初歩的な質問でごめんなさい。

よく、商品などに特許取得とか書いてあるけど、
特許ってどうゆう意味ですか?

その商品が優れているって証拠?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

特許とは、法的に保護されている無体財産権です。


まず、知的所有権には著作権と工業所有権があります。
さらに、工業所有権には特許権と実用新案権と商標権
(ネーミング)と意匠権(デザイン)があります。
特許が認められるには”新規性”(従来にない新しい
もの)であることと、”進歩性”(従来のものより優れて
いる)ことが求められます。
ちなみに、実用新案は無審査で登録されるので、実用新案
登録済みとなっていても、技術評価書が7でなければ、実
際には効力がありません。
詳しいことを書くときりがありませんので、このへんに
させて頂きます。詳しくは、特許庁のHPをご覧になると
いいでしょう。

参考URL:http://www.jpo.go.jp
    • good
    • 0

皆さん難しいですね


簡単に書きます。(あくまでも質問者のレベルに合わせて)

いいものを考えて、作って、売っても、他人が真似してしまえば、せっかくの苦労が報われません。よって、いいものを考えた人には他人に真似されないような権利を与えましょう。というのが特許です。
いいものを考えた人は、特許を申請し、それが認められたら他人はまねをできません。勝手にまねをすれば、罰せられお金を払わなくてはならない場合もあります。また、すばらし発明には、お金を払うからまねさせてほしいと申し出る人もいます。
がんばっていいものを発明して、特許をとってください。
    • good
    • 1

「新しい技術を開発したことに対する、一定期間の技術独占の権利」と言えばよいでしょうか。

また商品に表示されているものは、「特許を得た技術を使っていますよ」というアピールです(keronyanさんのおっしゃる通り)。

お金と労力をかけて一所懸命商品を開発しても、それを誰でも自由に真似できるとなると苦労して開発した人がバカを見ます。するとだれも技術開発をやろうとしなくなり、その国の科学技術が進まなくなってしまいます。
そこで技術開発への見返りとして、一定期間の独占の権利を与えているのです。

「その商品が優れているかどうか」は保証されていません。

kyaezawa君の回答はhttp://www.jpaa.or.jp/special/tokkyo/の丸写しですね。知りもしないのに自分が知っているように書くのはアンフェアですし、少なくとも出典表示はすべきだと思いますよ。
    • good
    • 0

特許とは、特許権のことです。

 
俗に「発明」と呼ばれるものに与えられます。特許法の第2条第1項では”この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。”と定義づけられています。そしてそれには”物”、”方法”、”物の生産方法”の三つのタイプがあり、既存の技術などより進歩した内容であること、産業上利用できることなどが要件として求められます。また、存在の確認できない事象によるものや、実現不可能な技術によるものは特許権の対象とはなりません。 
 
私たちの日常生活の中には、特許権へのヒントがたくさん隠されています。しかし、どんなに優れた発明でも特許権を得られないこともあります。例えば‥
・自らの関節を外すことにより実現される体操の技(産業上利用できないため)
・幽霊を利用したステルス・カンニング装置(存在が確認できない事象に基づくため)
・手回し式計算機の効率的生産方(既存の技術より進歩していないため)
・密輸品を隠すことのできるトランク(法律に違反する=公序良俗に反するため)
などなど。また、誰でも考える代表例として、両頭式のマッチとかナイフ・フォーク・スプーン一体型の食器などがありますが、これは既に出願されているので、特許権を得ることはできません。  

特許権が認められると、その発明を独占(どくせん)する権利があり、ほかの人が勝手に利用することはできないのです。
どうしても利用したい時は、特許の使用料を払って利用させてもらいます。

 特許権を取得するためには、特許庁に出願し、必要な要件を満たしているか審査を受ける必要があります。
 特許庁では、全国の出願を一ヶ所に集めて審査しており、出願から特許権を付与するまでには、その内容により出願人とのやりとりを行うなど、慎重な手続きを進めています。
この手続きを代行するのが、弁理士という国家資格を持った人です。
    • good
    • 0

さらに補足しますと。


特許権を所有した物がその発明物もしくは発明の方法によって生産された物について
それが特許権を有することを表示することに努めろ
と言うことが特許法に書いてありますので、デザイン的とか、書くスペースがない場合などを除いて
特許取ったよと言うことを示すことを勧めております。

つまり特許という権利を取得したことを示しており、まねしたら怒るよと言っているのです。
(特許という権利については皆様の意見を参考にしてください。)

商品名などに○にRの印が付いている物があると思いますが、これは商標と言う権利を取っているよ
と言う意味です。真似したら、この場合紛らわしい物も怒られます。
    • good
    • 0

 前の方々が、回答されているので、ダブってしまうかもしれませんがよろしいでしょうか。


 特許権は特許権法に基づいて、物の発明などをした人が発明にいたるまでの苦労に対して、法的に保護を加えて勝手に第三者に真似をされないようにする目的で存在しています。こうした特許権のほかに商標権や実用新案権等をひっくるめて工業所有権といい、更にこれに著作権を加えて、知的財産権または無体財産権とも言います。こうした知的財産権法の専門家を弁理士といいますので、特許の申請には弁理士に依頼することが多いです。
 脱線してしまいますが、この質問サイトに「音楽の歌詞を教えてほしい。」等の質問をたまに見かけますが、これは著作権法に違反し、作詞者、作曲者、歌手及びJASRACの著作権を侵すことになります。
 さて、この知的財産権ですが、何においても、知識や物、情報を初めて創造、つまり無から有を生み出すためには並々ならぬ苦労と時間がかかります。ところが、一旦生み出されてしまうと、それを模倣、つまり真似をしてしまうのは簡単であり、せっかくの苦労が水の泡になってしまいますねえ。コロンブスの卵の理論です。
 そこで、この創造をするための苦労などに対して、具体的な形はないけれども、法的に何らかの保護を加えなければ、技術や文化が低落してしまう、と危惧されるようになり、知的財産権の概念が登場したのです。
 蛇足ですが、著作権は結構議論が多いです。それは、学術論文できちんと引用したことを注書きで示さないと、裁判で訴えられかねないことがあります。私は、法律学を研究している修士課程の大学院生でして、知的財産権の専攻ではありませんが、今年修士論文の年のため、著作権問題については慎重になっています。
 知的財産権を大切にしましょう。
    • good
    • 0

下記URL(特許庁)をご覧ください。



特許とは、「自然法則を利用した、新規性のある、産業上有用な発明」に対して与えられる権利のことです。
商品に書いてあるということの意味は、
その商品が(1)他の商品より先進的なものであって、(2)しかも産業上役にたつものであること、が特許庁の審査を経て認められているということのアピールではないかと思います。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/shoukai/chizai01.htm
    • good
    • 0

一般に特許と呼ばれているものは、工業所有権のことを指すことが多いようです。


工業所有権の目的は、その発明、考案をした人を保護することにあります。
つまり、後からきた人に真似をされないようにすることです。
別に優れているとかは、関係ないです。

工業所有権には4種類あります。
1)特許   :発明した人を保護する
2)実用新案 :物品の形状、構造又は組合わせに係る考案をした人を保護する
3)意匠   :立体/平面のデザインをした人を保護する
4)商標   :トレードマークの保護
ちなみに実用新案は申請されたものは、すべて認められるようです。
下記のURLを参照してください。

参考URL:http://page.freett.com/nagapat/index.htm
    • good
    • 0

特許というのはいわば優れた商品というよりも、あるアイデアの実現による発明であるといえると思います。


特許は必ずしも有形の商品が対象ではなく、最近はビジネスモデルという「仕組み」までが特許申請対象として注目されてます。

つまりあなたが見た商品は、あるアイデアを具現化した発明だったという事です。特許が取得されているほどの商品なのですから、よほど便利か、有意義か、とにかくその類似商品は恐らく一般的には世の中にないでしょう。そういう意味では優れた商品です。
    • good
    • 0

特許の国語的意味がわからないのではないでしょうから、質問の主旨は2つ暗いかな。


(1)特許はどんな役割を果たすのかということ
 特許は排他的権利を一定期間発明者に与えるためとその特許を公開することに
 よって世の中の進歩に貢献するようにしようという制度です。ですから発明者
 以外は一定期間、はっきり覚えていないが20年程度独占販売できるわけで、
 他の人が勝手に作ったり売ったりした場合は損害賠償や製造販売差し止めが
 できるという強い権利が与えられます。当然それに値する技術のみに与えられる
 権利で、特許庁で審査され認められたものに限られます。
(2)特許取得、と製品に記載することにどんな意味があるのかということ。
 上述のように特許製品ということだけでお上のお墨付きがある優れた製品と、
 一応アピールルできるわけです。それから排他性の説明にあるように、その製品を
 まねしようという不届き者に対する事前警告の意味があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q特許取得済みの商品使用について

ある特性を持つ塗料を使うと簡単に商品を作る事ができるのですがその塗料は既に特許取得されており
その特許証には
塗料およびこれを用いた物品というようなことが書いてあります
文字通りその塗料を使用した物品の販売製造は特許侵害ということでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

そんな権利を行使するなら、誰もその塗料を買いませんよね。
ビジネスとしては、当然のことですが、特許の実務では、塗料が販売された時点で「権利が消尽した」と言います。
これは、特許法の条文には無いことなのですが、我が国の特許法が制定された頃には、すでに欧米では判例として確立している概念になります。
たぶん我が国での判例は無いと思うのですが、裁判が起きないくらい、当たり前のことと捉えられています。

Q特許電子図書館の検索について

特許電子図書館の検索について教えてください。

公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、
出願中のものもヒットします。
そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、
どういう風に検索したらいいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「公開特許公報フロントページ検索」ではなく、そのいくつか上にある「公報テキスト検索」で検索して下さい。公報種別で特許公報を選択すれば、特許されたもののみから検索できます。尚、特許された後に、権利が消滅しているものも検索の対象となりますので、もし、現在有効に権利が存続しているか否かを知りたいということであれば、別のところで確認する必要があります。

参考URL:http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Q特許取得とうたっての商品販売

ある商品が「特許を取得済」とうたって販売されていますが、それが虚偽だった場合どんな罪に問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらをどうぞ。

特許法 第188条 虚偽表示の禁止
http://www.houko.com/00/01/S34/121.HTM#188

でもって罰則。

特許法 第198条 虚偽表示の罪
http://www.houko.com/00/01/S34/121.HTM#s11

第188条の規定に違反した者は、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

Q特許検索

特許庁の「特許電子図書館」で検索した特許情報は
私はてっきり、全て特許として成立したものだとばかり
思っていました。
ところが最近そうではないことを知りました。
特許申請した(1年半?)内容がそのまま特許になっても
ならなくても公開される資料と特許となった資料とが異なる
というのです。
この特許となった資料を検索したいのですが、どうしていいのか
やってはみたのがまったくわかりません。
どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文書種別をBの特許または特許公告で検索してください。
公報テキスト検索の場合は、特許公報(公告、特許)で検索してください。(デフォルトでは公開特許公報となっています。)

Qある商品が考案され特許取得されているかどうか

ある商品を開発販売するつもりですが特許取得されているかどうか確認するにはどこでどのような形で行えばよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

特許電子図書館(参考URL)で検索してみたらどうでしょうか。
ただ、やみくもではなかなかわからないと思いますが。

参考URL:http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

Q特許番号による特許検索方法

こんにちは.

先日,ある製品の特許について調べていたところ,
「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」
とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました.

しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした.
そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います.

ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は
http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html
このサイトに載っていました.

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.
特許・実用新案文献番号索引照会 で、種別を「登録」にしてから、文献番号に「1875483」を入力し、「照会」をクリックする。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

2.
文献番号一覧が表示される。
出願番号 特許出願平02-160094
公開番号 特許公開平04-051906
公告番号 特許公告平05-085163
審判番号
特許番号 特許1875483

3.
そのページの下の部分で、文献種別を選択し(例えば「公告」)、「リスト」をクリックすると、その文献番号が表示される。

4.
左欄の文献番号(公告の場合は「特公平05-085163」)をクリックすると、その文献が右欄に表示される。

5.
下欄のコントロールで、ページ送りや拡大、PDFファイルなどが可能。

6.
「文献単位PDF表示」をクリックすると、次に表示される認証用番号(4桁)を入力すればPDFファイルでダウンロードできるので、文書のコピーを保存できる。

Q特許を取得している商品を売りたいんですが・・

初めて投稿します。宜しくお願いします。
ガーデニングの時などに使う、雑草などを簡単に除去する事ができる「草刈鎌」なんですが、何処にどう相談したら商品として売り出せるのか、また世の中の人に知ってもらえるのかわかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

相談しなければ売り出せないものなのでしょうか?
相談の方はよく分かりませんが、
世の中の人に知ってもらうにはいくつか方法が
考えられますね。
まず、どういう売り方をしたいのか、を明確にする方がいいと思います。
自分自身の会社で売っていきたいのであれば、
折り込みなどで告知する方法もあるでしょう。
新聞の小さなスペースに広告を出すのも手でしょう。
自分で売らずに第三者に販売を委託するなら、
1の方の言われるように、そういう機材を販売している
ホームセンターに商談を持ちかけてみるか、
通信販売の雑誌(ガーデニング専門の通販誌などが
ありそうですけどね)に掲載してもらう、
代理店契約をして販売してもらう、
などの方法が考えられるのではないでしょうか。

Q特許検索・無料と有料の違い。

お世話になります。
特許検索についてお伺いいたします。

有料のパトリス(PATORIS)と無料の特許庁電子図書館などがあります。
利用するなら当然、無料のほうがいいのですが特許を検索する上で何が違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

例えば、特許電子図書館の特許の「公報テキスト検索」の検索ページにある「検索可能範囲」のボタンを押すと、検索可能なデータの一覧が出てきます。例えば、特許公開公報は、平成5年以降のもののみが検索可能であることがわかります。

なお、有料のパトリスなどでも、CD-ROM公報発行前の出願について全文検索できるわけではなく、抄録検索であったり要約検索であったりします。その詳細は各データベースのオンラインヘルプや、仕様書などをご覧ください。

Q特許取得と特許公開の違い

皆様お世話になっております。
本日も宜しくお願いいたします。

会社でを代理店契約しようと考えておりますが、
その会社に「特許は公開のみで取得申請はしない」と
言われました。

特許は取得しなくても他社にマネされた場合は、特許侵害になるのでしょうか?

取得しないほうが良い場合と、悪い場合をお教えください。

※私個人的には、取得した場合独占権が20年なのでなのかと考えていますが良くわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

特許出願後、原則として18ヶ月経過後に、特許公開公報が発行されます。これは、その特許が出願されていることを公に知らしめるものであり、この公開日の後に、他社が仮に全く同じ特許を出願しても、その他社の特許出願は新規性がないために拒絶理由となります。

一方で、出願後に審査請求をして、審査官が審査をして、特許査定となった場合に、特許料を払い込んだあとに特許として登録されます。この時点で「特許取得」といえます。

公開しただけでは特許権を得ることはできません。登録されてはじめて特許権です。よって、独占実施権を得るためには、公開だけでは不十分で、審査請求~登録までの手順を行なう必要があります。

sytkinouさんは、独占権を得て、他者に真似されないようにしたいようですので、そのためには特許権を得る必要があります。

その代理店契約しようとしている相手の会社が「特許は公開のみで取得申請はしない」と言っているということは、費用を節約したいのだと思います。

特許を受ける権利は元々どちらの会社が持っておられるのでしょうか? 自社が持っているならば、自社で特許を取得されれば良いと思います。あるいは、必要かつ合意可能ならば、他社から特許を受ける権利を買い取るなどして自社で特許取得するという可能性もあります。

なお、上記は一般論ですので、個別ケースについて具体的には弁理士等の専門家に相談されることをお勧めします。

特許出願後、原則として18ヶ月経過後に、特許公開公報が発行されます。これは、その特許が出願されていることを公に知らしめるものであり、この公開日の後に、他社が仮に全く同じ特許を出願しても、その他社の特許出願は新規性がないために拒絶理由となります。

一方で、出願後に審査請求をして、審査官が審査をして、特許査定となった場合に、特許料を払い込んだあとに特許として登録されます。この時点で「特許取得」といえます。

公開しただけでは特許権を得ることはできません。登録されてはじめて特...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報