裁判所は被告人が発言した内容を捜査することが可能なのでしょうか?
たとえば被告人がある会社に働いてると発言し、実際にはその会社には勤めていない
場合は、どのようにしてそのことを確かめるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

裁判所の権能は立件された事実を審理し裁くことであり、それが本当に事実かどうか捜査する権限はありません。

捜査は警察と検察の権限であり、裁判所がこれをやると検察、弁護、裁判という相互牽制の三角関係がくずれて司法制度がうまく機能しなくなります。真実を確認するのはだれがやっても難しく、ですから裁判は真実が勝つのではなく、うまく立ち回った方が勝つ場合も出てきます。

この回答への補足

どうも回答ありがとうございます。
しかしここでまた新たな疑問が出てきました。

裁判では検事も一緒に被告人の証言内容を聞いていますが、検事が調べてそれを裁判所
に報告するということはないのでしょうか?

補足日時:2001/04/13 20:03
    • good
    • 0

検察官の取調べっていうのは、事件のことだけじゃないんですヨ。



一度裁判を傍聴されるとわかるんですが、身上関係といって、いつ、どこで生まれて、どんな家庭環境で育って、学校はどこへ行って仕事は何をして、誰と結婚して何人子供がいて、どんな生活をして…とその犯罪にいたるまでの経歴を全部調べるんですよ。
それが「冒頭陳述」で全部明らかにされて、「証拠」として裁判所に提出されるわけです。
もう「丸裸状態」ですよね。もしかしたら本人が知らないことも検察官は知ってんじゃあないかと思うくらいです。

ですから、もし知らないことを(嘘を)被告人が言い出したとしたら、当然検察官は調べます。
まあ逆に被告人としては、口で言うだけじゃ裁判所に信用してもらえませんから、雇用主の書いた「証明書」のような証拠物を提出することになります。

もし、それさえも疑わしいとなると検察官はその雇用主のことや証明書についても捜査するということになるでしょうね。
    • good
    • 0

裁判長は本人に質問できますし、釈明を求めることができます(刑事訴訟規則208条)。

当事者がこれに応じなければ、証明がないもの(証拠にならない)とすることができます。
    • good
    • 0

補足への回答です。


>裁判では検事も一緒に被告人の証言内容を聞いていますが、検事が調べてそれを裁判所
に報告するということはないのでしょうか?

ありますよ。というよりも被告人の証言内容を吟味して虚偽の物があればそれをつくのが検察の仕事ですから。

この回答への補足

ありがとうございます。

ちょっとわたしの質問の仕方が悪かったですね。
確かに被告人がいてる前ではその証言内容の真偽を問うことはできると思うのですが、
裁判が終わり判決までの期間に、検事が調べることがあるのか知りたかったのです。

補足日時:2001/04/13 20:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今週の警視庁捜査一課9係

今週の水曜日の警視庁捜査一課9係の「装飾死体」の回の犯人は誰だったのでしょうか?
途中で眠ってしまいおきたら終わっていたのですが
高畑淳子が犯人ではなかったのでしょうか?
また、チーズと何かがなかったのはなぜでしょう?。
後半の展開が分る方、教えてください。

Aベストアンサー

番組のサイトのストーリーの後を・・・俳優名で書きます。

犯人と思われていた高畑さんが買ったケーキの材料をレシート通り購入し、検死でわかった装飾された材料と照らし合わせてみて「モッツアレラチーズ」と「黒蜜」がないことがわかりました。

この材料を使った市販されたケーキがあるかどうか井ノ原くんがパテシェの彼女に聞き、そのお店を訪ねるとそのケーキは注文販売でその日は3個販売されていました。
そのうちの一つを買った修理工?の男性が犯人でした。

