あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

アルテックのA7を買いました。ついでにケーブルをウェスタンの16GAにしてみました。
ただの透明なスピーカーコードからの交換でしたが、それほど変化が感じられなかったです。
音色は少し変わりましたが、サックスの鋭さが抜けてしまった気もします。
他の物も検討していますが、スピーカーケーブルだけで費用対効果は発揮されるでしょうか?
機器間のオーディオケーブルも含めて、ほとんどの人が1万円以上の物を薦めていますが、試験的に付けるケーブルに6mで6万円も払えません。。。
もし、スピーカーの費用対効果が薄いようでしたら、アンプは高いので、プレイヤーとカートリッジを交換してみようかと思います。
因みに今使っているのは、DENON製のDP-47Fで、専用シェルが必要なものです。
ターンテーブルが汎用シェルコネクタになっている物に交換し、何個か変えてみようと思っていますが、
「最終的にプレイヤーはTHORES、カートリッジはオルトフォンのSPUに行きつくよ」と言われています。
音楽ジャンルはジャズ、ポップス等ですが、そのうちクラシックを聴くようになるかもしれません。

皆さんの意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

再び iBoo-2001 です♪



お礼を書き込んでくださり、ありがとうございます。

質問に対して最初の書き出しは「はじめまして♪」が、私の定番ですよ(苦笑)

さて、#4回答者様のご意見、私も学生時代までは同じような考え方を持っていました。しかし、同じ銅線でも外皮構造等でニュアンスが違ったりするの体験をしてから、いろんな要素で微妙に音が違うように感じる事も有るんだなぁ~。って思います。

貰ったり、借りたり、では無く自分で購入した範囲では4千円/mの物までです。

今はほとんど通常の電線(電力用)か、大量にまとめ買いしたカナレばかり、、、
業務用ではカナレやベルデンは定番製品です。

音質が特別良いと言うのでは無くて、音の特徴が少ない分「クセ」も少ないと言うのが一つの利点です。
また、大量に消費されていて長期間販売されていますので、安価で品質も安定しているのも宵点でしょうかね。

トーキー時代でしたらWEがそう言う、信頼性の高い製品の定番だったのでしょう。

高価なケーブルはチューニングの一つでしょうけれど、スピーカーやアンプ等の工作をする人から見ますとほんの微妙な差に大きな経費をかけるのがもったいないと感じる物ですよ。

とは言いましても、メーカー製品に手を加えて音質改善を好まない多くの方々にとっては、チューニングの素材としてケーブル選びも重要ですね。

たまに、オーディオマニアなのか、ケーブルマニアじゃない?って思えそうな方のご意見等も見かけますが、それもその人の「趣味」でしょうから、否定するのは失礼ですね(^o^)

1mあたり千円程度のケーブルで各社各様のサウンド傾向が有りますので、何種類か試してみると良いでしょう。

私のカナレはmあたり、、、
***www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219^4S6100GY^^
爆笑する程安物だったりします。
いろんなタイプが有りますのでそれぞれ微妙に音質傾向は違うでしょう。

たまたま、イベント用のケーブルとして、価格優先で上記のケーブル200m分入手しちゃったので、まだまだ在庫が有って他の物を購入出来ないのですが、次回はベルデン買ってみようかと、、でも数年先かなぁ(苦笑)

同じケーブルでも、外側にブチルゴムやテフロン、麻糸などで加工する事で音質傾向が変わると言う、ケーブルの自作と言う世界もあります。
私は通常の電線を4本編み込んであれこれ試しすぎて重くなりすぎた為にスピーカーターミナルを壊した事も有りますが、今思い返せば労力と経費分の音質変化が有ったかどうか、、作った当時は冷静な判断とは思えず、自己満足だったかと思いますよ(笑)

いろんな体験すると、それも面白い物です。

アルテックとして、中音域の音が飛び出す、遠くまで浸透するようなサウンド、それでいて嫌みにならないバランス感覚を活かして音楽を楽しみながら、音質が変わる事も楽しんでくださいね♪
    • good
    • 5
この回答へのお礼

再びのコメント投稿、誠に感謝します^^

A-7を買ってからというもの、毎日のように音楽を聴いています。
A-7を買ったショップからは「そのうち欲出てくるから」と言われましたが、音のすごさに驚きはしたものの、
さほど音質向上に駆られていはいませんが、ピアノの音をもう少しだけすっきりさせたいだけなのです。
しかし、これが難しく遠い道のりなのでしょうね。
音マニアにはなりたくないのですが、せっかくのスピーカーなので自分の音で鳴らしたいとは思っております。
今の音は、好みも含め、点数で言うと、85点です。
特に女性ヴォーカルなどのリアリティは最高です。
このままでも十二分に聴けますが、長く聴いているとピアノのタッチ音の像がすっきりしないことに気が付き始めました。
だからと言って、シャープな切れ味の音を好むわけではないので中高音の鋭さをあとほんの少しだけ向上させたいのです。

次はベルデンやカナレなどの安価なものを使ってみたいですが、スピーカー端子穴が小さいので16GAあたりが限界です。
結局太いものを使っても、最後で接触面積を稼げないので効果が半減してしまうような気がします。
違うかもしれませんが。。。
しかし、端子を大きいものに換えたりまではオリジナル性を壊してしまうのでイヤなのです。
なんだかクラシックカーに最新のタイヤを履くようで。。。(笑)

当時の音に一味加えられればと思っています。

ありがとうございました!
またよろしくお願いします。

お礼日時:2010/11/21 18:09

husky63さん



 個人的意見です。 

 ケーブルで音は変わらないと思います。ケーブルには、抵抗部分とコンデンサー部分とコイル部分があります。以前に3要素のRLC分布定数回路で500mのコードを作りましたが、音量が小さくなりましたが音が変わることを確認できませんでした。500mで32kHzのハイカットフィルターになります。1000mのケーブルになると16kHzのハイカットフィルターになるので聞き分ける人が出てくると思います。以上はヘッドホン用のコードです。スピーカーコードでは、何ともいえませんが、数メートルのコードではどのようなケーブルを使用しても差は無いと思います。

 音は入り口と出口が勝負になると思います。費用対効果から考えれば、スピーカーとカートリッジにお金をかけるべきとおもいます。アンプは、既に20年前から完成の領域に達していると思います。数万円のアンプで十分と思います。 私の場合は、入り口は、CDにしましたので数万円のプレヤーで問題無いと思っています。カートリッジの様に悩みのスパイラルから抜け出せました。

 残るはスピーカーです。4ウエイバイアンプ式からフルレンジなど自作してきました。現在は、リスニングポイントを32バンドイコライザーでフラットにしてみたり試行錯誤しています。ヘッドホンの様に良い音がしません。ヘッドホンにあわせてイコライザーで調整等したり等行っています。早くスピーカーの悩みのスパイラルから抜け出したいと思っています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

技術的なお話は大歓迎です。自分の耳が頼りとは言っても、理屈がわからないと納得できない性分ですので、とても参考になりました。音声信号の質を変えてしまうほどのケーブルがあるとはあまり考えにくかったので、少しすっきりしました。しかし、測定機器のかけて調べれば波形が変わるのでしょうから、私の耳が悪いのかもしれません。。恐らく、他のソースを極限まで高めれば違いがわかるのかもしれませんね。ありがとうございました!

お礼日時:2010/11/20 01:45

こんばんは



私も現在A-7を所有しているものです。

私も、ケーブルでは色々試しましたうん十万円するものからいろいろと・・・。
値段が高いですのでずいぶん期待して聴いてみましたが結果はががりでしたね・・・(笑)

これもオーディオの勉強、楽しみとして割りきって納得しておりました。


あくまでも私の感想なんですが、1メートル200~300円のベルデンが一番良かったです。
その理由としては低音の締りが一番良かったからです。


ケーブル変えたからと言って音質が激減に変わるものではないですが、ベルデンの低音の締りは私はハッキリと実感しましたよ!

あのアルテック特有の乾いた低音が引き立ちました。

あくまでも私の感想ですので^^;
    • good
    • 4
この回答へのお礼

以前にも回答をくださいましたね。ありがとうございます!とうとうA7を買ってしまいました。自分なりにオーディオを理解しようとしているのですが、情報が多過ぎて選択が容易ではありません。そんな時には、やはり同じスピーカーを所有している方の意見はとても参考になります。耳は違っても、好みの感覚は近いと思いますから。ベルデン、興味ありますね~。ありがとうございました。また教えてください!

お礼日時:2010/11/20 01:50

そこそこ高価なケーブルから100円ショップのケーブルまで長年かけて色々と使いました。


スピーカーケーブルならカナレがアンプやスピーカーの変更に影響しにくかったです。
また、独特の音の変化も少なく安定して使えました。

RCAケーブルは変に高くなく標準的な範囲のものが機器を選びません。

カートリッジ~アーム間のリード線はオーディオテクニカのAT6101が意外と良い感じでした。
ジャンルを問わず使えると変えると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になります。特にカートリッジのリード線については知りたい情報でしたので、参考になりました。

お礼日時:2010/11/20 01:41

はじめまして♪



ケーブルを換えると音が変わる。間違い有りませんが、基本的に機器の基本的サウンドを変えてしまう程の変化は得られません。

オーディオマニアが昔、A7を鳴らしていた時代ですとシステム全体で200万円以上だったかと思います。

WEの電線は音質的に高評価する人もおられますが、基本的にはごく普通の電線で、長期信頼性はとても良いようです。(私だったら、国内の電線メーカー製造した電気配線用と似た様な物と考えています。)

A7クラスに成りますと、ケーブルによる些細な音質変化よりも音楽のノリを重要視してチューニングされた方が良いかと思います。

設置土台(床構造)と壁の反射などでほとんど決まってしまいます。 金属ホーン部のデットニングは必要なのですが過去のマニア間でも環境や好みにより千差万別で決定打は無かったように記憶しています。

ターンテーブルとトーンアーム、カートリッジに関してはあくまで一説ですね。 個人的にはポップスやジャズ好きなのに、なぜヨーロッパ系の???
この部分は考え方のバリエーションでもありますが、アメリカが建国する以前からの古い歴史が物を言うのでしょう。逆に考えますとA7はヨーロッパの歴史をも見込むシステムまで取り組むべきスピーカーの一つとも言えますね。

現行のプレーヤーですとテクニクス製品、オーディオ店や家電店では見つけにくいのですが、JD用として世界中で販売されています。(楽器店等ですと、通常取り扱い製品です)

2世代くらい前のバージョンだとダストカバーも別売りであったようですが、現行品は別売りオプションも無いみたい、、(スクラッチDJがデジタル化していますので、現行品がいつまで生産してくれるかすら心配ですが、オーディオメーカーが新規設計したら20万以上はするでしょうね。)

個人的にスピーカー工作が好きなのですが、スピーカーを活かし切る為にはベストマッチのアンプが欠かせません。

6万なら2A3シングルアンプの方が6万のケーブルより効果的かな? 

効率が良いスピカーですので家庭内なら0.1Wでも大音量が出せると思います。(でも余裕度10倍は欲しいので1W以上のアンプを推奨です。)

あくまで 個人的感想ですよ。 オーディオは趣味ですからねぇ~♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はじめましてではありません^^;以前に、A7購入を迷っている際に皆様に背中を押してもらいました。その際に、i-bookさんも回答していただきました。
今回も的を得た回答をいただきありがとうございます。
アンプは泥沼になりそうなので、慎重に考えている最中です。
比較的安価な物から手をつけてお茶を濁そうと言う考えでしたが、どうやらそれは通用しないらしいですね^^;
今の音に不満は無いのですが、やはり聴いてくると欲が出てきます。
もう少し、真剣に考えてみます。

お礼日時:2010/11/19 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJBL4343とアルテック620A

あなたならJBL4343とアルテック620Aの、どちらを選びますか?



聞く音楽はjazz、クラシック、ポピュラー、わりと幅広いのですが・・・

部屋は10畳、洋間です。

Aベストアンサー

永らくオーディオ専門店に勤務しておりましたので、その経験から参考になればと思いお話し申し上げます。オーディオにおけるスピーカー選びは本当に難しいですし、楽しいです。ただ選定の基準がいくつかあると思います・・・(1)アンプの出力やグレードはどの程度でしょうか?今のシステムと今後の発展の可能性は考慮すべきです。どちらのスピーカーも比較的能率は高いのですが、38cmウーハーを制御できるアンプの性能が必要です。国内メーカーのSPと比べると音の出方は元気なので質の良いアンプが必要です。(2)お部屋は洋間とのことですが、壁や窓や床の材質はどうでしょうか?これだけの大型SPともなると音量も相当な音量で無いと勿体ないと思いますが、耐えられますか?柔な新建材(死語)では色々な振動に後々悩まされます。どちらのSPでも同様です。(3)お好きな音楽ジャンルの話が出ておりますが、原音再生を基準に考えれば良いものは良いはずなのですが、SPにも個性がありまして、620Aはやはりボーカル中心や小編成のJAZZには人気がありますが、大編成のJAZZやクラシックにはやや不向きでしょうか、4343は再生帯域も広くHIFI感が十分にありますが、それ故に鳴らしきるのが難しいと言われます。部屋が広くなればなるほど難しさは幾分減少しますが。(4)どちらもすでに生産完了の商品ですので、検討される現物のパフォーマンスレベルが実は一番重要かも知れません。色々なサイトにも出てますが、マグネットの種類、外箱の乾燥度合い、SPユニット内部のメンテナンス状況、604系の同軸ユニットの内部断線修復状況、4343の場合は特にSPユニットのエッジ交換状況、最後にネットワーク内部の特にコンデンサーの容量抜け状況等はご確認が必要と思います。中には30年以上もまったく手が入れられてない物もありますのでご注意を。最後に、どちらを買われても良いとおもいますが、後々セッティングで苦労されるのは間違いないところです。まあ、それもオーディオの楽しみなんでしょうけども・・・。

永らくオーディオ専門店に勤務しておりましたので、その経験から参考になればと思いお話し申し上げます。オーディオにおけるスピーカー選びは本当に難しいですし、楽しいです。ただ選定の基準がいくつかあると思います・・・(1)アンプの出力やグレードはどの程度でしょうか?今のシステムと今後の発展の可能性は考慮すべきです。どちらのスピーカーも比較的能率は高いのですが、38cmウーハーを制御できるアンプの性能が必要です。国内メーカーのSPと比べると音の出方は元気なので質の良いアンプが必要です。...続きを読む

Qアルテック A5の低いほうをのばしたい

小生 ALTCA5 (288-16G 311-90 515B 828B) を使っていますが 低いほうに素直に伸ばせなくてなやんでいます。828Bに問題があるように思います。
オンケンのマルチダクトに関心があるのですが どなたかオンケン箱について御意見を
おきかせくださいませんか。
小生、オンケン箱はいちども聞いたことがありませんのでみなさんの 御意見を
お聞かせください。

Aベストアンサー

はじめまして。私もほぼ同じ様な構成のALTECを使っています。

828Bは床に直置きではないでしょうか?
壁との空間が少ないのではないでしょうか?

何れも十分な空間を置かないとVOTTのフロントロード・バズレフ箱は詰まった音しか出してくれないようです。A5・A7ユーザーでよく見られる828箱に車輪を付けたような状態では、ほぼ間違いなく本領を発揮する事はないと思います。
一度288の配線を外して、828と515だけをフルレンジで鳴らした状態でスピーカーの高さ・壁との距離・リスニングポイントへの角度を探ってみては如何でしょうか。きっとVOTTの本領が見えてくると思います。

失礼な文面、すみませんでした。

QタンノイはJAZZやロックは聴けますか?

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当然私はお金持ではありませんが、オーディオ馬鹿ですので生活を犠牲にしてまでもタンノイ(ヨーロッパスピーカーの購入しようと思ってまして・・・(笑)
アーデンにこだわっているわけでもありません。

とにかくヨーロッパのスピーカーがほしいのです!!
B&Wは私の好みではなかったので省きます。(B&Wファンの方すいません)

やっぱりある程度大型のタイプがほしいですね!(能率の悪いのはご勘弁)

ヨーロッパスピーカーマニアの方 相談に乗ってくださいお願いします。

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンドやレコードの倍音再生に夢中になっておりましたが、最近は何故かFMチューナーのサウンドに凝っております。どこかに行き着くところがあるのかも知れませんが、それほどオーディオというのは色々な楽しみ方があるのだと改めて感心しております。さて、本題に戻りますが先ほども申しましたように、タンノイでJAZZを聴くというのは普通は一般的ではありませんが、柔らかく、優しく、気軽にJAZZを楽しむなら最高の組み合わせの一つです。但し正面から向き合って、ピアノタッチがどうだとか、ベースの歯切れが悪いとか、サックスの抜けが悪いとか悩んではいけません。心地よい音楽の雰囲気を楽しむことを最優先にお考えください。そうすればそのシステムは最高のシステムになるはずです。

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンド...続きを読む

Qアルテック 604-8G を鳴らすパワーアンプ

アルテック 604-8G を所有されている方にお聞きします。どんなアンプで鳴らしておられますか?真空管アンプ購入の参考にさせてください。

Aベストアンサー

訂正させてください。620Bではなくて620Aでした。

真空管らしい音と言うのはどんな音か解らないのですが、近所の620AはトライオードのKT88で鳴らしておられます。昔懐かしい音で真空管のラジオのような音でした。中古で購入されたのでネットワークがおかしいのではと思っています。ご本人はその音に満足されているのでそのままのはずです。

僕の方は、604-8Gの弟分の605(クレッセンド)を所有していて、300B,845,EL34と暇にまかせて聞いてみましたが、低域の締まりが良かったのが845で、JAZZのシンプルな演奏(ビックバンド等の音がたくさん重ならないもの)を聞いています。ピアノの演奏は絵にかいたような音です。
その後、いつかはクラウンではないですが、やはり604-8Gの方がもっと凄いのかもと612、620A、620Bカスタムと次々に購入して聴き比べて見ました。スピード感を取るなら612、低域を伸ばしたいなら620A、何時までも聞いていたいと思うならクレッセンドとなります。
アンプについては当たり外れがあるのでしょうが、真空管アンプは1年ぐらいでどこかおかしくなってきます。
トランジスタアンプ?はアキュフェーズを繋いでみましたが別にどこでも聴ける感じがしてクラウンのD45は馬力があってよかったのですが、845に負けてしまいます。そうこうしているうちにフライングモールの黒モグラを知って使ってみたところ低域は845まではいきませんが気持ち良くなってくれます。
プリにマッキンも使ってみたのですが、上品に音が揃い過ぎて音が可哀そうな感じがして、今は、ダイレクトに黒モグラに繋いでいます。
僕個人のたわごとかもしれませんが、昔の高能率のスピーカーと今のデジタルアンプって凄く相性が良いと思います。スピード感(パルス性の音の再現)が何の抵抗も無く再現してくれます。

蛇足ですが、604は指向性が強いので、スピーカーのセッティングにはレーザー光を使って合わせてください。
ミリ単位で簡単に出来ます。(レーザーポインターと鏡は百均で揃うはずです)

訂正させてください。620Bではなくて620Aでした。

真空管らしい音と言うのはどんな音か解らないのですが、近所の620AはトライオードのKT88で鳴らしておられます。昔懐かしい音で真空管のラジオのような音でした。中古で購入されたのでネットワークがおかしいのではと思っています。ご本人はその音に満足されているのでそのままのはずです。

僕の方は、604-8Gの弟分の605(クレッセンド)を所有していて、300B,845,EL34と暇にまかせて聞いてみましたが、低域の締まりが良かったのが845で、JAZZのシンプルな演奏(...続きを読む

QJBL 4343って音悪くないですか?

良く遊びにいくお店に、JBL 4343が置いてあったので、
買うお金がないですが、聴かせてもらいました。
4343は今まで何回もお目にかかっていますが、
聴いたことがありませんでした。

古いアキュフェーズのモノラルパワーアンプとプリアンプと
DENONのCDプレーヤーで現代の録音のジャズを聴かせてくれました。

聴いた感想は「ひどい音」だと思いました。
これが昔、ものすごく売れたとは信じられないです。
お客さんの中には褒めている人もいましたが・・・。

正直、4343って音悪くないですか?
それとも私がきいたものがたまたま音が悪かったのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと頑張ったようです。

潜在能力は高く、その鱗片は時々出て来るのですが、どうしても納得出来る総合バランス、こういう鳴らし込みはとても難しいらしく、当時のオーディオ紙の中でも、キチンと鳴らし込まれている4343系はほんのわずかしか無いだろう、という意見が一般的でした。

全体的にはデカイスピーカーですが、ミッドバスのバックチャンバー(エンクロージャー)が存在するため、実質的にはウーファーもミッドバスもギリギリの小容量で使われている、というのが実情です。
そして、中学時代に4343Bの調整に立ち会い(いや、動かすのが大変だから、手伝わされた? 笑)、やはりミッドバス帯域の室内音響との関わり、このあたりの処理がほんとに難しいのではないか?と感じたのを思い出します。

完璧に鳴らし込めないまでも、せめてそれなりのバランスが得られる状況なら、大抵の人は満足できる音が得られるのでしょうけれど、わずかに失敗していると、各ユニットがそれぞれ主張し合い、バラバラに音が出ていて音楽的に楽しめる状況じゃない、なんて事もあるでしょう。

それから、製品自体がかなり古い時代の物ですので、はたして販売当時の性能が出せているか?という基本的な疑問はあり得ますね。

JBLは定期的な振動板交換を推薦しています、このためあえて耐久性が低い「発泡ウレタンエッジ」を採用しているのです。(振動板を見ても劣化したのが判りにくい、エッジが朽ちれば交換するしか無いのですね。)

コンシューマー用製品ならエッジの張り替え、でも良いのですが、モニターシリーズやPA/SRなどに使うプロフェッショナルシリーズのユニットは、長く使うにはそれなりのメンテナンス費用を。

なお、4343シリーズ、4350シリーズなどの大型モニター系は、基本的に日本では大ヒット商品でしたが、欧米では「まともな音」を得るのが難しく、扱いにくいスピーカーとして敬遠されたようです。
(と、言うか、一般的にはコンシューマー向けモデルの方が好評だったようです。)

さらに、43**シリーズ、モニタースピーカーとされていますが、現実的なレコーディングスタジオ等で実際にモニター用に採用されたケースは非常に少ない。トークバックなどの返しモニター等には天釣りを考慮した4311/4312系はかなり多用されたようです。

たまたま聞いた音を「ひどい音」だと感じたのは、おそらく音の本質を感じ取っていると思われます。
(まぁ、儀礼上で、その音を好む人の前では、言えませんけれどね。)

経年劣化の結果なのか、セッティング(チューニング)の未熟さなのかは文章だけでは判断出来ませんが、おそらく両方とも影響しているんじゃないか?って想像します。

とても苦労して、存分に鳴らし込めた人には、他のスピーカーでは得られない、至福のサウンドが体験出来るそうです。そういう4343系の音、一度は体験してみたいですね♪

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Qパラゴンの音が悪かったです。

地元のジャズ喫茶でパラゴンの音を聴きました。

非常に申し訳ないですが、音が悪い。と思いました。
マークレビンソンのアンプで鳴らされていました。
全体的に、「何がなっているのかよくわからない」っという印象でした。

