掲題の件で、教えて下さい。

先日、イギリスのロンドンにてブランドのバックとウォレットを購入しました。(バーバリー)
そのうちのバックをどうにか返品ができないかと考えていますが、どういった手順で進めて行けば良いのでしょうか。
実は、バックの値段が10万円を越えており、他の商品も含めて既にTAXリファウンド済です。(商品購入は、現地11/16)
レシートをみるところ、“burberry wil refund the original price,in the form used for payment,of unworn goods returned in their original condition,within 28 days of purchase,and if accompanied by the original receipt or other proof of purchase.”とありますので、専用のフォームか何かから問い合わせをし、購入後28日以内にレシートと現物を一式返せば良いのではと思っています。
(お店側の対応次第ですが、仮に、返品・返金が難しい場合は、別のものと交換するということも可能なのでしょうか。)

過去に、そういった対応を行ったことのある方、是非お話をお聞かせ下さい。
正直、色々なサイトで調べましたが、それが自分の場合に当てはまるのか・・・。

こういった質問で恐縮ですが、どうぞお知恵をお貸し下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

書いてある通りに対応すれば全く問題はありません、直ぐに対応してください。

税分や送金手数料などを差引いて返金してくれるでしょう。日本に直営店があれば 相談に乗ってくれますが、手続きは直接です。7
    • good
    • 0

はい、買ったお店に行って申し込んでください



対応してくれますから。
    • good
    • 0

バーバリーだったら日本のお客様対応に問い合わせてみてはいかがですか?



返品ではないので、同じようには行かないかも行かないかも知れませんが、別のブランドで金具の不良があった知人が日本の店舗を通して修理を全部やってもらったそうです。

代行してくれない場合でも、少なくともどの方法で返品すればよいかという正確な情報は持っているはずですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスと日本の家

イギリスの家の造りが日本と違うことを調べてレポートを書いています。家の造り自体のことは分かったのですが、イギリスの家がどうして道の形に沿って建てられているのかが分かりません。これが一番の疑問なのに・・・!どなたか、分かる方いらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ヨーロッパに数年居住していて感じたことは、北向きの部屋が日本ほど毛嫌いされていない、ということです。
人種や国籍、宗教、その他諸々の趣向により異なるでしょうが、現地では日本ほど南向き至上主義ではありません。

例えば色褪せながらも趣深いアンティークのタペストリーや絵画を壁一面に飾りたいからとか、
またはシルクタフタの重厚なカーテンをゆるゆると床面たっぷりにまで垂れさせて
居室に優美さを醸し出させたいから、とか、
或いは先祖代々から受け継いだ絹張りの椅子や工芸品を窓際にあえて置きたいから、とか。
イギリスもアンティークの宝庫ですよね♪

貴重なインテリアや所持する芸術的作品を「保護」するためにも、日当たりの良くない道なりに沿った小さな窓の家というのは
まさに好都合なわけです。

首都であるロンドンも緑が多く、いたるところに公園がありますよね。
散歩をして安らぐのにまさに絶好の場所といえます。
また、イギリス人が各自の庭でガーデニングに精を出して木々の緑や花々を愛でることを好むところも
周知のことかと思われます。

このような趣向というのも、イギリスの家の室内の窓の狭小さ、薄暗さ、そして
道沿いに家が建てられて内庭があることと、
何らかの関係があるかもしれませんね♪

ヨーロッパに数年居住していて感じたことは、北向きの部屋が日本ほど毛嫌いされていない、ということです。
人種や国籍、宗教、その他諸々の趣向により異なるでしょうが、現地では日本ほど南向き至上主義ではありません。

例えば色褪せながらも趣深いアンティークのタペストリーや絵画を壁一面に飾りたいからとか、
またはシルクタフタの重厚なカーテンをゆるゆると床面たっぷりにまで垂れさせて
居室に優美さを醸し出させたいから、とか、
或いは先祖代々から受け継いだ絹張りの椅子や工芸品を窓際にあえ...続きを読む

Qイギリスのヒースロー空港にてトランジットの時間をつかってロンドン観光を

イギリスのヒースロー空港にてトランジットの時間をつかってロンドン観光をしたいと思います。
トランジットビザを取得するためには何が必要でしょうか?
明後日、ヒースロー空港に行きますが、その際手続することが可能でしょうか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

単に乗り継の空き時間なら特別なヴィサは必要ありません。
先の方が仰るように、入国審査を受けて外に出るだけです、
ただ、この空港自体がセキュリティー等も含め慢性的に混雑してるので
何事も時間に余裕を持って行動されるのがよろしいと思います。

出発地(日本でしょうか?)の空港から
通しで乗り継ぎなら面倒は無いでしょうが、
ここで乗り継ぎ便へのチャックインが必要ならば重ねて
時間的余裕が必要です。
もしも、到着時間→出発時間が3~4時間程しか無い場合なら
ロンドン市内へ移動よりもヒースロー内で過ごした方が安心だと思います。

Q日本の家とイギリスの家

イギリス人は周りと同じような家を建てるといわれています。
周りと調和することが重要視されているそうです。

一方、日本人は周りの家と異なる外観の家を好みます。
個性を重要視しているのです。

イギリス人はなぜ、日本人が家に個性を求めるのかわからないそうです。

誰かこれについて意見がある人は教えてください。
論文にこの題材を使いたいと思っているのでご協力お願いします。

Aベストアンサー

>一方、日本人は周りの家と異なる外観の家を好みます。
そうですか? 確かに日本では「珍しい家が良い」という風潮はあるでしょうが、実際のところは、見た目が殆ど同じの量産住宅が乱立しているように思えます。量産住宅はかなり安く済むとはいえ、本当に多くの日本人が「珍しい家や個性的な家が良い」と思っているなら、量産住宅なんかに需要は無いはずですし、あそこまで同じような外観の新築は乱立しないと思いますが。


イギリスでは、『古い家ほど価値がある』という認識があり、実際のところ古い家ほど価格もかなり高くなります。(余談ですが、幽霊が出ると言われる家だともっと高くなるそうです。笑)日本人の感覚では信じられないかもしれませんが、実際にイギリスの住宅を見れば少なからず意味はわかると思います。私自身建築の専門的な事は詳しくないですが、あちらは土壁やレンガ等のクラシカルでカントリー的な素材を使った住宅が多いです。そういうテイストの住宅の場合、新築だと風合いや拡張や趣という点で著しく欠けていたり、安っぽく見えてしまう事は確かです。
つまり「古く伝統的な作りの家」と「周りの家と異なる個性的な家」というのはある意味イギリスにおいては相反するものなので、結果的に住宅に「個性を求めない」風潮になっているのではないかと思います。(決してイギリス人が協調性を尊重したり、保守的だったりという事ではないです。あちらは日本とは比較にならないくらい、個人主義的思考が強いですので。)


でなくても、日本の雑多な景観を見る限り、ちょっとくらい統一したところで、焼け石に水です。古くから調和された美しい町並みの中で暮らしているヨーロッパ人等に比べると、日本人は「町並みの調和」という点では‘諦め’みたいなものもかなりあって、その代わり関心が「自分の家だけの個性」に向いているのではないかと思いますね。結果デザイン的な住宅も次々生み出され、それを目にしている人々の意識もより「個性的な住宅が良い」となっていっている訳ですね。

>一方、日本人は周りの家と異なる外観の家を好みます。
そうですか? 確かに日本では「珍しい家が良い」という風潮はあるでしょうが、実際のところは、見た目が殆ど同じの量産住宅が乱立しているように思えます。量産住宅はかなり安く済むとはいえ、本当に多くの日本人が「珍しい家や個性的な家が良い」と思っているなら、量産住宅なんかに需要は無いはずですし、あそこまで同じような外観の新築は乱立しないと思いますが。


イギリスでは、『古い家ほど価値がある』という認識があり、実際のところ古い家...続きを読む

Qイギリス ロンドン 地下鉄 ロッカー

イギリスのロンドンの地下鉄の駅にはロッカーというものはあるのでしょうか?
スーツケースなど大きなものを入れられるのでしょうか?

Aベストアンサー

大概の大きい駅は、ロッカーluggage lockersはありますが、安全確保のため、日本のようなコインロッカーはありません。

なので、駅構内で、"Left Luggage"又は、スーツケースのシンボルマークを見つけて、道にしたがっていくとカウンターにいきつけます。
だいたい5ポンド(荷物一つにつき24時間、又はもっと少ない時間)かかります。
そして、荷物は空港のようにX線にかけられます(これも安全確保の為)
その後、チケットをもらいます。このチケットは、カウンターに荷物を取りにいったときに必要となります。
もし、チケットをなくすと、15ポンドを支払わなければなりません。

地下鉄には、このサービスはありません(スペースがないのと、安全確保のため)
なので、地上線が走っている駅のみです。
リンクにそのleft luggageのある駅のリストと場所が書かれています。(パディングトン、キングスクロスなど)参考にして下さい。

