稲垣足穂や長野まゆみのような、日本文学的でない日本文学を探しています。
じめじめしていない、硬質な、客観的な、それでいて儚さのある文章が好きです。
外国文学で言うと、コクトーやワイルドが好きです。
お勧めがありましたら是非お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「犬婿入り(芥川賞)」「容疑者の夜行列車」などの作品がある多和田葉子さんはいかがでしょうか。


ドイツ在住で、ドイツ語での作品もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「容疑者の~」が不思議な雰囲気がありそうで面白そうですね!探してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/21 10:51

澁澤龍彦さんなどどうでしょう。

翻訳も創作も「じめじめしていない、硬質な、客観的な、それでいて儚さのある」という要求にぴったりだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

澁澤龍彦はちょっと読んだことがありますが、その異端と博識に惹かれました。
また読んでみようかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/19 18:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報