ねずみ講あるいはマルチ商法って、悪、ということに成っています.一小市民としてその論にはまったく異論ありません.

それはそうとして、ねずみ講の原理を人からはじめて聞いたときに、ふと思ったことは、「そんなの珍しくもなんともない. なぜなら、(少なくとも日本の)現在の社会の裏も表もあわせた利害団体の階層構造を、スケールを小さくして実現したものだから」、と思った記憶があります.

つまり、巨大組織の構成に成功した先行者はほぼ確実に儲かる.後発者は甘言に乗せられ夢を追いかけるがほとんど利益はでない.組織がいつかは破綻する.先行者は破綻のタイミングを冷静に測っている.その破綻時にうまく逃れるのが利益確保の原則と先行者は考えている.この意味では、実社会ととても似てるんじゃないのかな、と思いました.

「ねずみ講は実社会のアナロジーだ」あるいは、「ねずみ講は実社会の縮図だ」、という視座の議論はありますか?ありましたら教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 おもしろそうな話ですね。


 実社会の場合は、うまくやればみんなが幸せになる道がある(実際は、自分の優先のために実行しないにしても)はずですが、ねずみ講の場合は、数学的に破綻することが解っているのですね。

 それを言えば、年金制度だって、若い人から集めた保険料を、高齢者に回す、という発想でいる限り、人口が増えつづけない限り(あるいは寿命が短くなるか)破綻するのですが。
    • good
    • 0

あまりに面白い話なので、1枚噛ませてもらいます。



ねずみ講と実社会の違いは、前のお二人の意見が全てです。
ねずみ講は、上しか儲からない。だからこそ裁判沙汰になり、法律で規制されているわけです。
おこぼれが少しでもあろうものなら、そんなことにはなりませんしね。

この視点で行くと、「ねずみ講は腐敗した社会主義社会の構図だ」なんて話もできそうですね。
    • good
    • 0

質問の回答になっていないかもしれませんが。


大変鋭い見方だと思いますが、肝心な部分を見落とされているかと思います。

資本主義経済は(社会主義もそうですが)単なるお金のやり取りではなく、社会全体の生産物をみんなで分け合うためのシステムです。
この生産物には製品だけではなく個人の満足や利便も含みます。
ここでは分配の不平等や獲り合いはありますが、敗者にも少しは分け前が来ます。みんながそれを元に生活していける訳です。(できない場合は暴動や革命になります)

ねずみ講は誰も何も生産しないし、仮に儲かっても金額以上の満足や利便は誰も得られません。要するにただお金が動いているだけで、社会全体で見れば何もしていないのと同じです。だから悪というより反社会的な行為とみなされる訳ですね。

だから私も儲けにならない事のために残業させられるのには不満です。反社会的ですよね(笑)。
    • good
    • 0

 大変面白い意見だと思います。

たしかにその通りですね(笑) しかも儲けにもならない残業させられてさ、挙げ句の果てに休日出勤だぜ! 馬鹿にすんなって感じですよ! ぶつぶつぶつ(^_^;
 とまあ、愚痴はともかく(笑)

 資本主義とねずみ講の違いですが、これは簡単です。
 日本の社会では、がんばってがんばってがんばれば、人生の成功者になれる可能性も充分にあります。
 しかしねずみ講は、どんなにがんばっても「ねずみ講の成功者」になれるのはトップだけです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qねずみ講の見分け方教えて

友人が、化粧品のオーナーの権利を購入して商品を売るという
話を持ちかけられたらしいのですが、
どうやってネズミ講かどうか見分けるのでしょうか?

その話の内容の怪しい点として、
1,始める際に40万でその会社の化粧品(洗顔など基礎化粧品)を全部購入して化粧品を使用してみなければならない。
2,宣伝は一切していないので知人に広めるしかない。
3,知人に自分と同じように権利を購入してもらい、その場合紹介料をもらえる。
4,化粧品は無添加が売りでその他とくに良いところはない。
5,無添加なだけのわりに価格が高い(洗顔で3500円ほど)
6,勧められた翌日、はっきりした返事をしていないのに銀行の口座と登録印を押してと紙を渡された。その際契約書らしきものは一切なし。

良く言えば「クチコミ」で広めていく方法ですが40万という価格からして怪しくないでしょうか?
まずはサンプルを使用してみてとかならまだいいのですが。
権利購入の説明の際にNPO法人で将来日本の役に立つとしきりに言われたらしいです。

Aベストアンサー

これは「マルチ商法」という手口ですね。
ねずみ講との違いは、ねずみ講は商品の売買を行わず、金銭の配当のみを取り引きします。ねずみ講は非合法です。
マルチ商法は、商品を売買しますが、実際は商品そのものよりも配当金目当ての人を集めます。
常識的に考えておかしいと思うならば、近寄らないほうが良いと思います。
マルチ商法が生き残る原因は、話に乗ってくる欲深い人が後をたたないからです。
この手の会社は、一稼ぎした後に雲隠れするのが常套手段です。

http://www.heavy-moon.jpn.org/actok/ml_idx.html

http://www.yo.rim.or.jp/~kuro1221/multi.html

http://www.kushiro.pref.hokkaido.jp/ku-ksktu/annai/akutoku/mame4.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mlm-law/www/cont01.htm

QNGO(非政府組織)とNPO(非営利組織)との使い方区分を教えて!

1 雑誌・新聞等のマスコミでは、NGO(非政府組織)  とNPO(非営利組織)の表現をつかっていますが、この場合の根本的両者の違い、または区別する基準を教えてください。

2 ボランテイア活動等の非営利組織であり当然ながら非政府系組織の場合は、何と表現しているの?

3 NGOを名乗る組織でありながら、営利を目的とする
組織形態があれば、その例を教えてください!

Aベストアンサー

 NPO については明確に法律で規定されています。いっぱんに NPO 法と呼ばれる
「 特定非営利活動促進法 」がそうで、これは NPO に対して法人格を与える法律です。
NPO 化を目指す団体は同法をもとに、自治体に対して NPO 法人化を申請しますので、
認可が下りない限り「 NPO法人 」を名乗ることはできません。

 ただし、非営利団体を名乗ることは自由です。また、「 NPO は一般名詞だ 」と
いう解釈のもと、認可を受けていないにも関わらず NPO を名乗る団体も一部に
存在しています。ですのでまともな NPO 団体は、印刷物やウェブサイトなどに
「 NPO認可済み 」といった表示を入れていますね。

 これに対して NGO は、明確な法の規定がありません。また、ふつうは政府が
やるような活動を民間が行なう、という意味もありますので、「NPO 法人でかつ、
NGO 団体でもある 」という組織も存在します。

 3 についてですが、NGO は一般的に国際的な活動を求められるので、これを
隠れ蓑に営利を目的とするにはかなり大掛かりな仕掛けが必要で、難しいですね。
ただ最近は、拉致被害者支援などの名目で募金を募っているケースもあります。

 また NPO の場合では、前述のように NPO 法人の認可を受けていない
団体が、適当な名目で募金活動を行なっているケースが散見されます。昼間から
いい大人が集団で募金を募っていたら、かなり怪しいと見ていいでしょうね。

参考URL:http://www.npo-homepage.go.jp/

 NPO については明確に法律で規定されています。いっぱんに NPO 法と呼ばれる
「 特定非営利活動促進法 」がそうで、これは NPO に対して法人格を与える法律です。
NPO 化を目指す団体は同法をもとに、自治体に対して NPO 法人化を申請しますので、
認可が下りない限り「 NPO法人 」を名乗ることはできません。

 ただし、非営利団体を名乗ることは自由です。また、「 NPO は一般名詞だ 」と
いう解釈のもと、認可を受けていないにも関わらず NPO を名乗る団体も一部に
存在して...続きを読む

Q均一性の高い組織と多様性のある組織のどちらが強いのですか?

最近はダイバーシティが重要であり、多様性(民族、性別、国籍など)のある組織が強いと言われますが、均一性の高い組織の方が意思決定がスムーズに行われ、内部対立が少ないなど良い点もたくさんあるのではないかと思っています。

国家でいっても、日本のように均一性の高い国(多くが大和民族で、それ以外の民族もほとんどが東アジア系人種・儒教文化の人たちです)とインドネシアのような多民族国家を比べると、日本の方が早くに発展し治安もよい一方で、多民族国家は民族問題を抱えて発展が遅れている場合が多いです。

また、ダイバーシティが重要だと主張する人には外資系企業の人が多いですが、確かに外資系企業は数多くの国の人間がともに働いているものの、働く人の多くがグローバル志向・拝金主義などの同じような思想を持っており、別の意味での均一性が高いように思います。

Aベストアンサー

人間は独りでは非力です。
しかし、人間が集団化すると、神も驚くほどの
力を発揮します。
人間の特性は、集団力にあります。
集団力を発揮できるためには、均一の方が
有利です。

途上国が途上国であるのは、政治的な
まとまりが無いからです。

言語、人種、宗教、価値観などがバラバラでまとまらず、
政治的に不安定だから、経済も発達しません。

つまり、人間の利点である集団力を発揮できないのが
途上国というわけです。

人は何のために生きるのか、 正義とは何ぞや、
お互いが奉仕する目標は何か・・・・
日本では、そういうことが全く明示されていません。
それでいながら、ここまで日本が発展してきたのは、
単一的民族ゆえの共通の価値観が無言の前提として
あるからなのです。


”均一性の高い組織と多様性のある組織のどちらが強いのですか?”
     ↑
ということで、ワタシは均一性の高い組織の方が
強いと思います。

そこで問題になるのが米国です。
米国は均一性が低いのではないか、でも世界最強の
国家ではないのか。

米国は建国当初は、欧州人の価値観で統一される
と考えられていました。
しかし現実はそうなりませんでした。

次に出てきたのが人種のるつぼ論です。
色々な価値観が混ざって、何処の誰でもない新しい
米国人が誕生する、と考えるようになりました。
しかし、現実はやはりそうはなりませんでした。

各自、バラバラの価値観を持ったまま混在している
状態になっているのが現在です。
これを「人種のサラダボール論」といいます。

米国が強いのは、人口が増え続けているからです。
だから経済も常に上昇し続けています。
人口が増えているのは移民が多いからです。

米国に移住してくるのは、経済的利益を求めての
ことです。
この意味で、米国の価値観は均一的です。
経済的成功=人生の成功です。

だから、米国が衰退し貧しくなると国民の心もバラバラに
なる可能性があります。
米国人である意味が無くなるからです。

こういう国は脆いですよ。
一旦落ち目になったら坂道を転がるように落ちていく
でしょう。
人類の理想と言われたローマ帝国がそうであったように
です。

ローマ帝国が滅亡した原因には諸説ありますが、
人種、宗教などが多様であったことを挙げる学者も
少なくありません。

人間は独りでは非力です。
しかし、人間が集団化すると、神も驚くほどの
力を発揮します。
人間の特性は、集団力にあります。
集団力を発揮できるためには、均一の方が
有利です。

途上国が途上国であるのは、政治的な
まとまりが無いからです。

言語、人種、宗教、価値観などがバラバラでまとまらず、
政治的に不安定だから、経済も発達しません。

つまり、人間の利点である集団力を発揮できないのが
途上国というわけです。

人は何のために生きるのか、 正義とは何ぞや、
お互いが奉仕する目標は何か・・・...続きを読む

Q創価SGIとは......?

創価の人に聞きたいです。

この団体は主にどんな活動をしているんでしょうか。。。

あまりにも悪の代名詞のように言われていて、しかもコネで尊大で偉そうな大口をたたいて歩く人たちだとよく聞きますが、そもそもの実態がよくわかりません。

残念なことに、よく赤の他人を笑いものにしたり、下品な言葉遣いで嫌われている、、、
悪評しか聞かないのです。。。

宗教団体と聞きますが、それでは惨めな人生の傷の舐めあいでしかないのではないでしょうか。。。

wikiなどで調べてみたところは本来、特定の人物を崇拝する団体だとききますが
本当に個人崇拝をしているんでしょうか。

そうとはまったく知らずに、少し前に付き合いかけた人が母親から創価の聖教新聞を
とっていて、創価のコネで仕事をもらったと話していました。
ただ、しばしばとても言葉遣いが汚く、人を貶したり暴力的で脅すような言動があったので
心底引いてしまい
すぐに別れてしまいましたが。。。

よくネットでみかけるのは、中国からきたお経からひっぱりだしたのか、
やたら複雑に見える、一見賢そうに見えそうな言葉を使っていたりしますが、
人柄は良さそうかというと、とてもそうは思えなかったりします。


宗教を信じたり、純粋な心がある人であれば、そういう厚かましい行為は
ないと思うのですが、本当のところはどうなんでしょうか。
ただ公平な事実を知りたいので、元学会の方でもいいのでおしえていただければと思います。

創価の人に聞きたいです。

この団体は主にどんな活動をしているんでしょうか。。。

あまりにも悪の代名詞のように言われていて、しかもコネで尊大で偉そうな大口をたたいて歩く人たちだとよく聞きますが、そもそもの実態がよくわかりません。

残念なことに、よく赤の他人を笑いものにしたり、下品な言葉遣いで嫌われている、、、
悪評しか聞かないのです。。。

宗教団体と聞きますが、それでは惨めな人生の傷の舐めあいでしかないのではないでしょうか。。。

wikiなどで調べてみたところは本来、特定の人物を...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
こんにちは。
御書とは、教典のようなもので、分りやすく言えばクリスチャンにとっての新約聖書みたいなものです。
経文はまた別にあります。

創価学会は、新聞社や大学のCMまで流して、お金の使い方がおかしいです。
本来なら、これら献金で集まったお金は困っている人を助けるなどに充てるべきだと思います。
この「献金」も年に一度、一口一万円で、一口以上するものです。
一度学会員に、これは誰にでもできることじゃないんだよ。献金できることは幸せなんだよ。と言われ、
お金払うのに、なんでこっちが感謝しなくちゃいけないんだ!とムカつきました。
私はもちろん、献金は一切していません。
献金したお金は、名誉会長殿あたりにいっているんだろうと思います。
信濃町に立派な建物を建てるより、一人でも困っている人を助けようとは思わないのでしょうか?
この宗教団体はかわいそうだなと思います。

御書には日蓮大聖人の素晴らしい言葉が載っているのに、この教えを広めるのに
こんなやり方しかできないのか?と悲しく思います。
本当に残念な団体です。

Q伊勢講と氏神神社 御札

地区では1月に伊勢講の「お当渡し」を公民館で行い、その後、天照皇大神宮の御札(祠)や天照大御神の掛け軸等を当番の家で1年ごとにお祀りしていますが、当番の家ではなく氏神(八幡宮)でお祀りしてはいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

昔、村の神様を祀るのは神主ではなく、村の当番でした。今の神職の役を輪番で行なっていたのです。
後に多くの村では村長(むらおさ)が中心となり、輪番制で神様を祀り、一年の終りにその家で直会を行なって、次の当番の家に神様を送るという風習がありました。

神事を専門の神職が行うようになったのは後の時代であり、神社の神主が任されるようになったのは明治に近くなってから、更に神職というのが資格専門職になったのは明治以降です。
今でも神社本庁に因れば、「厄年」というのは実は「役年」であり、この輪番や村の仕事を受け持つ「役」を受ける歳になったら生活を改めて言動を慎む為に祓えを受ける事を言うと説明しています。

今でも伊勢の神様に限りませんが村の神様、或いは神仏習合の時代に仏様や観音様に変化もしていますが、仕組みは同じです。
また単立神社の中で町や村の有志などに管理されている神社では、神事こそは近所の神主に依頼しますが、管理は輪番制という地域もあるようです。

多分ですが、本来は直会を当番の家で行なっていたものが公民館に替わったものでしょう。
従って古来よりの風習が残っているという事だと思いますので、善い悪いではなく、あくまでも住民の総意で決まる事です。

昔、村の神様を祀るのは神主ではなく、村の当番でした。今の神職の役を輪番で行なっていたのです。
後に多くの村では村長(むらおさ)が中心となり、輪番制で神様を祀り、一年の終りにその家で直会を行なって、次の当番の家に神様を送るという風習がありました。

神事を専門の神職が行うようになったのは後の時代であり、神社の神主が任されるようになったのは明治に近くなってから、更に神職というのが資格専門職になったのは明治以降です。
今でも神社本庁に因れば、「厄年」というのは実は「役年」であり、こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報