パラゴンで鳴らされている喫茶店は、電車で1時間ほど行けばもう1軒ありますが、
そのお店もマークレビンソンで鳴らしており、同じような印象の音でした。

もっとゆったりとした音を想像してましたが、低音が寂しくベースの音程も不明瞭で、
サックスやボーカルもうるさく聴こえます。

好みの問題以前に音が悪いっと思いました。

ジャズ喫茶に行き、コーヒーや酒やつまみに少し高い金を払うのは、
家では聴くことができない音楽を味わいに行くからだと思っているので、
ちょっと残念でした。


むかし、ALRジョーダンのエントリーSで鳴らしていたバーがありましたが、
そのお店の方がずっと音楽を楽しむことができました。
店の広さは同じくらいで、ALRジョーダンでは小さいかと思いましたが、
そんなことはありませんでした。

ALRジョーダンがいいのか、パラゴンがならしづらいのか、どっちなんでしょう。
両方でしょうか。

地元のジャズ喫茶でパラゴンの音を聴きました。

非常に申し訳ないですが、音が悪い。と思いました。
マークレビンソンのアンプで鳴らされていました。
全体的に、「何がなっているのかよくわからない」っという印象でした。

パラゴンで鳴らされている喫茶店は、電車で1時間ほど行けばもう1軒ありますが、
そのお店もマークレビンソンで鳴らしており、同じような印象の音でした。

もっとゆったりとした音を想像してましたが、低音が寂しくベースの音程も不明瞭で、
サックスやボーカルもうるさく聴こえます。
...続きを読む

Aベストアンサー

私はPARAGONの音には2回しか接したことはありませんし、その時駆動していたアンプはいずれもMcIntoshでしたから、Mark Levinsonでドライブした音を聴いた経験はありません。ただ、その2回とも良い音で鳴っていると感じました。

もっとも、私が聴いたのはオーディオフェアの会場です(ジャズ喫茶では聴いたことはないです)。ディーラーのスタッフや評論家諸氏が立ち会いの下で鳴らしていたので、十分な調整を経ていたことは想像出来ます。

さて、PARAGONは1958年から約25年に渡って製造されていたらしいですが、ウーファーの形状によって大きく3タイプに分かれるそうです。最も多く市場に出ていたのが中期型と呼ばれるものですが、一番鳴らしにくいと言われています。スレ主さんの印象通り、パッと聴いた感じでは低音不足で音像再現性に劣るらしいです。ただし、腕に覚えのあるユーザーは自分なりに改造して何とか違和感なく聴けるレベルまで持って行ったという逸話を何回か聞いたことがあります。

(たぶん、私が聴いたPARAGONはフェライト磁石のウーファーを搭載した後期型ではなかったかと思います)

いずれにしろ、スレ主さんが聴いたPARAGONは調整も使いこなしも成されていない状態だったのではと想像します。

それと、JBLの機器を配備しているジャズ喫茶の店主は、意外とJBL以外のスピーカーを聴いた経験がないということを耳にしたことがあります。確かにPARAGONに限らずJBLのスピーカーはジャズ向けだとは思いますが、だからといって「JBL以外のスピーカーではジャズは鳴らせない」ということでもないでしょう。

TANNOYやKEFのスピーカーをフィーチャーしたジャズ喫茶があっても良いと思うんですがね。

なお、PARAGONは鳴らすジャンルを選ぶと思いました。PARAGONは古いジャズでは無頼の強さを発揮しますが、その他はダメだと感じます。特にクラシックの室内楽なんかは壊滅的でした(笑)。

私はPARAGONの音には2回しか接したことはありませんし、その時駆動していたアンプはいずれもMcIntoshでしたから、Mark Levinsonでドライブした音を聴いた経験はありません。ただ、その2回とも良い音で鳴っていると感じました。

もっとも、私が聴いたのはオーディオフェアの会場です(ジャズ喫茶では聴いたことはないです)。ディーラーのスタッフや評論家諸氏が立ち会いの下で鳴らしていたので、十分な調整を経ていたことは想像出来ます。

さて、PARAGONは1958年から約25年に渡って製造されていたらしいですが、...続きを読む

Qアルテックモデル19について教えてください。

真空管アンプに偶然出会い、スピーカーを替えて良い音を楽しみたい。と思っている初心者です。
先日アンプの質問を初めてさせて頂き、私のアンプは350Bの管で、プッシュフルと解れました。

アルテックモデル19という中古スピーカーを20万円で譲って頂ける話がでました。
アルテックはホーン型だから良い!と言われました。

アルテックの音を、私は聞いた事がありません。
検索していて、アルテックは、明るく楽しい音なのかな?アメリカな感じ?
タンノイは、弦楽器が凄く楽しめるんだ、悲しみや憂いを感じられる音、気品
?感じてみたい。魂に響く。はどんな感動だろう?と興味を感じました。


教えて頂きたい事は、
アルテックモデル19というのは、クラシックに合いますでしょうか。私はオーケストラの弦楽器の音が好きです。
アルテックモデル19は臨場感、迫力有り そうなイメージがあります。
臨場感、迫力に加え陰影、悲しみ、憂いイメージは楽しめるものでしょうか?
全くの初心者が中古の購入は先で故障など、面倒なものでしょうか?


タンノイが気になっている状態です。(高額なのでゆっくりになりますが。)

アドバイスどうぞ宜しくお願いします。

真空管アンプに偶然出会い、スピーカーを替えて良い音を楽しみたい。と思っている初心者です。
先日アンプの質問を初めてさせて頂き、私のアンプは350Bの管で、プッシュフルと解れました。

アルテックモデル19という中古スピーカーを20万円で譲って頂ける話がでました。
アルテックはホーン型だから良い!と言われました。

アルテックの音を、私は聞いた事がありません。
検索していて、アルテックは、明るく楽しい音なのかな?アメリカな感じ?
タンノイは、弦楽器が凄く楽しめるんだ、悲しみや憂いを感じられ...続きを読む

Aベストアンサー

またまた回答させていただきます。

アンプの出力のことで、余計なことを書いてしまいました。

私は、以前300ワットのアンプをしようしておりました。
そのとき、今の300Bのシングルアンプ 8ワットもしようしておりました。

300ワットのアンプであろうと、8ワットのアンプであろうと、
聴いている音量は一緒です。
なので、ワット数は気にする必要なないと思います。

ただ、100dBのスピーカーであれば、0.2~0.5ワットくらいで十分な音がでます。
我が家には、0.7ワットの真空管アンプもありますが、結構な音量でバンバンなります。
っということは、私の聴く音量では0.7ワットにも達していない。っということです。
そういう意味で、8ワットでも十分っという書き方をしてしまいました。

お使いのアンプが20ワットで、model19につないでも、なんの問題もありません。
迫力がありすぎる。なんてこともないと思います。適切な音量で聴けばいいことです。


タンノイにも興味をもっているようですから、余計なこととは思いますが、
わたしが今までつかったタンノイのスピーカーのことを書きます。

スターリングとユートピア製のBOXに入った30cmのタンノイ、あとアーデン、
そして、IIILZを使用したことがあります。
正直、聴いていて、一番音楽を楽しめたのは「アーデン」です。
今でも、よく中古で出ています。
エッジを張り替えたもので、10万円から15万円で見かけます。
スターリングは、私には高音が気になります。
IIILZは低音がさみしいです。
ユートピアBOXはいい音でしたが、誰かが特注して作らせたものなので、購入は無理ですし・・・。


http://audio-heritage.jp/TANNOY/speaker/arden.html

でも、アンプやスピーカーは好みの世界です。
私が300Bシングルの音が好きだから使用していますが、
「300Bだから音がいいと思い込んでいる」だとか「猫も杓子も300Bを使う」っという言い方をする人もいます。
でも、本人が好きならそれでいいと思います。

なので、質問者さまが一度どこかで、タンノイのスピーカーやmodel19を聴くことができれば一番よいと思いますが、
なかなか初めてのお店にいって、試聴させてください。っとも言いづらいですし、
私のように地元にオーディオショップが全くない。っという人もたくさんいます。
それでも、私は遠出をして、自分が欲しいものはオークションではなく、実物をみて購入するようにしています。

質問者さまのアンプは、、アルテックもタンノイも間違いなく、素晴らしい音で再生すると思います。
それが好みに合うか、合わないか、っということになると思います。
しかし、高い買い物です。失敗は避けたいですよね・・・。

アルテックとタンノイでは全く音の傾向が違います。
タンノイはクラシックの再生がとても素晴らしいとは思います。
今でも、上司の家にはスターリングがアンプのチェック用にあります。
上司の自作アンプで聴くスターリングは非常に素晴らしい音がします。

でも正直、スターリングよりもアーデンの方が、低音に余裕があるせいか、
表現に余裕があるような気がします。
そして、私にはスターリングの高音がたまに耳につきます。
なので私は、アーデンが好きでした。

その点、アルテックは、なんでもカラッと明るくなってしまうかもしれません。
同じ曲をかけても、楽しい曲はより楽しく、暗い曲も明るめに再生されるかもしれません。
その音を聴いて私はすばらしいと思ってしまいました。
好みが定まっていないからかもしれません。

最終的には、使う人の「好み」っということになります。

素晴らしいアンプをお持ちですので、スピーカーも妥協しないで好みのスピーカーを
時間をかけて探してみたほうがよろしいのではないでしょうか。

長々とすいませんでした。失礼します。

またまた回答させていただきます。

アンプの出力のことで、余計なことを書いてしまいました。

私は、以前300ワットのアンプをしようしておりました。
そのとき、今の300Bのシングルアンプ 8ワットもしようしておりました。

300ワットのアンプであろうと、8ワットのアンプであろうと、
聴いている音量は一緒です。
なので、ワット数は気にする必要なないと思います。

ただ、100dBのスピーカーであれば、0.2~0.5ワットくらいで十分な音がでます。
我が家には、0.7ワットの真空管ア...続きを読む

Q16Ωのドライバーは使える?

