親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

静岡県伊豆市に在住、築12年平屋の一軒家、外壁 ラスモルタル 下地吹付仕上、屋根 カラーベストコロニアル茸、10年が目安で家の手入れをする話しを聞いた事があります。屋根がくたびれた感じと屋根が張り出た裏側部分に水がしみこんだシミ跡、外壁の汚れなど多少気になる部分がでてきました。そんな折り、知り合いの友人がリフォーム会社に勤めていて、近くに今工事をしている家があって、こちら方面に出向いているので、今だったら少し安い工事費で塗装ができるがどうか?と言ってきた。12年目のこの時期に手を入れておいた方がいいものか?見積もりを出してもらったが、塗装のやり方はいいのか?その金額は知り合いの紹介って事で、だいぶ安くしてくれたそうだが妥当なのか?足場は、今工事している家で使用のものを使うそうで安くしてあるそうで(確かに安い)、屋根の塗装も一番いいシリコンを使用するが、金額はウレタンの価格にしてくれたそうです。見積もりの詳しい内訳は下記の通り。
(1) 高圧洗浄   64m2  単価 200  価格   12,800
(2) 外壁下塗り  〃        900   〃   57,600 フィラー
(3) 外壁中塗り  〃       1,300   〃   83,200 ウレタン
(4) 外壁上塗り  〃       1,300   〃   83,200 ウレタン
(5) 目地コーキング              一式  25,000 
(6) 樋 破風 軒天 キリヨケ 換気フード 一式 128,000
(7) 足場                     一式  35,000
(8) 屋根塗装 シリコン3回塗り       一式  200,000
                           ▲    5,752
                         合計   619,048 
                        消費税   30,952  

                    見積もり額  650,000円

対応の業者の方は、丁寧に説明してくれ、昔かたぎの職人さんの感じのいい50代のおじさんです。

● 築12年で塗装工事はした方がいいのか?
● 今月11月の工事は時期的にどうなのか?
● 見積もりは 工事工程・金額は適切か? 

詳しい方のアドバイスよろしくお願いします。

          

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プロです。

順にお答えします。

● 築12年で塗装工事はした方がいいのか?
お書きになられている家のタイプなら塗装なさる方が良いですね。
可能であるならば10年経つ前に塗装して、その後約10~12年ぐらい毎にメンテナンスをするのが理想だと思います。

● 今月11月の工事は時期的にどうなのか?
プロが行うならば、別に悪い時期ではないですよ。晴れも多いですし。
伊豆ならば、低温による施工不良もないと思いますので、大丈夫です。

● 見積もりは 工事工程・金額は適切か? 
うーーーん(-_-;)
正直言って、だまされてます。
ウレタン塗りの定価2回塗りで1600~1800円程度です。シリコンも定価で1800~2200円。(共にm2あたり)
恐らく屋根も・・・・数量がそれほどないので一式にしたのでしょうけど・・・。

見積の出し方が典型的な訪問販売業者の物と同じです。
知り合いの友人て人は、そのようなところにお勤めでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロの方からの回答は嬉しいです。ありがとうございます。やっぱりだまされていますか(苦笑)知り合いと言っても特に親しくはない。ただ友人は大きなホームセンターのリフォームの下請けをやっているちゃんとした会社ではありますが、、。工事工程が良くわからないので、どんな点に注意して見ればいいのか?安心業者を見極めるポイントがあれば教えて下さい。又11月は工事時期には大丈夫だそうですが、来年やるとしたら、他にどんな時期がベストであるかも教えて下さい。メンテナンスは10~12年単位で心掛けていこうと思います。

お礼日時:2010/11/16 23:24

● 築12年で塗装工事はした方がいいのか?



年数的にしてもおかしくは無いです。
年数だけですると言うのであれば、一度診断して貰った方が良いと思いますが、コーキング類は既に干からびていると思いますよ。

● 今月11月の工事は時期的にどうなのか?

今現在、ウレタン塗装もシリコン塗装も同じような値段ですから、外壁塗装だけはシリコン系にした方がウレタンに比べ数年(3~4年)長持ちします。
現在つや消しは無くつやありしか無いのですが、シリコン系低汚染塗料を使えば耐久は15年程になります。
ウレタンだけだと8年程です。

● 見積もりは 工事工程・金額は適切か?

質問者様が信頼できる所で施工する事が結果的に一番安くなります。
妥当な値段でしょ、下を見れば切がありませんよ、その半額でする所があっても怖いでしょ?
そう言う事です、決して値段だけではない信頼関係も大事です。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。年数的に塗装工事が必要であるのがわかり良かったです。
確かに半額の見積もりでは怖いですよね(笑)塗装の工程がいまいちよくわからないので、ちょっと調べたいと思います。

お礼日時:2010/11/16 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外壁屋根の塗装工事の時期

そろそろ外壁と屋根の塗り替え(リフレッシュ)工事を行おうと思います。つい先日梅雨入り宣言が気象庁より発表されましたが、塗装を始めたら雨が降ってきた、塗装が乾くまでに降雨、下塗りしたあと雨で上塗りが出来ないなど多少不安があります。梅雨入り時期に塗装工事などで行っても良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます。ペンキ屋です。早速質問にお答えいたします。
基本的には梅雨の時期は避けたほうがいいと思います。
下塗り、中塗り、上塗りと塗装をしてから乾くまでに雨が降ると流れます。
雨で流れると養生している部分(窓やサッシ廻り・土間・巾木)などが汚れてしまう可能性はあります。
ですが、現場に入られる方もそれぐらいのことは分かっているはずなのであんまり心配はないと思います。
雨が降って不具合や耐久性などが落ちることはないと思いますが
工期(塗装期間)は確実に長くなります。
単純に1週間かかる現場で3日間雨が降ると10日間になります。
養生期間も長くなってしまうのでその間、見映えや、窓の開閉、洗濯物が干せなくなる期間が長くなります。
そのあたりのことを気にしなければ全然、大丈夫だと思います。

Q雨漏りしました。

 3階建ての木造住宅です。先日強い風雨の時に、2階のサッシ枠上部のねじ1カ所から急に雨が落ちてきました。初めてのことで、ぼたぼたとたれてきてたいへん驚きました。その上は3階のベランダです。
 もうすぐ築8年なので、コーキングや外壁塗装の時期だと考えられます。補修をお願いしていますが、それまでの間がとても心配です。雨漏りした時はすぐに雨が止んだので大事には至りませんでしたが、サッシの段差があり、窓を開けない限りバケツなどを置くことができないのです。サッシ枠の外側は木部ですぐに水が染みてしまうため、とても心配です。強い風雨の時、どうすればよいのか悩んでいます。
 雨漏りの特定はできるのでしょうか?できない場合、コーキングや外壁塗装などをするまで、どのような応急処置ができるのでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

現地や図面を見ていないのであくまで推測による回答になりますが。m(_ _)m

木造3階建ての2階部分ですとおそらく天井裏には人が入ることは出来ないと思いますので正確な場所の特定は難しいかと思います。(漏れた水が梁等を伝って離れた場所から染み出ることもありますので)
でも、若干コストはかかりますが専門の業者は特殊な溶液を使って漏水テストをし、かなり正確に漏水個所の特定をしてくれるところもあるようです。
ただ、今回の書込を見る限りはやはり上部のバルコニーが一番怪しそうですね。
8年目にして初めて漏れたのであればコーキングが切れたのが直接の原因のような気もします。(下地の防水シート等もうまく機能していないのでしょう)
多分業者さんも同じ辺りに狙いを付けると思いますが、バルコニーのサッシ周り(特に下側)、防水と外壁の取り合い部(水切り下部)、手摺笠木と外壁の取り合い部、手摺壁の入隅部等が原因として多い箇所です。
あと少し特殊なケースでは内部に入り込んだ水を排出するために水切りの上部には通常コーキングはしないのですが、経験不足な職人さんが勘違いしてコーキングしてしまうことがあります。(出口が無いため水が溜まって防水シートの継ぎ目等から壁体内部に浸入することがあります)
それとエアコンの室外機を上階に設置している場合で、冷媒配管を抜いた壁からすぐに上へもっていったりしている場合には、雨が配管を伝って壁内に浸入することもあります。

外壁や防水を剥がしての大掛かりな補修でない限り、基本的にはコーキングの増し打ち、または打ち直しになるでしょうから応急処置を必要とするほど時間はかからないと思いますよ。
するとすればバルコニーにブルーシートでも被せるくらいでしょうか?

現地や図面を見ていないのであくまで推測による回答になりますが。m(_ _)m

木造3階建ての2階部分ですとおそらく天井裏には人が入ることは出来ないと思いますので正確な場所の特定は難しいかと思います。(漏れた水が梁等を伝って離れた場所から染み出ることもありますので)
でも、若干コストはかかりますが専門の業者は特殊な溶液を使って漏水テストをし、かなり正確に漏水個所の特定をしてくれるところもあるようです。
ただ、今回の書込を見る限りはやはり上部のバルコニーが一番怪しそうですね。
8年...続きを読む

Q外壁塗装の時期と相場について

数日前に装塗装業者さんの訪問を受け、我が家が塗装を実施する時期に来ていると説明されました。また、今すぐ申し込めばキャンペーンで6件限定で割引もあるとのことでした。

外壁塗装について、インターネット検索や他の質問を拝見したのですが、妥当性がよく分からないため、よろしければ皆様のお知恵を拝借できないでしょうか。

■状況
築12年3か月の3階建て(都内、一戸建て)
建坪 約75m2
壁面は2面がタイルのため塗装が必要なのは残りの2面と考えています。
これまで屋根、壁とも何もしていません。

■訪問時に頂いた見積もり
http://k.achoo.jp/site/gaisou/yanemmitumo
http://k.achoo.jp/site/gaisou/gaimitumo

■ひび割れなどの状況
http://k.achoo.jp/site/gaisou/

■お伺いしたい内容
今の時期に実施するべきなのでしょうか?
工法はシリコンがいいと伺いました。費用は妥当でしょうか?

ひび割れの写真を見せられるとすぐにでも対応しないといけないような気になってしまいますが、周りの家を見てみると実施していないところが多く、まだ必要無いような気もします。

もう数年待ってもいいものなのでしょうか。確実にかけた費用以上に価値があるのなら実施も考えているのですが。。

この不景気でボーナスも少なかったので、その場合でもできるだけ安く抑えたいとも思っています。

とりとめのない質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

数日前に装塗装業者さんの訪問を受け、我が家が塗装を実施する時期に来ていると説明されました。また、今すぐ申し込めばキャンペーンで6件限定で割引もあるとのことでした。

外壁塗装について、インターネット検索や他の質問を拝見したのですが、妥当性がよく分からないため、よろしければ皆様のお知恵を拝借できないでしょうか。

■状況
築12年3か月の3階建て(都内、一戸建て)
建坪 約75m2
壁面は2面がタイルのため塗装が必要なのは残りの2面と考えています。
これまで屋根、壁とも何もしていません...続きを読む

Aベストアンサー

塗装業者です。
築12年では、一般的に塗替え時期に入っていると思います。
新築時に建売を買われたのであれば大した塗装は成されていませんので場所によっては劣化が進んでいるものと考えられます。
費用については我々直手の職人を抱えている直接施工の塗装会社から見ればかなり高いです。
塗装費用に関しては60%程度で施工可能と思われますが、実際に拝見しておりませんので一概には言えません。
足場は数量が少ないので妥当かと思います。
経費10%も普通です。
ただ外壁のひび割れを気になさっているのであれば高弾性の下塗り材と弾性シリコンとした方が後々ひび割れが起きずらくなり有効です。
いずれにしましても他の直接施工の塗装会社にも御見積を依頼する事をお勧め致します。

Q外壁塗装の時期について

一戸建て住宅です。この一年以内に外壁塗装をしようと考えています。一番適した時期はいつ頃がいいのでしょうか?
業者さんの一番暇になる時期に依頼する方が丁寧な作業をしていただけるとか、真夏の良く乾く時期がいいとか、反対にゆっくり乾かす冬場の方が適しているのかアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般に流通してる塗料の場合、5℃以下での作業は避けるように記載されてます。
だからといって猛暑の中での作業は短時間に硬化することを考えれば、やはり5月から6月頃の陽が長く高温にならない時期がベターだと思います。
他に、屋根を塗装する際でも11月中旬以降で霜が降りるようになると北側の屋根に太陽光が当たらず、霜が融けてから乾燥するまでに時間がかかるので最良の仕上がりになりません。
職人がヒマになる年初は丁寧な仕事になるより、仕上がりに難点が起こる心配が高くなります。
よって、最良の時期は前述の通りで、次は9月中旬以降の10月から11月の寒くなる前だと思います。

Q外壁塗装&屋根のリフォーム時期について

外壁塗装に詳しい方、お知恵をお貸しいただけると幸いです。

我が家は築19年、昨年中古で購入したスレート葺き木造2階です。売主がリフォームしてから売りにだしたので、外壁塗装もされ、屋根以外はほぼ綺麗な状態でした。
2~3年後に、屋根のリフォームをと考えていたのですが、ある問題が出てきました。

春からベランダの手摺りと玄関の庇の塗装が、ボロボロに剥げてきたのです。売主に相談しましたが、保障にならないとの回答でした。

そして先日、ひょんな事から自宅で塗装屋さんと話す機会があったので相談したところ、
「ボロボロとはげる箇所は、中の木が水分を含んで膨らみ、塗装が剥がれているのでは。そこに塗装しても無意味だから、金属板などでカバーするしかない。
ほかの部分を見ても、コーキング処理がされてないから、目地にヒビが何箇所も入っているし、雑な塗り方。このままでは、コーキングのヒビから雨が染み込み、どんどん膨らんで張替えしか道がなくなる。
それよりも、早めにコーキング処理をしっかりし、質のいい塗料(フッ素やシリコン)で再塗装した方が今後のためにもいいのでは?それなら10~15年は大丈夫。今のままでは、5~6年先には張替えになるかも知れないです」
との見解をいただきました。確かにサイディングの目地に細かなヒビが何箇所もあります。

しかし、屋根のリフォームも考える中、外壁は予想外の大出費です。
そこで今後どのようにリフォーム計画を練ればよいか悩んでおります。

この家にはあと25年くらいは住みたいです。屋根は現在雨漏りなしですが、勾配がきつく足場代が高額な為、何度も塗装をするよりカバー工法でガルバリウム葺きを考えています。

お聞きしたい事をまとめると
(1)頭金を貯めたいので、2年後にリフォームを考えていますが、それまで外壁は持つでしょうか?
(2)延床40坪、屋根150m2、スレート→ガルバリウムにカバー工法+外壁塗装(シリコン)の両リフォームで300万でおさまるでしょうか?
(3)もっとよい案はあるでしょうか?

質のよい中古と思っていただけにかなりショックですが、大事にしていきたいです。

読んでいただきありがとうございました。よろしくお願い致します。

外壁塗装に詳しい方、お知恵をお貸しいただけると幸いです。

我が家は築19年、昨年中古で購入したスレート葺き木造2階です。売主がリフォームしてから売りにだしたので、外壁塗装もされ、屋根以外はほぼ綺麗な状態でした。
2~3年後に、屋根のリフォームをと考えていたのですが、ある問題が出てきました。

春からベランダの手摺りと玄関の庇の塗装が、ボロボロに剥げてきたのです。売主に相談しましたが、保障にならないとの回答でした。

そして先日、ひょんな事から自宅で塗装屋さんと話す機会があっ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、外壁サイディングの塗装がちゃんとしたものという前提ですが、サイディング目地のコーキングのみ打ち替えということが出来ます。一度劣化したコーキングを撤去してから新しいコーキングを打ち直すということです。足場代金は外壁塗装と同じだけかかりますが、塗装費用が要らないために低コストで済みます。コーキングにしろ塗膜にしろ、ものを痛めるのは紫外線です。前回コーキングをそのままに塗装だけをしたのであればコーキングのひび割れが塗膜の上に出てきているのかもしれません。

木部の塗膜のはがれですが、原因は書いておられる以外にも「旧塗膜と新塗料の相性が悪く剥離してきた」、または「新塗料が質の良くないものなので早期剥離につながった」ということが考えられます。木が腐っていないのであれば旧塗膜を完全に除去して2液性ウレタン塗装を施せば長持ちするでしょう。

玄関庇は屋根側ですか?軒裏ですか?拝見していませんしどちらかわかりませんが、旧塗膜との相性ということは考えられます。

文章から察するに外壁は190m2ぐらいでしょうか?
外壁面積やコーキング目地のメーター数、現場状況がわからないのであいまいな答えになりますが、屋根の改修工事、外壁塗装、コーキング打ち替え、足場を合算しても200~300万円で十分に収まると思います。
また、見積を取られるのならば2~3社から相見積をとることをお勧めします。その中から選抜する時には価格だけではなく「人柄」をよく見てください。少々の価格の違いでおかしな業者に依頼すると、次の10~15年後の外装工事まで外壁を見るたびに後悔することになりかねないからです。

以上、ご参考までに。

まず、外壁サイディングの塗装がちゃんとしたものという前提ですが、サイディング目地のコーキングのみ打ち替えということが出来ます。一度劣化したコーキングを撤去してから新しいコーキングを打ち直すということです。足場代金は外壁塗装と同じだけかかりますが、塗装費用が要らないために低コストで済みます。コーキングにしろ塗膜にしろ、ものを痛めるのは紫外線です。前回コーキングをそのままに塗装だけをしたのであればコーキングのひび割れが塗膜の上に出てきているのかもしれません。

木部の塗膜のはが...続きを読む

Q家の屋根 外壁の塗装時期

新築築13年建売です 最初の外回りの塗装を考えていますが時期的に今は(12月)は適期でしょうか それとも何時頃が適期でしょうか

Aベストアンサー

プロフィールを拝見いたしますと、私と同じ南関東に在住ですね。

一般に、塗料には次のようなタイプがあります。
 ・「シンナー」(油性塗料)や「水分」(水系・水性)の揮発によって塗膜を形成するタイプ[1液型]
 ・化学反応によって固い塗膜を作るタイプ[「主剤」+「硬化剤」の組み合わせ:2液型]
 ・反応の熱を利用するタイプ[2液型+酸液]

多分、『1液型』をご使用すると思われますので・・・
 気温が低い「冬」は揮発が遅くなったり、揮発できないことが多々ありますので、やめてください。又、梅雨~残暑の頃も避けるのがベター。
 と言うことで、「3月後半~4月」の比較的気温が穏やかな時か、「残暑が過ぎた9月下旬頃~10月中旬」が良いです。

Q家の外壁塗装の時期について

築15年経ち、消費税もあがるので
家の外壁塗装をしようと思っていますが
これから寒くなる時期にやるのはあまりよくないのでしょうか。
愛知県在住ですが、3月くらいまで待った方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

今更多少伸ばしてもかわらないでしょう。

無理に駆け込みに乗らなくても、むしろ仕事の薄い時期に塗装してもらったほうが良いでしょう。


今時期は大変込み合っていてはっきり言って多少なりとも雑です。



理想の外気温   
15~25℃は欲しいです(気温が低いと艶が出ない 伸びないと刷毛目が目立つ 伸びないので薄める)

*愛知の冬は寒いですよ やるなら最低10時~15時が限界ですよ。
(北側と南側で艶の出方が変わったら嫌だね。

Q外壁塗装と屋根塗装について

築15年経過した家に住んでおり、日本海のすぐ側に家があるので北風と潮風で外壁がそろそろ塗装の時期になっております。
そこで6社程見積もりにきてもらったのですが、6社中4社が「屋根はまだまだ綺麗なので、すぐに塗る必要はなさそう」との事でした。
屋根はコロニアル屋根で写真も見ましたが、確かに錆び等もなく綺麗な状態でした。

こちらでは15年もたっているし当然外壁と屋根を一緒にするつもりだったのですが。。。。
そういう風に言われると「今必要ないのに屋根をするのはもったいないかも」と思うようになりました。

足場代だけで15万必要なのに、数年後に屋根だけの為に又足場代を払うのも馬鹿馬鹿しいなあと思っていて悩んでいます。

そこで
1.今外壁も屋根も一緒に塗装する 2.外壁だけ今して数年後に足場なしで塗装してくれる所をさがして屋根を後でする 3.外壁も屋根も後数年待って一緒にする 4.外壁だけ業者さんに頼んで、その足場を使って自分で屋根を今回塗る(自分でできるものなのかどうか??)

こんな感じで迷っています。 ちなみにこの家には後住んでも15年から20年なので外壁塗装は今回のみにしたいと考えています。屋根の角度は決して緩くなく、すごく急なわけでもありません。
外壁はチョーキングがでていますが、ひび割れ等しているほどまでではありません。

お詳しい方からアドバイス頂けると助かります。

築15年経過した家に住んでおり、日本海のすぐ側に家があるので北風と潮風で外壁がそろそろ塗装の時期になっております。
そこで6社程見積もりにきてもらったのですが、6社中4社が「屋根はまだまだ綺麗なので、すぐに塗る必要はなさそう」との事でした。
屋根はコロニアル屋根で写真も見ましたが、確かに錆び等もなく綺麗な状態でした。

こちらでは15年もたっているし当然外壁と屋根を一緒にするつもりだったのですが。。。。
そういう風に言われると「今必要ないのに屋根をするのはもったいないかも」と思うよう...続きを読む

Aベストアンサー

答えは一つです。
15年も経過してれば初期の塗装は劣化してます。
よって、今回の工事に屋根も含めるのが妥当です。

蛇足ですが、ペンキ屋の多くは屋根塗装を敬遠しがちです。
理由としては塗装したことが原因で漏水が起こることが多いからです。
しかし、コロニアルの塗装も所詮は塗料メーカーの塗料を使ってるので、耐久性は永遠ではありません。
10年が目安で塗装するのが耐久性を高める結果になるので、今回行なうのが適当な時期と考えます。
注意が必要なのは、屋根の機能を軽く考えるペンキ屋が圧倒的に多く、時には壁に使う塗料を使用するケースも見受けられます。
壁用と屋根用の塗料では設計のコンセプトが違うので、耐候性に大きな差が有り、そしてそれは価格にも差があります。
その違いはマニュアルにも記載されてるので、業者が予定してる塗料を確認し、その詳細を把握しておかないと後々のトラブルに発展します。
このサイトで疑問の質問をされる多くの方々は、そこを疎かにした結果で手抜きをされた内容に気が付かないことが殆どです。
高価な買い物ですから、慎重になっても相手(業者)に失礼にはなりません。

確かな工事を得るために参考にしていただける内容をご紹介します。
一般的な35坪前後の建物の場合、屋根の面積は120平米前後です。
塗料メーカーの各製品には、それぞれマニュアルがあります。
そしてその製品の多くは、下塗り(プライマーやシーラー)をした後、上塗り2回が標準的な塗装工程です。

たとえば、A社の製品が1缶(16キロ)で100平米塗れると考えた場合、2回塗る場合は240平米になるので3缶必要になります。
しかし、手を抜く場合は2缶で終わらせます。
理由は簡単で薄めれば塗布面積が伸びるからです。
役所でもない限り、そこに使用する必要量のチェックはなく、塗装業者の良心に任せているのが殆どの現場です。
しかし、そこでは短期間に不具合は起きず、5年もすると艶が減少することで再度の塗装が必要になると考えるのが多くの施主さんの判断です。
もしマニュアル通りか、残った材料を3回目として塗っておけば、優に10年は持つのに、それを行なわないのが塗装業界の現状です。

もしこれから行なう場合は、予定の塗装面積と使用材料のマニュアルを照らし合わせ、尚且つ持ち込まれた材料の数を見れば手抜きがどうかの判断は一目瞭然です。
ユーザーさんが納得される判断をされるためにも、使用材料の量は確認されることをお勧めいたします。

もう一つ大切なことです。
コロニアルを塗装する場合、洗浄をいい加減にすると剥離の原因になります。
今は「ターボノズル」という優れた部品があるので短時間で洗浄できますが、それでも120平米となると1時間では絶対にムリです。
その点の作業時間も確認していると作業内容の把握にもなります。 

最後ですが、塗装後は「縁切り」と称する上下の材料を切り離す作業があり、それを怠ると漏水に繋がる恐れがあります。
今はそれを防ぐ目的で「タスペーサー」という部材が流通してます。
一個20円(原価)で1000個ほど必要になりますが、漏水の危険を考えると決して高いものではありませんので、お勧めしたい部材です。
長々と失礼しました。
ご希望に近い仕上がりになることを願っています。

答えは一つです。
15年も経過してれば初期の塗装は劣化してます。
よって、今回の工事に屋根も含めるのが妥当です。

蛇足ですが、ペンキ屋の多くは屋根塗装を敬遠しがちです。
理由としては塗装したことが原因で漏水が起こることが多いからです。
しかし、コロニアルの塗装も所詮は塗料メーカーの塗料を使ってるので、耐久性は永遠ではありません。
10年が目安で塗装するのが耐久性を高める結果になるので、今回行なうのが適当な時期と考えます。
注意が必要なのは、屋根の機能を軽く考えるペンキ屋が圧倒的に多...続きを読む


人気Q&Aランキング