NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

嫁ぎ先の実家に仏壇とお墓があります。
もしものときには、引き取るように言われていますが・・

主人も私も供養の仕方がわかりませんし、
申し訳ないけれど、面倒が先に立ちます。

キチンと供養が出来ないのなら、永代供養をお願いしたほうがいいと思うのですが・・

後継ぎがいたり、お墓がある場合でも永代供養に変えることは出来るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No1です。

補足をありがとうございました。

 先日、叔母が老人ホームに入所しました。
 誰もいない家で仏壇をそのままにしておくのも気になりましたので、お位牌を菩提寺で預かっていただくことにしました。
 跡継ぎがいたとしてもいろいろな事情で手元にお位牌を置いておくことが出来ないこともあります。
 お寺にお位牌を預ける方は年々増えているそうです。
 我が家の菩提寺でも長期入院や長期出張のときはお位牌を預かっているようです。

 この場合は、お墓をお寺に返すわけではありませんので、毎年、お位牌を預けている費用、お墓の年間管理料(または、付け届け)はかかります。

 ただ、このようなことをすべてのお寺で行っているかどうかはわかりませんので、しかるべき時が来た時に菩提寺にご相談されることを勧めます。
 ちなみに、私の実家のほうで、ある親戚では、葬儀のあと、ご住職と相談して、本位牌を作りませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました

やっぱり、手間を省けばお金がかかるって感じですかね?

菩提寺・・っていうのもわからないし~

手間もお金もかからない、縁を切れる方法がないか、質問継続してみます。

お礼日時:2010/11/24 06:49

 何もわからない中で、仏壇・お墓をお願いと言われても戸惑いますよね。



 質問者さんのおっしゃる永代供養とはどのようなことを想定していらっしゃるのでしょうか?
 年忌法要をやらない・・ということなのか、仏壇・お墓を整理してしまうということを言われているのか良くわかりません。
 私の知っているお寺では、「永代供養」と言うと、お位牌をお寺に納めて、お墓もお返ししてしまいます。埋葬されているお骨は納骨堂に合葬されます。
 そうすると、ご主人のご両親はお墓に入れなくなりますよね。

 年忌法要は33回忌や50回忌ぐらいまでで終わりにする方が多いです。
 年忌法要は必ず親戚を呼んでしなければいけないわけでもないですし、私の友人なども、年忌のときに、お経料をお寺にお送りしてお願いして、あとは時間があるときにお墓参りをしています。

 

この回答への補足

仏壇が問題なんですよね・・

顔も知らないご先祖ばかりなので、
ホラー嫌いの私は、ハッキリ言って仏壇が怖いんです。

仏壇のあるおうちはみんなそうなのかもしれませんが・・・

実家では、毎日のお世話?ごはんをあげたり・・?(この時点でも、よく知りません)
お彼岸やお盆に仏壇に豪華なお供えをして
お寺さんを呼んでお経をあげてもらっています。

今の生活の中で、お彼岸やお盆は何?と聞かれたら
仏さんが帰ってくるとか聞くな~
皆お墓参りしてるなっ~て程度で、自分たちはあえて行動もしていません。

罰あたりと言われるかもしれませんが、興味のない人にとってはそんなものなんです。

年忌法要とか言われても、なんとなく・・って感じではっきりとはわかりません。

毎日のお世話とかお供えとか、その年忌法要とか~考えるだけでも・・
恐怖の仏壇に、そこまでしなくてはならないの?って感じです。

仏壇の中が、自分にとって大切な人(恋人や子供)なら、話は違ってくるんでしょうが・・
ちなみに親とは仲が悪いので大切な人に入りません。

自分たちも亡くなったら、リビングに写真を飾る程度にしようと決めています。

引き継ぐのは両親ともが亡くなった後になりますので、
その時に仏壇をなくす方法が知りたいです。

補足日時:2010/11/22 18:26
    • good
    • 0

一般論として回答できる質問ではありませんので、お墓を管理しているところの担当者に、直接、尋ねた上で対処されるしかありません。


永代供養を受付けない企業なども大変多く存在しております。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏壇の飾り方

曹洞宗の仏壇の飾り方で少々分からないところがあります。
御本尊様の左右は小さな花瓶を置き中央はご飯と教えて頂き
そのようにしていましたが、最近他で、そのやり方は他の宗派で
曹洞宗は右に湯呑み茶碗、左にご飯と言われました。このやり方だと
御本尊様のところに収まりません。これを収めるにはどうすれば良いでしょうか。
また、どちらが本当なのでしょうか。

Aベストアンサー

お寺さんに聞くのが一番ですよ

別に他人が来てお参りするべきものではなく毎日自分がするもの、それに外部で接触するのはお寺さんですから、お寺さんの言うとおりにすればいいんです。誰かが知ったかぶりで文句言ったら「お寺さんのおっしゃる通りにしています」と言えばイインです。
そもそも仏教は迷いをなくす事に意義があります。形にこだわれば迷いを産むだけです。ひとつを信じて迷いを消せばいいんです、その信じる相手はお寺さんしかないでしょ。

ウチのお寺さんの先代住職は厳しい人で、父の葬儀の際にも葬儀屋さんから「あの方丈さんは厳しくて怖い、申し訳ないけど喪主様から伺ってただけませんか」と泣きつかれたほどです。実際に葬儀屋がそろえた祭壇で「初七日までは仏じゃないんだから使っていた湯飲みを使え」と怒鳴られていました。その方から私は配置についてどっちでもいい心を込めて捧げなさいといわれました。

ネットで曹洞宗 仏壇 お供えで検索してみてください。多分どっちにおく加等ほとんど書いていないはずです。その通りだからです。つまり関係ないと言うこと。一部にご飯は向かって右とあります。
強いて言えば、中央にご飯、両サイドに水です。つまりそのどっちかの水を省略しているだけなのでどっちでもイインです。

一日ご飯を供えっぱなしにする人もいますけど、これも捧げて読経したら下げちゃったって構わないんですよ。或いは日に二回朝夕と捧げ、夕のご飯は下げて食べちゃってイイんです。(私は野鳥にあげていますけど)

お寺さんに聞くのが一番ですよ

別に他人が来てお参りするべきものではなく毎日自分がするもの、それに外部で接触するのはお寺さんですから、お寺さんの言うとおりにすればいいんです。誰かが知ったかぶりで文句言ったら「お寺さんのおっしゃる通りにしています」と言えばイインです。
そもそも仏教は迷いをなくす事に意義があります。形にこだわれば迷いを産むだけです。ひとつを信じて迷いを消せばいいんです、その信じる相手はお寺さんしかないでしょ。

ウチのお寺さんの先代住職は厳しい人で、父の葬儀...続きを読む

Q永代供養について教えてください。 私は子供がおらず、私で墓じまいです。 永代供養って、本当に永代なん

永代供養について教えてください。
私は子供がおらず、私で墓じまいです。
永代供養って、本当に永代なんでしょうか?
そもそもそのお寺が亡くなったら、どうなるのでしょうか?
亡くなってしまってからは、金銭も払えないので結構お高いのですよね?相場ってお幾らぐらいでしょうか?同じような境遇の方、アドバイスをお願い致します。また、墓じまいの流れなどもご存じでしたらお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが思われている、永代とはどのくらいの年月なのでしょうか。

1回忌、3回忌、・・・・という法事に、お寺さんに1回あたりにお支払いする、お布施・お車代・御斎(おとき)あわせておいくら位になるとお考えですか?


お支払いになられる、永代供養料と比較して考えてください。


何となく、判ってきませんか?

Q神棚と仏壇の向き

現在、1階の和室に神棚と仏壇を両方置いています。
神棚は南東向きに、仏壇は北東向きになります。
南向きが良いと聞きますが、我が家の場合、南東、南西、北東、北西向きにしか置けません。
これでもよろしいでしょうか、お教え願います。

Aベストアンサー

置く場所が無いのであれば良いです。
仏壇の東北はやはり気になるところですが、家の中心からみて北東を真(しん)を外しておけば良いと思います。東よりにできれば尚良いでしょう。(つまり仏壇は西寄りになります)同じように神棚の東南向きも出来るだけ南向き、つまり北寄りに置ければ良い事になります。
家の中心や方位の採り方は様々な方法がありますが、あまり気にしないで下さい。自分が最初に出したやり方で十分です。

神棚が1階である場合、2階を人が歩く可能性がある場合は、神棚の上の天井に「雲」と書いた半紙をはりつけます。
仏壇と神棚は向かい合っていなければ大丈夫です。
検索でいろいろ出てきますが、参考に一つ貼っておきます。

参考URL:http://www.kamidana.com/Maturi.html

Q仏壇の永代供養について

義実家には2つの仏壇があります。
このたび義母が亡くなり、義母方の先祖の仏壇はお寺にお願いして永代供養してもらうことになりました。
(お墓は遠方ですが私達夫婦が元気なうちはお参りに行こうと思っています)
永代供養についてこちらで調べてみると、位牌1つに対して約10万円が目安とありました。
義母方の宗派は浄土真宗本願寺派なので過去帳があるのですが、お布施をいくらつつめばよいのか悩んでいます。
お寺にそれとなく尋ねたのですが「100万とか200万の方もいらっしゃいます」と言われました。
これは住職ではなく、奥様(たぶん)に言われたのですが、やはりご先祖がたくさん書いてある過去帳ですとそれくらい包むものなのでしょうか?
聞いてしまってから30万や50万円を包むことは失礼なのでしょうか?
それと、お寺さんに来ていただくのが午後からになるのですが、お膳料は必要ですか?(お車料は用意しております)
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

浄土真宗寺院の住職でございます。
昔はせいぜい隣村ぐらいの人としか結婚しなかったのですが、今は九州と北海道、あるいは外国の人と結婚するケースも増えており、少子化や儒教の精神の希薄と相まってこのような問題が急増しております。
ご質問のケースですと永代経(永代供養)が一番良い選択かと思います。
ただ気になったのがお布施の額をはっきり言わないご住職。皆さんだって見当がつかないのですから素直に額を申し上げるべきと考えます。30~200万まで考慮範囲で悩んでいるなんて範囲広すぎです。
私どもが良く言う「いくらでも結構です」というのはいくら安くても文句を言いませんよという意味だったはず、ところが最近この言葉を言った場合いくら高くても構わない青天井みたいに使っておられるような気がします。こんな意味で使っているならば金額の明示は当然と考えます。拙寺では尋ねられた場合金額を明示するようにしています。
額については地域性もありますのでここで書くと問題かと思います。

お膳料についてですが、ご法事の場合はその時間帯にかかわらずお包みされた方がよろしいかと思います。ただ命日にまでお膳料は必要ないと思います。親戚の人を招いて執り行う仏事の場合お膳料が必要とお考え下さい。

浄土真宗寺院の住職でございます。
昔はせいぜい隣村ぐらいの人としか結婚しなかったのですが、今は九州と北海道、あるいは外国の人と結婚するケースも増えており、少子化や儒教の精神の希薄と相まってこのような問題が急増しております。
ご質問のケースですと永代経(永代供養)が一番良い選択かと思います。
ただ気になったのがお布施の額をはっきり言わないご住職。皆さんだって見当がつかないのですから素直に額を申し上げるべきと考えます。30~200万まで考慮範囲で悩んでいるなんて範囲広すぎです...続きを読む

Qお仏壇

お仏壇のはせがわ~♪ (^人^ (^人^ ) ナム~

この「お」は果たして尊敬語か、それとも美化語か‥?
悩みますね ( ^^;

Aベストアンサー

 専門家ではありません。

 やはり、 「お酒」 「お料理」 などと同じ単なる美化語ではないように思います。 「仏壇」 自体が尊いものなので、 自分で作ったものでも、 自分の商品でも敬意を払うと考えるべきものなのでしょう。 (本来仏壇入魂までは、 単なる物なのでしょうが) 

 余談ですが、 私自身は通常仏壇に 「お」 を付けては呼ぶことはしません。 手伝い、 小使い、 大工、 左官等には 「さん」 付けで呼びますが、 ○○聖人、 ○○知事、 警察署長、 学長、 師団長等に 「さん」 を付けないの同じで、 その言葉自体に尊敬の念が込められているからです。 (と言うことは、 「お仏壇のはせがわ」 さんは 「仏壇」 を尊敬すべき言葉と捉えていないということなのでしょうかネ?) とは言うものの、 「ご本尊」 「仏さま」 等と言いますから、 言葉の習慣ってなんとも難しいですね。

 これも余談ですが、 “Mock Turtle Soup” は別にして、 「仏壇」は名詞一語ですから、 「仏」 と 「壇」 を分けるのはどうでしょうか。 「お料理」 の 「お」 は、 「料」 か 「理」 のどちらにかかるか? って無意味なような ・ ・ ・

 






 

 専門家ではありません。

 やはり、 「お酒」 「お料理」 などと同じ単なる美化語ではないように思います。 「仏壇」 自体が尊いものなので、 自分で作ったものでも、 自分の商品でも敬意を払うと考えるべきものなのでしょう。 (本来仏壇入魂までは、 単なる物なのでしょうが) 

 余談ですが、 私自身は通常仏壇に 「お」 を付けては呼ぶことはしません。 手伝い、 小使い、 大工、 左官等には 「さん」 付けで呼びますが、 ○○聖人、 ○○知事、 警察署長、 学長、 師団長等に ...続きを読む

Q永代供養とお墓

永代供養とお墓のことで質問です。

今から20年前に兄が亡くなりました。
両親のうちどちらかが先に亡くなった時に、一緒にお墓に入れてあげようと、お骨をずっとお寺に預かってもらっているのですが、このまま預かってもらって親と一緒にお墓に入れるか、このままだとかわいそうなので永代供養してもらうか迷っています。
調べてみてもなかなかこういうケースがみつからなくて、どうしたらいいのかわかりません。
どうしたらいいのでしょうか?
永代供養するとどうなるのでしょうか?
一緒のお墓に入らなくても両親が亡くなったとき、あの世でちゃんと会えるのでしょうか?

Aベストアンサー

 20年もお寺に預けておられるのでしたら,そのまま預けて置かれてはいかがでしょうか。
 ご両親のいずれかが亡くなられた時にお墓を建立されるのであれば,その際に一緒に納骨して差し上げれば良いと思います。
 ご両親・そして質問者ご自身もいずれはそのお墓に入られるのに,お兄さんだけ永代供養で別というのは,心苦しくないですか。
 うちの母の姉が幼くして亡くなり,母の父が亡くなった時に,新しく建てた墓に納めました。




現時点で永代供養

Q仏壇の購入と自宅での読経(曹洞宗)の仕方

世話になった義父(妻の父)が亡くなり、色々と思うところあって、自宅でお勤めを始めようと思います。私の家は曹洞宗ですので、曹洞宗の読経をしようと思っています。妻の家は浄土真宗です。妻に聞くと、浄土真宗の位牌を他宗旨の仏壇に入れるのはよくないとのことです。現在自宅に仏壇はなく、これから購入しようと思いますが、お勤めをするのに位牌のない仏壇で良いのでしょうか。私の父は次男で、生家を離れました関係で、現在特定のお寺様の檀家ではありません。私は父とも離れて暮らしておりまして、私自身もお寺様との関係がありません。このような状況で以下の点についてお教え下さい。
(1)仏壇を購入すべきかどうか。
(2)私の住まいの近くに私がお寺様を探して良いものかどうか(父との関係が気になります)。
(3)義父の位牌を仏壇に入れてよいかどうか。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
仏壇は、そのお家で信仰されるご本尊をお祀りする場所で、本来はご先祖さまのご位牌や遺影を安置する場所ではありません。しかし、現在では仏教の信仰と先祖祭祀は切り離せませんから、便宜的に仏壇にご位牌や過去帳を安置してお参りしても差し支えないことになっています。
ご質問の内容を拝見して、お義父さまが亡くなったことによって、gimon2006さんに先祖祭祀や信仰についての気持ちが芽生えられたように受け取りました。仏教ではこれを「発心」と呼び、人が仏さまに近づく第一歩として非常に大切にされるものです。

(1)礼拝の対象としてご仏壇を購入されることは大変結構なことだと思います。ただ、すこし心配なのは、実際に仏壇屋さんなどに行って相談すると、往々にして過剰に大きかったり、華美な仏壇を購入させられる場合があります。最初から予算額をはっきり決めてから購入されることをお勧めします。
(2)実家を出られて新たに一家を立てたのであれば、gimon2006さんのお父さまを初代とする新しい家系ができたわけですから、新たに別のお寺さんと菩提寺・壇家の関係を結んでも問題はありません。
しかし、現代では一からお寺さんと関係を作って、お墓を作り、さらにそれを守って行くことは色々な状況から難しい面も出てくるので、特にこだわりが無く、現在でもお父さまのご実家と交流があるのであれば、ご実家のお寺さんに相談しお世話になるのが無難だと思います。お父さまと一度相談されて決められてはいかがでしょうか。
(3)浄土真宗では一部の派を除いて位牌を作りません。また他宗との混同を避ける傾向があります。奥さまのお話は、そういう事情によるものだと思われます。
曹洞宗では、他宗の僧侶によって授けられた戒名・法名のご先祖さまでも等しくお祀りしてかまいません。曹洞宗の教えは、高祖道元禅師がお釈迦さま直系の祖師方から欠けることなく伝えられた「正伝の仏法」であり、個々の宗派を超越しているとされているためです。

仏壇を購入され、お義父さまのご位牌を作られたとしても、そのままではただの箱、木札に過ぎません。お寺さんにお願いして”点眼”(魂入れ)して頂く必要があります。頼めば、仏壇屋さんの知り合いのお寺さんにその場限りでお願いすることもできないことはないですが、できれば仏壇を購入される前に、どちらかのお寺さんと末永く続けることのできるご縁を持たれることをお勧めします。

以下は曹洞宗の公式サイトにある仏壇の祀り方のページです。ご参考まで。

http://www.sotozen-net.or.jp/gyouji/houji_butiji/houji_butuji_2.htm

参考URL:http://www.sotozen-net.or.jp/gyouji/houji_butiji/houji_butuji_2.htm

曹洞宗の僧侶です。
仏壇は、そのお家で信仰されるご本尊をお祀りする場所で、本来はご先祖さまのご位牌や遺影を安置する場所ではありません。しかし、現在では仏教の信仰と先祖祭祀は切り離せませんから、便宜的に仏壇にご位牌や過去帳を安置してお参りしても差し支えないことになっています。
ご質問の内容を拝見して、お義父さまが亡くなったことによって、gimon2006さんに先祖祭祀や信仰についての気持ちが芽生えられたように受け取りました。仏教ではこれを「発心」と呼び、人が仏さまに近づく第一歩として...続きを読む

Q家に仏壇があるのに永代供養

いつもお世話になっています。

先月母が亡くなりました。
父は12年前に他界しているのですがお寺などいろいろ調べていくうちにちょっとわからない事が発覚しました。

父のお骨はお寺に預けてあり永代供養もしているのですが、家にも仏壇があります。
普通、自宅に仏壇がある場合、永代供養はしないと思うのですが母方の叔母がそのようにしたんではないかと話を聞きました。(母も言われるがままになっていたと思います。)
母のお骨のこともあり、父のお骨を預かってもらっているお寺に電話で聞いてみるとやはり「普通は自宅でおまつりできているのなら永代供養はしなくていいですよ」といわれました。
この場合、母のお骨は予定通り納めたいと思っているのですが、永代供養はしなくてもよいでしょうか?ですが弟や妹は「父と母が別々にまつられるのがかわいそうなので一緒に永代供養したらどうか?」となっているのですが…
私的にはお寺と家と二つもあって本人たちは「どちらにいけばいいのか?」とか迷いがあるんじゃないかと心配です。
逆に今永代供養してもらっているお寺から父を仏壇のほうに移す(というのも変ですが)のは可能なのでしょうか??

父が亡くなった時、私たちが未成年だったのでそのようなことが全くわからず、父には今更ながら本当に申し訳ないなと思っています。

わかりにくい文章ですいません、よろしくお願いします。

いつもお世話になっています。

先月母が亡くなりました。
父は12年前に他界しているのですがお寺などいろいろ調べていくうちにちょっとわからない事が発覚しました。

父のお骨はお寺に預けてあり永代供養もしているのですが、家にも仏壇があります。
普通、自宅に仏壇がある場合、永代供養はしないと思うのですが母方の叔母がそのようにしたんではないかと話を聞きました。(母も言われるがままになっていたと思います。)
母のお骨のこともあり、父のお骨を預かってもらっているお寺に電話で聞いてみ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。。

 お悔やみ申し上げます。

 同じ「永代供養」という名称でも、お寺さんによって、その定義(?)は結構まちまちですが・・・確かに一般的には、お仏壇のお祀りか行われており、それを継承できる状態であれば、永代供養はしないものと言えるかと思います。

 ご質問文面で、もう少し記していただくと有り難いかなと思った点なのですが、ご葬儀をしていただいたお寺さんと、永代供養をご依頼したお寺さんとは違うのでしょうか?
 それと、お墓はない(?)と考えてよろしいでしょうか。(以前にご質問されていたらすみません。)

 個人的な心証ですが、もしもお母様のご遺骨をお納めになった場合でも、永代供養は依頼されなくてよいのでは?と思いましたが。
 また、お寺さんにご理解いただければ、お父様のご遺骨をお仏壇へ移されることも可能だと思います。
 遺骨を長期間自宅でお祀りされている方は現におられます。最終的には土に還るというのが理想といえば理想でしょうが、少なくともご自宅にご遺骨を安置し続けることが、宗教的に悪いということはないと思います。
 ただ、ご遺骨をお返しいただく場合の話ですが、納めた供養料を返還をいただくことは難しいかと思います。お寺さんの対応次第というところですけど、その点は留意いただければと思います。

 ご供養は、故人に想いを廻らす縁者であれば、誰がどこでどういう形で行っても構わないと思いますし、故人の体(ご遺骨)がどこにあろうと関係ないものだと思います。
 ご安置する場所が別々だと可哀想というのも、心情としては当然だとは思いますが・・・お祀りされる側の心情の問題で(それはそれで重要ですが)、悪いということはないと思います。

 個人的には、祭祀を継承できるのであれば、お父様もお母様も皆様方でお祀りされるのが良いかなと思います。可能であるならば、そういう方向でご検討いただければと感じました。では。
 

こんばんは。。

 お悔やみ申し上げます。

 同じ「永代供養」という名称でも、お寺さんによって、その定義(?)は結構まちまちですが・・・確かに一般的には、お仏壇のお祀りか行われており、それを継承できる状態であれば、永代供養はしないものと言えるかと思います。

 ご質問文面で、もう少し記していただくと有り難いかなと思った点なのですが、ご葬儀をしていただいたお寺さんと、永代供養をご依頼したお寺さんとは違うのでしょうか?
 それと、お墓はない(?)と考えてよろしいでしょうか。...続きを読む

Q仏壇のこげた跡

仏壇の傷について質問があります。
燃えてる線香の破片が香炉から落ち、仏壇が焦げて、少し溶けた感じになりました。大きさ的には5mmぐらいです。これを直す方法はありますでしょうか? ちなみに仏壇は木製でこげ茶色です。

Aベストアンサー

焦げた部分を彫刻刀などで削った後、木工用のパテで窪みがあれば修正します。
次に木の色に近い色のフローリング補修ペンで色をつけて行きます。
最後に水性で構わないので木工ニスで仕上げます。

専門に頼むのなら、お仏壇屋さんへ相談するか建具屋さんなどへ相談してみてはどうでしょうか。

Q納骨堂、永代供養、お墓のマンション?について

先日実家の親とお墓の話になりました。
私は40代後半、親は2人とも存命で70代後半、生きる死ぬの状態ではありません(笑)

少し前に、”生前にお墓を準備しておこうと思う” と親が言いましたが
お墓とか高いだけで、特に大阪なのであっても辺鄙な場所が多いし
反対したことはありました。

両親とも、長男・長女でなく、田舎を離れて何年にもなるので
実家の墓に入ることはありません。

それでちょっとだけ私も調べたりして
お墓でなくても、お参りするのに便利で
小さいブースみたいな墓代わりみたいのでいいやん、と今回も伝えました。

ただ意外とお墓のマンションは高いようです。
納骨堂=永代供養なのでしょうか?
そういったのもあるようですが
結構何箇所もあってそれって、HPとかみて本人の気に入るお寺
をチョイスすればいいのか??

実際は急死しない限り、まだまだ先のことと思いますが
そのような事前準備ってしておいたほうがよいでしょうか?

あと納骨堂、永代供養、お墓マンションの違いや
メリットデメリットなど教えていただきたいです。

Aベストアンサー

最近では墓地を探すのも大変になりましたから、何処の御寺でも納骨堂を
建てられるようになりました。
我家では御墓がありますので納骨堂とは無縁の話しなので、永代供養に関
しては詳しくありません。
永代使用料を支払って納骨堂に納骨させて頂くようですが、永代使用料と
永代供養費は同じではないと聞いた事があります。
納骨堂を使用させて貰う料金と、供養して頂く料金は別物のようです。

前もって納骨堂を予約?するのは無理だと思います。葬儀が終わって納骨
をする四十九日法要までに御寺と相談をして、御寺の納骨堂に空きがあれ
ば使用が出来るはずです。

自分が好きな御寺に納骨をさせて頂くのは、それは無理だと思いますよ。
全宗派を一括して納骨して供養して貰える事はありませんから、あなたの
家の菩提寺に納骨堂があれば納骨をさせて頂く事は可能です。
曹洞宗なら曹洞宗、真宗なら真宗の檀家でないと納骨させて貰えないはず
です。あなたが好きだと言われる御寺に納骨を依頼したいなら、現在の宗
派から、あなたが好きな御寺の宗派に変えるしかありません。

宗派を変えるのは自由です。現在の御寺から別の御寺に鞍替えするのも自
由です。ただ、現在の家の菩提寺に行かれて「宗派と寺を変えます」と言
っても、御住職は直ぐに「良いですよ」とは言われないでしょうね。
それなりの筋は通す必要がありますし、それなりの御礼は出す必要もあり
ます。一番の問題は次の新しい御寺が了承して貰えるかです。
もし了承して貰えない時は、あなたやあなたの御両親は無宗派になります
ので、そこの所を良く考えられて下さい。
宗派を変えたり御寺を変えると言う事は、それ相当の出費が必要になると
言う事です。

最近では墓地を探すのも大変になりましたから、何処の御寺でも納骨堂を
建てられるようになりました。
我家では御墓がありますので納骨堂とは無縁の話しなので、永代供養に関
しては詳しくありません。
永代使用料を支払って納骨堂に納骨させて頂くようですが、永代使用料と
永代供養費は同じではないと聞いた事があります。
納骨堂を使用させて貰う料金と、供養して頂く料金は別物のようです。

前もって納骨堂を予約?するのは無理だと思います。葬儀が終わって納骨
をする四十九日法要までに御寺と相談をして、...続きを読む


人気Q&Aランキング