私はいつも純文学を読んでいます。

これはドストエフスキーやトルストイなどの古いロシア文学や、日本で言えば夏目漱石や公房や村上春樹などを愛好しています。話の内容は重く、中身は濃いものです。

しかし最近さらっとカフェなどで暇つぶしに読むために、ミステリー小説を読もうと思い、何冊か流行りの海外物を読んでみました。このミステリーはすごいなどの雑誌を参考にしました。

とても面白かったです。こんなにもハラハラドキドキし、徹夜してでも読んでやろうと意気込んだ読書は初めての経験でした。

しかし読んで1週間くらいしたらすべて忘れてしまって何も残りません。

かなり空っぽで、正直暇つぶし用以外、なにも人生のためになるとか価値観が変わるとかそういったことはまずありません。ハリウッド大作映画よりはかなり面白く時間を潰せるのですが、読後はだいたい映画と同じような感じになります。

読んだ海外ミステリーは、最近世界中で大流行したスウェーデンのミレニアムシリーズ3作品すべて。犬の力、チャイルド44です。これらの作品はとても楽しかったです。

そこでみなさん。海外もの限定で読後、純文学とはいかなくても、ミステリーの枠に収まらないすぐれた作品を教えてください。作家でもOKです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

推理小説という呼び方より、ミステリー、サスペンス、ハードボイルドというくくり方だと物語性の強いのもちらほら。



ドロシー・L・セイヤーズ作『ナイン・テイラーズ』創元推理文庫。

P・D・ジェームズ作『皮膚の下の頭蓋骨』ハヤカワ文庫。

D・E・ウェストレイク作『斧』文春文庫。

レイモンド・チャンドラー作『長いお別れ』ハヤカワ文庫。近年、村上春樹訳で新潮社版も出てたはず。

ロバート・B・パーカー作『初秋』『晩秋』ハヤカワ文庫。

ヒラリー・ウォー、パトリシア・ハイスミス、マイクル・コナリー、ミネット・ウォルターズ、サラ・ウォーターズ、ロバート・ゴダード、トマス・H・クック。

海外エンターテイメント小説の紹介本には、児玉清著『寝ても覚めても本の虫』新潮文庫もあります。

日本人作家だと、稲見一良(いなみいつら)、原りょう(りょうはウ冠のない寮)、多島斗志之。読んだあとグッと来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。
私の友人たちもまずチャンドラーとエーコを上げていました。
やはり純文学として読めるものが多いそうです。

お礼日時:2010/11/24 17:16

私もフィリップ・マーロウシリーズ夢中になって読んだ時期がありました。


そのチャンドラーの後継者と言われているロス・マクドナルドの「動く標的」などもおすすめです。
カトリーヌ・アルレーの「わらの女」も衝撃的でした。
古い作品ばかりですが、いずれも私自身ロシア文学と両立しているので大丈夫だと思いますがいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すべて読んでみます!

お礼日時:2010/11/24 17:20

レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウシリーズ


ハードボイルド派の中で最も有名な探偵
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
はやりマーロウですね

お礼日時:2010/11/24 17:20

No5の回答者です。


サラ・ウォーターズ「半身」は2005年版ではなく「2004年版」のこのミス海外編1位」でした。
訂正してお詫び申し上げます。
    • good
    • 0

ブッカー賞・ゴングール賞など(純文読みの方なら賞の説明などは今更不用と思います)の受賞作家で、


なおかつ日本国内でミステリとして読まれている小説を書いている作家を何人か、ご参考までに。

●カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 2005年ブッカー賞最終候補 2007年版このミス海外編10位
カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」 2000年ブッカー賞最終候補
(カズオ・イシグロは「日の名残り」で1989年ブッカー賞受賞)

●サラ・ウォーターズ「半身」 2000年サマセット・モーム賞 2005年版このミス海外編1位
サラ・ウォーターズ「荊の城」 2002年ブッカー賞最終候補 2005年版このミス海外編1位
サラ・ウォーターズ「夜愁」 2006年ブッカー賞最終候補
サラ・ウォーターズ「エアーズ家の没落」 2009年ブッカー賞最終候補
 
●マイケル・フレイン「墜落のある風景」 1999年ブッカー賞最終候補 邦訳は創元推理文庫。
マイケル・フレイン「スパイたちの夏」ウィットブレッド小説賞(現コスタ賞)

