人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

湯桶読みというネーミングについて違和感をどうしても抑えられない30男です(^^ゞ

まず熟語の読み方として、湯桶読みは「訓読み+音読み」で丁度その反対は重箱読みだという事は理解しています。
小学生(いや中学生? 全く自信なし)の頃だったでしょうか、この読み方というか用語を国語で習って以来、音音や訓訓ではない変則的な読み方だなぁとは思いつつ、和語と漢語を組み合わせて語彙を増やそうとした際に、
その和語に対応する漢字を使おうとした時に音読みで結合してしまうと、言葉の意味がイメージしづらかったとかもそういう単語が生まれてしまった要因なのかなぁなんて勝手に思っている訳ですが、
[或いは、漢語の方を和語に変えて結合しようとしてもやはり上手くいかなかったとか?]
何故にそういう変則読みの代表選手として「湯桶」を選んでしまったのでしょうか?

(1)皆さん、「湯桶(ゆトウ)」って知ってました?  ←少なくとも子供の僕は「なんのこっちゃ? それって"ゆおけ"とはちゃうんですか?」と目が点になりました。
その他の該当熟語の例(雨具、手帳、野宿、見本etc.)を挙げられてやっと「あぁ、そういう事か」と思ったのを覚えています。
あの頃の僕でこうなのですから、今の子供たちは尚更「はぁ?」ってなっていちいち先生が「湯桶(ゆトウ)とは、…」と説明しなくちゃいけないと思うのですが。。

(2)何故もう少し漢字としても簡単で、子供でも知っていそうな単語を使って例えば「見本読み」等のようにしなかったのでしょうか?

(3)そして何より不服というか腑に落ちない最大の理由は、「湯桶」と言う熟語には「ゆトウ」の他にも正規の読み方として「ゆおけ」と言う読みが存在します。
[個人的には、”ゆおけ”の方が読みとしてはメジャーな気さえするくらいです]
そういう単語を変則読みの代表選手に挙げるのはどう考えても不適切な気がしてならないです。

因みに重箱読みの方は、箱という字が少し画数も多くて難しそうな気もしますが、これ以外の読み方はないように思いますし、今は昔ほどおせち料理を用意する家庭も減っているかも知れませんが、それでもまだ「湯桶」よりはなじみがある気がするので、代表選手でも構へん構へん!って感じです。

皆さんの湯桶読みに対するご意見、ネーミングの由来、現場の国語教師の方のお気持ちなどお聞かせいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)


私は「湯桶」というものを、「湯桶読み」という言葉を通じて知りました。現代の人間にはあまりなじみのないものなので、最初は何のことか分からず、どういう物の名前であるのか、辞書を引いて初めて分かりました。

(2)(3)について。
これは、どこで読んだのか失念しましたので、確かなことではないのですが、昔、「重箱」と「湯桶」はセット物だったようです。
現在の我々にとっての「弁当箱」と「水筒」と同じニュアンスで、昔の人には、「重箱」ときたら「湯桶」と連想できるような、日常生活に馴染みのある道具だったようです。
「重箱読み」とくれば「湯桶読み」となっても、昔の人にとってはごく普通の発想だったのだと思われます。

昔の人にとって馴染みの深い道具の名前から取ってできあがった言葉で、時代の変化とともに「湯桶」の方だけが使われなくなってしまったということなのでしょう。

確かに、四十代の私でさえ、子供の頃には知らなかったのですから、今の子供には全く分からないでしょうけれど、この「湯桶読み」という言葉が存在することで、「湯桶って何?」という疑問がわき、辞書で調べ、昔の人はこういう道具を使っていたんだなーと思いを馳せることができるので、それはそれでよいのではないかと思いますが如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)に関して、僕と全く同じですね。

(2)(3)に関しての興味深い情報ありがとうございます。
確かに、一方の代表が生活用具とも言える重箱なのに、もう一方の代表が見本や野宿だと言われてみると妙な感じかも知れませんね。
鶴と言えば亀じゃないですけど、極々自然な「セットになるもの」だったのかも知れませんね。
と言いつつ、もしかしたらこの「鶴と亀」も今の子供たちには理解しづらいものになりつつあるのかも、なんて。。

知らない言葉に出会って辞書で調べたりして昔に思いをはせる…、素敵ですねぇ。
時々、テレ東系でしょうか「和風総本家」と言う番組を見るのですが、知らない道具名や文化風習に関する事が出てきて、
つくずく自分は「あぁ、日本の事、知らない事が多いなぁ」と再認識させられます。

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2010/11/18 04:26

ま、全く違った物を同じ発音で呼ぶのが紛らわしいので「ゆおけ」と「ゆとう」とわざと呼び変えて混乱しないようにしてたんだね。

この紛らわしさには、昔の人も困っていたようだから、ひと際「湯桶読み」という言葉に印象が深かったんじゃないかな。この例と全く同じゃないが、似たように混乱する例は「科学」と「化学」だ。だからこれを区別するためにわざわざ「ばけがく」と湯桶読みをして区別する人が今でも幾らでもいる。他には「市立」と「私立」を区別するために、わざわざ「いちりつ」とか「わたくしりつ」と言ってここでも湯桶読みをして区別している。

と言うことは、この湯桶読みは単に、訓+音という組み合わせのことを言っている以上の情報を持っていると言うことだ。要するに、「混乱を避けるために」わざわざ変則的に読んで他の物と区別するという意味まで含まれていることになる。だから、雨具も手帳も野宿も見本も皆、そんなので代表してたんじゃ駄目なんだね。こう考えてみると、湯桶読みってのは、教養の極致、人を唸らせような命名法だね。

今の人と比べると、どういうわけか昔の人の方が教養が高かったように思えてしまうが、それは単に思い込みばかりでも無さそうだね。きっと、こう言うことに文句を言い出すのは、命名法や印象と言う立派な言葉があることも知らずに、ネーミングだイメージだって字の形を見てもちっともその語源が判らない言葉を、何も考えずに使うようになっちゃたのも原因の一つになっているんじゃないかな。

貴方はもう30代らしいから未だ良いが、これからはゆとりがドンドン大人になる。きっと、日本語も凄く乱れるんだろうね。そう言えば最近、「主賓」という言葉を何度言っても通じなかったので、「メインゲスト」と言ったらやっと通じたゆとりがいて、こちとらは度肝を抜かれた。あたしから言わせれば、ネーミングもメインゲストも同程度と思えるんだが、こんなのは、まあ年寄りの僻事なんじゃろうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむと唸らされる部分と、なかなか手厳しい物言いをなさるなぁという部分を併せ持ったご回答ありがとうございます。

まず最初に、決して湯桶読みという言葉に対して文句を言っているのではありません。
ただ、「ゆとう」という訓音と「ゆおけ」という訓訓という2通りの読みが可能な熟語を代表にしてしまうと、そういう2通りの読みを持つ単語"しか”湯桶読みというグループ分けに当てはまらないような誤解さえ与えかねないのではないか、
そういった点で適切ではない気がするが、にもかかわらず選ばれたのには由来があるのであれば果たしてどんなものなのか、それが知りたいと言う趣旨の質問です。

例えば、相撲等で聞く”勝利”の事を「きんぼし」と言ったり、或いは太陽系惑星の一つとして英語名Venus=「きんせい」があり、共に漢字では「金星」と書きますが、前者が音訓の重箱読みで、後者は音音となっています。
しかし、重箱読みではこういう2通りの読みが可能な単語が代表になっていないのに不思議だなぁ、という思いからの質問のつもりです。

言葉足らずでそういう意図が伝わっていなかったのは残念ですが、「言葉を知らない」だのと質問者を小馬鹿にしているとも受け取れる物言いをなさるのはどうかと思いますよ?
そもそも、今の日本語での会話においてカタカナ語を全く入れずして会話する事なんて不可能とまでは言いませんが、限りなく苦痛にも似た感覚ではないでしょうか?
大和言葉由来の単語じゃない漢語由来の言葉だって元を辿れば"外来語"なわけですし、そういったものを柔軟に受け入れられるのが日本語の良さだとも言えると思うのですが??

とは言え、貴方様から見れば言葉を知らない30男の僕でさえも、同僚や年下の者のファミレス言葉や「さ入れ言葉」や誤った敬語表現などで軽くイラッとくる事はあるのですが…。
それもいつか巡り巡って「年寄りの僻事」になっていくのかも知れませんね。

お礼日時:2010/11/18 05:08

湯桶(ゆとう)と湯桶(ゆおけ)は全く異なるものです。


「30男」が「ゆとう」をご存じないのは無理からぬことです。

[参考URL]示した記事が参考になろうかと。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%A1%B6
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問文において言葉が足りなかったようですが、「ゆとう」と「ゆおけ」が異なるものである事は存じております。
最初にその言葉を習った際に国語教師から軽く説明を受けましたし、自身でも辞書を引いてみました。

ともあれ、参考URLのご提示共々ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/18 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重箱読みは良くない?名前編

重箱読みってありますよね。
それって、人の名前に使うと良くないとチラッと(^_^;)耳にしたのですが・・・
妹の子供の名前が重箱読みなのです。

詳しく知ってる方いらしたら、どういう理由で
悪いのか教えていただきたいです。

よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

それはどこから来た説なのでしょうか?
重箱読みが良くないというなら,
女性の名前としてポピュラーな
「けい子」,「よう子」,「りょう子」など,
「子」がつく名前の多くは良くないということになりませんか?

良いも悪いも結局のところ本人次第であって,
それを名前のせいにするようでは
所詮その程度の人間だということなのでしょう。
俗説に惑わされず,
自分の名前を誇りに思えるような娘さんに育ててあげてください。

Q〈訓読〉と〈音読〉とが混じるのはなぜですか?

「豆蔵」(まめゾウ)
「豆炭」(まめタン)
「豆本」(まめホン)
 適当に、辞書から上記の言葉を拾ってみました。
 そこで質問です。
 一文字目の「豆」(まめ)は訓読で、二文字目は三者とも音読となっています。これは日本語では多いことなのですか?
 例えば、
「豊作」(ホウサク)
「豊満」(ホウマン)
「豊年」(ホウネン)
 とか別になんでもいいのですが、音読だけで文字が形成されていることが多いと思うのです。これ以外にも。
 訓読と音読とが混じっている言葉というのは、もっといっぱいあるのでしょうか?
〈訓読と音読とが一緒になってはいけない〉というルールがあるわけではないのですね?
 訓読と音読とが混じるのはなぜですか?

 上記四つのクエスチョンマークに答えて頂けるとありがたいです。
 どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

高島俊男氏の著作に詳しく書いてあります。
「漢字とに日本人」「お言葉ですが・・・」シリーズ、どれも肩のこらない面白い本ですので興味があればご一読を。

日本語の語彙の大半を占めるのが、漢語由来の「字音語」と本来の日本語である「和語」です。
そしてこれらが癒着し、音訓が混ざった語は日本語の中で約4%ほどだそうです。つまり結構たくさんあるが本流では無いということですね。
漢語以外の外来語(シャツ、コップ、カレーなど)の方が数が多い。

つまり音訓が混じってはいけない、というルールはありませんが、多少違和感のある語のようです。慣用として定着していないと耳障りに聞こえますね。目線(めセン)とか四月をよんガツと読む等。

訓読と音読(つまり和語と字音語)が混ざるのはなぜか。
これは難しいですが、わたくしなりに推測すると
1、対象になじみがありすぎて字音語か和語か意識していない場合。
 例えば「ぶたニク」。「ギュウニク」の場合は「うしニク」とはいいませんが、肉(ニク)が字音語であることはあまり意識に登らないので違和感がすくない。
2、和語の不足。
 和語は日本起源のことばですが、日本語の語彙に占める割合は字音語(漢語由来の語)の方が多い。石段の「いし」は是非「いし」と訓で読みたい、しかしダンに対応する和語(つまり訓読み)が無い。
3、字音語は音だけでは意味が解らない。
 同音異義語が多すぎて耳で聞いても解らない。「セキダン?なんじゃそりゃ?いしダン、ああ石でできた階段ね」という具合。