彼には病気で余命いくばくもない妻おり、彼女の誕生日に好きなケーキをと思い店から病院に急ぐ途中殺された男に肩をぶつけてしまいます。
いちゃもんを付けた男は「病気の妻に・・・」という男に対し「いい話じゃないか・・・」といいながらケーキを道路に落とし靴で踏みにじります。
そのケーキを抱えた彼は男を追いかけもみ合いになり、ケーキを服に付けてしまい逆上した男はナイフで彼を脅かしますがもみ合ううちお腹に・・・一部始終を見ていた高畑さんは彼に「あなたがやってなかったら私が男をやっていたから・・・』と彼を病院にいかせます。
服についたケーキをごまかすため手に持っていた「ケーキの材料」で飾りつけ・・・ということです。

番組のサイトのストーリーの後を・・・俳優名で書きます。

犯人と思われていた高畑さんが買ったケーキの材料をレシート通り購入し、検死でわかった装飾された材料と照らし合わせてみて「モッツアレラチーズ」と「黒蜜」がないことがわかりました。

この材料を使った市販されたケーキがあるかどうか井ノ原くんがパテシェの彼女に聞き、そのお店を訪ねるとそのケーキは注文販売でその日は3個販売されていました。
そのうちの一つを買った修理工?の男性が犯人でした。

彼には病気で余命いくばくもない妻お...続きを読む

Q刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かない

刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かないの?

教えて下さい。

Aベストアンサー

刑事は被告が個人。
民事は被告が法人の場合もある。

Q「おとり捜査」と「潜入捜査」の意味

潜入捜査官がメインキャラクターの映画を観ていて疑問に思ったのですが、「おとり捜査」と「潜入捜査」とは全く同じ意味なのでしょうか?

ネットで自分でも調べているところなのですが、区別されないで使われているようなので同じなのかと…。

警察は行政機関なので、こちらに質問しました。よろしくお願いします。※法律も関係あると思うので、法律カテゴリーにも全く同じ質問をしております。

Aベストアンサー

基本的には違うでしょう。

おとり捜査:操作側が罠を仕掛けるような捜査法。例えば、麻薬を警察が売人などに扮して売り、買った人間を逮捕するというような方法。

潜入捜査:捜査対象となる組織に捜査員を潜入させ、証拠や情報を集める方法。(この時組織を意図的に犯罪に誘導すれば、おとり捜査兼潜入捜査になるかと思います。

ともに日本では認められていないです。(公安の潜入はあるそうですが、あくまで情報収集のためで、直接的な犯罪捜査のためではないようです。このような手法で捜査員が集めた証拠は裁判上証拠としての能力無しになると思います。)

Q裁判所の管轄(地方裁判所・簡易裁判所)

私は、マンションの1室を借りています。

賃貸借契約書には
「本契約に関する訴訟については、○○地方裁判所を管轄裁判所とする。」
と書いてあります。

訴訟価額が140万円以下は簡易裁判所に訴訟を起こし、140万円を超える場合は地方裁判所に起こすというのが法律の規定ですよね(裁判所法33条)。

この賃貸借に関して140万円を超えない金銭の請求をする場合でも、簡易裁判所ではなく地方裁判所に提訴しなければならないのですか?

もし、契約の規定に従って地方裁判所に提訴しなければならないのだとしたら、どのような狙いがあってそのような規定が入っているのですか?
簡易裁判所で訴訟をするとまずいこと、あるいは地方裁判所で訴訟をしたほうがいいことがあるのですか。
(契約の条文は、もちろん私が作ったものではないので。)

Aベストアンサー

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り離して「有識者」に処理させようということです。もちろん、全部が全部ではないでしょうけれど、簡易裁判所の和解協議では、裁判所側として司法委員だけが臨席して、裁判官は出てこないのが普通です。
「有識者」とはいいつつ、実態は会社役員で一線をリタイアしたおっちゃんとか、子育てがひと段落したおばちゃんとか…、要するに時間がたくさんある人(重ねて失礼!!)が就任しているので、素人的発想で和解協議にいろいろと口を挟んできて、法律的にドライに事件を処理しようとしている当事者-多くは請求を構えている原告側としては、迷惑この上ない(重ねて重ねて失礼!!)という実態があります。

>わざわざ褒められたことではないような条文を入れているとなると、どうしてだろう、と思ってしまいます。
実は、簡易裁判所の裁判官は「司法試験合格組み」の裁判官(判事、判事補)ではないのです。「簡易裁判所判事」ということで、地裁・高裁の定年まぎわの裁判所書記官が、選考などを経て簡易裁判所の裁判官になっているケースが多いようです。
それで、裁判を受ける権利の観点から(訴額が小さくても請求原因が特に複雑な事件については)正式な「司法試験合格組み」の裁判官の判断を受ける途も用意しておくというのが、実際のところでしょうか。
もちろん、質問者さまの指摘されるような「アナウンス効果」(?)も、あり得ると思います。

なお、私の回答の「(したがって、このような管轄合意がある場合、地裁に対する提訴後の移送の問題も生じないことになります。)」という点は、言い過ぎだったと思います。
違管轄の移送は問題になりませんが、ok2007さまがご指摘の「裁量移送」という話はありました。
訂正させていただきます。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sihoiin.html

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り...続きを読む

QNシステムの目的は?

Nシステムの目的は何ですか?
オービスのように手前での表示が何もありませんし、Nシステム自体、一般人にはオービスと間違われているのではないでしょうか。

Aベストアンサー

ナンバー付き車両の自動監視装置らしいです。
近年の犯罪には車両が関わっているケースが多いため、
車両を監視しているようです。
詳しくは下記のサイトで・・・

参考URL:http://www.sakuragaoka.gr.jp/nsys/

Q地裁で、被告が代理人を裁判所に知らせる期限は?

原告@セルフ裁判提起中です。第一回弁論の期日が決まり、相手の反応を待っています。

【質問】

地方裁判所の場合、被告側は代理人をたてたことを、つまり弁護士を雇ったことをいつまでに裁判所へ知らせなければならないのですか?

【質問の説明】

地方裁判所で法廷の予定表を見ていると、事件番号や事件の種類のほか、原告と被告の名、そして代理人の名が書いてあります。代理人の欄が空欄なのはきっと弁護士をつかっていないからでしょうが、他の理由があるのかどうかはわかりません。なんにせよ、朝の時点で裁判所は代理人が誰であるかを把握しています。

現時点では被告が弁護士をたてず、答弁書も出さない可能性が高いと予想していまして、そしてたぶん原告本人も出頭しないでしょう。だから第一回弁論は起立、礼、「陳述しますか」「はい」と、あとひとことふたことの問答で終わり、その場で結審してしまうように思います。

しかしですね、裁判の当日、答弁書も出ていないのに被告側代理人の欄に弁護士の名があるという奇策の可能性もたぶん法律上は不可能ではなく、それならそれで心の準備が必要です。

なら、弁論の前の日に裁判所へ電話して、「被告に弁護士つきました?」とか聞いてみる手があります。そこで「裁判所はまだ何も聞いてませんよ」と言ってもらえれば、シミュレーションしておくケースの数が減りまして、気が楽になるというのが質問の背景です。

原告@セルフ裁判提起中です。第一回弁論の期日が決まり、相手の反応を待っています。

【質問】

地方裁判所の場合、被告側は代理人をたてたことを、つまり弁護士を雇ったことをいつまでに裁判所へ知らせなければならないのですか?

【質問の説明】

地方裁判所で法廷の予定表を見ていると、事件番号や事件の種類のほか、原告と被告の名、そして代理人の名が書いてあります。代理人の欄が空欄なのはきっと弁護士をつかっていないからでしょうが、他の理由があるのかどうかはわかりません。なんにせよ、...続きを読む

Aベストアンサー

>地方裁判所の場合、被告側は代理人をたてたことを、つまり弁護士を雇ったことをいつまでに裁判所へ知らせなければならないのですか?

 遅くとも訴訟代理人が何らかの訴訟行為をする時までに委任状を裁判所に提出する必要があります。逆に言えば、訴訟代理人が訴訟行為をしなければ、あらかじめ委任状を提出する必要はありませんので、例えば、第一回口頭弁論の当日に、訴訟代理人が委任状を提出して弁論をするということも可能です。

民事訴訟規則

第二十三条 訴訟代理人の権限は、書面で証明しなければならない。
2 前項の書面が私文書であるときは、裁判所は、公証人その他の認証の権限を有する公務員の認証を受けるべきことを訴訟代理人に命ずることができる。
3 訴訟代理人の権限の消滅の通知をした者は、その旨を裁判所に書面で届け出なければならない。

Q薬物に関しての匿名通報の仕方教えてください。 またそれからの警察の捜査方法は内定調査からですか? 教

薬物に関しての匿名通報の仕方教えてください。
またそれからの警察の捜査方法は内定調査からですか?
教えてください。

Aベストアンサー

便利屋をやとってトラブルを起こさせ、警察を呼ぶ。

薬物の通報は結構難しいのです。注射器とか、痕跡を証拠として出さないと
「気の荒い人なんでしょう」とか「酔っていたのでしょう」
で片付けられます。
トラブルを起こすなど尻尾を出したところをタイムリーで通報するのが良い手だと思います。

Q拘置所にいる被告人宛て内容証明

 刑事事件で被告人となっている人物に対して内容証明を送る必要がでました。家を賃貸していたのですが、別件で借主が逮捕そして刑事裁判になっています。家は既に何もない状態なので、
「解約を通告する」という内容証明を送りたいのです。

 こういう場合、拘置所宛送っても受け取ってもらえるものでしょうか?どこの拘置所にいるかはわかっています。

 家を賃貸ししていたのですが、契約を解除する通告をしないといけないという理由です。刑事事件と賃貸契約とはまったく無関係です。

Aベストアンサー

拘置所で受け取ります。
この場合、刑務官が受領し、本人に渡すようになります。(受け取り拒否はありません)

ただし受け取りと契約解除は別の問題なので注意してください。
内容証明郵便で通告しても強制力はありません。

明け渡し等の強制執行が出来るのは、裁判所の判決が必要です。
 

Q弁護士や検察官って自分で捜査したりするのですか?

現実的なところを教えていただきたいのですが、
一般的に言われる「弁護士」という職業はドラマや漫画みたいに、
自分で事件を捜査したり、証拠を集めたりと、
探偵まがいのことをするのでしょうか?
またそういったことをしても問題ないのでしょうか?

もしそういったことをする場合、
依頼者から別途調査費用などを徴収しているのでしょうか?
お教えください。

私のイメージですと、証拠をそろえるのは依頼者が行うべきことであって、
弁護士さんは、書類の手続きや相手方との交渉、裁判での弁護などを行うのだと思っています。
仮に弁護士事務所として証拠集めに協力するのであっても、
弁護士自らが動くのではなく、そのスタッフやあるいは探偵に外部委託するのではないかと思っています。

ですが、どうも映画やドラマや漫画や小説を見るに、
お前は名探偵コナンか!とツッコミたくなるようなシーンを多々見かけます。
検察についても同様です。ドラマHEROで、キムタク扮する主人公は、
しょっちゅう事務所を出て、何かを調査しています。
そんなこと常識的にありえるのでしょうか??
書類の整理だけで忙殺されているイメージがあるのですが、
その辺のところはどうなのでしょう?

詳しい方お教えください。

現実的なところを教えていただきたいのですが、
一般的に言われる「弁護士」という職業はドラマや漫画みたいに、
自分で事件を捜査したり、証拠を集めたりと、
探偵まがいのことをするのでしょうか?
またそういったことをしても問題ないのでしょうか?

もしそういったことをする場合、
依頼者から別途調査費用などを徴収しているのでしょうか?
お教えください。

私のイメージですと、証拠をそろえるのは依頼者が行うべきことであって、
弁護士さんは、書類の手続きや相手方との交渉、裁判での弁護...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも「捜査」とは、刑事訴訟手続において捜査機関(主に警察。正確には、海保なども入る)が行う訴訟の準備行為としての被疑者の身柄の確保と証拠の保全活動のことです。ですから、捜査機関でない弁護士が行う証拠の収集活動は捜査とは呼びません。つまり、定義上該当しない、だから呼ばない、ただそれだけです。

弁護士が証拠の収集活動をしてはいけないという理由はありませんから、必要とあれば当然、証拠収集を行います。特に刑事事件では被疑者は身柄拘束を受けていることも少なくないので自分で証拠収集なんてできません。誰が代わりに証拠収集するかと言えば当然弁護人となる弁護士。


検察官は公訴官であると同時に捜査機関でもありますから“当然”捜査ができます。特捜でなくても捜査できますし、実際にします。送致を受けた事件についてはほぼ確実に補充捜査を行います。被疑者の取調べはその代表。そもそも検察官作成の供述録取書と警察官作成の供述録取書では証拠として法律上の位置付けが違うので検察官の取調べは公判を前提とするなら結構重要です。現場に一々出て行くことはそんなにありませんがね。ドラマはしょせんドラマ。
また、警察への指揮、指示の権限は捜査を誰がするかとは別問題です。ですから縄張りなんて関係ありません。一般的指示、一般的指揮は普通にやります。
ってか、一般的指示とか一般的指揮がどんなもんか知らないんでしょうな。一般的指示というのは、簡単に言えば捜査一般についての基本的な指示。書式とかの指定も入っているくらいなので逆にこれをやらないと実務は回りません。一般的指揮というのは、抽象的な犯罪についての捜査の態度、方針を示すこと。例えば選挙期間中に選挙違反取締りを強化するような指揮とかそんなの。これも当然普通にやること。縄張りもへったくれも無いです。

なお、実際の捜査活動はほとんど警察がやっているのは事実。しかしそれは一次的な捜査権は警察にあるということで警察にまずは任せるという建前があるのと、検察官の数が少なく、とても手が回らないという本音があるから。だから数の少ない特別な事件は警察を差し置いて捜査するわけですよ、特捜部などが特に。

そもそも「捜査」とは、刑事訴訟手続において捜査機関(主に警察。正確には、海保なども入る)が行う訴訟の準備行為としての被疑者の身柄の確保と証拠の保全活動のことです。ですから、捜査機関でない弁護士が行う証拠の収集活動は捜査とは呼びません。つまり、定義上該当しない、だから呼ばない、ただそれだけです。

弁護士が証拠の収集活動をしてはいけないという理由はありませんから、必要とあれば当然、証拠収集を行います。特に刑事事件では被疑者は身柄拘束を受けていることも少なくないので自分で証拠...続きを読む

Q被告が複数の場合、ある被告だけ被告の住所に移送(裁判の分離)できるでしょうか?

民事事件で原告が被告4名を大阪地裁に提訴した場合、
(原告の住所は大阪、被告の住所は被告Aが京都で被告BとCが京都近辺、被告Dが東京)
被告Dだけを東京地裁に移送できますでしょうか?

具体的には、被告A、B、C、Dは家族だが、被告Dが被告A、B、Cらと訴訟の対応について意見の相違があり、自分の訴訟対象物の分の裁判だけを東京地裁に移送し、被告A、B、Cらとは別に独立して裁判をすることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

第百五十二条  裁判所は、口頭弁論の制限、分離若しくは併合を命じ、又はその命令を取り消すことができる。

152条は、本件の移送とは少々違いますので取り消します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報