忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

交通事故の後遺障害11級併合について教えてください。

平成20年に当方が信号機無の横断歩道通行中に事故に遭い(過失割合 当方0 相手10)
先日、後遺障害認定結果が出たのですが
下唇部裂傷瘢痕、歯牙障害、下唇裂傷、右足関節痛の各症状が12級14号、13級5号、14級9号、14級9号
と判断され後遺障害11級併合と判断されました。

現在相手方保険会社からの連絡待ちで連絡が有り次第
保険会社との交渉に入るのですが交渉前に
下記の3点を知りたいのですが

(1)12級14号、13級5号、14級9号、14級9号併合の11級併合の
事故の慰謝料、後遺障害慰謝料、遺失利益の額はどのくらいでしょうか?
当方の事故当時年齢33歳、症状固定時の年齢35歳、男性、事故前年の年収¥300万です。
入院44日、通院日数112日、通院期間約2年間です。

(2)下唇の傷跡が5センチ残り後遺障12級14号で認定されたのですが
害男性の場合、顔の傷は女性と違い後遺障害遺失利益が認めらないというのを見たのですが
本当でしょうか?
また、歯を損傷し13級5号で認定されたのですが遺失利益計算時には含まれないのでしょうか?

(2)11級の慰謝料で裁判での額が¥420万というのを見たのですが
裁判で争って実際に勝ち取れる額なのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)について


傷害部分の慰謝料は任意保険基準で130~145万円、地裁基準(日弁連東京支部のいわゆる赤い本)では220~240万円
後遺障害慰謝料は任意保険・自賠責保険とも135万円、地裁基準では420万円
逸失利益については(2)にも関係しますが、12級14号ほかでの併合11級ですので、11級の労働喪失率20%がそのまま認められるとは限りません。
任意保険だと13級5号を基準に喪失率9%、喪失期間5年として約197万円、自賠責の枠(11級慰謝料・逸失利益合わせて331万円)に合わせてくる可能性が高いですね。
421,300×12×9%×4.329=約197万円

32歳の年収300万円は、賃金センサスに基づく自賠責支払基準別表IVの35才男子平均賃金月額421,300円より低いので、月額421,300円で計算します。

(2)について
以前、任意保険では男子の醜状痕の逸失利益をほぼ100%否定してきましたが、最近の判例傾向から12級の喪失率14%よりは低い数値ではありますが、ある程度認める傾向にあります。
裁判では、併合11級の22才男性に67才まで5%の喪失を認めた例や、併合12級の19才学生に症状固定から10年間10%、その後10年間5%の喪失を認めた例があります。
質問者様の場合、12級14号や13級5号による労働意欲も含めた労働能力の喪失が現に発生しているか、発生する蓋然性が高いかどうかで判断されます。(少なくとも14級9号の逸失利益は認められるでしょうが)判例の傾向からすれば、5~10%の労働喪失率で期間10年程度というところでしょうか。

(3)について
赤い本の基準は、日弁連東京支部が判例傾向から算出した基準です。裁判では、個別の事情が勘案されるため、必ず420万円の慰謝料が勝ち取れると保障するものではありませんが、そうかけ離れて低い額になることはないでしょう。質問者様とほぼ同じ傷害の併合11級で慰謝料500万円という判例もあります。

いずれにしても、交通事故の損害賠償に詳しい弁護士に相談されるのが一番よい方法です。
交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp/map/index.htm)では、弁護士が中立の立場からアドバイスを行う相談を無料で行っています。そのまま和解の斡旋を求めることもできますので、話を聞いて損はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
交渉の際に参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/11/28 18:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q後遺障害認定にかかる時間・認定書が送られてくるのは?

●今年、1月中旬に「後遺障害診断書」を任意保険会社(任意一括にしているので)に郵送しました。
●3月中旬:あまりにも時間がかかっているみたいなので、医師にMRIなどの借受などの請求が任意保険会社からあったのか訊ねたところ「何の請求もありませんよ」いう回答でした。
任意保険会社にクレームを伝えたところ何の手続きがされていない状態でした。その直後、任意保険会社から整形外科へレントゲン・MRIの借受がされました。
●4月20日頃に自賠責保険から任意保険会社に「後遺障害14級」が認定されたと確認がとれたので示談交渉を開始しました。

■質問■
「後遺障害認定書」については、しばらく時間がかかると任意保険会社の担当は、言っています。

口頭で認定が出て3週間ぐらい経過しているのですが、「認定書」が送られてくるのは、後どのくらいかかるものなのでしょうか?

ちなみに自賠責も任意保険会社も同じ会社です。

Aベストアンサー

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は手出しをする事は出来ません。

また、後遺障害の等級認定は、保険会社ではなく、自賠責保険の調査事務所という保険会社を超えた共同で行われている所で行いますので、保険会社とは別な機関と思ってください。
そこで認定された内容に対して、保険会社が認めないという事は出来ません。
(ですが、この組織に被害者が直接等級認定を申請する事も出来ないのです。)

任意保険から等級認定書が来た後、自賠責保険に被害者請求を行う事は可能ですので、自賠責保険の担当部署に異議申し立てを行うことになります。
ただ、この異議申し立ても、あなたから、単にその等級じゃ軽すぎるなどでは根拠になりません。
医師の所見として、客観的後遺障害基準に相当する内容やデータ、写真などの根拠を提示して申請します。
あなたの主治医が「12級だ!」と書いたって、そんなものは認めません。
あくまで測定結果、写真の内容などがすべてだと言う事を覚えておいてください。

自賠責保険の認定結果に関しては、加害者請求(任意保険会社経由)であれば、任意保険会社経由でしか通知は行われません。
任意保険の担当者にいつ出すんだと言っていくしかありません。

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は...続きを読む

Q交通事故の症状固定が出てから 示談までの期間は?

教えて下さいませんか? 2年前交通事故に遭い重態
でしたので やっと5月14日に症状固定が病院から
でました まだ後遺症もあり 通院はしていますが
示談までの期間は通常どれくらい かかるものでしょうか? 又 もし示談になって 補償金とかが出た時
今まで治療費が 650万くらいかかったと 保険屋
さんに聞きましたが それらは その提示された
金額から差し引かれるのでしょうか?
どなたか 宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

  こんばんは。大変でしたね。私も以前交通事故で半年入院して、退院後1年以上通院していた時期がありました。
 
 後遺症があり、通院加療中であれば、まだ通院して治療をされるのが良いと思います。症状固定ということですが、治療で少しでも機能回復の可能性があるのでしたら、治療は続けるべきです。この辺りは主治医に良く相談してください。

 保険会社との示談などはいつでもできますので、後回しでも構いません。
 示談の保証金、つまり慰謝料は治療費とは別です。相手方が加入している、自賠責保険、任意保険の補償額の範囲で積算されるものです。

 相手方が自賠責しか加入していない場合、治療費は120万円までで、それを超える場合は、相手方が実費で支払う義務があります。
 任意保険に加入している場合は、その保証金額までの範囲で支払いすることが可能です。

 私の場合は、20年位前でしたが、治療費だけで1000万円を超えたとのことです。給与補償は全額当然のことでしたが、慰謝料は意外と安く130万円程度でした。
 私の場合は、治療に年月が掛かりましたがやっと完治しました。

 後遺障害がどうしても残るのでしたら、後遺障害認定を公的機関がしますので、その分の補償も保険より支払われます。
 後遺障害がひどい場合は、身体障害者手帳の発行されることになります。

  こんばんは。大変でしたね。私も以前交通事故で半年入院して、退院後1年以上通院していた時期がありました。
 
 後遺症があり、通院加療中であれば、まだ通院して治療をされるのが良いと思います。症状固定ということですが、治療で少しでも機能回復の可能性があるのでしたら、治療は続けるべきです。この辺りは主治医に良く相談してください。

 保険会社との示談などはいつでもできますので、後回しでも構いません。
 示談の保証金、つまり慰謝料は治療費とは別です。相手方が加入している、自賠...続きを読む

Q交通事故の賠償金支払いってこんなに遅いわけ?

昨年発生した交通事故で治療が終了したため今年3月に賠償金の請求を起こしました。
請求手続きの全てを弁護士に依頼したので直接保険会社と話をしていないのですが
既に5ヶ月経過。こんなに時間がかかるものなのでしょうか?
弁護士曰く「保険会社の対応なんてそんなもんだ」とのことです。
あるサイトで訴訟となっても半年で解決するという記述を見たので、示談でこんなに時間が??と疑問になってしまいました。
何か御存知のかた宜しくお願いします

Aベストアンサー

民法上の賠償請求は、被害者の方から過失や賠償額を
立証し請求する必要があります。
(自賠法では一部逆になりますが、ここでは省略します)

しかし、普通の示談では、保険会社が、被害者の方で
金額を算定して請求したら払う・・・などとやって
いたら、素人は幾ら請求したらいいか分からず、
困ってしまいます。

そこで、通常は、保険会社の方からある程度の金額を
提示して、被害者と合意に持っていくわけです。

ところが弁護士が介入すると、当然ながら、厳密な
法律論になってしまいます。
したがって、弁護士の方から、内容証明郵便などで、
慰謝料などを算出した額を請求することになります。
この場合、民事訴訟と絡むことで詳細は省略しますが、
弁護士は、多めの金額を請求することになりがちです。

すると、保険会社は「こんなに払えない」と言い、
弁護士は「理由を書面にせよ」ってなことになり、
担当者は責任をとりたくないんで、ほったらかし、
訴訟するならすればいいじゃん
・・・というパターンも考えられますね。

保険会社が今回の事故に対して、上限どの程度までの
予算を組んでいるか予想しながら、担当者が上司の決済
をとりやすい金額と理由付けで示談に持っていく
・・・というのが良いんですが、よほど交通事故や
保険に慣れた弁護士でなければ難しいと思います。

他に長引く可能性としては、
保険会社は、治療の詳細を医師に直接会って確認したいので、
調査員を派遣する。
しかし、医師は損保の調査が面倒なので、あまり、会いたがらない。
何度もアポイントをとるが急患などですっぽかされる。
そうこうしているうちに結構な時間が経ってしまう
・・・ということもありますが、まあ、5ヶ月ということは
ないでしょうね。

その他、長引く理由はいろいろ考えられますが、
クライアントに対して、経過を説明しない弁護士と
いうのも、患者に対してなぜこの治療が必要か説明
しない医師と同じくらいの割合でいるのではないでしょうか。

弁護士法まではよく分かりませんが、クライアントが
現在の経過や状況を説明して欲しい、と言えば、
素人にも分かりやすい言葉で説明する義務があるんじゃ
ないかと思いますが。

民法上の賠償請求は、被害者の方から過失や賠償額を
立証し請求する必要があります。
(自賠法では一部逆になりますが、ここでは省略します)

しかし、普通の示談では、保険会社が、被害者の方で
金額を算定して請求したら払う・・・などとやって
いたら、素人は幾ら請求したらいいか分からず、
困ってしまいます。

そこで、通常は、保険会社の方からある程度の金額を
提示して、被害者と合意に持っていくわけです。

ところが弁護士が介入すると、当然ながら、厳密な
法律論になってしまいます。
...続きを読む

Q顔面強打で唇が切れてしまったとき

主人がスポーツ中に顔面を打ち歯で唇を切ってしまいました。
出先で、救急病院に行ったのですが唇と言うことで縫えないと言われてしまいました。口腔外科で診てもらうように言われましたが、帰宅途中には血がとまりました。

かなり腫れて、上手くしゃべれていませんが、主人は血がとまっているので病院には行かないと言っております。
血を止める為に縫うのであれば、行かなくてもいいかなと思うのですが、かなり腫れあがっております。(今の時間ですと救急になります。)

このまま、ほっておいても治るものでしょうか。
アドバイスがあればお願いします。

Aベストアンサー

どのようなキズなのかわかりませんので、一般論を述べます。

「縫えない」理由ですが、実は多くの医師は口の粘膜を縫った経験が少ないです。救急でも、「顔の外はこちらで縫いますが、口の中は歯科を受診して下さい」というやりとりが時にあります。

今の傷が、単に「切れているだけ」ならば処置の必要はないかもしれません。しかし、キズの具合によっては、治癒後に形が歪むことがありますので、一度見せたほうがよいと思われます。また、口の中は菌がいっぱいですので、やはり抗生剤も使った方がいいでしょう。

最後に、アイスノンでの冷却は禁忌です。急激に冷やすと、しこりが出来やすく、そのしこりが消えるのに、何か月もかかることが多いです。
濡れタオルなどで、やさしく冷やしてください。

Q後遺障害認定について

はじめまして。
現在56歳 会社員です。
H21年10月に交通事故にて「腰椎圧迫骨折」をしました。(通勤途中=労災)


入院日数は17日間。休職期間2ヶ月。症状固定日は今年6月。通院期間は5日(入院した病院) 腰を折ったのだから痛いのは当たり前と思い、ずっと我慢していましたが、いつまでたっても傷みが続くので個人病院へ(整形外科)行ってレントゲンを撮り、コルセットやシップ薬を貰い現在に至っております。

入院した病院で「後遺障害診断書」を記入して頂きましたが、損保会社への診断書は(L3 骨癒合 26/33mm  運動障害 前屈20度 後屈22度)と記入してありますが、労災への診断書は(医師の筆跡で→レントゲンにて骨折推体のLumbar index=26/30  関節運動範囲 腰椎 前屈15°後屈14°)と内容が違う様な気がします。後は自覚症状が色々と記載されてます。

質問1.25%以上の圧壊が認められない様な気がしますが、後遺障害認定は無理でしょうか。
   2.過失割合が私の方が多かったので、労災の方へ先に提出してください。との労災の指示で     したが、そのほうが良いのでしょうか。

アドバイスをして頂けましたら幸いです。

   

はじめまして。
現在56歳 会社員です。
H21年10月に交通事故にて「腰椎圧迫骨折」をしました。(通勤途中=労災)


入院日数は17日間。休職期間2ヶ月。症状固定日は今年6月。通院期間は5日(入院した病院) 腰を折ったのだから痛いのは当たり前と思い、ずっと我慢していましたが、いつまでたっても傷みが続くので個人病院へ(整形外科)行ってレントゲンを撮り、コルセットやシップ薬を貰い現在に至っております。

入院した病院で「後遺障害診断書」を記入して頂きましたが、損保会社への診断書は(L3 骨...続きを読む

Aベストアンサー

後遺障害申請する際の画像は、時系列でいうと初診当時のものと症状固定時のものとの2種類の画像が一般的には必要です。あと、手術をしていたら、術後の画像も添付しなければいけません。今回問題にされている圧迫骨折についても同様で、初診当時の画像は外傷性なのかどうかを判断するために必要だし、症状固定時の画像は症状固定時に圧迫骨折が存在すること及び圧潰の程度の確認のために必要です。この2つが認められないと後遺障害は非該当です。

もう少し詳しく説明すると、外傷性かどうかは初診時のMRIで高輝度変化が認められるかどうかです。高輝度変化が認められれば、新鮮な骨折ということになって直近に発生した事故との因果関係を認める方向で解釈します。しかし、大きな病院ならともかく個人病院などではMRI装置がないためMRIをとっていない場合もあり、そのときはXPにて時系列的に圧潰が進んでいるかどうかを確認します。圧潰が進んでいるなら新鮮な骨折、進んでいないなら陳旧性(古いもの)の骨折です。相談の文面をみると、前医で後遺障害診断書を書いてもらったということですが、後医で撮影されたXP(症状固定時)は添付されていますか。

さて、質問1についてです。

25%以上の圧潰率についてですが、たぶんこの情報は事故110番由来のものだと思います。そこの主催者である宮尾氏によるとこれは経験則によるものとのことです。すなわち、自分が扱った例で25%に達しなかったものはすべて非該当だったというわけです。だったらそういえばいいのに、彼はそこから帰納的に25%要件なるものを勝手に作り上げて後遺障害11級の判断基準に格上げしてしまっている。そのため、相談者のように混乱が生じているわけです。

後遺障害の公的資料である労災必携では脊柱の変形障害の11級に関して「せき椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの」となっていますが、25%云々は書かれていません。また、「後遺障害等級認定と裁判実務」という本では11級の「脊柱に変形を残すもの」の要件として先ほどの労災必携の要件につづけて「変形の程度は問わない」(P428)としています。ぼくの経験則もそれに付け加えるなら、圧潰率25%未満で11級に認定された例がありました。宮尾氏は多くの事例に基づきそのように断言されていることなのでしょうからある程度の目安として有効なのかもしれませんが、以上の説明から絶対的な基準では決してありませんので、25%に達しないからといって諦めずに申請すべきです。

次に運動機能障害についてです。骨折部位がL3、つまりこれは下位腰椎にあたり、この部位は腰部前後屈の95%の可動に関与しているため、現在生じている運動機能障害との因果関係が認められます。

>前屈20度 後屈22度
>前屈15°  後屈14°

検査値が一致していませんが、後者なら腰部の参考可動域角度75度の2分の1以下に制限されていることになるため、8級に該当します。前者については参考運動の側屈、回旋の記載がないため、後遺障害に該当するかどうかわかりません。側屈あるいは回旋のうちのどちらかが参考運動値の2分の1以下に制限されていることが8級の条件です。

なお、変形傷害と運動機能障害の両方が認められた場合は、併合せず、どちらか上位の等級で認定します。いずれにしろ、画像で圧迫骨折が認められていないとだめです。


質問2についてはそれで特に問題がないと思います。

後遺障害申請する際の画像は、時系列でいうと初診当時のものと症状固定時のものとの2種類の画像が一般的には必要です。あと、手術をしていたら、術後の画像も添付しなければいけません。今回問題にされている圧迫骨折についても同様で、初診当時の画像は外傷性なのかどうかを判断するために必要だし、症状固定時の画像は症状固定時に圧迫骨折が存在すること及び圧潰の程度の確認のために必要です。この2つが認められないと後遺障害は非該当です。

もう少し詳しく説明すると、外傷性かどうかは初診時のMRIで高輝...続きを読む


人気Q&Aランキング