ランダム振動のコントローラが手元にない場合、サイン振動でランダム振動をシミュレーションするという
考え方は「あり」ですか?「あり」として、それは数式でどういう風に導き出せばいいのですか?

※包装ハンドブック(フジ・テクノシステム社)という本に、レーリー分布がどうのこうのと書いてあったのですが、
数学も分布についてもさっぱり分からず、ここで何かヒントがもらえたらな、と思いまして・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ランダム振動についてはわかりません。


レーリー分布についてのみお答えします。
これは一般にレイリー(Rayleigh)-ジーンズ(Jeans)の分布式と呼ばれるものだと思います。
 黒体放射のスペクトル分布を表すもので振動数がνとν+dνの間にある放射の強さをI(ν)としたとき下の式であらわされます。
  I(ν)dν=8πν^2kTdν/c^3
   π:3.14・・・
   k:ボルツマン定数
   T:絶対温度(K)
    c:光速 
これをνについて積分すればレーリー分布が得られるのですがこの式は実際の黒体放射の実験式とは合致せず数学的な意味合いのみにレーリー分布として用いられると考えられます。
 ちなみに黒体放射のスペクトル分布はプランクが導き出しプランクの放射則と呼ばれています。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q ランダムはどのような意味で使われていますか?

 ランダムはどのような意味で使われていますか?
 普通ランダムという言葉は"無作為""無造作"などという意味で使われています。
 しかし情報系の分野で"ランダムアクセス"という言葉があるのですが、そこでは逆にランダムが"任意の"という意味で、ランダムアクセスは”任意の記憶領域への直接アクセス”を意味を表します。
 そこで質問です。実際のところランダムというのは英語圏でどのような意味で使われているのでしょう?日本で言うところの”適当”という言葉と同じニュアンスで使われているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ランダムは確かに「無造作」とか「盲滅法」です。そして、情報系のランダムアクセスと言うのも実は同じ意味から来ています。コンピュータの歴史を考えると、ランダムアクセスと言う言葉に対する違和感がなくなると思います。

パンチカードとか磁気テープなどはシーケンシャル(sequential = 連続して続いて起こる)の記憶媒体です。情報の頭から読み出して、順番に情報を読みながら、目指す情報に辿り着きます。当然時間が掛かりますね。

その後登場したRAMとかハードディスクなどはランダムアクセス系の記憶媒体です。頭から順番に情報を読み出す必要なく、探しているデータがある所に飛んで行き、読み出し/書き込みする事が出来ます。それまでシーケンシャルの記憶媒体を使って順番に情報を読んでいた人達には、ランダムアクセス系の媒体は「無造作/盲滅法」なのがお分かり頂けますか。勿論コンピュータですので、本当に盲滅法に媒体を読みあさっているのではなく、情報がどこにあるか計算して、任意の場所にアクセスしています。しかし、いくつものデータを次々と読み出したり、書き込んだりさせると、見た目(想像力を使って下さい)がハチャメチャに、盲滅法に、適当にアクセスしているようだからランダムアクセスなのです。

英国圏の「ランダム」の使われ方は、恐らく質問者さんのお考え通りですよ。適当、無造作、盲滅法などです。

ランダムは確かに「無造作」とか「盲滅法」です。そして、情報系のランダムアクセスと言うのも実は同じ意味から来ています。コンピュータの歴史を考えると、ランダムアクセスと言う言葉に対する違和感がなくなると思います。

パンチカードとか磁気テープなどはシーケンシャル(sequential = 連続して続いて起こる)の記憶媒体です。情報の頭から読み出して、順番に情報を読みながら、目指す情報に辿り着きます。当然時間が掛かりますね。

その後登場したRAMとかハードディスクなどはランダムアクセス系の記憶媒...続きを読む

Q数学、物理の問題です。 上の画像の式を導きたいのですが、 下の画像がヒントのようですが、 ただ移行し

数学、物理の問題です。
上の画像の式を導きたいのですが、
下の画像がヒントのようですが、
ただ移行しても出来ません…

わかるかたいませんか?

Aベストアンサー

Maxwel方程式、電磁場のローレンツ変換の教科書に載っている公式であるが、問題の上の画像のB'垂直成分の式の右辺の
v×B/cは間違いでv×E/cが正しい。この式を導くと次の通り。
E_⊥=1/γ (E_⊥^'-(V×H')/c)→E_⊥^'=γE_⊥+V/c×H'
H_⊥=1/γ (H_⊥^'+(V×E')/c)→H_⊥^'=γH_⊥-V/c×E'=γH_⊥-V/c×(γE_⊥+V/c×H^'+E_∥')
=γH_⊥-V/c×γE_⊥-V/c×V/c×H^'-V/c×E_∥'=γH_⊥-V/c×γE_⊥-V/c×E_∥
H_⊥^'=γ(H_⊥-V/c×E_⊥-V/c×1/γ×E_∥ )=γ(H_⊥-V/c×(E_⊥+1/γ×E_∥ ))
V/c×E_∥=0
H_⊥^'=γ(H_⊥-V/c×E_⊥ )=γ(H_⊥-V/c×E)
見ずらいので画像を参照してください。

Q頻出関数とその意味をランダムで一行表示するphpスクリプトはありませんか。

頻出関数とその意味をランダムで一行表示するphpスクリプトはありませんか。
自分で作れと言われればそれまでなのですが、すでにあればと思いまして。

Aベストアンサー

array_rand

Q入力の振動数と、固有振動数と、出力の振動数の関係

入力の振動数をf1
振動体の固有振動数をf0
出力の振動数をf2とすると

振動体が自由振動をするときの
この3つの振動数の関係を教えてもらえないでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

自由振動する場合振動体は固有振動数で振動するので出力振動数は一定だと思います。すなわち常にf0=f2

先の回答者も述べていますが、問題が間違っているような気がします。それとも自由振動の意味を問う引っかけ問題なのかな?

入力振動数が関係するなら自由振動ではなく強制振動ということになりますので問題としておかしいです。

自由振動の問題ではなく強制振動の問題なら入力振動と固有振動の関係によって、振幅がどうなるかを問う問題になるのが普通ではないでしょうか?

例えば入力振動数をf1、振動体の固有振動数をf0、入力に対する出力の振幅比をf2とした場合の関係などと

参考までにこの場合、減衰がないとすると、関係がわかるのは(共振曲線などで検索すると出てきます)
f1=f0のとき出力振幅=∞
f1<<f0(f1が極めてf0に比べて小さいとき) f2=1
f1/f0=√2のときf2=1
f1/f0>√2のときf2<1

こんなことを共振曲線を説明させたかったのに、出題ミスをしてしまったような気がします。

Qランダムに並んでるキーボードのキーの配列、何か意味が?

思うのですが、キーボードってよく見ると適当に並んでるように思うのは自分だけでしょうか?
キーボードのキーそれぞれの配列って、どうしてこうなんでしょうか?ふと気になります。例えば、Qの隣がW・E・R・・と続いてますよね?
何か意味があってこの配列になってるのでしょうか?知ってる方、教えてください。

Aベストアンサー

過去ログにそのあたりの詳しい回答がありました・
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=42845

確かに#1のlinus3030さんの説が有力なのですが、別の説も唱えられているようですね。
http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj1999/20204/ja/history/extra1.html
このURLも詳しいです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=42845

Q平面光導路(二次元光導路)とは?

平面光導路について調べているのですが、
応用例は多くあるにも関わらず、
平面光導路の原理や特徴が見つかりませんでした。

原理もしくは特徴について知っていたら、教えてください。

Aベストアンサー

2次元光導波路は光学の基本で求められるためいろんな本に解説が載っていると思います

有名なのは、「光学の原理」、「光導波路(川上彰二郎著)」あたりにのっていると思います

Q人の性格を表す時に使うrandomの意味

映画女優のインタビューやYoutubeのコメント欄でよく

I'm random や He's so random

などのような人の性格を表すような使われ方をしているのをたまに見かけます。
ネイティブの方にとってはどのような意味で使われているのでしょうか?

実際の例文として
インタビュアーからある女優に対して「自分自身をどのように捉えているか(どのように思うか)」という質問に対して
I'm complete nerd. And I just think I'm ridiculously random.
I was on video chat with my best friend yesterday, and I just broke out in a song about ramen noodles......続く

前後の文脈が分かるように多少余分な文章も書きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

辞書で調べてみました。

リーダーズプラス
random - a.
[ハッカー]  予測できない、いろいろな、ろくなことをしない、とりとめのない、雑然とした、さして理由のない、わけもなくよくない

ランダムハウス英和大辞典
[米ハッカー俗] 順番のない、変則的な、まとまりのない
[米俗] 浅はかな、不真面目な、非生産的な、理由(いわれ)のない、つまらない
[米学生俗] 変な、変った、普通でない
(以上は形容詞の項目)

とあります。文脈がないので、どの訳語を選べばいいかわかりませんが、こういった俗語の意味だと思います。

Q振動について教えて下さい。 ビル管の過去問に 【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異な

振動について教えて下さい。
ビル管の過去問に
【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異なる。】という記載が有りました。
どれだけ振動する時間が継続しても振動の大きさは変わらないと思うのですが 何故、感覚は異なるのでしょうか?
時間が経過すると人が振動に慣れて振動を感じ難くなるという事でしょうか?

