FX初心者です。
FXでの勝率って普通どのくらいなものですか?
トータルで勝てればいいのでしょうが、少額で負けずにこつこつ積み上げるのか、高額で勝ったり負けたりするのか、、、。
参考にさせていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

勝率の「普通」というものはないと思います。



私は、だいたい9勝1敗のペースです。つまり勝率9割です。

9割というと高いと思われるかもしれませんが、
それは、9割程度の勝率が取れる機会が来るのを待っているからで、
その結果、勝率9割になるのは当然なのです。
つまり、そのような機会が来ない限りエントリーしないわけです。

その代わり、私のやり方では、相場が大きく一方向に動いて
短時間で大きな値幅が取れるときに、エントリーできません。
黙ってそれを見ているしかないわけです。
というか、それで良いと思っています。

一方で、勝率2割(2勝8敗)でもトータルでは勝てるという人もいます。
その人は、おそらく、私とは全く違うアプローチで、
エントリータイミングも全く異なると思われます。
つまり、小さく負けて、大きく勝つスタイルだと想像できます。

このように、一言で「勝率」と言っても、その意味は様々で、
そういう点では「勝率」自体には意味がないとも言えます。

「少額で負けずにこつこつ積み上げるのか、高額で勝ったり負けたりするのか」
と質問者さんは書いておられますが、
ようするに、どちらのスタイルでいくかをまず決めることが重要です。
スタイルを決めずに取引すると、長期間のトータルではほぼ負けます。

ということで「勝率」自体にはあまり大きな意味はないということを
ご理解ください。

ご参考にしてもらえれば幸いです。
    • good
    • 1

小さくても勝率を高くした方がいいのか、それとも勝率は低くても勝つときには大きく勝つ方が良いのか。

大きな問題ですよね。でも正直なところ、勝率は人それぞれのトレードスタイルによって全然違うはずです。一般的にスキャルパーは低利益でも高勝率で、と言われますし、中には低勝率でも高利益をあげることで生きている人もいます。

【バルサラの破産確率表】というものはご覧になったことはありますか?

これは数学者のナウザー・バルサラ という方が、これまでのトレードを続けていった場合、将来的に破産する確率はどのくらいか??を計算し、まとめたものです。

これをもとに検討することで
ご自分のトレードスタイルor現在の勝率からするとどのくらいの損益率を目指すべきか目標値が見えてくるかと思います。

表は検索すればたくさん出てきますので、一度ご覧になってみてください。
    • good
    • 0

FXをやっている人の9割が損をしている。



半年で半分以上の人が損をする
3年以内に焼く9割が退場するほど損失を出します。

勝率ですか?

スキャル(小さな利益で確定をたくさんする)をすれば勝率は高くなります。
ただし時々大損します。
+1 +1 +1 +1 +1 -20
などです。


損切りをきちんとし、大相場を狙うと勝率は低くなります。

-1 -3 -2 -3 +10
などです。

なぜ損するか?というと仮にデモトレードやリアルトレードで1ヶ月で
+10%、あるいはデモだからと言って+50%の利益を出したとしても
そういった利益が出ると言うことはそれだけ損失を受ける可能性もあるということです。

100万から初めて30万の損益が出た場合
130万を160万にするのと
70万で100万にするのでは訳が違います。

また初めて半年程度、調子よく利益が出たとしてもそのような相場は永遠ではありません。
乱高下、モミモミ状態、などいろいろあるのです。
また多くの人はマイナススワップを嫌がります。
金融危機の時、EUR/JPYのショートポシジョンは1日800-2000円のスワップを支払うこともありました。
当然この場合、EURが安くなってくれればこの程度のスワップなんてことないのですが、
多くの人はショートしたがりません。

勝率にこだわっていると、すぐに退場しますよ。
    • good
    • 2

前提として税金や手数料が全く存在しなくて、かつ効率的な為替市場を考えると・・・


勝率は50:50になるでしょう。
それはスワップポイントと為替損益の両方を足して50:50と考えて良いのではないでしょうか?