●マーガレット・アトウッド「昏き目の暗殺者」 2000年のブッカー賞 2001年のハメット賞(ハードボイルドの始祖の名を冠した賞)

●コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」映画「ノー・カントリー」原作。邦訳は扶桑社ミステリー文庫。
(コーマック・マッカーシーは「すべての美しい馬」で1992年全米図書賞・全米批評家協会賞を受賞。「ザ・ロード」で2007年ピューリッツァー賞文学部門を受賞)

●ジャン・ヴォートラン「パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない」1996年版このミス海外編10位
(ヴォートランは「Un grand pas vers le Bon Dieu 」(邦訳は無いみたい)で1989年ゴンクール賞)

●シャスティン・エークマン「白い沈黙」
(訳者後書きに寄ればエークマンはスェーデンでは純文学畑の作家としても既に不動の位置にある作家とのこと)

●ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」 1991年版このミス海外編1位 文学ミステリの代表格。

他に、純文系の賞取り作家では無いけれど
●クリストファー・プリースト「奇術師」2005年版このミス海外編10位
クリストファー・プリースト「双生児」2007年週刊文春傑作ミステリー海外部門4位
●「ケルベロス第五の首」ジーン・ウルフ 2005年版このミス海外編19位

実はNo4の方が仰るように私も「ミステリは知的暇つぶし」であることが第一義」だと思ってはいるのですけれど。それに空っぽと感じられるかどうか、個人の好みもあると思いますしねえ。私には「ミレニアム」より「砂の女」の方が「空っぽ」と感じられるので。

この回答への補足

 

補足日時:2010/11/24 11:55
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/11/24 17:19

「木に依りて魚を求む」という言葉がありますが、知的暇つぶしであることが第一条件のミステリに、「人生のためになる」ということを求めることが、やや的外れではないかとも思いますが。

各ジャンルの文学には、それぞれ守備範囲があります。ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』に人生を求めても無駄なのと同じように、ミステリに純文(のごくごく一部の特徴である)人生を求めても詮無いことです。

しかし、「知の文学」としてのミステリなら

ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』

は必読でしょう。あと、イギリス「文学」の特色でもある「風俗小説」としてのミステリとしては

ドロシー・L・セイヤーズの一連の作品
クリスチアナ・ブランドの一連の作品
ルース・レンデルやP.D.ジェイムズの一連の作品

などを読まれてはいかがかと思います。

ただ、上記に書きましたが、「空っぽ」と読まれているのは、ご自身の読み方が間違っている可能性も考えられた方が良いかと思いますよ。
文学とは、様々な書き方、読み方があるものですし、その中で「重い」とか「人生」云々は、ごくごく一部のものに過ぎませんから。

この回答への補足

 

補足日時:2010/11/24 03:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/11/24 17:17

刑事コロンボの原作本は読まれましたか?



まず、ここが出だしだと思います。アクがアクを制する という、本来の姿で描かれてます。

あとは、
 月長石

アイザック・アジモフ の 黒後家蜘蛛の会、鋼鉄都市

基本的に、「数学が面白い」と感じ無い人には、推理小説って向かないと思うので、ハードボイルドやルパンなどの方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アシモフを読んでみます。

お礼日時:2010/11/24 17:14

 そもそもミステリーとは娯楽作品ですから、質問者さんが望まれるような要素は少ないでしょう。


 ミステリーとしてのおもしろさということであれば、本格派と呼ばれるジャンルが相当するでしょうが、これらもトリックなどに重点が置かれているので、人生観に影響するようなものはあまりないかと思います。
 あえてそういった要素がありそうなのは、社会派とされるジャンルでしょうか。松本清張などはその代表的な作家です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼


松本ではなく、海外の作品を聞いています。

お礼日時:2010/11/24 17:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外Wifiレンタル

8日間フランスへ海外研修に行くのに 海外用Wi-Fiレンタルを予約する予定です。
イモトのWi-Fiにしようと思っていますがちょっと不安になったので
教えて頂きたいのです。

(1)5人までつなげれるとのことで 5人でシェアするんですが
データー使用量は無制限ではないとのことですが
使用できるデーター量はどれくらいでしょうか?

(2)5人でシェアするのは大丈夫でしょうか?
※使用目的はラインやツイッターに写真数枚程度アップする。
地図として使用、通訳アプリを買い物や食事の際使用する程度にしようとは思っています。

(3)ホテルやWifiスポットでまめに設定し直した方がいいでしょうか?
またその際に安全な費用のかからないWifiを選択する方法は?
※Wifiを自動で選択していて 結果高額な請求が来たという話もネットで見たため不安です。

その他注意点や他に良いレンタル会社があれば教えてください。
※みんな学生のため5人で割り勘にしたいのが条件です

Aベストアンサー

イモトのは借りたことはないけど、グローバルWifi 、テレコムスクエアは借りたこと有ります。借してくれるルータは、中国製の多分似たり寄ったりの機種。値段で選んで構わないです。

データ量は書かれてたいるような使い方なら大丈夫。動画を視聴したりビデオ通話をしなければ問題ありません。ギガ単位の何時間もデータ転送したこと有り、警告のメールが来たりしましたがまったく使えなくなることはありませんでした。五人で使っても写真を同時にアップロードするとかすれば多少遅くはなるかと思いますが問題なく使えます。

ルータは設定を変える必要ありません。レンタル時に渡されるルータの使用説明書にしたがってルータとWifi 接続するだけです。あとはルータが自動で適切な携帯電話回線と接続することでインターネットを使えるようになります。

利用料金が高額になると言う話は、携帯やスマホの携帯電話回線を使うデータ通信機能をあらかじめ無効にしておけば大丈夫です。

Q純文学と大衆小説の違いについて教えてください! 純文学 →読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思う

純文学と大衆小説の違いについて教えてください!
純文学
→読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思うことを作者のセンスで書いたもの。
大衆小説
→読者を意識し、読者が読みやすく親しみやすいよう書かれたもの。

自分なりに説明してみるとこんな感じなんですけど、こういう認識でいいんでしょうか…。よくわからないのでお願いします。

Aベストアンサー

大衆小説は、おもに筋や展開の面白さで読ませるもので、読者は基本的に、主人公や周囲の人物に感情移入して、ハラハラドキドキできればそれでいい、というものです。

純文学は、ストーリーはそこまで重要ではなく、言葉や表現そのものの奇抜さや面白さを味わわせたり、普通なら思いもしないような感覚や感情を描いたりするものですね。

Qオーストラリアへ海外旅行に行きますが、海外用のwifiをレンタルせずにいく場合について質問です。 ・

オーストラリアへ海外旅行に行きますが、海外用のwifiをレンタルせずにいく場合について質問です。
・旅行先ではぐれた!などの緊急事態の際
・どうしてもネット今つかいたい!という時

上記の場合は、どのような手段がとられますか?
できるだけ金額は低い方法を教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

携帯のない昔に戻ればよいだけです。

まず、日本の携帯を緊急用に通話に使うのは恐ろしくお金がかかります。

日本の携帯は当たり前ですが、電話番号は日本でしか通用しません。国際ローミングは「電話を掛ける」はできても「受ける」ことはできないのです。

受けるためには、日本へ電話する必要があります。ですからオーストラリアに居る自分がオーストラリアにいる友人に日本から持って行った携帯で連絡をしようとするとこうなります。

自分が友人の日本の携帯に国際電話をする→日本の携帯会社(ドコモなど)が国際電話を受けて友人のいる国に転送する→友人のいる国で国際ローミングで電話を受ける(この場合は日本からかかってくるので受けられます)

このとき質問者様は自分の国際電話と国内での転送までの通話料金、友人は国際転送代と現地ローミング代(外国は受話も通話料がかかります)を払います。

とても莫大な費用で、私はハワイでこれをやりましたが、二人分の合計で3000円を超えました。10分は話していないと思います。

ということで、日本の携帯同士で連絡を取り合うのは非現実的というか、お金がいくらあっても足りません。それならタクシーでホテルに戻ったほうが安いです。

現実的な方法はいくつかあります。
メールやLINEなどのネット環境があれば使えるアプリなどがあれば、wifiのあるところ行けば連絡がとれます。あらかじめどういうところにwifiが飛んでいるか、確認しておきましょう。日本よりも多くの場所でつかえるはずです。

特にホテルとレストランはかなり使えるはずですので、ホテルロビーなどは使いやすいでしょう。

また、ネットを使いたいならネットカフェもあります。

はぐれた待ち合わせだけに限って言えば、ホテルのフロントに伝言を預けることもできます。ホテルのフロントに名刺がありますので、それをもらっておきましょう。また、タクシーで帰るときもそれを見せれば連れていってもらえます。

携帯のない昔に戻ればよいだけです。

まず、日本の携帯を緊急用に通話に使うのは恐ろしくお金がかかります。

日本の携帯は当たり前ですが、電話番号は日本でしか通用しません。国際ローミングは「電話を掛ける」はできても「受ける」ことはできないのです。

受けるためには、日本へ電話する必要があります。ですからオーストラリアに居る自分がオーストラリアにいる友人に日本から持って行った携帯で連絡をしようとするとこうなります。

自分が友人の日本の携帯に国際電話をする→日本の携帯会社(ドコモなど)...続きを読む

Q純文学の小説を片っ端から読みたいです。 何がありますか? 教えてください。

純文学の小説を片っ端から読みたいです。
何がありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

片っ端からということでしたら近代だと
森鴎外、泉鏡花、夏目漱石、樋口一葉、芥川龍之介、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治
あたりの作家の全集を図書館などで借りて、面白そうなものから読んでみるのはどうでしょうか?谷崎や太宰の作品は読みやすいものが多いのでとっつきやすいかもしれません。
谷崎『刺青』『痴人の愛』『春琴抄』等
太宰『津軽』『パンドラの匣』『お伽草子』等
梶井基次郎『桜の樹の下には』坂口安吾『桜の森の満開の下』は少し奇妙だけど、今の季節にぴったりだし、読みやすいと思います。

Q振込で支払えるレンタルWifi(海外用)

急遽来月イタリアに1週間ほど滞在することになりました。

ツアーに知人なし(一人)で参加するため、現地での色々な情報収集を
iphone4を持参して行いたいと思っています。

そこでレンタルwifiを日本から持参しようと思ったのですが、
インターネットで調べる限り、支払い方法がカードのものばかりで
困っています(クレジットカードを持ってないので・・・)。

何社か法人だと振込みで支払えるところはありましたが、
個人的な旅なので個人名義で借りる予定です。

どなたか振込みなどで支払えるイタリア用のレンタルWifiを
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください><

Aベストアンサー

海外で使うレンタルwifiは、帰国して返却して料金が請求される後払いですので、クレジットカード払いになってしまいます。クレジットの方がレンタル会社はほぼ確実に料金を回収できますから。
料金を前払いできるようであれば、現金も有りうるかと思います。
レンタルのWifiの会社に問い合わせしてみては、いかがでしょうか。
もし、前払いできるとしたら、契約期間の料金に保証金を加える形になるかもしれませんが。

移動中にネットを検索するのであれば、レンタルのWifiアダプタが必要ですが、ホテルの部屋だけでiphoneを使おうとするなら、レンタルwifiは利用しなくてもよろしいです。
ホテルのLANサービスを利用すればよろしいです。
ホテルのLANサービスで、有線の場合がありますので、その際は有線LANを無線で飛ばす機器がありますので、取り寄せる必要があります。
まずは、宿泊するホテルの情報を調べてみてはいかがでしょうか。

海外へ行かれるのなら、クレジットカードは、必需品と言われていますが、作成できないのでしょうか。
クレジットカードを持っていないと、多目の現金を両替しておかないといけませんから。

海外で使うレンタルwifiは、帰国して返却して料金が請求される後払いですので、クレジットカード払いになってしまいます。クレジットの方がレンタル会社はほぼ確実に料金を回収できますから。
料金を前払いできるようであれば、現金も有りうるかと思います。
レンタルのWifiの会社に問い合わせしてみては、いかがでしょうか。
もし、前払いできるとしたら、契約期間の料金に保証金を加える形になるかもしれませんが。

移動中にネットを検索するのであれば、レンタルのWifiアダプタが必要ですが、ホテルの部屋だけ...続きを読む

Qエロ小説でも犯罪小説でも純文学?

質問1
芥川賞の「共食い」と「苦役列車」のことなんですが。。。
まだ読んでいないのですが(これから読むつもり)、共食いの方はなんか近親相姦みたいな内容で、
苦役列車の方は「酒乱の父が犯罪ばかり繰り返している」、というような内容、と聞きました。

こういうのも純文学、っていうんでしょうか?
エロ小説、犯罪小説でよければ私でも書けそうなんですが・・・

純文学っていうからにはエロとか犯罪とかはNGのような気がしますが。
そういう内容でもいいんですか?


質問2
それから芥川賞を取るには、文学雑誌に発表された作品が対象、と聞きましたが、そもそもその文学雑誌に発表するにはどうすればいいのでしょうか?
募集とかしてるんでしょうか? 郵便で送ればいいのかな?  それとも漫画雑誌の「作品持ち込み」みたいに自分で編集部を訪ねて編集者に目の前で読んでもらう、というスタイルでしょうか?

Aベストアンサー

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人公の絵師、良秀は大殿から「地獄変」の屏風絵を描くよう命じられます。話を受け入れた良秀ですが、彼は「実際に見たものしか描けない」絵師でした。彼は、地獄絵図を描くために弟子を鎖で縛り上げ、梟につつかせるなど、狂人さながらの行動をとります。しかしどうしても仕上がらない。燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿を書き加えたいが、どうしても描けない。つまり、実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えて出ます。話を聞いた大殿は、その申し出を受け入れました。当日、屋敷に呼び出された良秀は、車に閉じ込められたわが娘の姿を見せつけられます。良秀は嘆くでも怒るでもなく、やがて車に火がかけられ、縛り上げられた娘は身もだえしつつ、纏った豪華な衣装とともに焼け焦がれていきます。これも明らかな「気違いじみた犯罪の描写」です。

ですから「犯罪を純文学に表現として入れるのは」問題ないと思います。


それとエロは作品全体がエロなら「官能小説」になりますが(例えば団鬼六作品)、一部描写では、全く問題は無いでしょう。大正時代は「接吻」と表現しただけでも「エロい」描写とされてましたからね。


質問2 =

こちらのURLをどうぞ

http://www.bunshun.co.jp/award/index.htm

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人...続きを読む

Q海外で使えるレンタルwifiの後日請求についての質問です。

先日ヨーロッパへの渡航時に、2カ国で使える設定で○○社よりwifiをレンタルしました。
帰国後1週間したところ、「設定の2カ国以外で使用されており、90,000円の超過料金が発生しているので、請求書を送る前の確認です。」と電話連絡がありました。
また、本来の請求金額は90,000円だが、特別に19,800円で良いと言っています。
「陸続きの2国を電車及びバスで移動したので、他の国での使用はありえません。」と説明したところ、「日本国内でwifiの電源を入れたのでは無いか?」と言われました。
確かに帰国時に電源が入っていた可能性はありますが、そのような説明はレンタルする際にまったくありませんでした。
(もしかしたら、分厚い説明書には書いてあったかもですが。)

腑に落ちない気持ちで一杯ですが、こちらの非となるのでしょうか?
同じような経験された方はいらっしゃいますか?
どなたか教えて頂けましたら、幸いです。

Aベストアンサー

非になるかどうかは「請求書を確認するから送れ!」でえぇのとちゃうん???
なんでへぇ〜へぇ〜と
>請求書を送る前の確認です。
これで動揺するんやろ???
あんさんは言われるがママでえぇんでっか?

Q推理小説推理小説のビギナーです。今まで明智小五郎、金田一耕助を経た日本人の名探偵を教えてください。

推理小説
推理小説のビギナーです。今まで明智小五郎、金田一耕助を経た日本人の名探偵を教えてください。刑事、警察の職業で登場されているキャラクターはご遠慮ください

Aベストアンサー

有名なのは、御手洗潔と神津恭介あたりですかね?(神津恭介は明智や金田一とともに、「日本三大探偵」と呼ばれることもあるそうです。)以下、一応私の好き嫌いで分けておきました。

好きな探偵↓
御手洗潔(作者:島田荘司)
――変人が多い名探偵の中でも、生粋の変人。欠点は多くの作品で、出番が遅いこと(現場に顔を出したが最後、さくさくと事件を解決するので)。
刀城言耶(作者:三津田信三)
――殺される人がほとんど殺されてからでないと謎を解かないあたり、金田一に近い。でも彼の仕事は探偵ではなく、怪奇小説の取材に来ているだけ。事件を解決すべき立場にはないので、評価が下がらない。

普通の探偵↓
真備庄介(作者:道尾秀介)
――探偵としてもキャラ的にも、可もなし、不可もなし。トリックも同様。
海老原浩一(作者:小島正樹)
――あまり個性はないが、善良ではある。トリックはすごいが、文章が下手で読みづらい。

いまいちな探偵↓
神津恭介(作者:高木彬光)
――結構わかりやすい事件にもさんざん悩まされたりして、あまり頭が良さそうにみえない。その割に、語り手(ワトソン役の松下氏)がことあるごとに彼を絶賛するので、さらに評価が下がる。
二階堂蘭子(作者:二階堂黎人)
――デビュー作(『地獄の奇術師』)で最初から最後まで、ドジを踏み倒したバカ娘。その後は成長したのかもしれないが、読んでいないので。
中禅寺秋彦(作者:京極夏彦)
――作者自身が、「僕が考えたカッコいい主人公(=自分?)」にうっとりしすぎ。読んでいてしらける。
犀川創平(作者:森博嗣)
――人の話を聞かない(聞けない?)自己完結型。窓のない部屋で、同席した人々に一切断らず、のべつ煙草を吹かす。探偵以前に、人としてどうか。
江神二郎(作者:有栖川有栖)
――扱った事件や犯人像が、全体にしょぼい。そのため本人も、有能にみえない。

有名なのは、御手洗潔と神津恭介あたりですかね?(神津恭介は明智や金田一とともに、「日本三大探偵」と呼ばれることもあるそうです。)以下、一応私の好き嫌いで分けておきました。

好きな探偵↓
御手洗潔(作者:島田荘司)
――変人が多い名探偵の中でも、生粋の変人。欠点は多くの作品で、出番が遅いこと(現場に顔を出したが最後、さくさくと事件を解決するので)。
刀城言耶(作者:三津田信三)
――殺される人がほとんど殺されてからでないと謎を解かないあたり、金田一に近い。でも彼の仕事は探偵ではなく、...続きを読む

Q海外レンタルWIFIルータの重量

観光中は携帯して歩くので、重さが気になります。
あちこちのレンタルルータサイトを見ても、重量がよく解りません。
最近のは軽い、とか書いてあっても、実際何グラムなんでしょう?

スマホの重量は200グラム弱です。
ルータもそのくらいと考えていいでしょうか?
充電切れ対策として、充電器(乾電池とかの)ももつとすると、全体でどのくらいの重さになるのでしょう?

小柄な女性が一日、持ち歩くのに、気軽に歩ける程度の重さなのか不安です。

Aベストアンサー

重さは、レンタルをするお店、もって行く国によって機種が異なったりします。
大きさのイメージは携帯電話1個分、重さもそれくらいです。

レンタルWIFIのバッテリーに注意。
WIFIルーターのバッテリーは半日程度しか持ちません。
必ず、モバルバッテリーを持っていく事。
複数の人間に何度も使われている事と、WIFIルーターはバッテリーの持ちが元々、悪いです。

レンタルWIFIのトラブルに注意。
契約した国以外で電源を入れないこと。(別料金が発生する時がある)
契約した国に着いたら、動作をすぐに確認すること。
 (空港などには無料WIFIがあるところが多いので、不具合があった場合、業者に連絡が取れるから)
自分の携帯の「モバイルデータ通信」は出国時の飛行機に乗った時にOFFしてOFFになっているか確認する。

そんな感じです。

Q文学小説初心者にまず読んで欲しい小説は?

今まで、文学小説と呼ばれる小説は教科書でしか読んだことがありませんでした。(教科書のものを読んだと言えるのならばですが…)
別に読書が嫌いというわけでもなく、ライトノベル系の小説は月に10冊以上読んでいます。今まで文学小説を読まなかったかは自分でもわかりません…。

本当に読んだことがないし、興味もなかったので教科書に載っているような超有名どころのタイトルしか知りません。
「人間失格」から読み始めたいなと考えているぐらいの初心者です。
あらすじからしか想像できませんが「人間失格」や「芋虫」が好きなような感じがします。(人間臭いものというか、人間のエゴの部分というか、そういうものが読みたいです)
教科書の記憶でいけば、山椒魚や羅生門も面白かったと思います。
そんな20代女の初心者に「まず、これは読んで欲しい」という小説がありましたら教えて下さい。
できれば、続きものではなく1冊の読みきりでどこの古本屋でも置いてあるような小説でお願いします。

Aベストアンサー

 まず、私は村上春樹から始めました。
村上春樹 春の風を聴け
村上春樹 1973年のピンボール
村上春樹 羊をめぐる冒険(上・下)
 次に古典名作ですが、次のものが印象に残ります。
夏目漱石 坊ちゃん
夏目漱石 こころ
井伏鱒二 山椒魚
志賀直哉 城の崎にて
三島由紀夫 金閣寺
司馬遼太郎 最後の将軍
司馬遼太郎 功名が辻(1~4)
 蛇足ですが、小説家自身の文章論についても書きます。
谷崎潤一郎 文章読本
三島由紀夫 文章読本


人気Q&Aランキング