Aベストアンサー

まあ「感覚」と言われると、あまりまっとうな説明はできません。

地震で揺れている中では眠れませんが、電車や自動車の振動の中では心地よく眠れたりします。
「感覚」とはそんなもの。

「ビル管理」というカテゴリーで【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異なる】と書かれているのは、真意は著者に聞かないと分かりませんが、おそらく、意図としては「時間が経過すると人が振動に慣れて振動を感じ難くなる」とは逆の、一過性あるいは短い振動なら気にならないが、継続する振動は気になる(対策が必要)、というようなことかと思います。

例えば、1日1回短時間で開閉する電動扉の振動なら居住性に影響しないが、しょっちゅう動くエレベータの振動は居住性の障害になるなど。

Q[C#]2つのランダム文字列を作りたい

いつもありがとうございます。

2種類のランダム文字列を作りたいのですが、
なぜか同じ文字列が作成されるという現象が起こります。

以下の関数を用意して
public static string ランダム(int 桁数)
{
string[] codelist = new string[] { "0", "1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "a", "b", "c", "d", "e", "f", "g", "h", "i", "j", "k", "l", "m", "n", "o", "p", "q", "r", "s", "t", "u", "v", "w", "x", "y", "z" };

Random Random = new System.Random();

for (int i = 0; i < 桁数; i++)
{
randomcode += codelist[Random.Next(0, 36)];
}

return randomcode;

}

textBox1.Text = ランダム(10);
textBox2.Text = ランダム(10);

とやっても、同じランダムの文字列が入ってしまいます。

間に、
Thread.Sleep(100);

とか入れると変わるのですが・・・
理由がわかりません。

初心者的質問ですみませんがよろしくお願いします。

いつもありがとうございます。

2種類のランダム文字列を作りたいのですが、
なぜか同じ文字列が作成されるという現象が起こります。

以下の関数を用意して
public static string ランダム(int 桁数)
{
string[] codelist = new string[] { "0", "1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "a", "b", "c", "d", "e", "f", "g", "h", "i", "j", "k", "l", "m", "n", "o", "p", "q", "r", "s", "t", "u", "v", "w", "x", "y", "z" };

Random Random = new System.Random();
...続きを読む

Aベストアンサー

コンピュータで使われている乱数は、実際には「疑似乱数」と言って、一見バラバラで乱数と言ってもいい性質を持っていますが、実際には計算によって求められたものです。

それまでの値に、なんらかの計算をした結果を、「次の乱数」として使います。(Nextというメソッド名もそこに由来)
このとき、一番最初の状態になるものを「種(シード,seed)」と言います。
「前の状態から新しい乱数を計算する」ということから「種が同じなら、乱数列も同じになる」という性質があります。

バラバラにするための常套手段として、種に現在時刻から求めた値を使うことで、実行時刻が変化すれば値が変わるようにする、というのがあります。ただ、無限に細かい時刻をそのままコンピュータでは扱えないので、適当な単位(例えば、秒単位)になってしまい、単位時間以内(例えば、秒単位なら1秒以内)なら、同じ乱数列になってしまう、という問題があります。

Random.Random()のマニュアルを読むと
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/h343ddh9%28v=vs.95%29.aspx
「既定のシード値はシステム時計から取得されるため、その分解能は有限です。 その結果、既定のコンストラクターを呼び出すことによって連続で作成される、異なる Random オブジェクトの既定のシード値は同一であるため、同一の乱数セットが生成されます。」
と、明記されています。

public static string ランダム(int 桁数) を2回呼び出していますが、その度に、Random Random = new System.Random();で新しい System.Randomオブジェクトを生成しています。
間にいくつかの処理が入っているとは言え、非常に短時間で終わるものなので、この「連続で作成される、異なる Random オブジェクト」となっている、と考えてよいでしょう。

対処法は、マニュアルにも書いてあります

コンピュータで使われている乱数は、実際には「疑似乱数」と言って、一見バラバラで乱数と言ってもいい性質を持っていますが、実際には計算によって求められたものです。

それまでの値に、なんらかの計算をした結果を、「次の乱数」として使います。(Nextというメソッド名もそこに由来)
このとき、一番最初の状態になるものを「種(シード,seed)」と言います。
「前の状態から新しい乱数を計算する」ということから「種が同じなら、乱数列も同じになる」という性質があります。

バラバラにするための常套手段とし...続きを読む

Qシミュレーション仮説の話なのですが この宇宙をシミュレーションできるようなコンピュータが作られるよう

シミュレーション仮説の話なのですが この宇宙をシミュレーションできるようなコンピュータが作られるようなことがあるのでしょうか? そしてその後ようなコンピュータができたとしたら この宇宙がシミュレーションかもしれないと言えるようになってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

シュミレーションというのは、あくまで初めに含む因数やパラメーターを人間が設定して、それを実測値と整合性が合うようにつくるものなので、あくまで前提となる過去のデータを最も適切に説明するようにしたものに過ぎないのであって無限の可能性があるわけではない。つまり、宇宙を定義する必要があるが、それをどんなに細かく定義したところでそれがすべてと言えるかどうかはわかりませんよね。ただ、特定の範囲のものをかみ砕いて本質を説明したり、それをもとに科学するうえでは有効な手段です。

後半の話は少なくとも今の世の中ではマトリックスの世界の話はフィクションですね。あるいは、現象学とかの哲学分野であってサイエンスにとは言えないから答えようがない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報