ただし、実際にはスワップポイントを受け取る場合は、スワップポイントに対して10%の住民税の支払い義務が生じるので、個人レベルでは負ける人の方が多いと思います。
また、100%効率的な市場は存在しません、実際には個人と機関投資家の間では情報格差が生じたり、個人の方が取引コストが高い傾向にあるので、やはり個人は不利と考えた方が良いでしょう。
今回の金融危機で高金利通貨が大暴落をしましたが、これで大儲けできた投資家は沢山います。
でも、個人レベルでこの金融危機を生かせた人はほとんどいなかったと思われます。
ですから、個人レベルでは負けた人の方が多かったと考えています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXって土日は休み?

まだ先週はじめたばかりの初心者です。

為替って24時間だから土日も売買できるのかと思ってたんですが、土日は休みなんですか?

それとも会社が休みなだけでレートは動いてるんでしょうか?

入門書とか読んでますが書いてないので。

Aベストアンサー

外為市場も株式市場のように開いている時間は決まっています。ただ、東京市場が終わろうとする時間にロンドン市場が開いたり、日本時間の深夜にはニューヨーク市場が開いていたりと、24時間あっても世界の外為市場のどこかは開いているから常に売買できるわけです。
世界のどの外為市場も株式市場と同じように土日やその国の祝日には市場は閉まっているので、当然レートは動きません。

Q株の勝率は10%?

豊富な資金力・情報量をもつプロの証券ディーラー・機関投資家を相手に個人投資家が年間を通じて勝てる勝率は僅か10%程度と言われています。

上記のような記事を見つけたのですが、
株で収入を得る人は10%程度なのでしょうか?
そして100%の内訳はどのようになるのでしょうか。
(1)利益を出す人(%)
(2)±0の人(%)
(3)損失を出す人(%)

どなたかご存知の方は教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

証券会社が顧客の統計情報を出す以外は母数に偏りが無い統計データを集めるのは難しいと思います。自己申告に依存すると損している人の方が相対的に少なくなると思う。だから信頼性の高い客観的なデータはおそらく無いです。
しかし年間ということでなく相当の長期間を通じてということであれば、相当の割合の個人投資家が損しているかもしれません。
株の場合は「投資家」とまで標榜できないような中長期のホルダーが相当数いるはずですから、今みたいな株価が上がっている時期にはもっとたくさんの投資家が儲かっている可能性はあります。逆にバブル崩壊などで急落しているときは、もっと割合が低いかもしれない。

10%程度という数字がどうなのかということはよくわかりませんが、本当に利益が出るレベルで一生懸命やっている人がその程度しかいないかもしれない。また、プロのほうが一生懸命やって成果を出している人の割合が大きいかもしれない。そういうことはあると思います。
僭越ですけどぼく自身は、株でも先物でも為替でも、年間通してマイナスという経験はほとんどありませんが、「プロの証券ディーラー・機関投資家を相手に」という認識は全くありません。

実は証券ディーラーもやったことがあるんですが、そのときだけは通算で損しました(笑)
オーバーナイト無し225先物だけというルールだったんですが、ぼくには攻略できなかったということです。じゃあやらなければいい、という選択が、個人であれば当然できるけど、仕事だとできませんでした。

証券会社が顧客の統計情報を出す以外は母数に偏りが無い統計データを集めるのは難しいと思います。自己申告に依存すると損している人の方が相対的に少なくなると思う。だから信頼性の高い客観的なデータはおそらく無いです。
しかし年間ということでなく相当の長期間を通じてということであれば、相当の割合の個人投資家が損しているかもしれません。
株の場合は「投資家」とまで標榜できないような中長期のホルダーが相当数いるはずですから、今みたいな株価が上がっている時期にはもっとたくさんの投資家が儲...続きを読む

QFXで取引をする時間は?

こんにちは。FX初心者です。宜しくお願いします。
デモトレードに参加しまぁまぁの成績なので、そろそろ本物のトレードを始めようかなぁと思っています。
そこで、教えてください。
為替相場が活発になる時間は、9時から10時、16時から18時、21時から24時。と何かで読んだように思います。
一日中家にいるので、どの時間帯でも取り組むことは可能なのですが、ほかにしないといけないこともあるので、合計半日近くの時間をFXだけに使うことはできません。
基本的には米ドル/円の短期トレード(1日から2日くらいの保有期間)を考えていますが、トレードが活発で、おすすめの時間帯はいつでしょうか?
素人考えでは、朝に前日の動きを見て、テクニカル分析をし(分析というほどの知識はまだありませんが……)、9時から10時の様子を見つつ指値注文を出して、あとは空いた時間でチェック。という流れが基本でいいのかなぁと思っていますが……円がらみだと、やっぱり東京が開いている時間じゃないと活発にはならないんじゃないかなぁと思うので……
身近には誰もFXをやっている人がいませんので、情報源はネットと書籍だけ。相談できる人もいませんので、宜しくお願いします。
できればみなさんの一日のトレードスケジュールのようなものも教えていただけると参考になりますので嬉しいです。

こんにちは。FX初心者です。宜しくお願いします。
デモトレードに参加しまぁまぁの成績なので、そろそろ本物のトレードを始めようかなぁと思っています。
そこで、教えてください。
為替相場が活発になる時間は、9時から10時、16時から18時、21時から24時。と何かで読んだように思います。
一日中家にいるので、どの時間帯でも取り組むことは可能なのですが、ほかにしないといけないこともあるので、合計半日近くの時間をFXだけに使うことはできません。
基本的には米ドル/円の短期トレード(1日から2日くらい...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、活発に動き注目に値する時間帯は以下の時間帯になります。いずれも夏の日本時間です。

《午前8時50分》
この時間は日本の重要指標が目白押しとなりますので要チェックです。
なぜ8時50分という中途半端な時間に指標を開示するのかと言うと、午前9時の株式市場の開場に合わせ、株式の取引を活発化させるためにこの時間に指標が出されると言われています。

《午前10時30分》
この時間は中国の株式市場が開場する時間です。
なぜこの時間が大切かと言いますと、最近の為替は中国株の動向と連動するような動きになっていまして、事のほか敏感になっています。
なので、開場する前、又は開場した後の値動きはかなり激しい事が多いですので、中国株の値動きは要チェックです。

《午前12時~午後3時》
この時間の値動きはランチタイムなどもあり、非常にまったりとした動きですので、スルーでもOKでしょう。

《午後3時》
この時間から欧州が眠い目をこすりながらの参加です。為替レートがこの時間から活発化しますから、大きな流れを掴みたいのであれば適時追って行きたい所ですね。

《午後5時30分~午後6時》
非常に重要な時間帯です。午後5時30分にはイギリスの重要指標が出される事が多く、サプライズなどがあれば大きく変動します。
更に午後6時になりますと、その他の欧州の国々の指標が発表されます。この時間帯のサプライズ如何によっては、その後の流れを大きく決めることになることもあり要注意です。

《午後9時30分~午後11時》
この時間帯に為替市場のクライマックスを迎えます。アメリカの重要指標が目白押しとなります。極めて重要な時間帯ですので、発表が行われる1時間程前つまり8時30分位からレートが激しく動き始め、射幸心を煽るかのような動きをすることがしばしばですので、米ドル/円の短期トレードを行いたいのであれば絶対外せない時間帯です。

《午前12時~午前5時》
この時間になりますと、動かない事も多いですが、トレンドが一方向に傾いた場合はひたすら買われる、または売られることがあります。

《午前6時~午前7時》
日本時間の朝方ですが、意外とこの時間から動意があることが多いです。
早起きは三文の得、とよく言われるのですが、現在の状況ですとこの時間帯にドル買いされ始める事が多く(投信設定などにより)、買い場と言えるかもしれませんので、もし朝型ならPCに張り付く意味は十分あります。

以上色々と書きましたが、ずっと起きているわけにも行かないでしょうし、デイトレードをするのであれば自分の得意の時間帯、というのを見つけてみて下さい。

私のトレードスタイルですが、その時の状況によってスタイルを変えます。
例えばアメリカの重要指標が発表される日であれば、夜型に変更しますし、日本の重要指標が発表される日(GDPなど)であれば朝型に変更するなど、柔軟に対応しています。  

