【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ショパンのピアノソナタ2番で、お勧めのピアニストを教えてください。

いつもお世話になります。

先日、私の師匠からショパンのソナタ2番を勧められ、来年から弾き始める曲に決定致しました。

早速、勉強になる音源(CD)を探しております。

先日、たまたま入った楽器店にて、「ポリーニ」が同曲を弾いているCDを購入してみましたが、聴いてみたところ、結構クールで、そつのない演奏で、いま一つ熱さが足りないと言うか、私としては、物足りない演奏でした。

個人的に、ショパンは「サンソン・フランソワ」の演奏が好きなのですが、彼のソナタはまだ聴いた事がありません。
聴いた事のある方、是非ご感想を伺いたいと思います。

又、他のピアニストで、同曲の良い演奏をご存知の方、一緒にご感想も伺いたいと思いますので、是非ご教授ください。

弾いた事のある方、ない方、どちらでも結構です。

宜しくお願い致します。

A 回答 (2件)

こんにちは。



大曲に挑まれるのですね♪
ポリーニの演奏は機械的と称する人もいるくらいで 緻密で計算された冷静な演奏だからかな~?と思ったりします。
でも私は好きですけどね(笑)

フランソワのショパンは私も好きですけど 同じくソナタは聴いていません(^^; フランソワはなんとなくソナタ向きじゃない感じがして…

なのでフランソワのソナタに関しては,申し訳ないのですがお答えできません。
私がソナタ2番のオススメをしたいピアニストはアルゲリッチ♪です。

彼女の情熱的で自由奔放でありながらコントロールされた内面と,卓越したテクニックで奏でられる2番は非常に魅力的で ショパンソナタの持つ性格を見事に表現していると思います。

もう一人はホロヴィッツ。 この方はショパンに限らず(私はラフマニノフのp協3番が大好きですけど)驚異的なダイナミックレンジを持つピアニストでした。ある本で『ホロヴィッツの迫力に満ちたフォルテシモは,決して物理的に特別大きい訳でなく メゾフォルテからピアニシモの間に細やかな段階づけや豊かな表情があるからこそ,フォルテシモが効果的に感じられるのである』と読んだことがありましたが 多彩な音色の豊かさに関してオススメしたいピアニストです♪
演奏の好みは聴き手によって様々ですので なかなか難しいところではありますが 質問者さまの良き演奏のお役に立てれば…と思い回答させて頂きました。(普段この手のご質問は避けているのですが,笑)

最後にオマケのお話しを。
私の友人がコンサートでこの曲を演奏する直前 たまたまクリスチャン・ツィメルマン(ツィマーマン)と直接お話しする機会があり 『第4楽章が非常に怖い』と言ったところ ツィメルマンが『この楽章は手を交差させて練習すると効果的』と答えてくれたそうです。その話しを聞いた時は『ふむ~。なるほど~。さすがピアニストの練習方法は違うわ~』と思いましたが 良く考えるとユニゾンだから弾く位置を変えるだけで,あんまり意味ないんじゃないの~?とも思いましたが,試していないのでホントのところはわかりません(笑)

メンデルスゾーンに引き続き,ばば~んと素晴らしい演奏をなさってください♪
ご参考まで♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

korie ISさん

大変ご無沙汰しております!!お元気でしょうか?

昨年は、メンデルスゾーンの「厳格なる変奏曲」の練習に行き詰っていたところ、効率的な練習法、詳細なアドバイスをくださり、本当にありがとうございました。印刷をして、何度も読み返しながら練習致しました。
発表会は11月に伸びたのですが、お陰様で、大トリを務めさせて頂く事ができました。
また、苦労してこの曲が弾けるようになった事で、先生に少し認めて頂くようになり、今回のような、ショパンの大曲を頂けるようになりました。
これもひとえに、korie ISさんのお力添えのお陰だと思っております。
ここでしか、お礼を申し上げられなくて、大変申し訳なく思っております。
本当に、本当にありがとうございました。

