今度修学旅行で京都に行くことになったんですけど、調べ学習として自分の興味のあるお寺や神社について調べることになって私は晴明神社を調べることにしたんですが、いまいち調べにくいのでだれか教えていただけるとうれしいです!
あと、安部晴明の母親についても教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

13日に「直ぐに回答…」ということなので、もう用済みかもしれませんが(^_^;)。



南北に伸びる堀川通の西側のビル群の一角にひっそりと鳥居が立っていて、
それをくぐって更に西に入ると、狭い道路を挟んでもう一つ鳥居があり、
その向こうに思いの外小さな社が見えると思います。それが「晴明神社」です。

境内に入って、向かって右手には晴明が作ったという言い伝えがあるらしい
湧き水(水道水と味は変わらなかったような…^^;)があり、手と口を漱げます。

少し奥に進んで左手には神主(?)さんがいらっしゃる家屋があり、
そこでお守りやおみくじの結果、予約がいるのだと思いますが
相談事にも答えていた…と思います(ここら辺、怪しいです。更にお調べ下さい)。

そして一番奥に神社があります。普通の神社と同じで、賽銭箱があり、
鈴の付いた紐(…何ていうんでしょうねコレ?)がぶら下がっています。

で、特筆すべきは社の左側の壁に掛かっている有名な方々の絵馬(?)の数々!!
京極夏彦氏や岡野玲子女史、大槻ケンヂ氏まであったのは??

晴明神社を訪ねられたら、ついでですから「一条戻り橋」まで見ておくと良いですよ。
神社を出て少し南に歩き、信号で向かいまで渡りましょう。
そしたら目の前にある橋が一条戻り橋です。下に水も流れてないし、
何の変哲も無い徒の橋ですが、阿倍晴明が彼の式神達を隠していた…
といういわれもある橋です(他にも、死人がその橋の上で蘇ったという話もあり)。
神社のある場所は彼の家だったという話もあり、晴明の妻が式神を恐がるので
家から程近いそこに住まわせておいたとか。

晴明の母親は狐だった、というのはよく出てくる話ですね。
まぁ、これは彼の力の凄さを印象付ける為に言われたことでしょうが^^;。
名前は「信太妻」とか「葛の葉」等、諸説紛紛です。
この時代の女性の名前は通称が主で、本名は残っていないのが普通ですからね。

好きなもので、語り始めるとキリがありません。ので、この辺で^^;。
探せばいくらでも晴明関連のサイトは見つかりますよ(↓もその一つです)。
では、修学旅行を楽しんできて下さいね!!

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~matumo/seimei_repo …
    • good
    • 0

自分は「るるぶ」で調べた覚えが、、、。


でものってるか覚えてないです(殴)。
一条戻り橋の近くまでバスで行けば
案外分かります。一条戻り橋の近くまで行って、
近所の人たちに聞くと良いでしょう。
御所の鬼門の方角です。地図には載ってないかも・・・。

全然答えになってないすね(-_-;)。
お役に立てずにごめんなさい。
詳しい方が回答しに来てくれることを祈ります。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【京都は神社や寺が多いですが】平安京のあの区画整理された当時からあんなに神社や寺があったのでしょうか

【京都は神社や寺が多いですが】平安京のあの区画整理された当時からあんなに神社や寺があったのでしょうか?


それとも平安京の当時にはなかったが、現代になって移転してきたからこんなに街に神社や寺が溢れているのですか?

当時からこんなに神社や寺があったとは思えないんですがあったのでしょうか?

貴族の邸宅に神社や寺があって、貴族が消えて、自宅用の小さな神社や寺が邸宅の跡地に大きく建てられ直して今の神社、寺だらけになったのでしょうか?

最初からこの大きさで平安京内にバンバン神社、寺を建てていったのでしょうか?

Aベストアンサー

>平安京のあの区画整理された当時からあんなに神社や寺があったのでしょうか?

違います。時代ごとに必要に応じて増えていったということです。
例えば本願寺という有名なお寺がありますが、本来の本願寺は現在の大阪城がある場所
に存在していて「石山本願寺」と呼ばれています。
織田信長により焼き討ちにされ、その後豊臣秀吉の時代に現在の西本願寺の場所に
「本願寺」として再興され、その後徳川家により二つに分割され現在のように「東本願寺」
と「西本願寺」の二つの寺ができあがったのです。

さらに「平安神宮」という有名な神社がありますが、ここなんて名前は旧そうですが
実際には明治時代に平安遷都1100年を記念して造営された神社ですから京都の中では
かなり新しい神社ですよ。

このようにほとんどの神社やお寺は必ずしも平安時代とは違いますよ。
お寺や神社という施設を造るには巨額のお金が必要な為、自分たちでの力で造るのは
ムリなので通常は時の権力者がお金の面をバックアップして初めて造営できるものなので
足利家だったり豊臣家だったり徳川家だったりその時の権力者が寄進して徐々に増えて
いったと理解した方が宜しいですよ。

>平安京のあの区画整理された当時からあんなに神社や寺があったのでしょうか?

違います。時代ごとに必要に応じて増えていったということです。
例えば本願寺という有名なお寺がありますが、本来の本願寺は現在の大阪城がある場所
に存在していて「石山本願寺」と呼ばれています。
織田信長により焼き討ちにされ、その後豊臣秀吉の時代に現在の西本願寺の場所に
「本願寺」として再興され、その後徳川家により二つに分割され現在のように「東本願寺」
と「西本願寺」の二つの寺ができあがったのです。

さらに「...続きを読む

Q陰陽師 安部晴明について

安部晴明とはどういう人だったのでしょうか?
また陰陽師は今でも存在するようですが、どういう力を持っているのでしょうか?

Aベストアンサー

 陰陽道は支那の「陰陽五行説」に基づいて、十二支十干などの天体の運行の配当を考え、さらに方位・年月・日時などの吉凶を判断する、総合的な学門です。 現在のテレビやマンガなどに登場するいわゆる「陰陽師」は、祈祷師や呪術師・修験者・神職と混同、誤解していたり、オカルト的な面のみしか着目していませんが、本来は天体の運行を観測し、歴(こよみ)の作詞、元号の改元などの暦学が本来の目的です。ただし、天文学・暦学は同時に吉凶判断も重要な命題でした。
 この吉凶判断において特に高名なのが、安倍清明です。そのため陰陽道においては、天文は清明の流れを汲む「土御門家」が、歴は「加茂家」が担うようになりました。しかし、加茂家は後に断絶したため土御門家が両者を兼ねるようになります。また、本来は陰陽師は天文・歴の判断であって、祈祷などの儀礼は僧侶・神職の分限でした。しかし、平安後期ごろから陰陽師も宗教的な儀礼を行うようになり、律令体制の崩壊に伴って、陰陽師は本来の職限を超えて宗教色・咒術色が強くなります。
 また安倍清明(921~1005)もその名が国史に登場する、初見も天徳4年(960)に節刀の形状を勘申とあります。つまり40歳です。その後、寛弘2年(1005)を最後にその活躍は見られませんので、85歳以後に没したと考えられます。
 マンガや小説に見られるようなものは、“若いころから平安京の闇で活躍していた”ようなスーパースターの清明像は、『今昔物語』や『宇治拾遺物語』などの伝説化、創作されたものを根拠にした、改変(劣化改悪?)であって、その実像とはかけ離れています。

ですので、マスコミで宣伝される、陰陽道も安倍清明も、その実像とはかけ離れた「虚像」といっても過言でもないような気がします。

参照・吉川弘文舘『国史大辞典』 

 

 陰陽道は支那の「陰陽五行説」に基づいて、十二支十干などの天体の運行の配当を考え、さらに方位・年月・日時などの吉凶を判断する、総合的な学門です。 現在のテレビやマンガなどに登場するいわゆる「陰陽師」は、祈祷師や呪術師・修験者・神職と混同、誤解していたり、オカルト的な面のみしか着目していませんが、本来は天体の運行を観測し、歴(こよみ)の作詞、元号の改元などの暦学が本来の目的です。ただし、天文学・暦学は同時に吉凶判断も重要な命題でした。
 この吉凶判断において特に高名なのが、...続きを読む

Q【安倍晴明は詐欺士だった?】 安倍晴明は式神と一緒に暮らしていたとされる。 貴族が安倍晴明の邸宅

【安倍晴明は詐欺士だった?】

安倍晴明は式神と一緒に暮らしていたとされる。

貴族が安倍晴明の邸宅に着くと誰もいないのに安倍晴明の邸宅の門扉が自動で開いたので貴族は驚いたという。

実際は誰か手下が来客が来ると門扉の下の隠れ部屋から棒やロープで操作していたと思われるが、自動ドアが無く、自動ドアの概念がなかった貴族は驚いたという。

これって完全にキリスト教のイエスキリストと同じ手口の詐欺行為ですよね。

イエスキリストも手下を次の村に半年前に行かせて、イエスキリストのマジックの下準備をしてイエスキリストが村に来ると次々に奇跡が起こっていった。

安倍晴明のトリックは現代のマジシャンと同じ。

マジックで当時の政界を動かしたので詐欺士と言えるのではないでしょうか。

Aベストアンサー

安倍晴明の奥さんは、自宅にいる式神が気味悪くて屋敷の外に出してほしいと
晴明に依頼した為に、晴明は仕方なく近くの一乗戻り橋の下に式神を隠していた
と伝えられています。

夜になれば真っ暗な時代です。「たたり」とか「怨霊」とか「魑魅魍魎」といったものが
平安時代には実際にあったのかもしれないですね。

Q【歴史】上御霊神社の見どころを教えてください。 上御霊神社はどういったお寺ですか?

【歴史】上御霊神社の見どころを教えてください。

上御霊神社はどういったお寺ですか?

Aベストアンサー

お参りしたことがありますが、変な言い方をすれば「なにかいそうな」寂れた神社です。
もっとも、上霊神社よりももっと都会の真中にある下御霊神社のほうが背筋がぞくぞくするようななにかいそうな神社でしたが。
両神社とも、疫病や戦などで非業の死を遂げた人の御霊をおさめる神社なのでまちがいなく「なにかいる」と感じるわけですが(笑)

Q京都の晴明神社

今、晴明神社のことを調べています。他の神社との違いや特徴を教えてください。

Aベストアンサー

no1.の回答どおり地味です。
そんなに境内は広くありません
桔梗紋が無ければ何の由緒の神社かわかりません。
周りのお土産屋、境内の中の小さな販売所
が盛り立ててくれています。
とにかくほぼ桔梗紋オンリーです。
(お守り、お札、その他諸々)
後は境内の中に看板で晴明様の活躍?の紹介
五枚か六枚あります。
後は有名人の絵馬、晴明井(今は水が少ないので
どうなっているのか???井戸です)があり
後は普通の神社とそう変わりません。
場所は今出川堀川下るです。
バス停は一条戻り橋か今出川堀川です。
小さい看板がちらほらあったと記憶しております。
以上です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報