そうですね、活発に動き注目に値する時間帯は以下の時間帯になります。いずれも夏の日本時間です。

《午前8時50分》
この時間は日本の重要指標が目白押しとなりますので要チェックです。
なぜ8時50分という中途半端な時間に指標を開示するのかと言うと、午前9時の株式市場の開場に合わせ、株式の取引を活発化させるためにこの時間に指標が出されると言われています。

《午前10時30分》
この時間は中国の株式市場が開場する時間です。
なぜこの時間が大切かと言いますと、最近の為替は中国株...続きを読む

Q土日でも為替の変動が見れるサイトは?

土日でも為替の変動が見れるサイトはありますでしょうか?

見たいのは円/USドルですが。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらですか?

http://www.ne.jp/asahi/cme/globex/fx4.html

ここの注意として土曜日にどんなに相場が動いても無視して下さい。
ほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
日曜日の26時(月曜の午前2時)すぎまで相場の変動がそのままの場合は月曜日の相場に影響がある場合があります。(9月10月に2回ずつ有りました)

Q1枚とは?1ロットとは?

1枚とは?1ロットとは?

1枚 = 10,000 通貨らしいことは分かるのですが、1ロットとは何通貨なのでしょうか?
取引会社によって、あるいは同じFX取引会社でもコースによって異なるようで
1ロット=1,000通貨のときも、10,000通貨のときも、100,000通貨の場合もあるようで
いささか混乱しています。

ここで1ロット = 最低取引単位という認識でよいのでしょうか?すなわち
1000通貨単位で取引できるコースでは、1ロット=1000通貨
10000通貨単位から取引するコースでは、1ロット=10000通貨(=1枚)
ということでしょうか?

現在DMMFXでは取引ロット数に応じたキャッシュバックを行っているようですが
http://fx.dmm.com/campaign/new/
新規取引200ロット以上とは最低取引単位で200単位以上、
1ロット=10000通貨なら、200ロット=200枚以上ということでしょうか?

素人質問ですみませんがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

あなたの見解で正しいです。1枚=1ロット=最低取引単位 でOK。
基本的に一円動けば一万円の損益になる一万通貨単位の取引コースがほとんどです。稀に初心者やリスクを極力避けたい人のために1000通貨単位の取引ができるコースを用意している業者もあります。
200枚取引するならは1億は口座に入金しないとヤバイですが、すぐ退場することになるでしょう。

QFXでコンスタントに勝っている人って

FXでコンスタントに勝っている人って実際いるのでしょうか??

ブログなど良くありますが、過去の日付で終わっていたりするもの
もたくさんありますよね?

FXでコンスタントに勝てるということは、単純にそのやり方で
ロット数をあげれば億万長者になれると思うのですが、実際
そうなのでしょうか?

ロット数をあげるための資金もFXの場合だとそんなにかからない
と思いますし、コンスタントに月100万勝てるとしたら
月1億や1千万勝ったのと同じように思うのですが・・・。

同じやり方をしても、ロット数をあげれば判断が鈍くなったり
して勝てなくなるのでしょうか?

たとえば、1年間FXやって、毎月コンスタントに10万円~20万円勝っているとしますよね?
とすれば、まったく同じ手法でロット数を100倍にすれば、その翌年から1000万~2000万円勝てるということでは?という内容です。
もちろんその手法は、損切りなしの一発勝負とかではなく、コツコツ
何勝も重ねたり、損するときもあったりという手法という前提です。

Aベストアンサー

そうですよ。言ってることは当たってます。

さて、統計的な観点から先に説明しますね。
確かにロット数と勝ち負けは関係ないので、100万勝つのと1億勝つのは同じです。ただし、1億負けるリスク、なんてのも考えたら、統計的に十分な数の勝ちが必要ですよね?たとえば100戦80勝と10000戦8000勝とでは信頼度は全然違いますから。
つまり、「コンスタントに勝つ」ためには、施策数が多いほうがよりコンスタントだと言えます。別の視点では、十分な「偶然の連続負け」に対応できるほうが良いのですね。
しかし、ロット数引き上げ時には、ドローダウンのリスクが大きくなり、勝率8割から期待値8割を導出する過程で、リスク分が大きくなります。よって、そう簡単に上げることはできず、十分な「偶然の連続負け」が出せる程度に抑えられる額でないといけません。
よって、あまりいっぺんにはロット数は上がりません。

それと、もう一つの勘違いがありそうなので。それはトレード頻度の問題です。

質問者様の想像では、たぶんデイトレやスキャルを想像してませんか?
マーケットノイズは、テクニカルパターンも出にくいので、まずスキャルトレードなどでコンスタントに稼ぎ続ける人はいません。1万人いたら1人いないかもしれません。
一般に、FXで勝つ人は日足以降の大きめの足でトレードをします。
その方がトレンドにも従いやすいですし。
また、ポジション保有期間は全体の15%程度。つまり、仮に日足で平均7本足だけ保持するとしたら、足50本につき1回のトレード、すなわち2~3か月に一度の新規ポジションです。前述の数と統計の原理からすると、コンスタントにと言えるだけの数はこなせないのではないですか?

為替・先物・株、どれをとっても下手な人ほど逆張りをします。そろそろ下がるだろう、と売る。そろそろ上がるだろう、と買う。
しかし、トレードで勝率が高いのは順張りです。上がったから買う、下がったから売る、です。
デイトレやスキャルなど短期であるほど、マーケットノイズが発生して、順張りは損切りにかかりやすいのです。
また、チャートが狭く、ノイズが相対的に大きく、価格が行ったり来たりしているように見えるため、逆張りをしてしまいやすくなるのです。
かといってトレンドラインも引けなければ、ひいたところで従わないから予測も不可能。せいぜい0よりもマイナス程度です。
ポンド円で月に200回トレードすれば、手数料分(スプレッド分)の10万円程度がマイナスでしょう。

ブログで公開している人って、ほとんどがこれに当てはまりますよ。
・書き込みが頻繁(短期トレード)
・逆張りが多い
・指標頼り
・テクニカル分析の根拠がない(目標と感想ばっかり書いてる)
ちょっと勝った時期があって、自慢したいだけでは?って思います。
マーケットには素人も玄人もありません。うまいトレードとまずいトレードだけがあります。ブログにするケースは、まずいトレードに当てはまってるケースが多いと思います。

そうですよ。言ってることは当たってます。

さて、統計的な観点から先に説明しますね。
確かにロット数と勝ち負けは関係ないので、100万勝つのと1億勝つのは同じです。ただし、1億負けるリスク、なんてのも考えたら、統計的に十分な数の勝ちが必要ですよね?たとえば100戦80勝と10000戦8000勝とでは信頼度は全然違いますから。
つまり、「コンスタントに勝つ」ためには、施策数が多いほうがよりコンスタントだと言えます。別の視点では、十分な「偶然の連続負け」に対応できるほうが良い...続きを読む

Q土日の為替相場の変動状況を知る方法はないのでしょうか

FXを最近始めた初心者です。
SBI証券で取引しています。

土日はFXでの取引ができないと思いますが、土日の為替相場の変動状況を知る方法はないのでしょうか。できれば、PCのWEBと携帯のWEBと両方で教えていただきたいです。

これで、月曜日朝にレートを見てびっくり、ということがなくなるのですが。。。

Aベストアンサー

百聞は一見にしかず、1ヶ月(4回)ほど見ればわかりますが

ここは中東レート(中東は土日が休みではありません)なのですが取引量が極端に少ないのでちょっとした取引で値が動きます。
土曜日に1円動いてもほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
それがまれに元に戻らないときに9月10月のように暴落になったりします。

あとはここが取引の始まるのが早いです。(月曜日の午前3-4時頃)
http://www.fxtechnical.net/2006/12/saxo_1.html

QFXで生活している人は本当にいるのでしょうか

FXの初心者です。疑問に思うのですが、たとえ月に1万でも確実に儲ける方法を知っている人がいるのならネズミ算式にどんどん資産が増えていき、賭けるロット数をどんどん増やしていけば最終的にはその人はビル・ゲイツのような億万長者になるのではないでしょうか。ネットではFXで生活している人が実際にいるとよく言いますが、信じられません。一体どんな方法を使えば確実に儲けることができるのでしょうか。自分的にはFXで生活している人などいないのではないかと思います。

Aベストアンサー

2で回答した者です。まだ回答受付されているようなので補足しますね。

勝率60%で良いのでしたら、ひまわり証券のFXでエコトレに入っているソフトでも勝率60%超えはいくつかありますよ。
自動売買ですから、PCの電源を落としていても自動でトレードしてくれます。

このようなソフトを無料または有料で提供しているFX会社は日本でも多数あります。

ご質問のFXで生活している人が本当にいるのかどうか?ですね。
FXで生活している人がいると信じられないのであれば、FXのオフ会(飲み会など)が全国で開催されていますから、それに出席してみると良いと思います。

僕も何度かFXのトレーダーの集まるオフ会に出席していますが、そういう方々と会って話をされたり、実際にご自宅でのパーティーに出席したりすれば、本当にいるのだということを自分の目で確かめて確認できますよ。

>一体どんな方法で

確実に儲ける…とは思いません。

しかし、例えば、テクニカルでチャート2時間足・1時間足・30分足の全てのRSIが90超えなのにもかかわらず、MACDと一目でN波がデットした状態となることが1年間で数回~数十回あります。
昨年のドル円でも数十回はありましたが、そのタイミングで80銭程度の指値で新規売りをすれば勝率は90%以上になりますよね。
信じられないのでれば、自分で実際に検証されれば良いのです。そうすれば、あっ、このタイミングなら50銭~1円程度なら高確率で利食いできるのだな、というエントリーの場所が見つかります。

損をする人は、なぜそこで新規注文が出せるのか全く根拠がないといったタイミングでエントリーをしていたりします。
また、「ドル円、1万通貨、売りか買いかの1本のみで勝負」といったように、ヘッジを使わず、リスクの管理も全く無しという方もいます。
最低限、テクニカル上での売買ルールの構築は必要だと思いますし、そのルールをソフトなどで検証してどの程度の勝率が出るかを確認してから、取り入れるかどうか判断することも必要だと思います。

僕は、例えばドルに対して、FX複数口座で通常の売買をしている間、オプションでも売買をし、CFDでも逆ポジションを保有することがあります。
資金力といえばそれまでですが、FXで1本のみのトレードをするより、損をするリスクを下げることができます。

株でも、信用売買や先物の反対売買で損の穴埋めをする手法がありますが、それは為替でも同じです。
そういうことをしている人々はたくさんいるのに、初心者はそういうリスク管理の手法を知らぬまま1本売買だけでどうにか儲けようとしてしまうから余計に負けやすくなってしまうのだと思います。

まずは、ご自身の目で疑問を解決されてみてはいかがでしょうか。
自分よりも理解と実績のある方々に直接お会いして話を聞くだけでも、とても参考になると思いますよ。
そういう方々に会い、知人、友達、投資家仲間として長年にわたりゴルフでも船でも何でも付き合っていれば、それだけで充分に生活ができる専業さんがいるということも確実に実感できると思います。

参考 ひまわり証券 FX エコトレ

http://sec.himawari-group.co.jp/systemtrade/outline/ecotrade-fx/

2で回答した者です。まだ回答受付されているようなので補足しますね。

勝率60%で良いのでしたら、ひまわり証券のFXでエコトレに入っているソフトでも勝率60%超えはいくつかありますよ。
自動売買ですから、PCの電源を落としていても自動でトレードしてくれます。

このようなソフトを無料または有料で提供しているFX会社は日本でも多数あります。

ご質問のFXで生活している人が本当にいるのかどうか?ですね。
FXで生活している人がいると信じられないのであれば、FXのオフ会(飲み会など)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報