この2と3の事情が合わさって、新しい熟語は発生する際に音訓が混ざったのではないでしょうか。

高島俊男氏の著作に詳しく書いてあります。
「漢字とに日本人」「お言葉ですが・・・」シリーズ、どれも肩のこらない面白い本ですので興味があればご一読を。

日本語の語彙の大半を占めるのが、漢語由来の「字音語」と本来の日本語である「和語」です。
そしてこれらが癒着し、音訓が混ざった語は日本語の中で約4%ほどだそうです。つまり結構たくさんあるが本流では無いということですね。
漢語以外の外来語(シャツ、コップ、カレーなど)の方が数が多い。

つまり音訓が混じってはいけない、というル...続きを読む

Q音読みと訓読みの見分け方

学校の漢字のテキストの中に、音読みか訓読みか判別せよ。のような問題があるのですが、音読みと訓読みの判別方法がわかりません。
歯がたたないので分かる方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音読みの末尾に来る字は「ツ、チ、ク、キ、イ、ウ、ン」の七種類しかありません。
(「ツチクキイーウン〔土茎いい運〕」などの語呂合わせで覚えてください。)
したがって、「夢(ゆめ)」、「里(さと)」、「春(はる)」などは音読みではあり得ません。
紛らわしいのはその条件に当てはまっているものです (「ん」はA-1により音読み)。
下記の例の場合、括弧内の読みから錯覚しやすいと思います。
 「蜜(みつ)」は音読み、「辰(たつ)」は訓読み (「蜜豆」「蜂蜜」)
 「鉢(はち)」は音読み、「蜂(はち)」は訓読み (「鉢巻」「すり鉢」)
 「幕(まく)」は音読み、「枠(わく)」は訓読み (「黒幕」/「枠外」)
 「席(せき)」は音読み、「関(せき)」は訓読み (「関所」)
 「塀(へい)」は音読み、「灰(はい)」は訓読み (「板塀」/「灰褐色」)
 「塔(とう)」は音読み、「夕(ゆう)」は訓読み (「夕刊」「夕食」)

(B) 読みが一拍の場合
これが難しいのです。
A-2、A-3により「社(しゃ)」、「碁(ご)」、「櫓(ろ)」などは音読みと判定できますが、それ以外はどちらもあり得るからです。
* 特に間違えやすいのは「場(ば)」で、例外的に濁音でも訓読みです。
 「場所(ばしょ)」、「職場(しょくば)」などにより、音読みと錯覚しやすいのです。
 「絵(え)」は音読み、「江(え)」は訓読み
 「夜」の「や」は音読み、「よ」は訓読み
 「戸」の「こ」は音読み、「と」は訓読み

◇最終的には漢和辞典で確認するしかありませんが、
 ・同じパーツを含んだ同音、類似音があるものは音読み
 「職(しょく・しき)」と「織(しょく・しき)」、「馬(ば・ま)」と「罵(ば)」
 「塀(へい)」と「併(へい)」、「蜜(みつ)」と「密(みつ)」
 ・もう一つの読みと比べてみる
 「関」は「せき」のほかに「かん」の読みがあり、「関係(かんけい)」などの熟語から、「かん」が音、「せき」は訓と判定。
 「場」は「ば」のほかに「じょう」の読みがあり、「戦場(せんじょう)」などの熟語から、「じょう」が音、「ば」は訓と判定。

「絵」は、「絵画(かいが)」の「かい」が音で、「絵巻(えまき)」「墨絵(すみえ)」などの「え」は訓だと考えがちですが、
これは漢音「クワイ」、呉音「ヱ」に由来し、どちらも音なのです。
「会社(かいしゃ)」と「法会(ほうえ)」「一期一会(いちごいちえ)」
「回転(かいてん)」と「回向(えこう)」
とくに「絵」のほうは適当な訓がないため、音に訓のはたらきをもたせて使います。
「菊の絵」の「きく」も「え」も音ですが、訓のはたらきをしています。

これは余談ですが、「当用漢字音訓表」では「奥」の読み「オク」を誤って音としていました。
「ツチクキイウン」に該当し、「奥義(おうぎ)」を「おくぎ」と読むこともあるので、「憶」「屋」などの連想から錯覚したのでしょう。
「常用漢字表」では訂正されています。

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音...続きを読む

Q簡単な重箱読みと湯桶読みの見分け方

テストに重箱読みと湯桶読みを見分ける問題が出るそうなんですが、
まったく分かりません。
先生や友達などは、読んで意味が分かるのが訓・分からないのが音というのですが明らかに違う物もありますよね?

簡単で分かりやすい見分け方ってないんでしょうか?
自分はこうやって見分けている、というのも教えていただきたいです!
お願いします。

Aベストアンサー

>読んで意味が分かるのが訓・分からないのが音

確かにそうですが、そう言うしかない、とも言えます。

重箱読み・湯桶読みを見分けるには結局のところそれぞれの漢字の音訓を知るしかありません。それを知らなければ簡単に見分ける方法がないのは明らかです。

>明らかに違う物

意味がわかるのに音読み、音読みのように見えて実は訓読みということもあります。

「肉」…「ニク」は音読み
「菊」…「キク」は音読み
「貝」…「かい」は訓読み

Q音訓で名前の読み方が複数/変更する例とその意味合い

子どもの名前をつけるとき、戸籍に振り仮名がつかず、制度的に読みの変更は許容されているということを知り、読み方を子ども本人にいつか自分で決めさせたいと考えています。(ちなみに今晩がお七夜で、もうすぐ出生届を出します)。
たとえば信長を「信長公記(しんちょうこうき)」と読んだり、
「義経記」を「ぎけいき」と読んだり、菊池寛がひろしをカンと読ませたり、そういう音訓を行き来する(どちらかといえば訓から音へ)は歴史的にもよくある気がするのですが、そのような例と、現代におけるそうした複数性や変更はどのような印象をもたれるのか、個人的なご意見で構いませんのでうかがわせていただけませんか?

Aベストアンサー

人名の音読み、訓読みですが、これはどちらが正しいのかではなく、人名の呼び方についての慣例の問題です。
人名を音読みにするのは、

1.敬うべき古人の本名(諱、忌み名)を音読みにして最大限の敬意を表す場合
2.訓読みが分からないので、便宜上音読みにする場合

に分けることが出来ますが、特に1.を「有職読み」(ゆうそくよみ)といいます。
古来より、人名の本名である諱、忌み名を口にすることは堅く憚られていました。そこから、特に尊敬する人物に対して本来の訓読みから音読みにして敬意を表す習慣が生まれたといわれています。明治時代以降でも自分の尊敬する恩師等の実名を音読みで呼称することがしばしばあったみたいです。

ちなみに1.ですが、思いつくままにさらっと述べると、
源頼光(みなもと の よりみつ)→(みなもと の らいこう)
小野道風(おの の みちかぜ)→(おの の とうふう)
藤原佐理(ふじわら の すけまさ)→(ふじわら の さり)
藤原行成(ふじわら の ゆきなり)→(ふじわら の こうぜい)
藤原定家(ふじわら の さだいえ)→(ふじわら の ていか)
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)→(とくがわ けいき)
伊藤博文(いとう ひろぶみ)→(いとう はくぶん)
でしょうか。

2.は、
中宮定子(ちゅうぐう ていし)
中宮彰子(ちゅうぐう しょうし)
式子内親王(しゃくし、しきし ないしんのう)
など、男性に比べて史料に残りにくい女性に多いみたいです。
『義経記』『信長公記』は1.に該当しますね。

余談ですが、ハマコーこと浜田幸一は、よく森喜朗元首相のことを「もり きろう」と言います。しかし、内容は森首相を批判するものばかりです。うーむ。


さて、読み方を子ども本人にいつか自分で決めさせたいとのことですが、前述の通り有職読みは「他人が尊敬の念をこめて呼称する」ものであり、「自分で自分の名前を有職読みする」ものではないことにご注意ください(雅号やペンネーム、出家時の法名などは除く)。なので、個人的にはそのような有職読みはすごく違和感を感じてしまいます。

また、戸籍には残らないとのことですが、周りの人間の記憶にはしっかりと残るでしょう。今まで「正道(まさみち)ちゃん」と呼んでいたのに、ある日「これからは「せいどう」と呼んでください」というのはものすごく不信感が募ります。逆も然りです。


ですので、個人的にはそのようなことをせずに、一生呼んであげられる読み仮名をお名付けになるほうが宜しいかと思います。

人名の音読み、訓読みですが、これはどちらが正しいのかではなく、人名の呼び方についての慣例の問題です。
人名を音読みにするのは、

1.敬うべき古人の本名(諱、忌み名)を音読みにして最大限の敬意を表す場合
2.訓読みが分からないので、便宜上音読みにする場合

に分けることが出来ますが、特に1.を「有職読み」(ゆうそくよみ)といいます。
古来より、人名の本名である諱、忌み名を口にすることは堅く憚られていました。そこから、特に尊敬する人物に対して本来の訓読みから音読みにして敬意...続きを読む

Q国語の文章で使われる、問題提起(問題提示)と 問いかけ の違いを教えて下さい。

特に説明的文章の解答集に、「問題提起の段落に注目する」とか、「問いかけがある」のような記述がありますが、違いはどのようなものなのでしょうか。
 議論のレポートのような文章を読むと、「このような問いかけから、このような問題提起に至った」という流れのものと、「・・・という問題提起がなされ、・・・という問いかけがあった」のような形(?)があり、そこから何となくわかるような気がするものの、かえってわからなくなったような気分になっています。おそらく使い手の気分の問題ではないのでしょう。違いを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<「問題提起の段落に注目する」とか、「問いかけがある」のような記述がありますが、違いはどのようなものなのでしょうか。>

1.問題提起は「問題を持ち上げること」です。

例えば、「エネルギー問題を考えよう」と議会に出すのは、議題として「問題提起」になります。

2.「問いかけ」は、文字通り「問いかける」=「質問する」=「疑問を表明する」ことです。

上記の例を「問いかけ」にすれば、「エネルギー問題をどうするか」などと変わります。


ご質問2:
<「このような問いかけから、このような問題提起に至った」>

1.帰納法の一種です。つまり、個々の具体的な事柄から、一般的な命題や法則を引き出す方法です。

2.ここでの「問いかけ」は人々の疑問の声をそのまま議論の主題にしています。

3.上記の例で言えば
「エネルギー問題をどうするか」という「問いかけ」から
「エネルギー問題を考えよう」という「問題提起」に至った
となります。

4.この流れは極めて自然です。この場合、問いかけが動作・行動を促す動機・発露になっています。疑問があるからこそ行動に移す、という視点です。
例:
「老人に冷たい社会のままでいいのか?」(問いかけ)
「老人問題を考えよう」(問題提起)


ご質問3:
<「・・・という問題提起がなされ、・・・という問いかけがあった」>

1.演繹法の一種です。普遍的命題から特殊命題を導き出すことで、一般的に組み立てた理論によって、特殊な課題を説明する方法です。

2.ここでの「問題提起」は議論の主題の意味で使われています。

3.上記の例で言えば
「エネルギー問題を考えよう」という「問題提起」=「議論の主題」があり
その中で以下のような具体的な質問が出されたということです。
「石油に代わる資源はあるのか」

4.この流れも極めて自然です。この場合、議論の話題として問題(主題)が持ち上げられ、それについての具体的な質問が幾つか出てくるという図式です。そうして出てきた質問への答えを見つけることで、最初の問題提起の議論を展開させ、最後には結論を導くことができます。
例:
「老人問題を考えよう」(問題提起)
「老人に優しい社会とは何か?」(問いかけ)


ご質問4:
<おそらく使い手の気分の問題ではないのでしょう。>

議論の仕方の選択だと思います。

いずれもある問題を解決するための議論の発端として出されるものです。

どの手順をとるかは、議会の進行役の読みになります。


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<「問題提起の段落に注目する」とか、「問いかけがある」のような記述がありますが、違いはどのようなものなのでしょうか。>

1.問題提起は「問題を持ち上げること」です。

例えば、「エネルギー問題を考えよう」と議会に出すのは、議題として「問題提起」になります。

2.「問いかけ」は、文字通り「問いかける」=「質問する」=「疑問を表明する」ことです。

上記の例を「問いかけ」にすれば、「エネルギー問題をどうするか」などと変わります。


ご質問2...続きを読む


人気Q&Aランキング