ホテルのレセプションなら、タダでおかせてくれますよ。チェックアウトする際に聞いてみるのもいいでしょう。

参考URL:http://www.excess-baggage.com/contact.php

大概の大きい駅は、ロッカーluggage lockersはありますが、安全確保のため、日本のようなコインロッカーはありません。

なので、駅構内で、"Left Luggage"又は、スーツケースのシンボルマークを見つけて、道にしたがっていくとカウンターにいきつけます。
だいたい5ポンド(荷物一つにつき24時間、又はもっと少ない時間)かかります。
そして、荷物は空港のようにX線にかけられます(これも安全確保の為)
その後、チケットをもらいます。このチケットは、カウンターに荷物を取りにいったときに必要とな...続きを読む

Q日本人男性がイギリスの田舎に行ってアリスちゃんみたいな可愛い子の家にホームステイして仲良くなれる確率

日本人男性がイギリスの田舎に行ってアリスちゃんみたいな可愛い子の家にホームステイして仲良くなれる確率を計算してください。

Aベストアンサー

英国のホームステイは評判悪いですね。受け入れても放ったらかし的な。。

Qイギリス ロンドンでの通学

イギリス ロンドンのGolders Greenに徒歩で通える駅はどこでしょうか
30分ぐらいであれば通えると思います。
mapを見てみましたがイマイチよくわかりませんでした。

通う学校の住所は下記のとおりです。
11 Golders Green Rd, London Borough of Barnet, London NW11 8DY


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

グーグルマップで調べると、一番近いのはやっぱり
Northern Line の Golders Green 駅ですね。
Zone3にあります。

あとは、Brent Cross 駅からも、歩けると思います。
地下鉄で1駅分です。Hamstead からも1駅ですが、
ちょっと距離があるので、歩くのは大変かも・・・。

ロンドン観光のオフィシャルサイトのURLを貼っておきますね。
Maps&Guides のところに、Travel map が載っています。

http://www.visitlondon.com/

ご参考まで。

Q日本の天皇家とイギリスの王室

お世話になります。

歴史には無知な者です。

イギリス王家は、いつも週刊誌のネタにされ、パパラッチに追いかけられています。

日本の天皇家にはそのようなことはありません。

これはなぜですか?

Aベストアンサー

その理由は、二つの王家の歴史を知らねばならないと思います。

イギリスの王家というのは、荘園時代にもっとも広い領地を持っていた、もっとも強大だった貴族がルーツです。
 荘園制度というのはご存知だと思いますが、貴族が独自の法律で荘園を囲い、荘園内では王と同じだけの権力がありました。貴族の時代とは、小国の王がひしめき合い、お互いの権勢を競い合っていた時代です。
 貴族たちは、つねにイギリス王家の強大な権力をねらい、王家に取り入って婚姻を結ぼうとしたり、あるいは陰謀を図って取って代わろうとしたりしました。歴史上、イギリス王家の血筋は一つだけではなく、様々な貴族との婚姻で成り立っています。イングランドの王とは限らず、北のスコットランドの王だったこともあるし、英語をまったく話せないドイツの貴族が王となったこともあります。貴族たちの陰謀に陥れられて塔の牢獄に閉じ込められた王もいます。こんなわけですから、イギリス王室は昔から、つねに陰謀にまみれたゴシップがついてまわっていました。今のイギリス王室に対するゴシップは、そういうお国柄のせいだろうと思われます。

 しかし日本の天皇家は、荘園制度ができるはるか昔の時代から成立していました。日本書紀にあるとおり、天皇家は神様の代から続いており、神道という信仰と結びついています。神道の管轄である神社は日本全国にあり、荘園内で暮らす村人たちも、神道を信仰していました。天皇家は村人たちの信仰心を支配していたわけで、荘園を持った武士とは次元が違う権力を持っていたわけです。このため、戦国時代の武士さえも(陰で利用していたとしても)、天皇家を表立って侮辱するようなことはしませんでした。それは日本人の道を外れた行為ですから・・・

こういう違いが今でも影響しているのだろうと思います。

その理由は、二つの王家の歴史を知らねばならないと思います。

イギリスの王家というのは、荘園時代にもっとも広い領地を持っていた、もっとも強大だった貴族がルーツです。
 荘園制度というのはご存知だと思いますが、貴族が独自の法律で荘園を囲い、荘園内では王と同じだけの権力がありました。貴族の時代とは、小国の王がひしめき合い、お互いの権勢を競い合っていた時代です。
 貴族たちは、つねにイギリス王家の強大な権力をねらい、王家に取り入って婚姻を結ぼうとしたり、あるいは陰謀を図って取っ...続きを読む

Qイギリス、ロンドンでのコピーについて

イギリス、ロンドンでのコピーについて

今イーストロンドンのオールドストリートに住んでいるのですが、こちらでのカラーコピーをどこで出来るのかが分かりません.

イラストレーターとして仕事探し用のポートフォーリオを作りたいのですが、日本のように気軽にUSBからコピーしてくれる所がなかなか見つからなくて。。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
以前はKINKOというコピーが出来る場所がCITYを中心にあったのですが、
なぜかHPが見当たらないようです。

ロンドン郊外なら、STAPLESというチェーンもありますが、オールドストリートなら、センターの方がいいですよね。

検索してみたら、いくつかありました。
http://www.londoncopycentre.co.uk/index.htm

http://www.printek.co.uk/home.htm

どんなクオリティーのコピーをされたいのかよくわからないのですが、
一番目の店は質問者さんの家に近く、
2番目の方はポートフォリオも扱っているようですね。
HPにどんなサービスが出来るか、店の位置、電話番号なども載っていますので、
参考にしてください。

もし、質問者さんの求めるものでない場合は、LONDON COLOUR COPYで検索すれば、他にもあると思いますよ。

Qイギリス人作曲家の交響曲について

エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトン、ティペット、ブリトゥン等の交響曲のCDを所有はしていますがエルガーの1番以外は私には相性が悪いらしく、殆ど聴く気が起こりません。

これ等作曲家の交響曲と日本人との相性は一般的にどんな按配なのでしょうか?

又、或る曲の人気のバロメーターとして、アマチュアオーケストラが其れを取り上げるか否かにある、と勝手に想像しているのですが(好例として、カリンニコフの1番)日本のアマオケではイギリスの交響曲は、よく演奏されているのでしょうか?

Aベストアンサー

余談です。

>エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトン、
>ティペット、ブリトゥン

皆、合唱曲は日本でもそれなりに人気があってCDも結構
出ているんですけどね…。
#アカペラのいい曲もいろいろあるので学生合唱団にも
#人気があったり…。

イギリス人作曲家(パーセルからラターまで)は、交響曲を
書く人も書かない人も、日本人受けする程よくまとまった
美しい合唱曲を書く印象がありますが、それらの多くは
あんまり交響曲的ではないような気がします。

#上手くいえませんが,#2さんの敵(?)、ヴェルディの
#「聖歌四篇」なんか間違いなく交響曲的(というか
#イタリアオペラ的??)な合唱曲です。

日本人が「交響曲」に求めるダイナミクスとか派手さが
ひょっとしたら彼らの作品では控えめすぎるのかも、
しれません。
#あまり彼らのオケ曲を聞かずに回答、失礼しました。


あとアマオケが取り上げることが人気のバロメーター、の
件ですが、往々にして曲の編成と団員の出番と力関係で
派手な曲が決まりがち、の傾向はあるかと思います。

余談です。

>エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトン、
>ティペット、ブリトゥン

皆、合唱曲は日本でもそれなりに人気があってCDも結構
出ているんですけどね…。
#アカペラのいい曲もいろいろあるので学生合唱団にも
#人気があったり…。

イギリス人作曲家(パーセルからラターまで)は、交響曲を
書く人も書かない人も、日本人受けする程よくまとまった
美しい合唱曲を書く印象がありますが、それらの多くは
あんまり交響曲的ではないような気がします。

#上手くいえませんが,#2...続きを読む

Qロンドン旅行とイギリス旅行は別ですか?

フリープランのパックツアーでロンドンに4泊か5泊の予定です。

自由日が2日か3日になりますが本屋のマニュアル本だと、ロンドンから郊外は移動だけでも半日か一日かかるらしいです。

るるぶの「ロンドン」と「イギリス」の2冊を立ち読みして両方とも行き先の候補がありましたが、都会のホテルだとロンドン観光だけにしたほうがたくさん観れますか?

Aベストアンサー

イギリス(英国)は元々4つの国が合体して出来た国(グレートブリテン=連合王国)で、ロンドンはその一つの国イングランドの首都です。
例えばスコットランドの首都はエジンバラで、王家は夏にはエジンバラ城に住む事になっていて、スコットランド國の議会もあります。

ですから英国=ロンドンではありませんし、ロンドンからエジンバラまでは東京から京都の倍で、新幹線はありません。

ロンドン以外の英国観光と言えば、湖水地方を始めとする郊外の田園風景が主であり、これは北海道を見に行く様なものです。

通常に組まれた英国ツアーでは、様々な場所に泊まってその周辺を観光し、最後にロンドン泊でロンドン旅行と言う形になります。

東京見物が一日で終わらない様に、ロンドンも2つの宮殿、大英博物館からの様々な博物館、ロンドン塔やロンドンアイと観光名所には事欠かず、大英博物館の展示は丸一日掛けても見切る事は出来ません。

ただ趣味に合う合わないはありますので、時間があれば近くのバースやストーンヘンジを日帰りで観光するのは、東京から日光か鎌倉に行く程度ですのでお手軽かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報