ウーファーにJBLのD130(8Ω)にアルテックのドライバー806A (16Ω)を繋げたいのですが、このインピーダンスの違いはどうしたら使えますか?
電気の知識は有りませんので解りやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

簡単に結論だけ言ってしまうと、

【結論】
●ネットワークのクロスオーバー周波数に問題が出ます。
 →周波数特性が乱れます。


スピーカーのクロスオーバーネットワークは、それぞれターゲットインピーダンスがあり
ます。8Ωのドライバーには8Ω用の、16Ωのドライバーには16Ω用のネットワークが必要
です。もしも、ターゲットとは違うインピーダンスのスピーカーを繋いでしまうと、クロ
スオーバー周波数が狂うだけでなく、周波数特性が大きく乱れます。その場合はネット
ワーク定数を変更する必要が生じます。

N1200との事ですがこれはJBL製の古いクロスオーバーネットワークでしょうか?ちょっと
ネットで調べた限りでは、N1200には8Ω用と16Ω用があるようですが、お持ちなのはどち
らでしょうね。

http://www.hifido.co.jp/KW/G0209/J/0-10/C06-31008-83933-00/

どちらをお使いにせよ、「8Ωのウーファー」と「16Ωのコンプレッションドライバー」
に、そのネットワークは使えない事になります。


【解決策】

…と、これだけでは解決策が無いことになってしまいますので、簡易的な解決策を。

コンプレッションドライバーの+端子と-端子の間に、16Ωの抵抗をパラレルに接続して
ください。その抵抗は、25W~50Wくらいの耐消費電力の大きなものが必要です。例えばこ
んなもの。

http://sun.ap.teacup.com/bigtime-parts/43.html

16Ωを並列とすることで、コンプレッションドライバーの見かけ上のインピーダンスは8
Ωになります。もしもお手持ちのN1200が「8Ω用」であるのなら、これで解決できます。

しかし、そのN1200が「16Ω用」であるなら、残念ながら有効な解決策はありません。ご
自身でネットワークを設計し、組み直す必要があります。

-----

抵抗を並列とすることで、コンプレッションドライバーの音圧は見かけ上3dB落ちます。
しかしこれでもホーンの能率の方が高すぎるかも知れません。
能率差を解消するためにアッテネーターの挿入が必要です。16Ωを並列としたことで、一
般的な8Ω用のアッテネーターが使えます。

簡単に結論だけ言ってしまうと、

【結論】
●ネットワークのクロスオーバー周波数に問題が出ます。
 →周波数特性が乱れます。


スピーカーのクロスオーバーネットワークは、それぞれターゲットインピーダンスがあり
ます。8Ωのドライバーには8Ω用の、16Ωのドライバーには16Ω用のネットワークが必要
です。もしも、ターゲットとは違うインピーダンスのスピーカーを繋いでしまうと、クロ
スオーバー周波数が狂うだけでなく、周波数特性が大きく乱れます。その場合はネット
ワーク定数を変更する必要が...続きを読む

Q4530の箱にアルテック515ウーハーを入れると?

現在JBL E130を4530のバックロードホーン箱に入れて使ってます。この箱にアルテック515を入れるとうまく鳴ってくれるか?などと考えてます。箱の設計とか知らないので質問させていただきました。折を見てそういう勉強もするか などと思ってますが今回はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の手元にアルテックの純正BOXの図面集(非買品)がありますが515はオールマイティーなBOXに入るようになっています!
この中にあるだけで30種類ぐらいのBOXが製図になって載っています!大型のBOXは515-B、416-B、604-G、411-A使用可能となっています!
バックロードホーン箱に入れて使うとおそらく低音が増強されると思いますので中高域にセントラルホーン&ドライバーを使用する仕様になっていると思います!
アルテック純正のネットワーク使用するならネットワーク用の取り付け開口が必要になるくらいですかね?
こんな意見でも参考になれば!
余談ですがこの製図の中から38cm 604-G(アルテック同軸2ウェイ)用のBOXの縮小サイズで比率計算してダイヤトーン610(16cm)のBOX製作したことがあります!良く鳴りましたよ!
大型ウーハーが鳴らせる環境はうらやましいですね!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング