人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

小沢一郎を今でも悪と思うか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

 政権交代の立役者、民主党の時は、自民党政権で出来なかった公務員改革、行政改革、年金改革、天下り、無駄の削減等に力を入れて一歩一歩進めていました。

これからも政治の中心で活躍してほしい。小沢新党は金もなく、1年生議員が多い中での船出と成りましたが、2年生になるように応援しましょう。橋下新党が生まれたとして、一年生議員が多くなるだけで、政治が動かなくなるのが心配です。政治は、数の力で動いています。自民党、現民主党、公明等に対抗する勢力を結集して、政治を動かすには小沢新党を中心にした、政治勢力を結集すべきと思います。又、衆議院選挙後の体制を予測していたテレビでは、自民党が第一党で第二党が民主党か橋本新党(まだできていない)かのどちらかで、(1)自民党、公明党、民主党のパーシャル連合。(2)自民党、公明党、橋本新党のパーシャル連合。のどちらかと言っていました。どちらにしても、古い自民党、公明党政権を復活させるだけで、政治が混迷状態が続くと思います。
 政権交代時の原点に立ちかえり、民主党を中心として、みんなの党、社民党、小沢新党、橋本新党(まだできていない)、その他政策で一致できる政党がパーシャル連合が出来れば、政治が前に進んでいくと思います。政治が官僚に支配され、自治労に支配されている現状をみんなの力で変える絶好のチャンスが来たと思います。若い力に期待します。
    • good
    • 0

小沢氏は何か実績のある仕事を今までしましたか。

全くありませんよ。建設会社から賄賂を取って政治資金を溜め込んだ金で政党を色々作り民主党を政権に付かせた位です。それも豊富なお金が有ったからできた事でお金がなければ唯の政治屋に過ぎません。
    • good
    • 0

  今では、記憶にありません。



 悪いところがありました。

 良いところもありました。

 管さんより、期待される世論もあります。

 
    • good
    • 0

小沢に検察をけしかけたのはCIA元長官と言われてますよ


昔の飼い犬(いわゆるオザワレバー)が、言うことを聞かず、気に食わないから
ペルシャ湾の給油問題発言とかで、狂ったように追い回していたとか。
この件有名です

亀井静香が冗談めかしに、CIAは俺を殺さないだろうと時々発言するが、
元国家公安委員長ゆえに裏も表も知っているからこそ出る発言

小沢が1993年の著書『日本改造計画』を出した頃、「小沢=CIA」という噂はわりとあちこちで普通にささやかれていた。
何しろこの本の英語版序文を書いたのは、他でもない上院議員ジェイ・ロックフェラーだったから。

ジェイ・ロックフェラーは現当主デビット・ロックフェラーの後継者と見られているが、権力闘争中ですんなりとは譲ってもらえない。
ジェイ・ロックフェラーは最近盛んに高齢のデビット・ロックフェラーの体調が悪く、死期が近いと情報を流しており、跡目を引き寄せようとしてましたが、ロックフェラー大学病院の創立100周年の記念式典に本人が出席し、健在であることが確認された

デビット・ロックフェラーは昭和天皇訪米の際挨拶に出向き、案内役を務めた、アメリカ黙認の影の大統領。
国家元首以外で唯一天皇と会見できる外国人と言われている

先の衆議院選直前、小沢党首が辞任したが、そのときに自伝本のキャンペーン名目で来日していたのが天敵デビット・ロックフェラー。
小沢下ろしに来たと言われている。
さもなければ、90歳を超える(現在95歳)老人が、態々日本に自作本のキャンペーンには来ない
本の売り上げなんてドーデも良いような超富豪なのだから。
明らかに目的は、政治的意図(もしくはユダヤ的意図)

ところがどういうわけか、菅が首相に就任した頃から、この元CIA長官態度が逆転
小沢を押し始めた。(離島で密かに会見したとか、朝日の小さな伝聞記事がありましたね)
この頃に検察は起訴断念。

小沢は党首選に出るも、あにはからんや、敗北
アメリカ側も一枚岩でなく、外野のせめぎ合いも大変なようですが.......
    • good
    • 0

回答が2分は 朝鮮人 VS 日本人 なだけ。



小沢の業績 : 何もない、韓国で変な公演したり、ろくでもないことをやって、日本をじゃまするだけ。
韓国に行けば人気者だろうな。。
    • good
    • 0

 回答が二分している感じですね。

私は小沢氏擁護というより検察側(権力側)の問題を強く感じています。下記に私が考えるポイントを挙げます。参考にしていただけたら幸いです。

●検察による情報操作
 西松建設の件では、小沢一郎公設第一秘書である大久保氏が東京地検特捜部に逮捕されたとき、当時政権与党である自民党の議員が西松建設から献金をもらっていたと東京新聞が独自調査で記事にしました。このとき東京地検は東京新聞の取材を禁じてしまったのです。権力により情報操作が行われていることを明らかにする出来事でした。ニューヨークタイムスでもこの件は取り上げられています.

●西松建設・水谷建設に於けるポイント
 『赤旗』によると献金額について小沢氏の次は『町村派』の尾身元財務相になっていて二階元経産相よりかなり多額になっています。
 西松建設は森元総理の地元で新幹線建設工事における大型受注を受けていて森氏も西松から献金をもらっています。調べるなら当時の与党が先ですよね。贈収賄の可能性があるのですから当然です。
 水谷建設は38億円の所得隠しのうち15億円は『関西国際空港』と『中部国際空港』の建設受注の為に使ったとしていて、 その裏金の出先としては暴力団(地元対策)と政治家秘書になっています。 『受注が目的』だと言っているのですから、政治家の関与がないわけがないのです。 『15億円ですよ!』検察は何を調べているのか?これを調べれば当時の与党に行き着くのは誰でも分かることです。

●次に検察によるリークや情報操作について
 大谷昭宏氏はこう指摘している。
「押収されたパソコン内の情報がマスコミに流れている。これは検察側からの情報漏えい以外に考えられない」
 検察は小沢氏の支持が高かった大阪への対策として関西TVの報道番組を利用して世論操作もしました。それは青山繁晴氏を利用し小沢氏がいかに悪者かを熱っぽく語らせるものでした。ここで青山氏はミスを犯します。本来なら検察から聞いた捜査情報をTVで話すのであれば「関係者によると」などとし情報源を隠すのですが彼は自分の話の信憑性を高めるために「検察から直接電話で聞いた」と話してしまったのです。これは大変大きな問題になりました。
この件は以前に別のカテゴリーで質問していますのでご参照下さい。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5930943.html
※安倍政権崩壊時に(中略)内閣退陣で涙を流した元共同通信の青山繁晴氏などは、政治権力との距離感を忘れた派閥記者といえる。(ジャーナリズム崩壊 上杉隆著)
★安倍元総理も清和(町村派)です★ 
 
●「後ろ足からの捜査」
 最近は聴かなくなった言葉ですが、検察のやり方が非常に不自然だったことに対して大谷昭宏氏が疑問を投げかけたのがこの表現です。検察は先に「出所が分からない4億円があるぞ!」とマスコミを使って世論を作り、その上で小沢氏関連業者に立ち入り捜査をしました。このことで小沢氏関連業者ばかりに捜査が集中することへの大義名分作りをし、そこから他党議員へのお金の流れがあっても捜査対象外として公表せずに済ませるのです。西松建設では森元総理や尾身元大臣などの名前が出てしまいました。そこでその教訓をもとに考えられた高等戦術だといわれています。メディアで生きる大谷氏にとってはかなり踏み込んだ表現だと思います。しかし、その真の意味を理解できた人は意外と少なかったのではないでしょうか?
 
●最後に小泉氏、森氏が過去に会長を勤めた清和政策研究会(町村派)と検察の癒着について書きます。
 小泉氏も森氏も検察権力を使って邪魔者を社会的に抹殺してきました。一例として佐藤優著『国家の罠』(新潮文庫)の一部を紹介します。

 西村検事「この話を事件化すると相当上まで触らなくてはならなくなるので、うち(検察)の上が躊躇しはじめた。昨日、上の人間に呼ばれ、『西村、この話はどこかで森善朗(前総理)に触らなくてはならないな』と言われた」
 佐藤氏「西村さん、それは当然だよ、鈴木さんにしたって僕だって、森総理に言われてセルゲイ・イワノフとの会談を準備したんだから」
(中略)
 佐藤氏「そうすると今回の国策捜査をヤレと指令したところと撃ち方ヤメを指令したところは一緒なのだろうか」
 西村検事「分からない。ただし、アクセルとブレーキは案外近くにあるような感じがする。今回の国策捜査は異常な熱気で始まったが、その終わり方も尋常じゃなかった。ものすごい力が働いた。初めの力と終わりの力は君が言うように一緒のところにあるかもしれない」

★本当に汚いのは誰なのか?検察という権力機関を私利私欲や保身のために利用する人・・そう、小泉氏や森氏こそ汚い人物ではないのか!
    • good
    • 0

は?



で小沢って韓国系議員が何か良いことしましたっけ?
    • good
    • 0

小沢氏はネガティブキャンペーンを繰返されているにしか過ぎないのではないでしょうか。


次のサイト等で詳しく述べられているので参照して下さい。

http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/848.html
「小沢失脚」謀略を問う

(1)検察審査会「起訴議決」の不可解さ
(2)小沢一郎氏をめぐる動きは国家の支配構造から解かなければならない
(3)小沢「起訴議決」の対象となった「虚偽記載」とは何だったのか
(4)小沢「政治とカネ」疑惑は根拠薄弱な妄想の類に過ぎない
(5)民主主義を危機に晒す検察審査会の暴走
 ...
(12)小沢一郎氏を政治的に抹殺しようとする意志が厳然と存在している
(13)日本の支配構造についての理解を広げることが最も肝要である

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10490134478.html
日本政治再生を巡る権力闘争の謎(その1)=カレル・ヴァン・ウォルフレン

最近のマスコミは小沢氏がされた説明を正しく伝えれば何ら問題ない事を皆が理解できるにも関わらず、何度も説明された事を報道せず、徒に「政治と金」、説明がないとネガティブキャンペーンに励んでいます。

小沢氏を陥れるべく筋書きに沿って30億円以上、一年半近くの期間をかけて徹底的に小沢氏事務所や関係先を捜査し秘書を拘留し尋問したにも拘らず単なる政治資金の記入期日ずれ(資金支払い期日か、農地から住宅地への地目変更完了日を待って記入するかで、二ヶ月のずれで、実務上いずれでも処理されている)で何ら問題ない事を殊更に何時までも取上げています。

検事総長が記者クラブで次の通り発表されているにも関わらず、その事は全く無視して国民には報道しようともしません。

http://d.hatena.ne.jp/Mapple/20100910/p1
大林宏検事総長「小沢氏を有罪とする証拠はない」(ビデオ)

http://www.ozawa-ichiro.jp/index.php
http://www.ozawa-ichiro.jp/video/index.htm
小沢一郎 ビデオメッセージ

繰返し報道された情報は皆の心を占有してしまい、それ以外の正しい情報が伝えられても中々それを受け入れようとしないようですね。

次のようなサイトを参照下さい。
http://opinion.infoseek.co.jp/article/971
鈴木宗男:我が国の民主主義が根底から崩されている
http://www.muneo.gr.jp/html/diary201011.html
ムネオ日記
http://news.livedoor.com/category/vender/145/

鈴木宗男氏、亀井静香氏、小沢一郎氏等は本当に日本の事を考えられているのではないでしょうか。
他国の属国、ATM machine程度にしか見なされていない状態となってしまいそうです。

これまで毎年続いてきた米国からのWikipedia:年次改革要望書が来なくなったのかと思っていたのですが、今度は姿を変えて T.P.P:環太平洋戦略的経済連携協定 として相変わらず属国状態を続けさせるようです。

輸出が有利になるとのことですが、世界中で活躍する多国籍企業は、教育や社会インフラがある程度のレベルに達した国で会社活動の自由を保障させ、会社を次々に移し技術移転をし、安い賃金で働かせ全世界で荒稼ぎをする事になってしまうのではないでしょうか。

世界中でロボット或いは他国の劣悪な環境や安い賃金で働いている労働者と競争させられる事になり、スラム街、路上生活者、蟻族、等が多くなり、10%-40%の失業者が当り前になってしまうのでは無いでしょうか。
自由貿易協定に参加しなければ輸出が不利となり、参加すれば農業や国土環境等が壊滅的な影響を受け、米国では民営化していない郵便事業が日本では民営化をさらに強化して続けさせられ、300兆円の預金は米国債やジャンク債での運営で軍事費やハゲタカファンドの運用資金として使われる事になりそうです。

独立国として、アジア諸国、日本、米国(+欧州他)間の等距離外交を実行するのは夢にしかすぎないのでしょうか。
    • good
    • 0

ハッキリ言って、首相に小沢なんて国民の眼中にありません


何回やっても、小沢支持は低空飛行。
民主党が政権を取る前から変わりません


時事通信アンケート結果 2010/11/12

◇次の首相にふさわしい人物
(1)前原誠司  10.3
(2)菅直人    8.0
(3)石破茂    7.8 
(4)岡田克也   7.0 
(5)渡辺喜美   6.7 
(6)舛添要一   5.7 
(7)石原伸晃   4.6 
(8)小沢一郎   4.2 
(9)小泉進次郎  3.5 
(10)谷垣禎一   1.8 
(11)小池百合子  1.4
(12)仙谷由人   1.1
(13)枝野幸男   0.9
(14)与謝野馨   0.7
(15)亀井静香   0.5
(16)樽床伸二   0.1
(17)分からない 35.8

  数字は%

◇次期首相にふさわしい人物 2010/07/23

 渡辺喜美   11.4
 菅直人    10.8
 舛添要一    8.7
 前原誠司    7.9
 岡田克也    6.6
 小泉進次郎   5.2
 石破茂     4.3
 谷垣禎一    3.4
 小沢一郎    2.7
 枝野幸男    2.0
 石原伸晃    1.6
 仙谷由人    1.0
 亀井静香    0.7
 与謝野馨    0.7
 樽床伸二    0.2
 分からない  32.9(敬称略、数字は%)

-調査は全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施
    • good
    • 0

>>小沢のような下層の大多数の国民の為の政治をしてくれる政治家が潰されることを見過ごしているだけでは、日本の将来は期待できないと思うが如何でしょうか?



こういう愚民がいる限り日本は救われません

学校を卒業してしまったら、補講や再教育も出来ませんから

こういうお馬鹿も野放しで、1票持ってしまうというのが、

日本の政治システムの怖いところ


少しは小沢の業績・言動、政治の基本を勉強しましょう

今まで何かしてくれましたか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング