日本の風物の本を読んでいたら、
お月見のことを『moon viewing』、お花見のことを『cherry blossom viewing』と紹介していました。
この場合のviewingの役割がよくわからず困っています。

最初みたとき、moon viewingは、『moon (which is) viewing』なる現在分詞修飾
だと勘違いしてしまいました。
意味的には分詞であろうはずがないので、これは動名詞ですよね?

『月を見ること』をお月見と呼んでいるなら、moon viewingというよりは、
『viewing moon』と言った方がむしろ適切なのではないか、とも思えてしまいます。

でも、『viewing moon』というと、お月見という意味から離れて、
単に『月を見る』という動作をあらわす意味になってしまうのかなと思い至りました。

そんなこんなで、『moon viewing』がどうしてお月見という意味になるのか
その仕組みがわかりません。

よろしく御教示ください。

A 回答 (1件)

踏絵も絵踏も同じ。



viewing the moon で「月を見ること」
moon が view の目的語になり,それが動名詞となるので,
view the moon → viewing the moon
となります。
動名詞句です。

moon viewing というのは viewing で動名詞というより,
「注視」というような完全な名詞。
それに moon が名詞+名詞で一種の修飾関係を作っています。

a bus ride で「バス乗り,バス旅行」
これと同じ感覚です。

この場合,前の moon は修飾する役目となるため,the がつくという制限は関係なくなります。
viewing が不可算的な名詞だから無冠詞。
特定の「見ること」なら,moon ではなく,viewing に the がついて
the moon viewing
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分詞(現在分詞や過去分詞)と分詞構文の見分け方

1 Who is the girl painting a picture over there.
この文は(painting a picture over there.)がthe girlを修飾している現在分詞。

2 My mother is cleaning the kitchen singing a song.
この文は(singing a song)が分詞構文。

なぜ2の文で(singing a song)がthe kitchenを修飾する現在分詞にはなれないのでしょうか?
キッチンは歌っているはずがないから・・・・みたいな理由で判断するしか無いんでしょうか?

Aベストアンサー

まあ, そういうことですね. 構文上はどっちもありえるから, 「常識」で判断するということになる.

ただし「MP3 プレーヤー機能内蔵キッチン」なんてものの可能性を考えると「the kitchen を修飾する」という解釈もできないわけではありません.

Qアルファベットの『り』と『じ』は『LI』と『RI』、『ZI』と『JI』

アルファベットの『り』と『じ』は『LI』と『RI』、『ZI』と『JI』と二種類ありますが、どう使い分ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

使い分けのコツですが、日本語の発音に近いものにするかどうかだと思います。
たとえば、日本語の女の子の名前に「リサさん」の場合、Lisa の方が、日本語のらりるれろに近いものになります。ちなみにRisaと書くと巻き舌になって、「ゥリサ」になります。 

蛇足ですが、日本車のマツダは英語表記はMAZDAですが、MATSUDAと書くと「マツ~ダ」となって、日本語の響きと異なってきます。

Q英語の分詞構文で意味を明確にするために分詞の前に接続詞が残ることがあり

英語の分詞構文で意味を明確にするために分詞の前に接続詞が残ることがありますが、
and...に続く分詞構文でandが残ることはありますか?
例えば
「彼女はその椅子に座って朝ごはんを食べた」
She sat on the chair, eating breakfast.
が普通の分詞構文ですが、
She sat on the chair, and eating breakfast.
となることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

英語の分詞構文で意味を明確にするために分詞の前に接続詞が残る
確かにこのように参考書などでは説明していると思います。

しかし,あらゆる接続詞にあてはまるわけでなく,説明のために使われる便法という気がしてなりません。

While walking along the street,
このような場合,分詞構文に接続詞が残っているというより,while I was walking の主語+ be 動詞を同時に省略した形というのが正しいと思います。

after having done my homework,
この場合も,前置詞+動名詞と考えられます。

結論として,and を残すということはありません。
and を用いるなら and ate breakfast とします。

Q分詞について 現在分詞と過去分詞

例えば下記のような問題があったとします!

 What is the language (   ) in this country?
  1 to speak 2 speak 3 speaking 4 spoken  


The language (言葉)というものは、能動(話す)のか、受動(話される)のか?

ある人のアドバイスには…
「言葉は話すものでなくて、話されるものです。よって受動の関係。」

それを考えればここでは4番が解答になりますよね!

しかし、すこししっくり来ないんです。

言葉は話す物では無いのでしょうか?

言葉は人が「話す物」でもあり、人に「話される物」の両方の様な気もしてしまいます。

この場合は例えば、認識として
「言葉」は話さない物だからという事でしょうか?

確かに「言葉」という物体は声を発して話しを自分の力でする物ではないですね。

そう考えれば「言葉」自体は他の物に利用される物ですね。
この世界では人に使われる物ですね…。

すっきりするヒントをお持ちの方お力添えを…。

お願い致します。

TOEICで分詞の所の選択が自信を持って解答できません。

例えば下記のような問題があったとします!

 What is the language (   ) in this country?
  1 to speak 2 speak 3 speaking 4 spoken  


The language (言葉)というものは、能動(話す)のか、受動(話される)のか?

ある人のアドバイスには…
「言葉は話すものでなくて、話されるものです。よって受動の関係。」

それを考えればここでは4番が解答になりますよね!

しかし、すこししっくり来ないんです。

言葉は話す物では無いのでしょうか?

言葉は人が「話す...続きを読む

Aベストアンサー

そうです,言葉は「人が話すもの」であり,「人によって話されるもの」です。

しかし,分詞決定の際の「~する」「~される」は次のように考えてください。

言葉は「話す側」か「話される側」か。

「人が言葉を話す」である限り,
「言葉は人に話される」
すなわち言葉は「話される側」です。

分詞決定の際,分詞と関連している名詞,ここでは language の立場になって,「話す」か「話される」かで考えます。

language が主語だと仮定して(実際に主語であるかどうかは問題ではありません),「話す」か「話される」かによって,
「話す」なら speaking
「話される」なら spoken です。

the language (which is) spoken in this country
と関係代名詞で書き替えて考えてもいいです。

Q名詞+to be 過去分詞、being 過去分詞、過去分詞

英語やり直し組みです

The government meanwhile says more than 12 hundred people detained for their part in the protests in Rangoon have been released, about half of them Buddhist monks, after they pledged not to demonstrate again.

最初見た時に意味がわかりませんでしたがdetainedはpeopleを形容して「引きとめられた人々」のような意味になるのだと思います。
そこで気になったのですが
(1)people detainedはpeople being detainedにはならないのでしょうか?
名詞+to be+過去分詞、名詞+being+過去分詞、名詞+過去分詞
これらの使い分けがよくわかりません。
toは未来志向だ、とかingは動いているイメージ、というのはよく見ますが、最後の名詞+過去分詞はどういう状態なのでしょうか?

お願いします

英語やり直し組みです

The government meanwhile says more than 12 hundred people detained for their part in the protests in Rangoon have been released, about half of them Buddhist monks, after they pledged not to demonstrate again.

最初見た時に意味がわかりませんでしたがdetainedはpeopleを形容して「引きとめられた人々」のような意味になるのだと思います。
そこで気になったのですが
(1)people detainedはpeople being detainedにはならないのでしょうか?
名詞+to be+過去分詞、名...続きを読む

Aベストアンサー

まず質問の意味を取り違えていたらすいません。
あと、私は日本語での解釈は日本語の「~された」のような日本語の過去形が影響するので好きではないですが、一応こんな違いがあります。

people detained は、「拘留された人々」
people being detained 「拘留されている人々(拘留中の人々)」(今もまさに人が拘留されているという状況のイメージ。通常文章も拘留が継続中であることを示すような文が使われてる)
people to be detained 「拘留『状態』となった人」(なったとは過去形だが、peopleを直接修飾しておらず、状態[to be]を修飾している。)


最初のは名詞 peopleを過去分詞がまま修飾しています。
people (人々)
───
   └── detained(その人々は「拘留された」)

ここでは過去分詞(分詞は)が直接名詞を修飾していることで、形容として拘留されたということと同時に、その形容はすでに過去であり終わったイメージがあります(形容が出来ているからこそ、「~した、された」と述べることができる。出来ていないなら「~した、された」と形容ができません)。事実文章中では、have been released (解放された) と完了していますので、その人々は解放されたイメージがつたわります。

最後のは、to を中心として peple(人々) | be(~の状態) が対峙しています。
people to be  (人がある状態になっている)
    ───
      └── detained(その状態は「拘留された」という状態)

これは真ん中も同じで
people being (人がある状態になっている。またそれは進行している)
    ───
      └── detained(その状態は「拘留された」という状態)


to が未来志向なのかは、前の動詞との兼ね合いによったり、後ろにくるものが名詞なのか他の品詞なのかによるので、すべてのtoの説明に適用できるものではありません。
本来英語は英語で判断されているので to は to でしかないのですが、日本語による説明はその時々で、説明する人によって、あるいは説明を受ける人の理解のレベルなどにより、使い分けられています。
(なので解釈や説明の違い、という分けのわからない言い訳もでてくる)。

まず質問の意味を取り違えていたらすいません。
あと、私は日本語での解釈は日本語の「~された」のような日本語の過去形が影響するので好きではないですが、一応こんな違いがあります。

people detained は、「拘留された人々」
people being detained 「拘留されている人々(拘留中の人々)」(今もまさに人が拘留されているという状況のイメージ。通常文章も拘留が継続中であることを示すような文が使われてる)
people to be detained 「拘留『状態』となった人」(なったとは過去形だが、peopleを直接...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報