また私の質問に目を止めてご回答くださり、感謝いたします。

フランソワのショパンは、エチュード、プレリュード、即興曲までは好きなのですが、バラード、スケルツォぐらいになると、違和感があったので、ソナタはあえて聴かなかったのですが、同意見でいらっしゃるようで、安心致しました。

私も、アルゲリッチの力強くて、情熱的な演奏は大好きです。確かに、彼女はフランソワと違い、こう言う大曲に向いているピアニストですよね!検索かけて、視聴してみましたが、やはり、この曲と私のイメージに合っていると思います。

巨匠ホロヴィッツ…。彼のピアノの技術や、色彩豊かな音色には、根強いファンが多いですね。
どちらも早速、候補に入れてみます!

ご友人、ツィマーマンと、直接お話したんですか!?演奏のアドバイス頂いたんですよね!?
それって、凄い事じゃないですか!!!(汗)(汗)(汗)
4楽章は、まだ聴いただけですが、弾くとなったら私も怖いです。Prestで休符が全然ないし、最初から最後まで息もつかずにビヤァーーーっとかけ抜けるように弾かなくてはいけないんじゃないかと、とちったら、そこで音が途切れちゃうわけだし、とてもしんどい気がします。
手を交差して練習…と聞くと、おぉ!凄い練習法だ!と思いますが、確かにユニゾンですし、位置が変わるだけですね。でも、試してみたいです!!

ルービンシュタイン、アルゲリッチ、ホロヴィッツ…、3人とも人生の重み、哀しみ、孤独感…そう言うのを深く表現できるピアニストですよね。

う~ん、3人とも購入するかもです。(^^ゞ
今度の曲も長丁場になる事確実なので、1枚ずつ揃えて行こうかと考えています。

私の好みを良くご理解頂いているようで、大変嬉しく思います。
また、ワクワクするおまけ話なども伺えて、とても楽しかったです。
また一つ、新しい練習法をご教授頂きありがとうございました。

大曲なので気合いが入っておりますが、この曲に見合う演奏ができるよう、頑張ります!

いつも親切なご指導に、感謝いたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 23:47

なかなか難しい曲に挑戦なさいますね。



ご質問の「フランソワ」ですが、ショパン全曲録音を持ってます。フランソワのソナタは、はっきりいって熱くないですよ。クールでもないですが。買って聴く価値はありますが、期待しすぎないように(多分がっかりすると思います)

熱い演奏は誰かというとルービンシュタインのモスクワライブです。ピアノを壊すほどにガンガン熱く盛り上がっていきます。第1楽章が終わった時点で拍手大喝采。ライヴならではです。

それから楽譜についてですが、エキエル版をお使いになるかと思います。エキエル版は繰り返しが冒頭から(序奏をカットした部分ではなく、曲のあたま)なのでそこは注意してください。YOUTUBEなどで聴いてみるとかなり違和感があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

toto1961さん

早速、ご回答ありがとうございます。

フランソワ…仰る意味わかります。彼はショパン弾きですが、大曲には向いていないと思っていたので、あえて聴かなかったのですが、やはり期待しない方が良さそうですね。

ルービンシュタインのモスクワライブ、検索して視聴してみました。
出だしから30秒程度しか聴いていませんが、「おぉ!」と思わせる、
ゾクゾクさせられる演奏でした。
ルービンシュタインのCDは1枚も持っておりませんので、これは是非候補として考えたいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 12:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシューマン、シューベルトのピアノソナタ等の難易度

のだめカンタービレで出てきたシューマンのピアノソナタ2番と、シューベルトのピアノソナタ16番を来年の発表会(1年後なんですが…。例年5ヶ月くらい前から練習開始します)で弾いてみたいと思うのですが難しいでしょうか。ちなみに、今年はショパンの即興曲1番を、去年はベートーベンのソナタテンペスト第3楽章を弾きました。普段はチェルニー30番(もうすぐ40番)、モーツァルトのソナタ、バッハインベンションをやってます。
他にも、ショパンのバラード1番、別れの曲、ノクターンの8番、ベートーベンのソナタ熱情なども弾いてみたいのですが…。
その他お勧めとかあったら教えてください。

Aベストアンサー

シューマンのピアノ・ソナタ2番は1楽章なら弾いたことがありますが、他の楽章はかじった程度です。
難しいといえば、難しいかもしれませんが、弾こうと努力すれば結構弾けるものですよ。あきらめないことが大事です。
シューベルトはきっと暗譜しやすいですよ…。
ショパンのバラードは大変難しいと思うのでそんなにお勧めしません。
シューベルトの即興曲とか、メンデルスゾーンのアンダンテ・カンタービレとプレスト・アジタートロ長調は素敵ですよ。無理してでも弾きたい曲があったら、とりあえず挑戦してみてください。弾かなければよかったとか思うときもありますが、後になればいい思い出です。
がんばってくださいね。

Qベートーヴェン ピアノソナタ 難易度

こんばんは!

ベートーヴェンのピアノソナタの全曲の難易度を知りたいです。

詳しく言いますと、難易度順に並びかえて頂きたいのです。

自分でどの曲から初めて良いのかわからないので、参考にさせてもらいたくて書き込みました。

楽章ごとに難易度が大きく違う曲もありますが、一番難しい楽章を基準にして教えて頂きたいです。

わかる範囲で良いので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

32曲すべてをランク付けなど到底無理だし、何をもって「難しい」とするのかは人それぞれでしょう。
ピアノを教えている人間として、「生徒にどんな順番で経験させたいか」という個人的な意見でとっかかりの数曲を挙げますね。

まずは19番と20番ですがこれはソナチネに分類されるものだし、ソナチネアルバムで経験済みな人が多いと思うので除外してもいいでしょう。

分厚いソナタ全集の第1巻を手に入れた時の感動、まだ覚えていますよ。

オレはまず5番から経験してもらいたい。テクニックも内容もベートーヴェンの世界への入口にふさわしいソナタだと思います。
その次からは生徒に合わせて色々だけど、1番、4番、7番、8番(悲愴)、9番、10番、14番(月光)あたりから選ぶね。
これらを経験した頃には第2巻を買ってもらいたい。

大切なのは、常に、少なくともハイドンとモーツァルトのソナタを間に挟みながら勉強を続けること。できればクレメンティなども「易しい」と思わずに弾いてみること。

ソナタという形式の中での勉強と、古典⇒ロマン という流れの中での勉強を同時にやっていくのはとてもためになると思う。

バッハの作品群が旧約聖書なら、ベートーヴェンのソナタ集をはじめ古典派のソナタは新約聖書。聖書が何度も何度も繰り返し読むことによって身に付くのと同様、「出来上がり」なんて思わずに繰り返し経験することはとても、とても、大切なことです。

32曲すべてをランク付けなど到底無理だし、何をもって「難しい」とするのかは人それぞれでしょう。
ピアノを教えている人間として、「生徒にどんな順番で経験させたいか」という個人的な意見でとっかかりの数曲を挙げますね。

まずは19番と20番ですがこれはソナチネに分類されるものだし、ソナチネアルバムで経験済みな人が多いと思うので除外してもいいでしょう。

分厚いソナタ全集の第1巻を手に入れた時の感動、まだ覚えていますよ。

オレはまず5番から経験してもらいたい。テクニックも内容もベートーヴェ...続きを読む

Q手の小さいピアニスト

ピアノを長年弾いています。

音大は行っていませんが、とにかくピアノが好きで、病院でピアノ弾きのボランティアをしています。

私は女性で、体が小さく、オクターブは届きますが、9度は横から抑えてなんとか引っかかる程度です。

同じような悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思いますが、曲によっては、指が届かないため、原曲通り弾けない曲がたくさんあります。全音ピースでFレベルの曲も弾いていますが、モーツァルトのトルコ行進曲は、オクターブ連打がとてもきつく、私にとっては難易度が高いです。

最近、若手の女流ピアニストで手の小さい方を見つけました。長富彩さんという可愛らしい方ですが、なんと、リストを得意としていらっしゃるそうです。某ウェブサイトによると、彼女の手は8度だそうです。彼女のようなピアニストが存在すること自体嬉しいのですが、ただでさえ手の大きなリストの曲をどうやって弾きこなしているのでしょう?確か、中村紘子さんもオクターブギリギリと聞いています。

きっと、影で並々ならぬ努力をしていらっしゃるのだと思います。

手の小さなピアノ弾きの皆様、工夫されていることなど是非教えてください!

ピアノを長年弾いています。

音大は行っていませんが、とにかくピアノが好きで、病院でピアノ弾きのボランティアをしています。

私は女性で、体が小さく、オクターブは届きますが、9度は横から抑えてなんとか引っかかる程度です。

同じような悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思いますが、曲によっては、指が届かないため、原曲通り弾けない曲がたくさんあります。全音ピースでFレベルの曲も弾いていますが、モーツァルトのトルコ行進曲は、オクターブ連打がとてもきつく、私にとっては難易度が高いで...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。先日も回答させていただきました。

国際的に活躍するプロのピアニストでも、手の小さい人は結構多いので、それほど心配することではないと思います。例えば、ダニエル・バレンボイムなども、男性ですが、たぶん楽に10度が届くほど大きな手ではなさそうですし、女流ピアニストでは、マリア・ジョアン・ピリスという人が、非常に手が小さく、苦労したことが知られています。以前NHKで放送されたピリスのレッスンのテキストにも、「私のピアノの指使いは、手の小さい私専用で、楽譜に書いてある指使いとは違う」、「結構な努力をして(腕、指の横の移動、ペダルの使い方など)ここに至っている」と語っている言葉が掲載されています。また、かなり昔のピアニストですが、レオポルト・ゴドフスキーという超絶技巧の持ち主がいて、ショパンの、ただでさえ難しいエチュードをさらに難しくアレンジしたものを残しています。普通のピアニストは手を出さない難曲です。楽譜を見ていると、どんなに手の大きな人が書いたのかと思うのですが、実は、ゴドフスキー自身の手は9度しか届きませんでした。演奏の録音がわずかに残っていますが、10度の和音はすべてアルペッジョにして割っています。ゴドフスキーは、演奏技術で手の小ささを補っていました。このゴドフスキーの弟子に、ゲンリフ・ネイガウスという人がいて、リヒテル、ギレリスなどの大ピアニストを育てた人ですが、この人もまた手が小さく、「ピアノ演奏芸術について」という著書の中で、普通の人がつかめる和音を自分はつかめないこと、オクターブ連打の練習にも苦労したことを書いています。

ただ、オクターブの連打が難しいのは、手の大きい人にとってもある程度共通です。多くの人が思っているほど、手の大きさが絶対的に有利になるわけではありません。オクターブの連打は、誰にとっても壁の一つで、その練習のために手の病気になる人もかなりいます。また、近代、現代の曲には、オクターブより広い、9度や10度の連続が出てくる曲も時々あり、そういう場合は当然手の大きさだけでは克服できません。

さて、オクターブの連打に限らず、難曲を克服できるようにするには、技術が必要です。努力はもちろん大事なのですが、盲目的な努力ではなく、論理的、合理的な考え方で把握していかないと、本当の技術は体得できません。

オクターブの連打などで手が疲れるときは、たいていの場合、手首や下腕などに力が入って緊張しています。しかし、手首の力を抜いて柔らかく保つ、というのは、言葉で聞くと簡単なようですが、なかなか感得するのが困難で、そこを乗り越えられない人が多いです。それで、多くの学習者が、固い手のまま長時間オクターブの練習を重ねて手を壊します。また、手の小さい人は、手を広げること自体のために力を入れてしまうこともあるでしょうから、余計に手を固くしてしまう危険があります。このことに一番注意しなければなりません。まず一番大事なのは、力を抜く、ということです。

打鍵の時に使うテクニック、「動き」と言い換えてもいいですが、これには、指そのものの動き、つまり、指の付け根からの指全体の動き、手首の関節を柔らかくした手全体の振り、ひじ関節からの下腕の振り、そして、肩からの上腕の動きがあります。演奏時の疲労を減らすためには、この全ての動きをうまく組み合わせなければなりません。ただし、いつも均等に使うということではなく、パッセージのむずかしさや、求められる表現によって組み合わせを変えていきます。オクターブの連打の場合を例にとると、これは、動作としては「スタッカート」になり、上腕からの動きを加えた方が楽です。

今、四つの動きを挙げましたが、打鍵の瞬間のテクニックも一種類ではありません。手から腕全体の重みを、重力にまかせてストンと鍵盤に落とし入れるような「落下」の動作と、逆に手を鍵盤の近くに置いておき、瞬発的な動きで鍵盤を突き放すような動作があります。オクターブが連続していると、つい全部の音を同じ動作で打鍵していってしまいますが、これは疲労につながります。違う動作を混ぜるのが理想的です。さらに、手首の高さなども、いつも同じではなく、その時々で弾きやすい位置に移動した方が楽です。具体的に、どういう場合にどうすればよいかは、レッスンをしなければ伝えられないので、ここに書くことはできませんが、ジョルジ・シャンドールというピアニストが書いた、「シャンドール・ピアノ教本」が、あるいは参考になるかもしれません。

各種の動きの組み合わせというのがわかりにくい場合は、指の動きだけによる打鍵、手首の振りによる打鍵というように、それぞれの動きを個々に練習してみるのもよいと思います。一番重要なのは、いろいろな動きと組み合わせを理解するためには、とにかく遅いテンポで練習、確認を重ねることです。オクターブの連打が楽になるかどうかは、筋力や持久力の問題ではないので、早いテンポで何十回も繰り返すことだけによっては克服できません。

長富彩さんという方は存じませんでしたが、調べてみたところ、「ターブマン奏法」というテクニックを習ったと書いてありました。どういうものか見てみましたが、手の「回転」の運動で打鍵を助ける方法のようです。また、先ほど書いた、手の重みを使って自然に力を落とす奏法も習われたようです。こういった方法は、これまで書かれてきたピアノ奏法に関する本にも似たようなことは書かれていて、先述の「シャンドール・ピアノ教本」でも、「回転」や「自由落下」の動作が説明されています。つまり、これも複数の動作の組み合わせによる負担の軽減に当たり、こういう方法を身につければ、多少手が小さくても、難曲に対応できるようになります。

私自身は男性で、そこそこ不自由のない大きさの手なのですが、だいぶ前から、原因不明の手の硬直があって、つかむのが楽なはずのオクターブもつらい状態です。しかし、そういう状態になって、あらためて自分のテクニックを見直すことになりました。各種テクニックの「コーディネート」ができるようになって、困難なパッセージでも、技術で補えるようになりました。そして、練習時間の長さと上達が必ずしも比例しないこともわかり、無理、かつ無駄な練習をしなくなりました。

手に余分な力を入れず自由に保つことができるためには、椅子への座りかたや姿勢も大事になってきます。私の場合、テクニックを修正する段階で、椅子の高さをだんだん高くしていきました。低すぎると姿勢が崩れます。長富彩さんという方も、最初は低い椅子に座っていたのを、高くするように指導されたと書かれていました(Youtubeに出ている、留学前と後のビデオを比較するとわかります)。

ピアノ演奏の技術は、一生の勉強です。

長富彩さんの受けた指導について
http://tower.jp/article/interview/2010/10/20/70998

マリア・ジョアン・ピリスの演奏
https://www.youtube.com/watch?v=8t6_StAyOeg

こんにちは。先日も回答させていただきました。

国際的に活躍するプロのピアニストでも、手の小さい人は結構多いので、それほど心配することではないと思います。例えば、ダニエル・バレンボイムなども、男性ですが、たぶん楽に10度が届くほど大きな手ではなさそうですし、女流ピアニストでは、マリア・ジョアン・ピリスという人が、非常に手が小さく、苦労したことが知られています。以前NHKで放送されたピリスのレッスンのテキストにも、「私のピアノの指使いは、手の小さい私専用で、楽譜に書いてある指使い...続きを読む


人気Q&Aランキング