【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

現在39歳で、金融機関の勤務経験(4年)を経て、塾経営兼講師を13年しています。
小学校教員免許のみを所持しています。

来年度から小学校教員採用試験を受けてみようと思っていますが、自治体によっては、小学校教員免許だけだと合格は難しいという話も聞いたことがあります。
これは本当でしょうか?
ちなみに受験を考えているのは、愛知県および首都圏(東京・埼玉・千葉のどれか)です。

また、実際問題として、この39歳という年齢はかなり障壁になるものでしょうか?
(ちなみに資格系は、TOEIC800点くらいしかありません。)

どのような情報でも構いませんので、いただけたら幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

首都圏では39才という年齢は障壁にならないです。


1次試験の一般教養、教職教養、全科の対策と
2次試験の面接、論文(自治体によっては論文試験は一次試験に入りますが)の
対策をしっかりすれば、合格は不可能ではないと思います。
また、自治体によってはTOEICの点数によって、1次試験の一部免除を受けることができます。
ご健闘をお祈りいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

温かいお言葉と情報、感謝いたします。

お礼日時:2010/12/02 03:36

小学校教員免許では難しいと言うより、小学校教員は半端ない受験数ですから現役の学生と教養学科をまともに渡り合うのは到底勝ち目がないと思います。


県,市によっては社会人選抜がありますので、そちらで受験すると学生との競合はなくなりますが、その分厳しい選考となりますから、合格率が低くなります。
でも、一般よりかは高いですが、今は就職難もあり受験者数が増えておりますから、厳しいことは間違いありません。
受験区分を増やすという意味では確かに多くの教員免許を持っているいると選ぶことができますが、採用側は特に気にしていませんので、やる気をどこまでPRできるかではないかと思います。
ただ、必要な資格は多く持っていることはPRになります。
その逆に、非常勤講師や講師の人は非常に厳しい状況のようです。
理由は定かではありませんが、社会人枠で求めているとは違うためではないかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/30 01:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング