならないのでは?

Qオーディオアンプのプロテクトが掛かって音が出ない

Sansui AU-D607xのアンプを所有してます。
20年ほど前に購入し10年以上使っていませんでしたが、電源を入れてみたところプロテクトが掛かって電源が入りません。
ちなみにこの10年の間に引っ越してから初めてのアンプ単体での電源投入です。
上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。
もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?
スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。
出来れば自分で修理して再現させたいのですが、どなたかアドバイスいただけたらありがたいのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。

10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。

基板をちょっと目視しただけでは、部品劣化は判断しかねますし、またハンダ浮きも分からないものです。

> もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?

解放インピーダンスを検出してプロテクトが掛かるのは、ごく稀です。可能性があるのは解放されると困るディジタルアンプくらいなものでしょう。
そのアンプは故障しており、何が出力端に出ているか分かったものではありませんので、大切なスピーカーを接続するのはやめておきましょう。

> スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。

症状の特定ができないようでしたら、それがいいと思います。
自分で症状を特定するにしても、(知識のある人間でさえ)膨大な時間と労力を要します。掲示板でちょっと質問したから適切な回答が得られるような内容ではありません。

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。

10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそ...続きを読む

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング