『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

初めまして、小学1年生の息子を持つ父親です。
今年の夏から少年野球に入団させました。使用しているバットですが70cm
(5年前にお下がりでもらった松井和夫モデルのナイキ)75cm(10年前のお下がりで
ミズノ・両方とも少年用)82cm(大人用)を使用しています。
息子は、125cm23kgで真ん中位です。一般的にいえば、70cmのバットを
使用した方が良いのは重々承知ですが82cmのバット(一番短く持つ)を
使用した場合との打球の速さ、飛距離が全く違います。身体にあったのであれば
先にも述べたとおり70cmを使用するのが良いと思いますが、どれが一番
いいのでしょうか?聞くところによると75cm以下のバットには芯らしい芯が
78cm以上のとは違い、芯が無いに等しいとも聞きました・・・
今現在は、私との練習では、バケツ2セット(50球入り)を75cm&82cmを
交互に使用しながら週2回程実施しています(毎日自主練素振り200回程度)
ので82cm短く持つのであれば全然フォームを崩すことなく振り切ります。


ちなみに私自身の野球歴は、小学校(県ベスト16)、中学(県ベスト4)、
高校(県ベスト4)、高校(硬式・県ベスト4)、大学(軟式・関東ベスト4)、
社会人(軟式・都大会本戦ベスト4)の実績で現在も活動中です。
ベストアンサー宜しくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.4で回答した者です。



引っ張れるのなら、バットのヘッドも出ているのでしょうね。

右方向でも左方向でも打てるのが理想ですが、今の時期ならある程度
自由で良いと思いますし、一般に1,2塁間に打つ「右打ち」が有りますけど
左バッターなら、引っ張れれば取り敢えず良い気がします。

バットの長さや重さには標準的な基準が有りますが、基準のバット以外で
良い結果が出ているのなら、そのバットが一番合っていると言えますので
標準的な基準は関係ないと思いますよ。

自分は、色々な小学生を見て凄いと思う子(印象に残っている子)もいますが
小学1年生が82センチのバットを使いこなすのは、自分の中の常識を
超えています。

完全に余談ですが、今までバットで印象に残っている子は2年の秋頃
86センチ,750グラムのバットをきれいに素振りした子がいました。

この子はリトルリーグに入っていて、当時はティボールでしたが
ホームランも多い子でしたけど、試合で使うバットは普通の少年軟式でした。
現在4年生ですが、やはり力が有りホームランや球足の早いヒットも多いです。

話を戻して、82センチのバットが合っているのならそれが一番良いが
自分なりの結論です。
お子さんもかなり練習をされていますので、上を目指して頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信遅くなりました。

息子と二人三脚で頑張ります。

お礼日時:2010/12/05 16:48

長さや重さにこだわらず、子供さんが「一番振りやすい」を基準に選ぶのが普通ではないでしょうか。

理屈では選ばないと思います。
>>聞くところによると75cm以下のバットには芯らしい芯が
>>78cm以上のとは違い、芯が無いに等しいとも聞きました・・・
質量のある物質である以上必ず重心はあります。「芯らしい芯がない」とは長さではなくて素材や製法に左右されますが、もちろん小さいもの(短いもの)は芯も相対的に小さくなるのは物理的に当然です。でもお子さんには芯が小さいほうがいいんじゃないですか?甲子園の決勝に臨むためなら芯が大きい方が、子供が技術を磨くためなら小さいほうが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信遅れました。

甲子園の決勝に臨むためなら芯が大きい方が、子供が技術を磨くためなら小さいほうが・・・

確かにその通りですね。

お礼日時:2010/12/05 16:38

おまけでもう一回書かせて下さい



お子さんこれから野球チーム入るんですよね。
これからレギュラー争い、打順争いが始まると思うんですが、レギュラーに早く入れれば
自信もつくし経験にもなると思うんですよ。
飛距離が30mから50mという事は、外野の頭を超えたりする距離ではないので
まずは長打ではなくヒット狙いで結果出すという事になります。
ヒットを狙うのには、内野の頭を超えるだけもしくは、ピッチャー返し程度のパワーで構わないので
長いバットにこだわる必要性は、まだないかと思います。
短いバットの利点は、打つポイントが目線からの距離が近いので打ち損じが減るというのと
難しい内角のさばき方もよりスムーズに振りぬける事ですね。
ミート力のある打者は、長打がなくても脅威になるしレギュラーにも選ばれやすいと思います。
あとは、お子さんのフィーリングで決めるといいと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

返信遅くなりました。
チーム(軟式・東京都ベスト4)には既に入団しています。

息子と選びながらチャレンジしていこうと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2010/12/05 16:40

82Cmですね。

今現在振れているのであれば、直ぐ大きくなりますからね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返信遅くなりました。

6年生の子達は、78cmを使用してるみたいで・・・

息子と試しながらやっていきます。
回答ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2010/12/05 16:42

こんにちは。


一応わたし自身は社会人まで野球(投手)をしていましたが、お父様のような経験豊富な方へアドバイスするのは「釈迦に説法」のように感じますので、あくまで私個人の意見として読んでください。

大学・社会人時代のチームメートを見ましても、体格やタイプ(長距離打者か、ミート中心か)が似た人同士でもバットの好みは様々です。重さや長さはもちろんですが、一番気にしていたのはバランスだったように思います。

プロゴルファーでも同様のようで、体格・飛距離がよく似た選手でも全く性質の異なるシャフトを装着していたりします。

これの意味するところを私自身で考えてみたのですが、「棒」が動かない状態でスペックだけとらえて合う・合わない云々するのはナンセンスだと思うのです。

重さや長さはカタログデータを見たり、あるいは自分で測定してみれば判りますが、本当の意味でも自分にとって合うか(気持ちよく振れるか)どうかは振ってみなければ判らないのではないでしょうか。つまり「棒」が動いている状態でしか正確に、そして最終的な判断は出来ないと考えます。

人それぞれ個性がありますのでそれを伸ばしてやることが大切ですし、またそうしてこそ個人の能力を最大限に引き出せると思います。野球を始めて間もない子供さんに大人が重さや、長さのみを基準としてバットを与えるのはある意味危険ではないでしょうか。

「未熟な子供に経験豊富な大人の意見を押し付ける」

この考えを私はよく使います(スポ少で監督をしています)が、ことバットに関しては新規入団の子供さんには買わないように勧めています。チームで所有している十数本のうちから、自由に選ばせるのです。当然ですが、そのときに子供は長さや重さなどは全く気にしていません。一番気持ちよく振れる「棒」を選びます。たまに長く持ちすぎている子には「一番気持ちよく振れる長さで持ってごらん」と言うことはあります。

大人が長さや重さのみをみて子供に「君にはこれが合いそうだ」と言えば、その子はそれを使うでしょうが、もしそれがその子に合わないものだったら、人間ですからそのバットに自分の振り方を合わせて使いこなすようにはなるでしょうが、これでは先に述べました「個性を最大限に伸ばす」事にはならないのではないと思います。

前置きが長くなりましたが、可能な限り多くのバットを振らせてみて一番本人が気持ちよく触れるものを使用されるべきだと思います。そのときに注意することは、軽すぎる物はいけません。手先だけで簡単に振れるので「気持ちいい」と錯覚する恐れがあります。多くを試せないのであれば、お持ちの物の中で一番長いものを持つ位置を変えて振らせてみるのが良いのではないでしょうか。

長文になりましたし、少々えらそうな事も申し上げ失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅くなりました。

確かに「未熟な子供に経験豊富な大人の意見を押し付ける」

は良くないですよね。それは重々承知です。基本、基本は
どうかと思い迷って投稿しました。
息子は、愚直に野球に熱中しています。
何でも一生懸命にやることが一番だと思います。
息子と相談・確認しなが今後挑戦していきたいと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2010/12/05 16:46

最初に確認ですが、こちらの方では小学1,2年はティボールが


殆どで、普通に投げて打つ野球は3,4年になってからが多いです。

お子さんは何方をされているのでしょうか?
リトルリーグならティボールですが「少年野球」と書かれているので
軟式だと推測しています。

82センチのバットなら、軽くても600グラムは有るはずです。
ピッチャーが投げたボールを小学1年生が打ち返すのは自分の中では
想像出来ませんが、このバットを使っうのが一番飛ぶのであれば
このバットが合っているのでしょう。

フォームなども崩さない様ですから、無理な力も入っていないのでしょうね。


hiroto1202さんは、野球経験が豊富ですのでご存じだと思いますが
一般に長く重いバットを使うと、ヘッドが下がったりドアスイング気味に
なるなど、変な癖がつく事も有るそうです。

その心配も無い様でしたら「82センチを短く持つ」で良いと思います。
ご存じの様に、短く持てばバットの芯も大きくなりますし、重さが有るので
キッチリ振れば飛びますからね。

くどい様ですが、82センチのバットを小学1,2年生が使いこなすのは
想像出来ないんですけどね。(4,5年でも振れないかもです)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(_ _)m
 息子は、右投げ左打ちで軟式野球をやっています。
飛ばす時は、概ね50m位は飛びます。
ただ72cmのバットだと30m~40m位しか飛びません。
引っ張りの打球が多いので練習では、流し打ち(ショートの頭に打ち感じ)
を意識した方が良いでしょうかね?

お礼日時:2010/11/25 22:59

問題は重さでしょう。


http://metoo.seesaa.net/article/23784868.html
http://baseballbat.dtiblog.com/blog-category-2.h …
これらのサイトが参考になるでしょう。
イチローよりもずっと大きいアルバート・プーホール(体重約100kg)ですら893gのバットを使っています。韓国でも軽いバットが好まれます。
軟式少年野球のようにまっすぐしか投げないなら重くて長いバットでも打てるでしょう。将来リトルやボーイズなどを考えているなら今は軽くて短いバットがよいのではないでしょうか。
リトルリーグ用ならば長さ:約71cm(28インチ)重さ:454g平均(16オンス)(メーカー表示数値)という硬式用バットもあるので軟式の練習用に使えば、芯がないとか当たっても飛ばないという心配はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。サイト参考になりました。
今は、試行錯誤で確かに軽くて72~75cmのバットが
良いのかとも思います。息子とも話しあいます。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2010/11/25 23:06

追記します



野球の練習の事まで書いてしまったので
左右打ちに関して一度調べた所、某少年野球のチームで取り入れている所もあるみたいですね
将来的な故障率がかなり落ち、潜在能力や身体能力の開発につながるとでていました。
個人差 向き不向きなどあるかもしれませんが機会があればお試しを
    • good
    • 0

育ち盛りの体も出来ていない子供に合わないサイズのバット一杯、振らせるのは、大丈夫かなって


思います。大きくなってからも続けたいのなら、右手の筋肉ばかりついてバランスの悪い肉付きす
るかなと。怪我しやすくなったり、姿勢もゆがんでくるとフォームも自然体で出来なくなると思います。
自分は、そこらへん矯正するために左打ちも結構バッティングセンターで練習しました
パワーは、だせませんが逆に力むと当たらないのでミートに集中でき、変な癖がなければ普通に
当たります。一年生でまだ力が無いうちは、当てるだけでも構いません。
左右で振ってみると自分がアッパースイング気味だなとか少しの変化を体がバランスで気付いて
くれるのでやってみてよかったなって思いました。

自分にあった長さで、子供用だとミート用ホームラン用あったかわかりませんが
ミート用で体にあったので自信つけてから 欲でてきたらホームラン用の
買ってあげたらいいかと思います。体も大きくなったらまた長いの振れると思いますしね。
まあ色んな考え方あると思いますが参考になったら嬉しいです。頑張ってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。左右打ち良いですね。
素振りでは右左とやっています。バランス感覚、気分転換の為
やってみます。

お礼日時:2010/11/25 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q少年軟式バットの選び方

小4(4月から5年生)の息子のバット選びについて、ご意見をうかがせてください。

現在使用しているバットは、知り合いから譲り受けたもので、息子には長く、かつ重いようです。
コーチにもバットを変えたほうがよいと言われ、本人ももう少し軽いものが欲しいと言うようになったので、誕生日プレゼントもかねて購入を検討しています。

そこで、質問です。

息子は小学4年生で、身長130cm&体重25kg位と、かなり細身で小柄です。
当然あまりパワーはありません。
現在使用中のバットは、SSKナインオンナイン金属製で、78cm560g位のもので、これより軽くて短いもの(重さは510g前後で考えています。本人がそれ以上になると重いというので・・・)を考えています。

本人は、「鋭いセンター返しが打てるバッターになりたい」と言っていますが、こんな息子にはどんなバットがいいのでしょうか。

(1)長さは74cmと76cm(もしくは78cm)だったらどちらがよいか。
(2)トップバランスとミドルバランスのどちらがいいのか。
(3)親としては、あと2年使えるように、長めのものを買いたいと思っているが、軽いものであれば少々長くても大丈夫なのか。
それとも、やはりいくら軽くても長すぎるのはだめなのか。

以上3点について、ご意見をうかがわせてください。
また、この条件でおすすめのバットがありましたら、そちらも教えていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

小4(4月から5年生)の息子のバット選びについて、ご意見をうかがせてください。

現在使用しているバットは、知り合いから譲り受けたもので、息子には長く、かつ重いようです。
コーチにもバットを変えたほうがよいと言われ、本人ももう少し軽いものが欲しいと言うようになったので、誕生日プレゼントもかねて購入を検討しています。

そこで、質問です。

息子は小学4年生で、身長130cm&体重25kg位と、かなり細身で小柄です。
当然あまりパワーはありません。
現在使用中のバットは、SSKナインオンナイン...続きを読む

Aベストアンサー

現在78センチのバットをお持ちなら、将来は再びそのバットを使う前提で思い切って短くて軽いバットにすることをお勧めします。
重いバットばかり振っているとスイングスピードが上がらず、そのリズムが体に染みついてしまいます。ですから軽いバットで思いっきり振ることを教えてあげてください。
新5年生で74センチはちょっと短い気もしますが、本人の体格に合っていることが一番ですから、身長135センチなら74センチでも良いと思います。ただし、外角低めは届かないかもしれません。

バランスについては意見の分かれるところですが、現実問題として74センチや76センチでは大半がミドルバランスなので選択の余地はないかもしれません。個人的には多少なりともヘッドの走りを感じて振ることが出来るトップバランスがお勧めです。

バット選択で一番良いのはやはり試してみることです。

私は、バットの合っていない感じがする子には他の子のバットを持たせて打たせてみて、それから本人の感触も聞いて親御さんにお話しするようにしています。

我々が子どもの頃はみんなで貸し借りしてその試しの中から自分に合うバットを見つけたものですが、最近の子はお行儀が良いのかそういうことしないんですよね。

現在78センチのバットをお持ちなら、将来は再びそのバットを使う前提で思い切って短くて軽いバットにすることをお勧めします。
重いバットばかり振っているとスイングスピードが上がらず、そのリズムが体に染みついてしまいます。ですから軽いバットで思いっきり振ることを教えてあげてください。
新5年生で74センチはちょっと短い気もしますが、本人の体格に合っていることが一番ですから、身長135センチなら74センチでも良いと思います。ただし、外角低めは届かないかもしれません。

バランスについては意見の...続きを読む

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q小学2年生の男の子ですが、ボールが投げられません。

こんにちは。
子どもの頃、野球少年だった私は、子どもとキャッチボールするのが夢でした。

最初の子は女の子でしたが、念願かなって男の子ができました。男の子は小学校に入り、さあて、キャッチボールをしようと思ったら、なんと、子どもはボールがうまく投げられません。運動神経はあんまりないなあ、と思っていたのですが、ここまでとは。。。教えようにも、自分自身はボールの投げ方なんて考えたことがないので、うまく教えられません。

なにかいい方法ありますか?自分の子どもながら、ここまで運動オンチとは、情けないです。
(でも、サッカーはクラブに入っているせいか、結構、それなりにできるんですよ)

Aベストアンサー

 私は50代の男性です。以前に回答した内容を、一部変更して説明します。

 子どものソフトボールの指導を5年ほどやっていました。その時の体験や本から得た方法をご紹介します。我が子でも試し、良い結果を得ています。娘は小学6年生(身長は平均より2cm程低く、体重は平均くらい)の時、ソフトボール投げで42mを記録しました。参考にしてください。

 ボール投げで距離が出ない最大の理由は、投げる運動連鎖を体得していないことにあります。つまり、まず足が着地し、少し遅れて腰が回転し、少し遅れて肩が回転し、さらに少し遅れて肘が出て、最後に手が出る一連の動きです。しかし、これを息子さんに説明しても、くどくなるだけですから止めましょう。

それでは具体的な方法を以下に示します。

 ボール投げはかなりハードな運動なので、相応の準備が必要です。まず、5分程ジョギングをして身体を暖めます。次に手首、腕、肩、腹筋背筋のストレッチを充分やります。

 ボールを持たずに
1) 足を肩幅より少し広くして立ち、腕を脱力して、胴体で振り回す。これを20回程やる。
 これは身体で腕を振り回す感覚を得るための練習です。右に捻り終わった時、右手の甲が左腰を打っていたら、上手く脱力できています。

 次に、ボール(軟式C球:小学生用)を持って
2)目標に背を向けて立つ。上腕を地面と平行に、前腕を垂直にする。(下図を参照)
3)振り向きざまに、左足を目標に踏み込んで投げる。(右投を想定)

「背を向けて」がポイントです。これにより必然的に運動連鎖を使うことになります。

4) 「背面投げ」(勝手に命名)を20回繰り返せば、ボールは遠くまで飛んでいるはず。最初は目標から角度は大きくずれても気にしない。多くの回数を投げるとずれが少なくなる。

注意事項
・腕からなるべく力を抜いて、鞭をイメージし、これを体幹で振り回す感覚を得る。
・「手首のスナップをきかせる」等の部分的に力を入れることは止める。
・ボールを掌に付けずに、親指・人差し指・中指で持つ。人差し指・中指の間は指幅くらい空ける。低学年では薬指まで使ってもOK。
・終わったら充分ストレッチをして、疲れを残さない。

なお、結果が良すぎて面白くなり、あまり投げ過ぎないようにして下さい。

          ┏━┓   
     ┃    ┃ ┃    ┃
     ┃            ┃
     ┗━━┓   ┏━━┛
         ┃   ┃
         ┃   ┃
         ┃   ┃
        ┃     ┃
        ┃     ┃
        ┃     ┃
        ┃     ┃
        ┛     ┗

 私は50代の男性です。以前に回答した内容を、一部変更して説明します。

 子どものソフトボールの指導を5年ほどやっていました。その時の体験や本から得た方法をご紹介します。我が子でも試し、良い結果を得ています。娘は小学6年生(身長は平均より2cm程低く、体重は平均くらい)の時、ソフトボール投げで42mを記録しました。参考にしてください。

 ボール投げで距離が出ない最大の理由は、投げる運動連鎖を体得していないことにあります。つまり、まず足が着地し、少し遅れて腰が回転し、少...続きを読む

Q少年野球のキャッチャーミット

小学3年の子供が少年野球(軟式)で最近キャッチャーをやるようになり、キャッチャーミットを買うべきか悩んでおります。現在は、監督さんの私用のものを借りている状態で、監督さんからは好きに使っていいと言っていただいておりますが、いつまでも借りているのも気が引けております。そこで質問です。今購入した場合、小学校を卒業するまで使えるものでしょうか?当然、練習量や保管状態にもよるとは思いますが、一般的にで結構です。また、メーカーはハタケヤマのものを考えておりますが、サイズLでは小学3年では大きすぎますか?実際に手にとってみるのが一番だとは思いますが、田舎なのでハタケヤマの少年用を販売しているところがないため、そのときは通販と思っております。参考程度でも健康ですので、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

私は現在野球少年団のコーチをしている自称お兄さんですが、元高校球児&ノンプロ選手
でキャッチャーでした。結論から言わせていただきますと、
「子供さん本人が絶対キャッチャーをやりたい!」と強く決意しているのであれば、
今購入しても良いと思いますが、半信半疑であればしばらく借用品の方が良いですよ。
借用品で気が引ける気持はわかりますが、キャッチャーミットは野手用のグラブよりも
高額ですし、ミットの型を作るのも子供さんには非常に大変です。
購入当初1~2カ月位はまともに捕球出来ないと思います。
今流行の湯もみ型付けはミットにはあまり適していないと私自信は思っております。
その場にいて自分の理想を話して型付けしていただくなら良いのですが、まだミットの
型をどう作れば良いかもわからないはずですから!
仮に今ミットを購入した場合、少年野球卒団までは使用出来ると思いますが、現時点で
3年生に少年用Lサイズは大きすぎますよ。特にキャッチャーはミットが大きすぎると
網部分で捕球した場合にミットを押えきれず流れてしまう傾向がありキャッチングが
上手く出来ないものです。今購入するなら体に合うサイズの物を・・・
ハタケヤマのものを考えておりますが、は見る目が良いですね!私がノンプロ時代に
出来たメーカーですが(確か1985年)良いミットでしたよ。
ただ今は他のメーカーもがんばっているので、実際に量販店等で手にして見るのを
おすすめします。その際サイズの問題もわかると思います。
ちなみに今うちの選手が使用しているキャッチャーミットはナイキ社製の城島モデルで
昨年イオンのスポーツオーソリティーで半額以下で団で1つ購入したんですが、
レギュラー捕手が同じものをすぐ購入しました。レギュラーともなると自分のものが
欲しくなるんですね!
指導者の方とよ~く相談して、あせらずに決めましょう。
時期によっては安くて良いものが手に入りますよ。
元気良く野球がんばってくださいね。親御さんも何かと大変だと思いますが
将来野球をやらせて良かったね!って思える日が絶対に来ると思いますので
協力してあげてください。

私は現在野球少年団のコーチをしている自称お兄さんですが、元高校球児&ノンプロ選手
でキャッチャーでした。結論から言わせていただきますと、
「子供さん本人が絶対キャッチャーをやりたい!」と強く決意しているのであれば、
今購入しても良いと思いますが、半信半疑であればしばらく借用品の方が良いですよ。
借用品で気が引ける気持はわかりますが、キャッチャーミットは野手用のグラブよりも
高額ですし、ミットの型を作るのも子供さんには非常に大変です。
購入当初1~2カ月位はまともに捕球出来ないと...続きを読む

Q少年野球のグローブ購入を検討中です

少年野球のグローブ購入を検討中です
 
小学3年生の息子がいます
 
4年生になる前の3月ぐらいに
グローブを買い換えようと検討中です
 
息子の希望:西岡モデル
 
私(父親)の希望:少し小さめのグローブ
         今使っているのが、大きめだった為
         (松坂モデルです。。低学年には大きかったので反省してます)
 
そこで、2点質問です
 
 1)西岡モデルを購入された方、使い勝手はいかがですか?
 2)グローブの新製品ラッシュは新学期が始まる直前でしょうか?
 
使うのは息子なので、出来るだけ本人の希望を尊重してあげたいと思っています

Aベストアンサー

こんにちは、スポ少で監督をしています。
西岡モデルも松阪モデルも使った事はありませんが、実際のプロが使う物とは「似て非なるもの」という事実があります(メーカーは正式にはもちろんいいません)。

おおまかな形は似ていても、細部の造りは全くの別物です。特に西岡選手が使うような内野手用はその違いが大きいと思います。

捕りやすさよりも、グラブから右手への持ち替え動作を優先しているプロもいますので、一般のアマチュアが使うと難しい(捕り難い)物となってしまいます。逆にアマチュア用の市販品よりも使いやすいプロモデルもあるでしょう。

前置きが長くなりましたが、結論を言えば市販品は「プロモデル」と銘打ってあってもオーソドックスの作りになっているものですから、西岡モデルも松阪モデルも性能や使い勝手に大きな違いはないと考えていいと思います。まして小学生にはその違いは分かりません。

小学生のグラブ選びで大切なことは以下の2点だと思います。
1.手に合う大きさ
2.手を差し込んだ時にしっくりくるか?(手の形状が子供一人ひとり違うものです)

プロモデルは高価ですので、皮もしっかりしていますので長持ちしますが、逆にこれが小学生にはマイナスになる場合もあります。

グラブとは使っていくうちに皮がなめされ、適度な柔らかさになって、形も整っていくのですが、上等なグラブほど時間がかかります(一度整えば、型ぐずれもしにくいのも高級品ですが)。早くなめすためには速いボールをたくさん受け続ける必要がありますが、高校生などと違い小学生のキャッチボールではたかが知れています。ようやく本来の性能を発揮しそうになった時には体が大きくなって使えなくなったというケースも考えられます。お父さんがなめしてあげる方法(専用の道具も数千円ほどで市販されています)もありますが根気の要る作業です。

少々安物のほうが早く実戦で使えるようになるため、私がスポ少の新規入団者の方に相談された時には、1と2を基準とし、プロモデルでないもので中程度の価格の物を勧めています。

プロモデルを小学生が選ぶ弊害は上記のほかにもあります。子供はえてして好きな選手のモデルが欲しいことによる先入観から、1と2を疎かにしてしまいがちになるからです。

1と2が満たされていれば、外野手用で内野を守る子供もたくさんいますが、なんの問題もありません。

グラブの細かな形状にこだわるのは高校生くらいからで十分だと思います。具体的には、『捕球から持ち替え動作が0.1秒遅れたためにダブルプレーが出来なかったのが悔やまれる』といったレベルになってからでしょうか。

お子さんのお気持ちを尊重されたいお気持ちはよくわかりますが、親の正しい選択を押し付けるのもたまには悪くないかもしれません。

長文になり失礼しました。

こんにちは、スポ少で監督をしています。
西岡モデルも松阪モデルも使った事はありませんが、実際のプロが使う物とは「似て非なるもの」という事実があります(メーカーは正式にはもちろんいいません)。

おおまかな形は似ていても、細部の造りは全くの別物です。特に西岡選手が使うような内野手用はその違いが大きいと思います。

捕りやすさよりも、グラブから右手への持ち替え動作を優先しているプロもいますので、一般のアマチュアが使うと難しい(捕り難い)物となってしまいます。逆にアマチュア用の市販品...続きを読む

Q子どものバッティング

こんにちは。
小学校2年生の男の子の父親です。

自分自身は子どもの頃は野球少年で、ボールの投げ方やバッティングなどは見よう見真似でいつのまにか出来ていました。

ところが、わが息子は、どうも「運動オンチ」で全然ダメです。キャッチボールはなんとか教えてどうにか投げることができますが、打つ方は。。。(キャッチボールもここで教え方のアドバイスをいただきました)

バットを振らせると、手と体がバラバラ。どうも、スムーズにバットがでません。かといって、自分自身、あんまり意識したことがないので、どう、アドバイスをしていいかわかりません。「腰が開いている」「下からすくいあげている」なんて言ってもわからないし(というか、そんなレベルでもありません)。

どなたか、いいアドバイスをいただければと思っています。

Aベストアンサー

以前に投げ方で回答した者です。

バッティングはボール投げと違い、タイミングがとても大事になります。投げられたボールが位置●(下図参照)に来た時に、バットが加速されて衝突する必要があります。ボールがキャッチミットに納まった後から、超高速の素晴らしいスイングをしてもボールは前に行きません。しかし、当てるだけの遅いスイングやトップでヘッドが落ちた振り方をしていては、後々良いバッターにはなれません。

そこで子どもを指導する時には、ある程度素振りさせてから空中を飛んでくるボールを打たせた方が良いと思います。だが、「素振り100本!」などと言わず、10~20本でOK、長くやると飽きるので。なお、バットは体格の合った物(普通なら小学校低学年用)を購入しましょう。軽すぎても(プラスチックなど)重すぎても(中学生用など)上手く振れません。打撃中心(バットの先端から10cm程手元の所)には油性ペンなどで一周、線を書きます。ここでボールを打つことを説明します。

0、準備
 バッティングもスローイングと同様にかなりハードな運動です。アップのランニングやストレッチをしっかりやろう。

1、素振り、ティーバッティング
 飛球線に45度くらい背中を見せて構える。左打ちの場合、左手(上の手)を左足と左肩を結んだ線に引き、左手の高さは胸の位置でバットを左肩(首に近い所)に乗せる。バットは投手方向に20~30度、背中方向に20度くらい傾けたい。(下図で、――が飛球線、左足が■、頭の位置が◎、右足を□から◇へ踏み変えて腰を回し、腰が正対したらしっかり止める。●が打点位置。:左打ちの場合)
 打点位置で打つことをイメージさせて素振りをやらせる。腰の後に肩が出て、その後手が引っ張られ、最後にバットが出てくる感じを掴ませる。

  ―――――●―――――←

      □
   ◎
 ■  ◎   ◇

 次に、実際に●にティーを置き、ボールをヘソの高さにセットして打たせる。ボールとバットが当たった瞬間に「ヒット」とはっきり声を出して言わせる。目標は10m先の地面にライナーを打つつもりで。
 腰の回転を使え、少し遅れてバットが出てくるようになったら、背中45度を少なくしていく。

2、トスバッティング
 3m程離れた所からトスしてもらって打つ。低学年生での導入はビーチボールが良い。スピードが遅く、大きいの打ち易く楽しめる。慣れたら普通のボールを使用。打った瞬間に「ヒット」言わせる。慣れないうちは結構ずれて言っている場合が多い。タイミングを正確に言わせることでボールを注視させ、精神的にも集中させる。家の中でやるには、新聞紙を一枚くしゃくしゃに丸めて、テープで紙ボールを作ってトスする。あまり小さくしないように。硬くなって壁などを傷つけてしまう。

3、フリーバッティング
 ピッチャーの足首をライナーで狙って打たせる。「ヒット」の声は出させる。この延長の「センター返し」が基本。でも、たまには「レフトオーバーのホームランでも打ってみろ」と言うくらいの余裕が指導者には欲しいですね。

 最後に
  上に書いた方法はほんの一例です。親子で工夫してみて下さい。なお、最近の指導者は、構えた時のトップの位置が肩くらいに高くし、バットも直立が好みのようです。また、ダウンスイングが大好きなコーチも多いです。私はフォームはあまり押し付けない方が良いと思っています。大きくなったらいろいろな指導者に聞き、自分に合った打ち方を探して下さい。

以前に投げ方で回答した者です。

バッティングはボール投げと違い、タイミングがとても大事になります。投げられたボールが位置●(下図参照)に来た時に、バットが加速されて衝突する必要があります。ボールがキャッチミットに納まった後から、超高速の素晴らしいスイングをしてもボールは前に行きません。しかし、当てるだけの遅いスイングやトップでヘッドが落ちた振り方をしていては、後々良いバッターにはなれません。

そこで子どもを指導する時には、ある程度素振りさせてから空中を飛んでくるボールを...続きを読む

Q小4の息子のバット

(小2から始め)現在、小4の息子が少年軟式野球をやっておりますが、

今まで、ローリングスの軽量のカーボン(ミドルバランス)を使用していましたが、そのバットが短くな

り、このオフ、新しいバットの購入を検討しておるのですが、うち息子的には、「ルイスビルスラッガー

のカタリスト」が気になるらしく、(私、父親的には中学では使用できない「ビヨンド」よりは、いいので

すが・・)実際このバットは来期の小5から使いこなせるものでしょうか?ちなみにうちの息子は、

身長は平均ですが、体型はがっちりしており、小5以下のチームでは一応クリーンナップを勤めて

おります。

抽象的な質問ですが、アドバイスをいただければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。

カタリストを知る切っ掛けは分かりました。

その、元プロ野球選手の言われる通り、軟式ならビヨンド系かカーボンの方が
飛ぶ気がします。
ただ、TK0503は、ビヨンド系は中学では使えないので外されているようですので
カーボンが良いのかもしれません。(カーボンも中学で使えない事が有るようですけど)

この前の土曜,日曜に少年軟式でルイスビルスラッガーのバットを使っている子を
探しましたが、自分の知り合いではいませんでした。

次に、ネットの情報を調べると「ボールが飛ぶ」と言う意見が多く
楽天市場で調べても、売り切れのショップが多かったので、人気は有るようです。
因みに、売り切れていますが、一番安いのが15225円でした。

カタリストと同じ長さ,同じくらいの重さのバットを使えるのなら
カタリストでも問題ないと思います。
(カタリストにはトップバランスも有りますけど)

また、元プロ野球選手の方と直接話される機会が有れば、どの程度の重さが
適切か等を聞かれるのも良いと思います。

一般論としては、短いバットを長いバットに買い換えるのは良くある話で
当然、重くなります。

ただ、それで苦労する子は殆どいません。
(最初は、多少の違和感がある子はいますが、直ぐになれます)
力のあるお子さんのようですから、軽いバットより多少重みを感じる位の方が
飛ぶ可能性も有ります。

金属バットであれば、そのメーカーの中の上(低下で1万円くらい)なら
極端な差は無いと思います。
余りにも安いバットは、飛びが悪くへこむ事などが有るようですね。

No.3です。

カタリストを知る切っ掛けは分かりました。

その、元プロ野球選手の言われる通り、軟式ならビヨンド系かカーボンの方が
飛ぶ気がします。
ただ、TK0503は、ビヨンド系は中学では使えないので外されているようですので
カーボンが良いのかもしれません。(カーボンも中学で使えない事が有るようですけど)

この前の土曜,日曜に少年軟式でルイスビルスラッガーのバットを使っている子を
探しましたが、自分の知り合いではいませんでした。

次に、ネットの情報を調べると「ボールが飛ぶ」と言う意見...続きを読む

Q少年野球のバット選び??

少年野球にはいっている5年生の父親です。
バット選びについて教えてください

子供は5年生(150cm 38キロ)です
野球のコーチから「バットが軽いんじゃない?」と言われたようです。本人も購入したいと思っているようですが父親の私もどんなものを選べばよいか分かりません。(個人のレベルにあわない 高いものを与えても良くないんでしょうし)・・だいたい5年生で上記ぐらいの体格であればどのぐらいの重さで長さのバットを使用するものでしょうか?
ちなみに打つのは苦手のようですが(飛ばしてやろうとしすぎ)当たれば力があるので飛ぶようです
個人差があるので一般的な話で良いので教えてください。又 それに関係するホームページでもあれば教えてください。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

バット選びは体格より、バットスイングスピードやバッティングスタイルで選ぶので何とも言えないのですが、当たれば飛ぶということやコーチが軽いのでは?とおっしゃっているのでバットスイングスピードは速いのではないかと思います。
少年用バットは長さは75,78,80cmが大体主流で、重さは570,580,590gぐらいが大体主流です。600gなるとかなり重いほうです。
あとバットには重心位置の違いでトップバランス,ミドルバランス,ニアーバランスとあります。
バット選びはこの3要素組み合わせの中から選ぶわけです。
昔と違って今はプロでも軽いバットでスイングスピードを上げて打つ!というのが主流になってはいますが、コーチが軽いんじゃない?と言われるということはバットをこねているのではないかと推測します。
今お使いのバットを調べてみてください。
まずバランスを見て、ミドルかニアーであればトップの物にしてみるといいですよ。同じ重さのバットでも重さの感じ方が全然違うのでこねるのも解消されると思います。使っているバットがトップバランスのものであれば重いものに代えてみればいいでしょう。
長さは使う人のフィーリングのこともあるのであまり変えない方がよいと思いますよ。
息子さんのご活躍をお祈りします。

バット選びは体格より、バットスイングスピードやバッティングスタイルで選ぶので何とも言えないのですが、当たれば飛ぶということやコーチが軽いのでは?とおっしゃっているのでバットスイングスピードは速いのではないかと思います。
少年用バットは長さは75,78,80cmが大体主流で、重さは570,580,590gぐらいが大体主流です。600gなるとかなり重いほうです。
あとバットには重心位置の違いでトップバランス,ミドルバランス,ニアーバランスとあります。
バット選びはこの3要素組...続きを読む

Q小学生の子供等に野球ルールを教える方法

小学4年生までの子ども達に野球のルールを覚えさせる効果的な方法はありますか?
スポーツ少年団での指導者(低学年?担当)をすることになったのですが
団員も増えてきたのでジュニア試合も再来週からすることになり、ルールを教授することになった為なのです。

なかなか高学年の子たちとは違い、難しさを感じています。
とくに投手のけん制の仕方や、塁に出たときのランナーの動きなども。
個別にプロ野球TVを観ろといってもなかなかうまくいかないですね。
子ども達に試合に出ることの真剣さがないのかも知れません。
 
ご教授よろしくお願します。

Aベストアンサー

紅白戦っていいですよ~☆

競い合わせることで、野球の面白さがわかってきて真剣になってくるし、
チーム内のことだからその場面場面で試合をストップさせて皆を集めて
ルールや走塁のあり方、守備の仕方などを解説するんです。
そうすると興味のある子ほど覚えが早いし、
覚えた子は知らない子に教えてあげたりします。

子ども対大人という構図より
子供同士で教えあったり励ましあったりするほうが効果があがります。

真剣味を増すために罰ゲームなども取り入れると、負ける悔しさと勝つ喜びも同時に体感できると思います。

ゲームがあるという期待感で、朝のランニングとかトレーニングなどの
地味な練習も我慢するようになります。
また、ゲームの緊張感が礼儀や挨拶の仕方にも表れてきます。

是非、お勧めです☆


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング